試合結果|2022年11月6日 沖縄・ミュージックタウン音市場「プロフェッショナル修斗・THE SHOOTO OKINAWA vol.7」Theパラエストラ沖縄

大会名:プロフェッショナル修斗公式戦沖縄大会 THE SHOOTO OKINAWA vol.7
開催日:2022年11月6日(日)
会場:沖縄・ミュージックタウン音市場
主催:Theパラエストラ沖縄
競技オフィシャル:
豊永 稔、田澤康宏、小生隆弘、島袋零二 他

※試合結果は一般社団法人日本修斗協会公式ウェブサイトより

第8試合メインイベント 52.7kg契約 5分3R
×マッチョ・ザ・バタフライ(大阪/総合格闘技道場コブラ会同級世界ランキング7位)52.7kg
判定 0-2
○当真 佳直(沖縄那覇/reversaL Gym OKINAWA CROSS×LINE/同級世界ランキング8位)52.1kg
※ストロー級5分3Rから変更。
※※当初の契約体重を超過した赤:マッチョ・ザ・バタフライに全ラウンド減点1とした上で52.7kg契約にて試合を実施。
[レフェリー]豊永 稔
[サブレフェリー]
小島邦裕 27-27(1R 9-9/2R 9-9/3R 9-9)
田澤康宏 26-28(1R 8-10/2R 9-9/3R 9-9)
島袋零二 25-29(1R 8-10/2R 9-9/3R 8-10)

第7試合セミファイナル フライ級(-56.7kg)5分3R
○宮城 友一(沖縄宜野湾/DROP/同級世界ランキング4位)56.6kg
KO 1R 1’05”
×鎌田 悠介(千葉/ パラエストラ柏)56.4kg
[レフェリー]豊永 稔

第6試合 フェザー級(-65.8kg)5分3R
○結城 大樹(福岡/マスタージャパン福岡/同級世界ランキング9位)65.8kg
判定 3-0
×工藤 圭一郎(沖縄名護/ グランドスラムAPP)65.7kg
[レフェリー]豊永 稔
[サブレフェリー]
小島邦裕 30-27(1R 10-9/2R 10-9/3R 10-9)
田澤康宏 30-27(1R 10-9/2R 10-9/3R 10-9)
島袋零二 30-27(1R 10-9/2R 10-9/3R 10-9)

スペシャルエキシビジョンマッチ3分1R
黒部 三奈(東京/マスタージャパン)
勝敗なし
小生 由紀(沖縄名護/グランドスラムAPP)

第5試合 2022年度新人王トーナメント準決勝 バンタム級(-61.2kg)5分2R
○南風原 吉良斗(沖縄那覇/Theパラエストラ沖縄那覇)61.2kg
S 1R 2’19”
×藤谷 敦史(福岡/マスタージャパン福岡)60.9kg
※スリーパーホールド
※※勝利した赤:南風原がトーナメント決勝戦進出。
[レフェリー]豊永 稔

第4試合 ストロー級(-52.2kg)5分2R
○畠山 隆称(沖縄那覇/Theパラエストラ沖縄那覇)52.0kg
判定 3-0
×大城 正也(福岡/ T-REX柔術アカデミー)52.1kg
[レフェリー]豊永 稔
[サブレフェリー]
小生隆弘 20-18(1R 10-9/2R 10-9)
田澤康宏 20-18(1R 10-9/2R 10-9)
島袋零二 20-18(1R 10-9/2R 10-9)

第3試合 バンタム級(-61.2kg)5分2R
△波平 コング(沖縄那覇/Theパラエストラ沖縄那覇)60.7kg
ドロー 0-0
△テンガイ(兵庫/総合格闘技ゴンズジム)※デビュー戦 61.1kg
[レフェリー]豊永 稔
[サブレフェリー]
小生隆弘 19-19(1R 9-10/2R 10-9)
田澤康宏 19-19(1R 9-10/2R 10-9)
島袋零二 19-19(1R 9-10/2R 10-9)

第2試合 ストロー級(-52.2kg)5分2R
○わっしょい内田(福岡/パーソナルスタイルス)52.1kg
判定 3-0
×梅木 勇徳(千葉/ パラエストラ千葉)52.2kg
[レフェリー]小生隆弘
[サブレフェリー]
豊永 稔 20-18(1R 10-9/2R 10-9)
田澤康宏 20-18(1R 10-9/2R 10-9)
島袋零二 20-18(1R 10-9/2R 10-9)

第1試合ストロー級(-52.2kg)5分2R
○Pinky(沖縄那覇/Theパラエストラ沖縄那覇)51.7kg
反則失格 1R 3’02”
×大田 ノヒロ(沖縄国頭/Theパラエストラ沖縄コザ)52.1kg
※グラウンド状態での頭部への膝蹴り。
[レフェリー]小生隆弘

OPファイト トライアウトマッチ公式戦 フェザー級(-65.8kg)3分2R
○松浦 真実也(沖縄/Theパラエストラ沖縄)65.7kg
判定 3-0
×山本 敦章(千葉/パラエストラ千葉)65.7kg
[レフェリー]小生隆弘
[ジャッジ]
A:豊永 稔 20-18(1R 10-9/2R 10-9)
B:田澤康宏 20-18(1R 10-9/2R 10-9)
C:島袋零二 20-18(1R 10-9/2R 10-9)

大会名:RIZIN LANDMARK vol.04
開催日:2022年11月6日(日)
会場:愛知・ドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)
主催:RIZIN FIGHTING FEDERATION
競技オフィシャル:
福田正人(HR)、長瀬達郎、𠮷田元貴、片岡誠人、柴田 旭、内田龍介、橋本 貴、豊島孝尚、五十嵐智子、李昌賢、鍋久保雄太、永井明広、高橋裕介、中原弘道、石川喬也、安芸佳孝、磯英弥 他

■第11試合 RIZIN MMAルール 70.00kg契約 5分3R
×弥益ドミネーター聡志(team SOS/69.30kg)
判定0-3
〇平本 蓮(ルーファスポーツ/69.85kg)
レフェリー:内田龍介
ジャッジ:
豊島孝尚/青・平本 [D 0-50/ A 0-30/ G 20-0]
片岡誠人/青・平本 [D 0-50/ A 0-30/ G 0-20]
柴田 旭/青・平本 [D 0-0/ A 0-30/ G 0-20]

■第10試合 RIZIN MMAルール フェザー級(66.00kg) 5分3R
×今成正和(今成柔術/65.45kg)
判定0-3
〇鈴木千裕(クロスポイント吉祥寺/65.95kg)
レフェリー:𠮷田元貴
ジャッジ:
豊島孝尚/青・鈴木 [D 0-50/ A 30-0/ G 0-20]
片岡誠人/青・鈴木 [D 0-0/ A 0-30/ G 0-20]
柴田 旭/青・鈴木 [D 0-0/ A 0-30/ G 0-20]

■第9試合 RIZIN MMAルール バンタム級(61.00kg) 5分3R
〇元谷友貴(フリー/61.00kg)
判定3-0
×倉本一真(リバーサルジム新宿Me,We/60.80kg)
レフェリー:内田龍介
ジャッジ:
豊島孝尚/赤・元谷 [D 50-0/ A 30-0/ G 20-0]
橋本 貴/赤・元谷 [D 50-0/ A 0-0/ G 20-0]
柴田 旭/赤・元谷 [D 50-0/ A 30-0/ G 20-0]

■第8試合 RIZIN MMAルール ヘビー級(120.00kg) 5分3R
×ミノワマンZ(フリー/89.95kg)
TKO 1R 2’24” レフェリーストップ:グラウンドパンチ
〇侍マーク・ハント(Martial Arts Fighter team侍/117.65kg)
レフェリー:𠮷田元貴

■第7試合 RIZIN MMAルール 無差別級 5分3R
〇カルレ・ギブレイン(ブラジル/BRAZILIAN THAI/110.45kg)
TKO 1R 4’35” レフェリーストップ:グラウンドパンチ
×貴賢神(フリー/119.75kg)
レフェリー:𠮷田元貴

■第6試合 RIZIN MMAルール 女子スーパーアトム級(49.00kg) 5分3R
〇SARAMI(パンクラスイズム横浜/48.80kg)
判定3-0
×ラーラ・フォントーラ(ブラジル/48.65kg)
レフェリー:内田龍介
ジャッジ:
豊島孝尚/赤・SARAMI [D 50-0/ A 0-0/ G 20-0]
𠮷田元貴/赤・SARAMI [D 0-0/ A 30-0/ G 20-0]
柴田 旭/赤・SARAMI [D 0-0/ A 0-0/ G 20-0]

■第5試合 RIZIN MMAルール フライ級(57.00kg) 5分3R
〇中村優作(TEAM FAUST/56.95kg)
判定2-1
×征矢 貴(パラエストラ松戸/56.80kg)
レフェリー:柴田 旭
ジャッジ:
豊島孝尚/青・征矢 [D 0-0/ A 0-0/ G 0-20]
片岡誠人/赤・中村 [D 0-0/ A 30-0/ G 0-20]
内田龍介/赤・中村 [D 0-0/ A 30-0/ G 0-20]

■第4試合 RIZIN MMAルール フェザー級(66.00kg) 5分3R
〇青井 人(BLOWS/65.55kg)
判定3-0
×鈴木博昭(BELLWOOD GYM/65.90kg)
レフェリー:柴田 旭
ジャッジ:
豊島孝尚/赤・青井 [D 0-0/ A 30-0/ G 20-0]
片岡誠人/赤・青井 [D 0-0/ A 30-0/ G 20-0]
𠮷田元貴/赤・青井 [D 0-0/ A 0-0/ G 20-0]

■第3試合 RIZIN MMAルール バンタム級(61.00kg) 5分3R
〇アラン“ヒロ”ヤマニハ(ボンサイ柔術/60.85kg)
判定3-0
×河村泰博(和術慧舟会AKZA/60.60kg)
レフェリー:内田龍介
ジャッジ:
豊島孝尚/赤・ヤマニハ [D 50-0/ A 30-0/ G 20-0]
片岡誠人/赤・ヤマニハ [D 0-0/ A 30-0/ G 20-0]
𠮷田元貴/赤・ヤマニハ [D 0-0/ A 30-0/ G 20-0]

■第2試合 RIZIN MMAルール バンタム級(61.00kg) 5分3R
×魚井フルスイング(和術慧舟会HEARTS/61.00kg)
KO 2R 4’13” スタンドパンチ
〇ヤン・ジヨン(韓国/60.95kg)
レフェリー:柴田 旭

■第1試合 RIZIN MMAルール フェザー級(66.00kg) 5分3R
×奥田啓介(フリー/65.75kg)
TKO 1R 4’43” レフェリーストップ:グラウンドパンチ
〇久保優太(PURGE TOKYO/BRAVE/66.00kg)
レフェリー:𠮷田元貴

—–オープニングファイト—–
■オープニングファイト第3試合 RIZIN MMAルール バンタム級(61.00kg) 5分3R

〇日比野“エビ中”純也(ISHITSUNA MMA/60.65kg)
TKO 2R 3’00” レフェリーストップ:グラウンドパンチ
×吉田 陸(SPLASH/60.65kg)
レフェリー:片岡誠人

■オープニングファイト第2試合 RIZIN MMAルール フライ級(57.00kg) 5分3R
〇久保健太(グラップリングシュートボクサーズ多浩見/56.85kg)
TKO 2R 2’52” レフェリーストップ:グラウンドでの膝蹴り
×秀義(OVEYL/56.95kg)
レフェリー:橋本 貴

■オープニングファイト第1試合 RIZIN KICKルール 53.00kg契約 5分3R
○佐藤執斗(グラップリングシュートボクサーズ名古屋/52.90kg)
TKO 1R 0’39” レフェリーストップ
×KAZUNORI(T-KIXGYM/52.95kg)
レフェリー:長瀬達郎

大会名:DEEP OKINAWA IMPACT 2022
開催日:2022年10月30日(日)
会場:沖縄・ミュージックタウン音市場
主催:DEEP事務局
競技オフィシャル:福田正人(HR)、植松直哉、橋本 貴、柴田 旭、内田龍介

■第11試合 DEEPルール 72.00kg契約 5分2R
○渡慶次幸平(クロスポイント吉祥寺/71.45kg)
TKO 2R 0’50” コーナーストップ:グラウンドでの肘打撃
×デオ・レバナ(コンゴ民主共和国/K-Clann/70.00kg)
レフェリー:植松直哉
ジャッジ:
柴田 旭 (1R 10-8/ )
福田正人 (1R 10-8/ )
内田龍介 (1R 10-9/ )

■第10試合 DEEPルール 58.00kg契約 5分2R
×新垣健司(ALIVE沖縄/SHIMAZILIANS/57.90kg)
SUB 1R 1’27” タップアウト:フロントチョーク
○ヒロヤ(トライフォース赤坂/57.90kg)
レフェリー:内田龍介

■第9試合 DEEPルール ライト級 5分2R
○GACCHI(ALIVE沖縄/SHIMAZILIANS/70.55kg)
判定2-1
×BAGGIO(フリー/70.55kg)
レフェリー:柴田 旭
ジャッジ:
福田正人 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)
植松直哉 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)
内田龍介 19-19○ (1R 9-10/ 2R 10-9)

■第8試合 DEEPルール フライ級 5分2R
×TARKER(ALIVE沖縄/SHIMAZILIANS/56.75kg)
TKO 1R 2’08” レフェリーストップ:グラウンドパンチ
○RYOGA(KRAZY BEE/56.40kg)
レフェリー:内田龍介

■第6試合 DEEPルール メガトン級 5分2R
×クリス・クック・ザ・スネイク・キング(Moriniere Martial Arts Academy/99.30kg)
TKO 1R 4’32” レフェリーストップ:グラウンドパンチ
○KENNY中村・ザ・天才チンパンジー(MAXI GYM/119.95kg)
1R 4’32” TKO
レフェリー:橋本 貴

■第4試合 DEEPルール バンタム級 5分2R
○山本有人(リバーサルジム東京スタンドアウト/61.25kg)
判定3-0
×キヨタロウ(K-Clann/60.20kg)
レフェリー:内田龍介
ジャッジ:
福田正人 ○19-19 (1R 9-10/ 2R 10-9)
植松直哉 ○19-19 (1R 9-10/ 2R 10-9)
内田龍介 ○19-19 (1R 9-10/ 2R 10-9)

■第3試合 DEEPルール バンタム級 5分2R
×金城壮吾(拳我会/糸満MMA/60.85kg)
判定0-3
○吉田圭佑(総合格闘技・フィットネスstudio Will/60.30kg)
レフェリー:福田正人
ジャッジ:
橋本 貴 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)
植松直哉 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)
内田龍介 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)

■第2試合 DEEPルール ミドル級 5分2R
×フルスイング翔太(フリー/80.65kg)
TKO 1R 4’08” レフェリーストップ:グラウンドパンチ
○高江洲莉玖(総合格闘技・フィットネスstudio Will/82.85kg)
レフェリー:橋本 貴

■第1試合 DEEPルール フライ級 5分2R
○久保田洸平(氷ヲ刻メ/池田道場/56.70kg)
KO 2R 2’01” スタンドパンチ
×喜瀬裕斗(喜瀬塗装/糸満MMA/55.90kg)
レフェリー:福田正人
ジャッジ:
橋本 貴 (1R 10-9/ )
植松直哉 (1R 10-9/ )
内田龍介 (1R 10-9/ )

JMOC ALL JAPAN REFEREE CARAVAN 2022
JMOCハンドラップセミナー 基礎講習in沖縄
日 時:2022年10月29日(土) 19時00分〜20時30分
会 場:沖縄・沖縄県男女共同参画センター てぃるる 研修室1
    沖縄県那覇市西3-11-1
主 催:一般社団法人日本MMA審判機構
講 師:橋本 貴

 

この投稿をInstagramで見る

 

JMOC | 一般社団法人日本MMA審判機構(@mmaofficials_jp)がシェアした投稿

大会名:RIZIN.39
開催日:2022年10月23日(日)
会場:福岡・マリンメッセ福岡
主催:RIZIN FIGHTING FEDERATION
競技オフィシャル:
福田正人(HR)、豊永 稔(HRA)、片岡誠人、柴田 旭、内田龍介、豊島孝尚、五十嵐智子、新井誠介、李昌賢、鍋久保雄太、小生隆弘、高橋裕介、岡田剛史、北森代紀、磯英弥

■第12試合 RIZINフェザー級タイトルマッチ RIZIN MMAルール 5分3R
×牛久絢太郎(王者/K-Clann/65.85kg)
SUB 2R 1’29” タップアウト:三角絞め
〇クレベル・コイケ(挑戦者/ボンサイ柔術/65.90kg)
レフェリー:豊永 稔
※青・コイケが新王者に

■第11試合 RIZIN MMAルール ヘビー級(120.00kg) 5分3R
〇スダリオ剛(HI ROLLERS ENTERTAINMENT / PUREBRED/118.80kg)
TKO 2R 0’30” レフェリーストップ:グラウンドでの膝蹴り
×ヤノス・チューカス(ハンガリー/117.95kg)
レフェリー:片岡誠人

■第10試合 RIZIN MMAルール ライト級(71.00kg) 5分3R
〇矢地祐介(フリー/70.95kg)
判定3-0
×ボイド・アレン(南アフリカ/70.80kg)
レフェリー:柴田 旭
ジャッジ:
豊島孝尚/赤・矢地 [D 0-0/ A 0-0/ G 20-0]
橋本 貴/赤・矢地 [D 0-0/ A 0-0/ G 20-0]
田澤康宏/赤・矢地 [D 50-0/ A 30-0/ G 20-0]

■第9試合 RIZIN MMAルール ライト級(71.00kg) 5分3R
〇武田光司(BRAVE/70.75kg)
SUB 1R 3’35” タップアウト:アームバー
×ザック・ゼイン(米国/70.95kg)
レフェリー:福田正人

■第8試合 RIZIN MMAルール 75.00kg契約 5分3R
×佐々木信治(総合格闘技道場BURST/74.75kg)
TKO 3R 2’33” レフェリーストップ:グラウンドパンチ
〇宇佐美正パトリック(フリー/74.85kg)
レフェリー:福田正人

■第7試合 RIZIN MMAルール ウェルター級(77.00kg) 5分3R
〇阿部大治(フリー/76.90kg)
判定3-0
×田村ヒビキ(パラエストラ大阪/76.50kg)
レフェリー:柴田 旭
ジャッジ:
豊島孝尚/赤・阿部 [D 50-0/ A 0-0/ G 20-0]
片岡誠人/赤・阿部[D 0-0/ A 30-0/ G 20-0]
田澤康宏/赤・阿部 [D 50-0/ A 0-0/ G 20-0]

■第6試合 RIZIN KICKルール(肘あり) 61.00kg契約 3分3R
〇梅野源治(PHOENIX/61.00kg)
TKO 1R 0’21” レフェリーストップ
×トレント・ガーダム(Tiger Muay Thai & MMA/60.80kg)
レフェリー:豊永 稔

■第5試合 RIZIN MMAルール フェザー級(66.00kg) 5分3R
〇芦田崇宏(BRAVE/65.90kg)
判定3-0
×中田大貴(和術慧舟會HEARTS/65.90kg)
レフェリー:内田龍介
ジャッジ:
豊島孝尚/赤・芦田 [D 50-0/ A 0-0/ G 0-20]
片岡誠人/赤・阿部 [D 0-0/ A 30-0/ G 20-0]
柴田 旭/赤・阿部 [D 0-0/ A 30-0/ G 0-20]

■第4試合 RIZIN MMAルール フェザー級(66.00kg) 5分3R
〇中原由貴(マッハ道場/65.95kg)
TKO 1R 2’37” レフェリーストップ:グラウンドでのキック
×原口 央(BRAVE/65.20kg)
レフェリー:片岡誠人

■第3試合 RIZIN MMAルール バンタム級(61.00kg) 5分3R
〇手塚基伸(シークレットベースドミネート/コブラ会/60.90kg)
TKO 1R 4’33” レフェリーストップ:グラウンドパンチ
×メイマン・マメドフ(アゼルバイジャン/60.65kg)
レフェリー:柴田 旭

■第2試合 RIZIN KICKルール 57.50kg契約 3分3R
〇栗秋祥梧(クロスポイント吉祥寺/57.40kg)
TKO 2R 1’42” レフェリーストップ
×翔(REVOLT/57.05kg)
レフェリー:豊永 稔

■第1試合 RIZIN KICKルール 63.00kg契約 3分3R
〇REITO BRAVELY(BRAVELY GYM/62.40kg)
TKO 1R 0’34” レフェリーストップ
×関 幸一郎(ELEPHAS/62.85kg)
レフェリー:片岡誠人


2022年10月23日 マリンメッセ福岡「湘南美容クリニック presents RIZIN.39」
JMOCハンドラッピングサービスTIMETABLE

>>>TIMETABLE

「湘南美容クリニック presents RIZIN.39」における競技オフィシャルによるハンドラッピングのタイムテーブルが決定いたしました。
出場選手で競技オフィシャルによるハンドラッピングを予約された方は、指定の時間チェックブースまでお越しください。

[注意事項]
※ハンドラッピングに使用するテーピングおよびバンテージはチェックブースにて支給いたします。
※帯同セコンドは1名
までとなります。

※選手、セコンドは必ずマスクをご着用ください。

>>>2022年10月29日 JMOCハンドラップセミナー 基礎講習in沖縄 参加者募集中

 

この投稿をInstagramで見る

 

JMOC | 一般社団法人日本MMA審判機構(@mmaofficials_jp)がシェアした投稿

レフェリー&ジャッジ基礎講習
2022下期編の開催が決定!

12.17(sat) オンライン開催

一般社団法人日本MMA審判機構のキャラバン・シリーズ「JMOC ALL JAPAN REFEREE CARAVAN 2022」を、次のとおりオンラインで開催することが決定いたしました。
この基礎講習(セミナー)は、RIZINや修斗、DEEPなどMMAの競技運営に携わる人たちがMMAのルールや現場での事例等の情報を提供し、MMA現役審判員はもちろん、これから審判員を目指す人や、MMAルールに関心のある人、ルールを知ってMMA観戦の幅を広げたいファンの方たちを対象とした、どなたでもご参加可能なセミナーとなっております。
今回は、2022年下期に行われた実際の試合における事例なども取り上げ、最新情報を共有いたします。
一般の方もご参加いただけますので、是非お気軽にご参加ください。


WHOOPS!ドローンスクール presents
JMOC ALL JAPAN REFEREE CARAVAN 2022
JMOC MMAレフェリー&ジャッジ基礎講習 -2022下期編-
【概要】
日時:2022年12月17日(土) 21:00〜22:30(延長の場合あり)
開催方法:Zoomミーティング
主 催:一般社団法人日本MMA審判機構
講 師:松宮 智生(一般社団法人日本MMA審判機構副会長、清和大学准教授)
受講料:一般6,000円 / JMOCコミュニティ会員3,000円
一般の方はPeatixでのクレジットカード等でのお支払いとなり、前日までにPeatixメッセージにてZoomミーティング参加IDとパスワードをご案内いたします。
※会員の方はJMOCコミュニティ会員専用ページ(CAMPFIRE Community)からのお申し込みとなります。
※参加者都合によるお申込み後のキャンセルおよび返金はお受けしておりません。予めご了承ください。
定 員:20名(申込先着順)
※競技オフィシャル(レフェリー・ジャッジ等)志望者だけではなく、選手(プロ・アマ)、選手を目指す方、セコンドやこれからセコンドになりたい方、MMAの見方を知りたいファンの方々など、MMAルールに関心のある方ならどなたでも参加いただけます。
※本講習の様子はSNS等で紹介される場合がございます。予めご了承ください。
※本講習は、JMOC協力大会に参加する競技オフィシャル(レフェリー、ジャッジ)必修の講習となります。
申込方法:JMOC公式Webサイト内に記載の外部申込サイト(Peatix)より
※会員の方は、JMOCコミュニティ会員専用ページからのお申し込みとなります。
内 容:
MMAのレフェリーやジャッジに必要な基礎的な知識の習得を目的とする。
[レフェリー・セクション]
ルールの解釈(反則の定義など)。試合における反則への対処法など。
[ジャッジ・セクション]
採点における観点。模擬ジャッジ(演習)。
※過去に開催した基礎講習をアップデートし、リピーター様にも新しい発見がある内容とする予定です。

<過去に開催した基礎講習>
2018.7.21東京
2018.11.3横浜
2018.11.24沖縄
2018.12.15大阪
2019.5.13札幌
2021.2.27オンライン
2022.3.26オンライン


WHOOPS!ドローンスクール presents
JMOC ALL JAPAN REFEREE CARAVAN 2022

JMOC MMAレフェリー&ジャッジ基礎講習 -2022下期編-
参加要領

1 参加条件等
講習会の参加要領は次のとおりです。申し込みに当たっては、後記2および3の記載内容を必ずご確認ください。

(1)対象者
現役競技オフィシャル、競技オフィシャル志望者、選手やセコンド、MMAファンなど、MMAルールに関心のある方。

(2)募集定員
20名

2 参加申込方法及び注意事項
(1)参加を希望される方は、JMOC公式ウェブサイトに記載の外部申込サイト(Peatix)からお申込みください。電話、メールなどによるお申込みは受け付けておりません。

(2)申込サイト(Peatix)にて申込(決済)が完了すると、開催当日17時までにPeatixメッセージにて当日の参加IDおよびパスワードをご案内いたします。

(3)定員に達した日をもって募集終了日といたします。なお、募集定員に達しない場合でも、2022年12月15日21時にお申込みの受付を終了いたします。

(4)入手した個人情報は、本講習会業務以外の目的には使用いたしません。

(5)当日のイベントの様子は撮影(ビデオ・写真)をさせていただき、今後当機構の各媒体等にてご紹介させていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。
また、当日は報道機関による取材などが入る可能性もございます。あらかじめご了承ください。

(6)会場内では、動画撮影・録音は禁止とさせていただきます。

(7)講師体調不良等により、講師の変更や急遽イベントを中止とさせていただく場合がございます。その場合は、JMOC公式ウェブサイト等にてご案内させていただきます。あらかじめご了承ください。

3 Zoomミーティング使用に関する注意事項
(1)Zoomアクセス情報のURLやパスワードは第三者に伝えることは禁止といたします。

(2)Zoom表示名は申込者名(本名)の表示をお願いいたします。会員様であることが確認できない場合、Zoomミーティング内へ入室出来ませんのでご注意ください。
第三者の入室を防ぎ、安全に配信をするため、ご協力をお願いいたします。

(3)当日は15分前よりミーティングルームに入室可能です。

(4)あらかじめ視聴するパソコンやスマートフォン・タブレットに、Zoomアプリのインストールをお済ませください。

(5)データ通信量が多くなりますので、インターネット固定回線またはWi-Fi環境でのご利用をお勧めします。

(6)いかなる方法でも、音声・動画・静止画の保存はなさらないでください。

(7)ご自身の接続トラブル等で入室ができない場合は、個々の端末やネット環境を把握しきれないため、サポートが困難となります。何卒ご了承ください。

(8)受講者が揃わない場合でも、21時00分に講習を開始させていただきます。

(9)受講時は、講師からの指示があるまでは各自「ミュート」の設定をお願いいたします。

(10)Zoomの操作方法に関するご質問はJMOC事務局ではご対応いたしかねますのでご了承ください。

(11)当日、欠席する場合は、事務局まで御連絡下さい。

申込サイト(Peatix)

※参加要領を必ずご確認の上、上記外部申込サイト(Peatix)よりお申込みください。

講師プロフィール

松宮 智生(まつみや ともき)
一般社団法人日本MMA審判機構副会長、清和大学准教授

[競技オフィシャル歴]
2002年10月~MMA競技オフィシャル(パンクラス、HERO’S、ケージフォース、戦極、RIZIN、DEEP他)

[主要著作・論文等]
▼著書
『はじめて学ぶ体育・スポーツ哲学』
髙橋徹編著(みらい、2018年)(共著)
『よくわかるスポーツとジェンダー』
飯田貴子・熊安貴美江・來田享子編著(ミネルヴァ書房、2018年)(共著)
『教養としての体育原理 新版』
友添秀則・岡出美則編著(大修館書店、2016年)(共著)
『データでみるスポーツとジェンダー』
日本スポーツとジェンダー学会編(八千代出版、2016年)(共著:編集委員)
『スポーツとジェンダーデータブック2010』
日本スポーツとジェンダー学会編(2010年)(共著)
▼論文(単著または筆頭著者)
「スポーツにおけるルールとは何か:道徳概念を超えて」体育科教育2019年1月号18-21頁(2019年)
「スポーツにおけるルールの妥当性に関する考察:ボクシングと総合格闘技を中心的素材に」博士学位論文(国士舘大学)(2013年)
「女性競技者の視点からみた女子総合格闘技ルールの妥当性:ケイパビリティ・アプローチを手がかりに」スポーツとジェンダー研究第11巻29-42頁(2013年)
「総合格闘技における負傷の実態と傾向:試合現場におけるリングドクターの診断結果から」体育・スポーツ科学研究第13号7-14頁(2013年)
「スポーツにおけるルールの根拠に関する一考察:ルールの妥当性の根拠を導く解釈的アプローチ」体育・スポーツ哲学研究第34巻第1号37-51頁(2012年)
「スポーツ競技者の安全に対する審判の法的責任に関する一考察:ラグビーのレフリーの注意義務を中心に」日本スポーツ法学会年報第13号105-119頁(2011年)
「総合格闘技の女子用ルールに関する一考察:「危険」を理由に禁止される行為の違いに着目して」スポーツとジェンダー研究第8巻35-47頁(2010年)
「『総合格闘技』であるためのルール:リアリティと危険性とのはざまで」修士論文(国士舘大学)(2009年)
▼その他(報告書、雑誌記事等)
〔体育哲学考〕「審判はなくなる?」日本体育学会体育哲学専門領域会報2-3頁(2019年)
〔研究資料〕「スポーツと国際交流:Sports for Tomorrowにおける大学の役割」国士舘大学体育研究書報第35巻49-54頁(2018年:田原淳子と共著)
〔資料〕「注釈 総合格闘技のユニファイド・ルールにおける反則行為」体育・スポーツ科学研究第17号49-58頁(2017年)
〔書評〕「内田良著『教育という病:子どもと先生を苦しめる「教育リスク」』光文社、2015年」体育・スポーツ科学研究第16号27-31頁(2016年)
〔翻訳〕「総合格闘技(MMA)のユニファイド・ルール」国士舘大学体育研究所報第34巻23-31頁(2016年)
〔書評・翻訳〕「深刻なスポーツ傷害に対するレフリーの責任:イギリスにおける展開(Caddel (2005) The Referee’s Liability for Catastrophic Sports Injuries: A UK Perspective)体育・スポーツ科学研究第12号69-77頁(2012年)
〔研究紹介〕「ルールに対する実証的な態度と解釈的な態度」日本体育学会体育哲学専門領域会報第15巻第4号5頁(2012年)
〔コラム〕JMOCコラム日本MMA審判機構公式ウェブサイト(2018年)


問い合わせ先:
一般社団法人日本 MMA 審判機構 事務局

〒104-0032 東京都中央区八丁堀2丁目30-16
e-mail:jmoc.mma@gmail.com

大会名:プロフェッショナル修斗公式戦 SHOOTO GIG TOKYO Vol.33
開催日:2022年10月15日(日)
会場:東京・新宿FACE
主催:株式会社サステイン
競技オフィシャル:
片岡誠人、福田正人、田澤康宏 他

※試合結果は一般社団法人日本修斗協会公式ウェブサイトより

[メインイベント/第12試合]フェザー級5分2R
×木下 カラテ(和術慧舟會HEARTS)65.8kg
TKO 1R 0’42”
○竹原 魁晟(パラエストラ松戸)65.7kg
※レフェリーストップ
[レフェリー]片岡誠人

[セミファイナル/第11試合]バンタム級5分2R
○榎本 明(リバーサルジム東京スタンドアウト)61.0kg
判定 3-0
×松下 祐介(パラエストラTB)61.2kg
[レフェリー]福田正人
[サブレフェリー]
田澤康宏 20-18(1R 10-9/2R 10-9)
松村 慶 20-17(1R 10-9/2R 10-8)
小島邦裕 20-18(1R 10-9/2R 10-9)

[第10試合]バンタム級5分2R
×ガッツ 天斗(パラエストラ綾瀬)61.2kg
判定 0-3
○よしずみ(リバーサルジム東京スタンドアウト)61.2kg
[レフェリー]福田正人
[サブレフェリー]
田澤康宏 18-20(1R 9-10/2R 9-10)
松村 慶 18-20(1R 9-10/2R 9-10)
出合 淳 18-20(1R 9-10/2R 9-10)

[第9試合]ライト級5分2R
×エドモンド 金子(BRAVE)70.2kg
判定 0-3
○菅原 和政(マスタージャパン福岡)70.3kg
[レフェリー]福田正人
[サブレフェリー]
片岡誠人 18-20(1R 9-10/2R 9-10)
松村 慶 18-20(1R 9-10/2R 9-10)
出合 淳 18-20(1R 9-10/2R 9-10)

[第8試合]バンタム級5分2R
○伊集 龍皇(パラエストラ小岩)61.0kg
S 1R 2’41”
×関根 累(ROOTS)61.1kg
※スリーパーホールド
[レフェリー]片岡誠人

[第7試合]バンタム級5分2R
○川北 晏生(TRIBE TOKYO MMA)60.5kg
判定 2-0
×中野 剛貴(KRAZY BEE)61.2kg
[レフェリー]片岡誠人
[サブレフェリー]
出合 淳 20-18(1R 10-9/2R 10-9)
松村 慶 19-19(1R 10-9/2R 9-10)
小島邦裕 20-18(1R 10-9/2R 10-9)

[第6試合]2022年度新人王決定トーナメント準決勝 フライ級5分2R
○片山 将宏(TRIBE TOKYO MMA)56.7kg
判定 3-0
×青井 心二(心技舘)56.7kg
※勝利した赤:片山がトーナメント決勝戦進出。
[レフェリー]片岡誠人
[サブレフェリー]
田澤康宏 20-17(1R 10-9/2R 10-8)
松村 慶 20-18(1R 10-9/2R 10-9)
福田正人 20-18(1R 10-9/2R 10-9)

[第5試合]フェザー級5分2R
○上原 平(リバーサルジム横浜グランドスラム)65.7kg
判定 3-0
×磯部 鉄心(パラエストラ松戸)65.8kg
[レフェリー]片岡誠人
[サブレフェリー]
田澤康宏 20-18(1R 10-9/2R 10-9)
松村 慶 20-18(1R 10-9/2R 10-9)
出合 淳 20-18(1R 10-9/2R 10-9)

[第4試合]女子アトム級5分2R
○玉田 育子(AACC)46.3kg
判定 3-0
×天天 さくら(総合格闘技ジムBATTLE)47.1kg
[レフェリー]福田正人
[サブレフェリー]
田澤康宏 20-18(1R 10-9/2R 10-9)
出合 淳 20-18(1R 10-9/2R 10-9)
小島邦裕 20-18(1R 10-9/2R 10-9)

[第3試合]79kg契約5分2R
×クアト 驎(パラエストラ小岩)78.6kg
S 2R 3’56”
○宮口 浩徳(マスタージャパン東京)78.3kg
※スリーパーホールド
[レフェリー]福田正人
[サブレフェリー]
片岡誠人 1R 9-10
出合 淳 1R 9-10
小島邦裕 1R 9-10

[第2試合]フライ級5分2R
○佐々木 駿友(T・GRIP TOKYO)56.3kg
判定 3-0
×森田 興希(パラエストラ松戸)56.5kg
[レフェリー]福田正人
[サブレフェリー]
田澤康宏 20-18(1R 10-9/2R 10-9)
松村 慶 20-18(1R 10-9/2R 10-9)
小島邦裕 20-18(1R 10-9/2R 10-9)

[第1試合]ライト級5分2R
○井口 マサト(AACC)70.0kg
判定 3-0
×モリシマン(STYLE PLUS GYM)69.9kg
[レフェリー]片岡誠人
[サブレフェリー]
田澤康宏 20-17(1R 10-8/2R 10-9)
松村 慶 20-18(1R 10-9/2R 10-9)
福田正人 20-18(1R 10-9/2R 10-9)

[オープニングファイト]63kg契約5分2R ※17:30開始
○青井太一(心技舘)62.7kg
判定 3-0
×太田慎太郎(RISING SUN)61.0kg
[レフェリー]片岡誠人
[サブレフェリー]
田澤康宏 20-18(1R 10-9/2R 10-9)
松村 慶 20-18(1R 10-9/2R 10-9)
福田正人 20-18(1R 10-9/2R 10-9)

大会名:超RIZIN/RIZIN.38
開催日:2022年9月25日(日)
会場:埼玉・さいたまスーパーアリーナ
主催:RIZIN FIGHTING FEDERATION
競技オフィシャル:
福田正人(HR)、豊永 稔(HRA)、松宮智生、豊島孝尚、片岡誠人、柴田 旭、内田龍介、五十嵐智子、和久裕治、新井誠介、李昌賢、鍋久保雄太、小生隆弘、高橋裕介、石川喬也、中原弘道、北森代紀

―RIZIN.38―
■第7試合 RIZIN MMAルール バンタム級(61.00kg) 5分3R
〇堀口恭司(アメリカントップチーム/60.80kg)
SUB 2R 2’59” テクニカルサブミッション:肩固め
×金太郎(パンクラス大阪稲垣組/60.95kg)
レフェリー:福田正人

■第6試合 RIZIN WORLD GRAND PRIX 2022スーパーアトム級トーナメント準決勝戦 RIZIN MMAルール スーパーアトム級(49.00kg) 5分3R
〇伊澤星花(日本・フリー/48.75kg)
SUB 2R 4’56” タップアウト:アームバー
×アナスタシア・スヴェッキスカ(ウクライナ・SC BORETS/SUBHUNTER/49.00kg)
レフェリー:福田正人

■第5試合 RIZIN WORLD GRAND PRIX 2022スーパーアトム級トーナメント準決勝戦 RIZIN MMAルール スーパーアトム級(49.00kg) 5分3R
×浜崎朱加(日本・AACC/49.00kg)
判定0-3
〇パク・シウ(韓国・KRAZY BEE/48.90kg)
レフェリー:福田正人
ジャッジ:
片岡誠人/青・パク [D 0-50/ A 0-0/ G 0-20]
豊島孝尚/青・パク [D 0-50/ A 0-0/ G 0-20]
柴田 旭/青・パク [D 0-50/ A 0-30/ G 0-20]

■第4試合 RIZIN MMAルール バンタム級(61.00kg) 5分3R
×扇久保博正(パラエストラ松戸/60.95kg)
判定0-3
〇キム・スーチョル(韓国/60.85kg)
レフェリー:豊永 稔
ジャッジ:
片岡誠人/青・キム [D 0-0/ A 0-30/ G 0-20]
豊島孝尚/青・キム [D 0-50/ A 0-0/ G 0-20]
柴田 旭/青・キム [D 0-50/ A 0-0/ G 0-20]

■第3試合 RIZIN MMAルール ヘビー級(120.00kg) 5分3R
〇シビサイ頌真(パラエストラ東京/巌流島/110.45kg)
SUB 1R 1’48” タップアウト:リアネイキッドチョーク
×カルリ・ギブレイン(BRAZILIAN THAI/110.30kg)
レフェリー:松宮智生

■第2試合 RIZIN MMAルール フェザー級(66.00kg) 5分3R
×萩原京平(SMOKER GYM/65.80kg)
SUB 2R 2’14” タップアウト:リアネイキッドチョーク
〇鈴木千裕(クロスポイント吉祥寺/65.90kg)
レフェリー:松宮智生

■第1試合 RIZIN MMAルール ライト級(71.00kg) 5分3R
×大原樹理(KIBAマーシャルアーツクラブ/70.75kg)
TKO 1R 1’22” レフェリーストップ:グラウンドパンチ
〇ルイス・グスタボ(EVOLUCAO THAI/70.75kg)
レフェリー:豊永 稔

―超RIZIN―
■第2試合 RIZIN KICKルール(肘あり) 53.00kg契約 3分3R
〇吉成名高(エイワスポーツジム/52.45kg)
TKO 1R 2’24” レフェリーストップ
×バンダサック・ソー・トラクンペット(タイ/52.60kg)
レフェリー:豊永 稔

■第1試合 RIZIN MMA特別ルール フェザー級(66.00kg) 3分3R
〇三浦孝太(BRAVE/65.45kg)
SUB 1R 1’54” タップアウト:アームバー
×ブンチュアイ・ポーンスーンヌーン(サーイゲーオボクシングジム/65.65kg)
レフェリー:福田正人

大会名:DEEP HAMAMATSU IMPACT 2022
開催日:2022年9月25日(日)
会場:静岡・アクトシティ浜松
主催:IKGプロモーション
競技オフィシャル:田澤康宏(HR)、長瀬達郎、橋本 貴、岡田剛史

■第23試合 DEEPルール バンタム級 5分2R
×内山拓真(ボンサイ柔術/61.60kg)
TKO 1R3’35” レフェリーストップ:グラウンドパンチ
○日比野“エビ中”純也 (ISHITSUNA GYM/61.60kg)
レフェリー:橋本 貴

■第22試合 DEEPルール フェザー級 5分2R
○雅駿介(CAVE/66.10kg)
TKO 1R 1’49” レフェリーストップ:グラウンドパンチ
×植田雄太(スラムキング/66.20kg)
レフェリー:橋本 貴

■第21試合 DEEPルール フェザー級 5分2R
○劉獅(KIBAマーシャルアーツ/66.20kg)
判定2-1
×拓MAX(TEAM HAMBOLT、KCC/65.70kg)
レフェリー:岡田剛史
ジャッジ:
長瀬達郎 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)
田澤康宏 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)
橋本 貴 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)

■第20試合 DEEPルール 67.50kg契約 5分2R
×Street♡★Bob洸助(LEGION TOP TEAM/67.50kg)
TKO 1R 0’17” レフェリーストップ:スタンドパンチ
○鷹辰(和術慧舟會HEARTS/67.20kg)
レフェリー:岡田剛史

■第19試合 DEEPルール バンタム級 5分2R
○山本哲也(IGGY HAND’S GYM/61.40kg)
SUB 2R 1’43” タップアウト:リアネイキッドチョーク
×岩堀徹大(格闘技道場ブレイヴ/60.90kg)
レフェリー:橋本 貴
ジャッジ:
長瀬達郎 (1R 10-9/ )
田澤康宏 (1R 10-9/ )
岡田剛史 (1R 10-9/ )

■第16試合 DEEPルール フェザー級 5分2R
○橘川ヒロキ (IGGY HAND’S GYM/65.90kg)
TKO 2R 4’46” レフェリーストップ:スタンドパンチ
×樋沼朝光(和術慧舟會GODS/65.90kg)
レフェリー:岡田剛史
ジャッジ:
長瀬達郎 (1R 10-9/ )
田澤康宏 (1R 10-8/ )
橋本 貴 (1R 10-9/ )

■第15試合 DEEPルール バンタム級 5分2R
○諏訪部哲平(IGGY HAND’S GYM/61.20kg)
SUB 1R 3’02” タップアウト:リアネイキッドチョーク
×望月風我(武心館/61.40kg)
レフェリー:岡田剛史

■第13試合 DEEPルール 64.00kg契約 5分2R
×秋山怜冬(C’rush/63.70kg)
TKO 1R 1’46” レフェリーストップ:グラウンドパンチ
○平野凌麻(格闘技道場ブレイヴ/64.00kg)
レフェリー:橋本 貴

■第12試合 DEEPアマチュアSPルール バンタム級 3分2R
○Ryoma(K.O.SHOOTO GYM/60.70kg)
TKO 1R 1’08” レフェリーストップ
×イトカズ・コウセイ(関谷柔術アカデミー/60.20kg)
レフェリー:田澤康宏

■第10試合 DEEPアマチュアSPルール フェザー級 3分2R
○安藤慎一朗(ボンサイ柔術/65.50kg)
判定3-0
×トクナガ・ジオゴ(関谷柔術アカデミー/65.70kg)
レフェリー:田澤康宏
ジャッジ:
長瀬達郎 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)
岡田剛史 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)
橋本 貴 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)

■第9試合 DEEPアマチュアSPルール フライ級 3分2R
○魁聖(ボンサイ柔術/55.60kg)
SUB 1R 1’46” タップアウト:アームバー
×金嶽宗道(IGGY HAND’S GYM/55.90kg)
レフェリー:田澤康宏

■第6試合 DEEP JEWELSアマチュアSPルール 46.00kg以下 3分2R丸
○河合瑠奈(禅道会駒ヶ根道場/45.10kg)
SUB 1R 2’23” タップアウト:リアネイキッドチョーク
×瀬谷真琴(上妻式武術考房/45.30kg)
レフェリー:田澤康宏

■第5試合 DEEPアマチュアSPルール 63.20kg以下 3分2R
○石坂空志(K.O.SHOOTO GYM/62.50kg)
SUB 1R 1’08” テクニカルサブミッション:アームバー
×中山優弥(岳南塾/59.80kg)
レフェリー:田澤康宏

■第2試合 DEEPアマチュアSPルール ストロー級 3分2R
○金光優真(JAWS WEST/52.60kg)
判定3-0
×川上尚馬(MtF MUGEN GYM/52.00kg)
レフェリー:田澤康宏
ジャッジ:
長瀬達郎 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)
岡田剛史 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)
橋本 貴 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)

■第1試合 DEEPアマチュアSPルール フェザー級 3分2R
×加藤慎也(K.O.SHOOTO GYM/65.50kg)
TKO 1R 2’34” ドクターストップ:負傷
○櫻庭透(ボンサイ柔術/64.90kg)
レフェリー:田澤康宏

※MMA公式試合のみ掲載

2022年9月25日 さいたまスーパーアリーナ「The Battle Cats presents 超RIZIN / 湘南美容クリニック presents RIZIN.38」
JMOCハンドラッピングサービスTIMETABLE

>>>TIMETABLE

「The Battle Cats presents 超RIZIN / 湘南美容クリニック presents RIZIN.38」における競技オフィシャルによるハンドラッピングのタイムテーブルが決定いたしました。
出場選手で競技オフィシャルによるハンドラッピングを予約された方は、指定の時間チェックブースまでお越しください。

[注意事項]
※ハンドラッピングに使用するテーピングおよびバンテージはチェックブースにて支給いたします。
※帯同セコンドは1名
までとなります。

※選手、セコンドは必ずマスクをご着用ください。

 

この投稿をInstagramで見る

 

JMOC | 一般社団法人日本MMA審判機構(@mmaofficials_jp)がシェアした投稿

大会名:プロフェッショナル修斗公式戦 PROFESSIONAL SHOOTO 2022 Vol.6
開催日:2022年9月19日(日)
会場:後楽園ホール
主催:株式会社サステイン
競技オフィシャル:
片岡誠人、豊永 稔、福田正人、柴田 旭、長瀬達郎、橋本 貴

※試合結果は一般社団法人日本修斗協会公式ウェブサイトより

[メインイベント/第10試合]世界ストロー級チャンピオンシップ5分5R
×猿丸 ジュンジ(チャンピオン・初防衛戦/修斗GYM東京)52.1kg
KO 1R 1’50”
○新井 丈(挑戦者・同級1位/キングダムエルガイツ・和術慧舟會HEARTS)52.1kg
※勝利した挑戦者:新井が第10代世界ストロー級王者に。
[レフェリー]片岡誠人

[セミファイナル/第9試合]ウェルター級5分3R
○西川 大和(世界ライト級王者/西川道場)76.8kg
判定 3-0
×草・MAX(TEAM CLIMB/GRABAKA赤羽)76.7kg
[レフェリー]豊永 稔
[サブレフェリー]
片岡誠人 30-27(1R 10-9/2R 10-9/3R 10-9)
柴田 旭 30-27(1R 10-9/2R 10-9/3R 10-9)
橋本 貴 30-27(1R 10-9/2R 10-9/3R 10-9)

[第8試合]フライ級5分3R
○関口 祐冬(同級世界1位/修斗GYM東京)56.5kg
S 1R 4’46”
×内田 タケル(同級世界8位/パラエストラ松戸)56.5kg
※腕十字固め
[レフェリー]福田正人

[第7試合]バンタム級5分3R
○後藤 丈治(同級世界5位/TRIBE TOKYO MMA)60.9kg
TKO 2R 3’52”
×加藤 ケンジ(K.O.SHOOTO GYM)61.0kg
※レフェリーストップ
[レフェリー]柴田 旭
[サブレフェリー]
豊永 稔1R 9-10
福田正人1R 9-10
橋本 貴1R 9-10

[第6試合]フェザー級5分3R
○飯田 健夫(同級世界1位/無所属)65.7kg
TKO 3R 1’13”
×論田 愛空隆(心技舘)65.7kg
※レフェリーストップ
[レフェリー]柴田 旭
[サブレフェリー]
豊永 稔 1R 10-9/2R 10-8
長瀬達郎 1R 10-9/2R 10-8
橋本 貴 1R 10-9/2R 10-9

[第5試合]女子フライ級5分3R
△ライカ(日本/RIGHT THING ACADEMY)56.5kg
ドロー 1-0
△杉本 恵(世界スーパーアトム級3位/AACC)56.3kg
[レフェリー]福田正人
[サブレフェリー]
豊永 稔 19-19(1R 10-9/2R 9-10)
長瀬達郎 20-18(1R 10-9/2R 10-9)
橋本 貴 19-19(1R 9-10/2R 10-9)

[第4試合]バンタム級5分2R
×齋藤 翼(総合格闘技津田沼道場・FIGHT FARM)61.2kg
判定 0-3
○スソン(KRAZY BEE)61.1kg
[レフェリー]長瀬達郎
[サブレフェリー]
豊永 稔 18-20(1R 9-10/2R 9-10)
福田正人 18-20(1R 9-10/2R 9-10)
片岡誠人 18-20(1R 9-10/2R 9-10)

[第3試合]インフィニティリーグ2022 女子アトム級5分2R
×久遠(勝ち点4/ZERO)47.5kg
S 2R 2’13”
○小生 由紀(勝ち点1/グランドスラム沖縄A・P・P)47.4kg
※腕十字固め
※※勝利した青:小生が3ポイント獲得。(累計4P)
[レフェリー]橋本 貴
[サブレフェリー]
片岡誠人 1R 9-10
福田正人 1R 9-10
長瀬達郎 1R 9-10

[第2試合]2022年度新人王決定トーナメント準決勝 フェザー級5分2R
○椿 飛鳥(トライデントジム)65.8kg
判定 3-0
×工藤 圭一郎(グランドスラム沖縄A・P・P)65.8kg
※勝利した赤:椿がトーナメント決勝進出。決勝戦ではCHAN-龍(MMA Zジム)との対戦が決定。
[レフェリー]豊永 稔
[サブレフェリー]
片岡誠人 20-18(1R 10-9/2R 10-9)
福田正人 20-18(1R 10-9/2R 10-9)
柴田 旭 20-18(1R 10-9/2R 10-9)

[第1試合]2022年度新人王決定トーナメント一回戦 フライ級5分2R
○須藤 晃大(EXFIGHT)56.6kg
S 2R 3’04”
×大谷あっくんボンバー(タトル)56.0kg
※スリーパーホールド
※※勝利した赤:須藤がトーナメント進出。
[レフェリー]片岡誠人
[サブレフェリー]
長瀬達郎 1R 10-9
福田正人 1R 10-9
柴田 旭 1R 10-9

大会名:DEEP TOKYO IMPACT 2022 5th ROUND
開催日:2022年9月11日(日)
会場:東京・ニューピアホール
主催:DEEP事務局
競技オフィシャル:福田正人(HR)、植松直哉、松宮智生、長瀬達郎、田澤康宏、橋本 貴、柴田 旭、石川喬也、高橋裕介

■第15試合 DEEPフライ級GP トーナメント1回戦 5分3R
○村元友太郎(ALIVE/57.10kg)
判定5-0
×風我(フリー/57.05kg)
レフェリー:福田正人
ジャッジ:
石川喬也 29-28 (1R 9-10/ 2R 10-9/ 3R 10-9)
田澤康宏 29-28 (1R 9-10/ 2R 10-9/ 3R 10-9)
橋本 貴 29-28 (1R 9-10/ 2R 10-9/ 3R 10-9)
松宮智生 29-28 (1R 9-10/ 2R 10-9/ 3R 10-9)
柴田 旭 29-28 (1R 9-10/ 2R 10-9/ 3R 10-9)

■第14試合 DEEPフライ級GP トーナメント1回戦 5分3R
○福田龍彌(MIBURO/57.15kg)
判定5-0
×杉山廣平(SPLASH/56.90kg)
レフェリー:福田正人
ジャッジ:
石川喬也 28-26 (1R 10-8/ 2R 10-9/ 3R 10-9/ 赤・減点2)
田澤康宏 28-27 (1R 10-9/ 2R 10-9/ 3R 10-9/ 赤・減点2)
橋本 貴 28-27 (1R 10-9/ 2R 10-9/ 3R 10-9/ 赤・減点2)
松宮智生 28-27 (1R 10-9/ 2R 10-9/ 3R 10-9/ 赤・減点2)
柴田 旭 28-27 (1R 10-9/ 2R 10-9/ 3R 10-9/ 赤・減点2)
※1R、赤・福田に減点2(反則:グラウンドポジションの相手選手に対する頭部・顔面への膝打撃)

■第13試合 DEEPフライ級GP トーナメント1回戦 5分3R
×島袋チカラ(CORE/57.05kg)
KO 1R 3’07” グラウンドでの肘打撃
○宇田悠斗(HOPE/56.85kg)
レフェリー:福田正人

■第12試合 DEEPフライ級GP トーナメント1回戦 5分3R
×駒杵嵩大(FIGHT BASE都立大/–.–kg)
失格
○松場貴志(パラエストラ加古川/57.10kg)
レフェリー:橋本 貴
※赤・駒杵が計量失格により計量を合格した青・松葉の不戦勝扱いとする

■第11試合 DEEPルール フェザー級 5分2R
×TATSUMI(ネックス/66.10kg)
判定0-3
○西谷大成(トライフォース赤坂/66.30kg)
レフェリー:植松直哉
ジャッジ:
長瀬達郎 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)
柴田 旭 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)
石川喬也 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)

■第10試合 DEEPルール フェザー級 5分2R
×鬼山斑猫(KRAZY BEE/66.05kg)
SUB 1R 4’20” タップアウト:リアネイキッドチョーク
○狩野 優(TRIBE TOKYO MMA/65.80kg)
レフェリー:植松直哉

■第9試合 DEEPルール ウェルター級 5分2R
○佐藤洋一郎(KATANA GYM/77.45kg)
判定3-0
×嶋田伊吹(FIGHT HOLIC/77.15kg)
レフェリー:長瀬達郎
ジャッジ:
松宮智生 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)
柴田 旭 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)
田澤康宏 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)

■第8試合 DEEPルール ウェルター級 5分2R
○米田奈央(フリー/77.40kg)
判定3-0
×レバナ・エゼキエル(コンゴ民主共和国/K-Clann/76.50kg)
レフェリー:長瀬達郎
ジャッジ:
松宮智生 19-18 (1R 10-8/ 2R 9-10)
橋本 貴 ○19-19 (1R 10-9/ 2R 9-10)
植松直哉 19-18 (1R 10-8/ 2R 9-10)

■第7試合 DEEPルール フェザー級 5分2R
×佐藤勇駿(K-clann/65.15kg)
判定0-3
○木下尚祐(和術慧舟會GODS/66.30kg)
レフェリー:柴田 旭
ジャッジ:
松宮智生 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)
橋本 貴 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)
植松直哉 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)

■第6試合 DEEPルール ライト級 5分2R
×THE☆ナマハゲ(KATANA GYM/70.60kg)
判定0-3
○泉 武志(FIGHTER’S FLOW/70.60kg)
レフェリー:長瀬達郎
ジャッジ:
松宮智生 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)
橋本 貴 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)
植松直哉 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)

■第5試合 DEEPルール 60.50kg契約 5分2R
○力也(KING of Liberty/60.45kg)
SUB 1R 2’43” タップアウト:アームバー

×三好マヒロ(K-Clann/60.15kg)
レフェリー:柴田 旭

■第4試合 DEEPルール フェザー級 5分2R
×星野 豊(和術慧舟會HEARTS/65.90kg)
判定0-3
○梶本保希(パラエストラ八王子/65.65kg)
レフェリー:柴田 旭
ジャッジ:
松宮智生 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)
橋本 貴 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)
長瀬達郎 19-19○ (1R 10-9/ 2R 9-10)

■第3試合 DEEPルール ストロー級 5分2R
×多湖力翔(ネックス/52.70kg)
SUB 2R 1’23” タップアウト:アームバー
○佑勢乃花(フリー/52.25kg)
レフェリー:植松直哉
ジャッジ:
柴田 旭 (1R 9-10/ )
橋本 貴 (1R 9-10/ )
長瀬達郎 (1R 9-10/ )

■第2試合 DEEPルール ライト級 5分2R
○倉本大悟(トライフォース赤坂/70.65kg)
判定3-0
×岩倉優輝(NICE BAD GYM/70.40kg)
レフェリー:橋本 貴
ジャッジ:
松宮智生 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)
植松直哉 ○19-19 (1R 9-10/ 2R 10-9)
長瀬達郎 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)

■第1試合 DEEPルール バンタム級 5分2R
×コマネチ竜太(Y&K ACADEMY/61.15kg)
TKO 1R 5’00” レフェリーストップ:負傷
○朝比奈龍希(トライフォース赤坂/61.35kg)
レフェリー:柴田 旭

大会名:DEEP JEWELS 38
開催日:2022年9月11日(日)
会場:東京・ニューピアホール
主催:DEEP事務局
競技オフィシャル:福田正人(HR)、植松直哉、松宮智生、長瀬達郎、橋本 貴、柴田 旭、石川喬也、高橋裕介

■第7試合 DEEP JEWELSルール アトム級 5分3R
×村上 彩(フリー/47.75kg)
判定0-3
○須田萌里(SCORPION GYM/47.40kg)
レフェリー:柴田 旭
ジャッジ:
石川喬也 28-29 (1R 10-9/ 2R 9-10/ 3R 9-10)
松宮智生 27-30 (1R 9-10/ 2R 9-10/ 3R 9-10)
橋本 貴 28-29 (1R 10-9/ 2R 9-10/ 3R 9-10)

■第6試合 DEEP JEWELSルール 49.00kg契約 5分2R
×桐生祐子(フリー/48.95kg)
TKO 1R 0’37” レフェリーストップ:スタンドパンチ
○HIME(毛利道場/49.00kg)
レフェリー:柴田 旭

■第5試合 DEEP JEWELSルール ミクロ級 5分2R
○古瀬美月(K-PLACE/44.20kg)
判定3-0
×山崎桃子(坂口道場一族/43.40kg)
レフェリー:植松直哉
ジャッジ:
石川喬也 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)
松宮智生 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)
橋本 貴 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)

■第4試合 DEEP JEWELSルール 50.00kg契約 5分2R
○ケイト・ロータス(KING GYM KOBE/49.60kg)
判定2-1
×竹林愛留(総斗會三村道場/49.45kg)
レフェリー:柴田 旭
ジャッジ:
石川喬也 ○19-19 (1R 9-10/ 2R 10-9)
植松直哉 19-19○ (1R 9-10/ 2R 10-9)
松宮智生 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)

■第3試合 DEEP JEWELSルール ストロー級 5分2R
○長野美香(フリー/52.45kg)
SUB 1R 4’19” タップアウト:アームバー
×井上智子(ストライプル茨城/52.10kg)
レフェリー:長瀬達郎

■第2試合 DEEP JEWELSルール 59.00kg契約 5分2R
○栗山 葵(SMOKER GYM/58.75kg)
判定3-0
×Te-a(AACC/58.50kg)
レフェリー:長瀬達郎
ジャッジ:
石川喬也 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)
柴田 旭 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)
松宮智生 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)

■第1試合 DEEP JEWELSルール ミクロ級 5分2R
○ちびさいKYOKA(SAI-GYM/43.25kg)
判定3-0
×ジャカ季美香(SONIC SQUAD/44.30kg)
レフェリー:植松直哉
ジャッジ:
柴田 旭 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)
長瀬達郎 ○19-19 (1R 9-10/ 2R 10-9)
松宮智生 ○19-19 (1R 9-10/ 2R 10-9)

■オープニングファイト第4試合 DEEP JEWELSアマチュアSPルール 53.00kg以下 3分2R
〇吉川桃加(トラフォース赤坂/50.70kg)
TKO 1R 1’51” レフェリーストップ:スタンドパンチ
×須田美咲(リバーサルジム立川ALPHA/50.45kg)
レフェリー:橋本 貴 

■オープニングファイト第3試合 DEEP JEWELSアマチュアSPルール 51.00kg以下 3分2R
×サラ(FIGHT BASE都立大/52.30kg)
判定1-2
○Sarah(トライフォース赤坂/53.00kg)
レフェリー:橋本 貴
ジャッジ:
植松直哉 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)
長瀬達郎 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)
石川喬也 19-19○ (1R 10-9/ 2R 9-10)

■オープニングファイト第2試合 DEEP JEWELSアマチュアSPルール 60.00kg以下 3分2R
○鈴木“BOSS”遥(SAI-GYM/58.85kg)
判定3-0
×近藤世里菜(パラエストラ柏/59.85kg)
レフェリー:橋本 貴
ジャッジ:
柴田 旭 ○19-19 (1R 10-9/ 2R 9-10)
石川喬也 ○19-19 (1R 10-9/ 2R 9-10)
長瀬達郎 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)

■オープニングファイト第1試合 DEEP JEWELSアマチュアSPルール フライ級 3分2R
×万智(スポーツジム67’s/55.70kg)
判定0-3
○齊藤百湖(EXFIGHT/56.75kg)
レフェリー:橋本 貴
ジャッジ:
柴田 旭 19-19○ (1R 9-10/ 2R 10-9)
石川喬也 19-19○ (1R 9-10/ 2R 10-9)
植松直哉 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)

大会名:DEEP 109 IMPACT
開催日:2022年8月21日(日)
会場:東京・後楽園ホール
主催:DEEP事務局
競技オフィシャル:福田正人(HR)、植松直哉、田澤康宏、橋本 貴、柴田 旭、内田龍介、中原弘道

■第10試合 DEEPフライ級GP トーナメント1回戦 5分3R
〇伊藤裕樹(ネックス/56.90kg)
判定4-1
×原 虎徹(CAVE/56.95kg)
レフェリー:福田正人
ジャッジ:
柴田 旭 30-27 (1R 10-9/ 2R 10-9/ 3R 10-9)
内田龍介 30-27 (1R 10-9/ 2R 10-9/ 3R 10-9)
橋本 貴 29-28 (1R 10-9/ 2R 9-10/ 3R 10-9)
植松直哉 28-29 (1R 9-10/ 2R 9-10/ 3R 10-9)
田澤康宏 29-28 (1R 10-9/ 2R 10-9/ 3R 9-10)

■第9試合 DEEPフライ級GP トーナメント1回戦 5分3R
〇安谷屋智弘(氷ヲ刻メ/池田道場/57.00kg)
SUB 1R 1’51” テクニカルサブミッション:アームロック
×小川 徹(TRIBE TOKYO MMA/57.20kg)
レフェリー:植松直哉

■第8試合 DEEPフライ級GP トーナメント1回戦 5分3R
〇本田良介(CAVE/57.05kg)
判定4-1
×越智晴雄(パラエストラ愛媛/57.00kg)
レフェリー:福田正人
ジャッジ:
内田龍介 29-28 (1R 10-9/ 2R 9-10/ 3R 10-9)
橋本 貴 29-28 (1R 10-9/ 2R 9-10/ 3R 10-9)
植松直哉 29-28 (1R 10-9/ 2R 9-10/ 3R 10-9)
田澤康宏 29-28 (1R 10-9/ 2R 9-10/ 3R 10-9)
柴田 旭 28-29 (1R 10-9/ 2R 9-10/ 3R 9-10)

■第7試合 DEEPフライ級GP トーナメント1回戦 5分3R
×渋谷カズキ(高本道場/57.05kg)
SUB 1R 4’46” タップアウト:フロントチョーク
〇ビョン・ジェウン(韓国/フリー/57.10kg)
レフェリー:福田正人
ジャッジ:
柴田 旭 28-29 (1R 10-9/ 2R 9-10/ 3R 9-10)
福田正人 28-29 (1R 10-9/ 2R 9-10/ 3R 9-10)
内田龍介 28-29 (1R 10-9/ 2R 9-10/ 3R 9-10)

■第6試合 DEEPルール フェザー級 5分3R
×今成正和(今成柔術/66.30kg)
判定0-3
〇芦田崇宏(BRAVE/66.20kg)
レフェリー:植松直哉
ジャッジ:
柴田 旭 28-29 (1R 10-9/ 2R 9-10/ 3R 9-10)
福田正人 28-29 (1R 10-9/ 2R 9-10/ 3R 9-10)
内田龍介 28-29 (1R 10-9/ 2R 9-10/ 3R 9-10)

■第5試合 DEEPルール ウェルター級 5分3R
×住村竜市朗(TEAM ONE/77.55kg)
KO 1R 3’35” グラウンドパンチ
〇鈴木槙吾(Mil gracias/77.15kg)
レフェリー:植松直哉

■第4試合 DEEPルール バンタム級 5分3R
〇石司晃一(フリー/61.50kg)
TKO 2R 2’27” レフェリーストップ:グラウンドパンチ
×山本聖悟(Team Cloud/61.70kg)
レフェリー:柴田 旭
ジャッジ:
福田正人 (1R 8-10/ )
内田龍介 (1R 9-10/ )
橋本 貴 (1R 8-10/ )

■第3試合 DEEPルール メガトン級 5分2R
〇誠悟(AACC/116.80kg)
SUB 1R 3’53” タップアウト:袈裟固め
×トーマス(Y&K MMA ACADEMY/100.35kg)
レフェリー:柴田 旭

■第2試合 DEEPルール ストロー級 5分2R
〇林豊(パラエストラ柏/52.70kg)
判定3-0
×中村真人(レンジャーGYM/54.50kg)
レフェリー:橋本 貴
ジャッジ:
福田正人 19-17 (1R 9-10/ 2R 10-9/ 青・減点2)
植松直哉 19-17 (1R 9-10/ 2R 10-9/ 青・減点2)
柴田 旭 19-17 (1R 9-10/ 2R 10-9/ 青・減点2)
※1R、青・中村に減点2(体重超過0.5kg超)

■第1試合 DEEPルール フェザー級 5分2R
〇五明宏人(トラフォース赤坂/66.15kg)
TKO 1R 0’42” レフェリーストップ:グラウンドパンチ
×ゲオ・レバナ(K-Clann/66.20kg)
レフェリー:内田龍介

■オープニングファイト DEEPルール バンタム級 5分2R
〇KENTA(K-Clann/61.25kg)
SUB 1R 0’58” タップアウト:リアネイキッドチョーク
×岩見 凌(KIBA マーシャルアーツ/61.30kg)
レフェリー:内田龍介

大会名:RIZIN.37
開催日:2022年7月31日(日)
会場:埼玉・さいたまスーパーアリーナ
主催:RIZIN FIGHTING FEDERATION
競技オフィシャル:
福田正人(HR)、豊永 稔(HRA)、松宮智生、長瀬達郎、片岡誠人、柴田 旭、内田龍介、松宮智生、豊島孝尚、橋本 貴、田澤康宏、新井誠介、李昌賢、鍋久保雄太、小生隆弘、高橋裕介、石川喬也、中原弘道、佐藤慎一、北森代紀

■第15試合 RIZIN WORLD GRAND PRIX 2022スーパーアトム級トーナメント1回戦 RIZIN MMAルール スーパーアトム級(49.00kg) 5分3R
○伊澤星花(日本・フリー/48.50kg)
SUB 1R 3’47” タップアウト:フロントチョーク
×ラーラ・フォントーラ(ブラジル・Constrictor Team/48.55kg)
レフェリー:福田正人

■第14試合 RIZIN WORLD GRAND PRIX 2022スーパーアトム級トーナメント1回戦 RIZIN MMAルール スーパーアトム級(49.00kg) 5分3R
○浜崎朱加(日本・AACC/48.85kg)
判定3-0
×ジェシカ・アギラー(米国・ATT/48.35kg)
レフェリー:福田正人
ジャッジ:
松宮智生/赤・浜崎 [D 50-0/ A 30-0/ G 20-0]
豊島孝尚/赤・浜崎 [D 50-0/ A 30-0/ G 20-0]
柴田 旭/青・浜崎 [D 50-0/ A 30-0/ G 20-0]

■第13試合 RIZIN MMAルール フライ級(57.00kg) 5分3R
○所 英男(リバーサルジム武蔵小杉 所プラス/56.70kg)
判定3-0
×神龍 誠(神龍ワールドジム/57.00kg)
レフェリー:豊永 稔
ジャッジ:
松宮智生/青・神龍 [D 0-0/ A 0-30/ G 0-20]
豊島孝尚/青・神龍 [D 0-50/ A 30-0/ G 0-20]
柴田 旭/青・神龍 [D 0-0/ A 0-0/ G 0-20]

■第12試合 RIZIN MMAルール 72.00kg契約 5分3R
×ジョニー・ケース(米国/72.00kg)
判定0-3
○武田光司(BRAVE/71.90kg)
レフェリー:松宮智生
ジャッジ:
豊永 稔/青・武田 [D 0-0/ A 0-0/ G 0-20]
豊島孝尚/青・武田 [D 0-50/ A 0-30/ G 0-20]
柴田 旭/青・武田 [D 0-0/ A 0-30/ G 0-0]

■第11試合 RIZIN MMA特別ルール フェザー級(66.00kg) 3分3R
三浦孝太(BRAVE/65.40kg)
中止
フェリペ“キングハンター”マソーニ(ブラジル/65.90kg)
レフェリー:柴田 旭
※公式計量終了後、赤・三浦が新型コロナウイルス陽性となったため。

■第10試合 RIZIN WORLD GRAND PRIX 2022スーパーアトム級トーナメント1回戦 RIZIN MMAルール スーパーアトム級(49.00kg) 5分3R
×浅倉カンナ(日本・パラエストラ松戸/48.85kg)
判定0-3
○パク・シウ(韓国・KRAZY BEE/48.95kg)
レフェリー:福田正人
ジャッジ:
松宮智生/青・シウ [D 0-50/ A 0-30/ G 0-20]
豊島孝尚/青・シウ [D 0-50/ A 0-30/ G 0-20]
柴田 旭/青・シウ [D 0-50/ A 0-30/ G 0-20]

■第9試合 RIZIN WORLD GRAND PRIX 2022スーパーアトム級トーナメント1回戦 RIZIN MMAルール スーパーアトム級(49.00kg) 5分3R
○RENA(日本・シーザージム/48.85kg)
判定3-0
×アナスタシア・スヴェッキスカ(ウクライナ・SC BORETS/SUBHUNTER/48.85kg)
レフェリー:福田正人
ジャッジ:
松宮智生/赤・RENA [D 50-0/ A 30-0/ G 0-20]
豊島孝尚/赤・RENA [D 50-0/ A 30-0/ G 20-0]
柴田 旭/赤・RENA [D 50-0/ A 0-0/ G 0-20]

■第8試合 RIZIN MMAルール ヘビー級(120.00kg) 5分3R
×関根“シュレック”秀樹(ボンサイブルテリア/117.25kg)
TKO 1R 0’53” レフェリーストップ:グラウンドパンチ
○スダリオ剛(フリー/117.60kg)
レフェリー:片岡誠人

■第7試合 RIZIN MMAルール バンタム級(61.00kg) 5分3R
○元谷友貴(フリー/60.85kg)
判定3-0
×太田 忍(パラエストラ柏/60.95kg)
レフェリー:柴田 旭
ジャッジ:
松宮智生/赤・元谷 [D 0-0/ A 30-0/ G 20-0]
豊永 稔/赤・元谷 [D 0-0/ A 30-0/ G 20-0]
片岡誠人/赤・元谷 [D 0-0/ A 30-0/ G 20-0]

■第6試合 RIZIN MMAルール フェザー級(66.00kg) 5分3R
×関 鉄矢(SONIC SQUAD/68.00kg)
判定0-3
○中原由貴(マッハ道場/67.35kg)
レフェリー:柴田 旭
ジャッジ:
松宮智生/青・中原 [D 0-50/ A 0-30/ G 0-20]
豊永 稔/青・中原 [D 0-0/ A 0-30/ G 0-20]
片岡誠人/青・中原 [D 0-50/ A 0-30/ G 0-20]

■第5試合 RIZIN MMAルール 80.00kg契約 5分3R
×マルコス・ヨシオ・ソウザ(ボンサイ柔術/79.60kg)

KO 2R 3’02” スタンドパンチ
○阿部大治(フリー/79.90kg)
レフェリー:豊永 稔

■第4試合 RIZIN MMAルール フライ級(57.0kg) 5分3R
○ヴガール・ケラモフ(アゼルバイジャン/65.80kg)
判定3-0
×山本空良(パワーオブドリームジム/65.90kg)
レフェリー:松宮智生
ジャッジ:
豊島孝尚/赤・ケラモフ [D 50-0/ A 30-0/ G 20-0]
豊永 稔/赤・ケラモフ [D 0-0/ A 0-0/ G 20-0]
片岡誠人/赤・ケラモフ [D 50-0/ A 30-0/ G 20-0]

■第3試合 RIZIN KICKルール 58.00kg契約 3分3R
○龍聖(TRY HARD GYM/57.90kg)
TKO 3R 1’23” レフェリーストップ
×魁志(Vigor Kickboxing Gym/57.95kg)
レフェリー:長瀬達郎
ジャッジ:
豊永 稔 (1R 10-10/ 2R 10-8/ )
柴田 旭 (1R 10-10/ 2R 10-8/ )
片岡誠人 (1R 10-9/ 2R 10-8/ )

■第2試合 RIZIN KICKルール 72.50kg契約 3分3R
○笠原弘希(シーザージム/62.95kg)
判定3-0
×石月祐作(KAGAYAKI/62.70kg)
レフェリー:長瀬達郎
ジャッジ:
豊永 稔 30-26 (1R 10-8/ 2R 10-9/ 3R 10-9)
柴田 旭 30-27 (1R 10-8/ 2R 10-10/ 3R 10-9)
片岡誠人 29-28 (1R 10-8/ 2R 10-10/ 3R 9-10)

■第1試合 RIZIN MMA特別ルール 62.00kg契約 3分3R
○YUSHI(HI ROLLERS ENTERTAINMENT/61.55kg)
SUB 2R 0’43 タップアウト:リアネイキッドチョーク
×覇留樹(宴UNIVERSE/61.75kg)
レフェリー:内田龍介

2022年7月31日 さいたまスーパーアリーナ「湘南美容クリニック presents RIZIN.37」
JMOCハンドラッピングサービスTIMETABLE

>>>TIMETABLE

「湘南美容クリニック presents RIZIN.37」における競技オフィシャルによるハンドラッピングのタイムテーブルが決定いたしました。
出場選手で競技オフィシャルによるハンドラッピングを予約された方は、指定の時間チェックブースまでお越しください。

[注意事項]
※ハンドラッピングに使用するテーピングおよびバンテージはチェックブースにて支給いたします。
※帯同セコンドは1名
までとなります。

※選手、セコンドは必ずマスクをご着用ください。

 

この投稿をInstagramで見る

 

JMOC | 一般社団法人日本MMA審判機構(@mmaofficials_jp)がシェアした投稿

大会名:プロフェッショナル修斗公式戦 PROFESSIONAL SHOOTO 2022 Vol.5
開催日:2022年7月17日(日)
会場:後楽園ホール
主催:株式会社サステイン
競技オフィシャル:
片岡誠人、福田正人、柴田 旭、内田龍介、小生隆弘

※試合結果は一般社団法人日本修斗協会公式ウェブサイトより

[メインイベント/第10試合]スーパーアトム級5分3R
○黒部 三奈(同級世界3位/マスタージャパン東京)49.9kg
S 2R 1’34”
×パク・ソ・ヨン(韓国・GUNSAN ROAD GYM)49.7kg
※スリーパーホールド
[レフェリー]福田正人
[サブレフェリー]
小生隆弘 1R 10-9
片岡誠人 1R 10-9
柴田 旭 1R 10-9

[セミファイナル/第9試合]フライ級5分3R
×内藤 頌貴(パラエストラ松戸)56.7kg
判定 0-3
○山内 渉(FIGHT FARM)56.6kg
[レフェリー]片岡誠人
[サブレフェリー]
福田正人 27-29(1R 8-10/2R 9-10/3R 10-9)
小生隆弘 27-29(1R 9-10/2R 8-10/3R 10-9)
柴田 旭 28-29(1R 9-10/2R 9-10/3R 10-9)

[第8試合]バンタム級5分3R
○平川 智也(マスタージャパン東京)61.2kg
S 2R 4’40”
×根津 優太(&MOSH)61.1kg
※スリーパーホールド
[レフェリー]片岡誠人
[サブレフェリー]
福田正人 1R 10-9
内田龍介 1R 10-9
柴田 旭 1R 10-9

□石橋 佳大 引退セレモニー
引退記念エキジビションマッチ3分1R
石橋 佳大(元環太平洋バンタム級王者・ZEEKジム)
勝敗なし
小林 聖人
[レフェリー]片岡誠人

[第7試合]ミドル級5分2R
○岩﨑 大河(日本/大道塾・パラエストラ東京)83.8kg
TKO 2R 0’00”
×イム・ドンジュ(韓国/ザ・ジムラップ)83.3kg
※レフェリーストップ
※※青:イムの頭部負傷
[レフェリー]福田正人
[サブレフェリー]
柴田 旭 1R 10-9
片岡誠人 1R 10-9
小生隆弘 1R 10-9

[第6試合]バンタム級5分2R
○齋藤 奨司(FIGHT FARM)61.0kg
判定 3-0
×高岡 宏気(FORCE GYM)60.8kg
[レフェリー]福田正人
[サブレフェリー]
柴田 旭 20-17(1R 10-8/2R 10-9)
片岡誠人 20-18(1R 10-9/2R 10-9)
内田龍介 20-17(1R 10-8/2R 10-9)

[第5試合]フェザー級5分2R
×児山 佳宏(パラエストラ松戸)65.8kg
TKO 1R 1’43”
○木下 タケアキ(和術慧舟會HEARTS)65.8kg
※レフェリーストップ
[レフェリー]柴田 旭

[第4試合]49kg契約5分2R
○永尾 音波(AACC)49.0kg
判定 3-0
×北野 きゅう(高田馬場道場)48.9kg
[レフェリー]柴田 旭
[サブレフェリー]
福田正人 20-17(1R 10-8/2R 10-9)
片岡誠人 20-18(1R 10-9/2R 10-9)
小生隆弘 20-18(1R 10-9/2R 10-9)

[第3試合]2022年度新人王決定トーナメント一回戦 女子ストロー級5分2R
○柳 仙香(ALLIANCE)52.0kg
S 2R 2’05”
×ソルト(マルスジム)52.0kg
※腕十字固め
※※勝利した赤:柳がトーナメント進出。
[レフェリー]内田龍介
[サブレフェリー]
福田正人 1R 10-9
片岡誠人 1R 10-9
小生隆弘 1R 10-9

[第2試合]フライ級5分2R
○大竹 陽(HAGANE GYM)56.6kg
S 1R 2’24”
×佐々木 駿友(T・GRIP TOKYO)56.5kg
※フロントスリーパーホールド
[レフェリー]小生隆弘

[第1試合]ジュニア修斗 56kg以下契約4分1R ※当日計量
○宇都宮 千空(修斗GYMS直心会)
S 1R 1’30”
×中山 流歌(総合格闘技道場STF)
※腕十字固め
[レフェリー]片岡誠人

大会名:DEEP 108 IMPACT
開催日:2022年7月10日(日)
会場:東京・TDCホール
主催:DEEP事務局
競技オフィシャル:福田正人(HR)、松宮智生、長瀬達郎、橋本 貴、柴田 旭、内田龍介、高橋裕介

■第12試合 DEEPライト級タイトルマッチ 5分3R
〇大原樹理(王者/KIBAマーシャルアーツクラブ/70.30kg)
KO 1R 1’20” スタンドからのキック
×石塚雄馬(挑戦者/AACC/70.30kg)
レフェリー:福田正人
※赤・大原が王座防衛

■第11試合 DEEPルール ライト級 5分3R
×北岡 悟(パンクラスイズム横浜/70.60kg)
判定1-2
〇上迫博仁(NICE BAD GYM/70.25kg)
レフェリー:松宮智生
ジャッジ:
柴田 旭 29-28 (1R 10-9/ 2R 10-9/ 3R 9-10)
橋本 貴 28-29 (1R 9-10/ 2R 10-9/ 3R 9-10)
福田正人 28-29 (1R 9-10/ 2R 10-9/ 3R 9-10)

■第10試合 DEEPルール フェザー級 5分3R
〇中村大介(夕月堂本舗/66.30kg)
判定3-0
×ユータ&ロック(秋本道場jungle junction/65.60kg)
レフェリー:福田正人
ジャッジ:
柴田 旭 29-28 (1R 10-9/ 2R 10-9/ 3R 9-10)
内田龍介 29-28 (1R 10-9/ 2R 10-9/ 3R 9-10)
橋本 貴 29-28 (1R 9-10/ 2R 10-9/ 3R 10-9)

■第9試合 DEEPルール バンタム級 5分2R
〇渡部修斗(ストライプル新百合ヶ丘/61.60kg)
判定3-0
×内山拓真(ボンサイ柔術/61.60kg)
レフェリー:松宮智生
ジャッジ:
柴田 旭 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)
橋本 貴 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)
福田正人 ○19-19 (1R 10-9/ 2R 9-10)

■第8試合 DEEPルール フライ級 5分2R
×本田良介(CAVE/57.10kg)
判定0-3
〇杉山廣平(SPLASH/56.95kg)
レフェリー:福田正人
ジャッジ:
柴田 旭 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)
内田龍介 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)
橋本 貴 17-20 (1R 8-10/ 2R 9-10)

■第7試合 DEEP JEWELSルール ストロー級 5分2R
×ケイト・ロータス(KING GYM KOBE/52.30kg)
判定0-3
〇ARAMI(フリー/52.25kg)
レフェリー:柴田 旭
ジャッジ:
松宮智生 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)
福田正人 19-19○ (1R 9-10/ 2R 10-9)
内田龍介 19-19○ (1R 10-9/ 2R 9-10)

■第6試合 DEEPルール メガトン級 5分2R
〇赤沢幸典(Tristar Gym 日本館/Tram Cloud/119.90kg)
TKO 1R 4’40” レフェリーストップ:グラウンドパンチ
×アンディコング(レンジャージム/96.40kg)
レフェリー:長瀬達郎

■第5試合 DEEPルール バンタム級 5分2R
〇雅 駿介(CAVE/61.70kg)
判定3-0
×海飛(和術慧舟會HEARTS/61.60kg)
レフェリー:長瀬達郎
ジャッジ:
福田正人 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)
松宮智生 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)
柴田 旭 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)

■第4試合 DEEPルール フライ級 5分2R
×原 虎徹(CAVE/57.00kg)
判定0-3
〇風我(フリー/57.10kg)
レフェリー:内田龍介
ジャッジ:
福田正人 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)
松宮智生 19-19○ (1R 10-9/ 2R 9-10)
橋本 貴 19-19○ (1R 10-9/ 2R 9-10)

■第3試合 DEEPルール バンタム級 5分2R
×山本有人(リバーサルジム東京スタンドアウト/61.55kg)
判定0-3
〇濱口奏琉(パラエストラ和泉/60.95kg)
レフェリー:内田龍介
ジャッジ:
福田正人 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)
柴田 旭 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)
橋本 貴 18-19 (1R 10-9/ 2R 8-10)

■第2試合 DEEPルール ライト級 5分2R
×泉 武志(FIGHTER’S FLOW/70.80kg)
判定1-2
〇野村駿太(BRAVE/70.75kg)
レフェリー:松宮智生
ジャッジ:
福田正人 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)
橋本 貴 19-19○ (1R 9-10/ 2R 10-9)
内田龍介 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)

■第1試合 DEEPルール フェザー級 5分2R
〇劉獅(KIBA マーシャルアーツクラブ/66.10kg)
TKO 1R 2’44” ドクターストップ:負傷
×鷹辰(和術慧舟會HEARTS/66.00kg)
レフェリー:柴田 旭

■オープニングファイト DEEPアマチュアSPルール 54.00kg以下 3分2R
〇福田万智(フリー/53.55kg)
SUB 2R 0’41” タップアウト:リアネイキッドチョーク
×角田光優(禅道会 中信支部/51.95)
レフェリー:橋本 貴
ジャッジ:
柴田 旭 (1R 10-9/ )
松宮智生 (1R 10-8/ )
内田龍介 (1R 10-9/ )

大会名:RIZIN.36
開催日:2022年7月2日(土)
会場:沖縄・沖縄アリーナ
主催:RIZIN FIGHTING FEDERATION
競技オフィシャル:
福田正人(HR)、豊永 稔(HRA)、長瀬達郎、柴田 旭、松宮智生、片岡誠人、豊島孝尚、内田龍介、橋本 貴、田澤康宏、李昌賢、鍋久保雄太、小生隆弘、諸見里朝太、大兼久賢文、上間敬志、磯 英弥

■第13試合 RIZIN MMAルール フェザー級(66.00kg) 5分3R
×鈴木博昭(BELLWOOD FIGHT TEAM/65.90kg)
判定1-2
〇平本 蓮(ルーファスポーツ/65.85kg)
レフェリー:豊永 稔
ジャッジ:
松宮智生/青・平本 [D 0-0/ A 0-0/ G 0-20]
豊島孝尚/赤・鈴木 [D 0-0/ A 0-0/ G 20-0]
片岡誠人/青・平本 [D 0-0/ A 0-0/ G 0-20]

■第12試合 RIZIN MMAルール スーパーアトム級(49.00kg) 5分3R
×山本美憂(KRAZY BEE/SPIKE22/49.00kg)
判定1-2
〇大島沙緒里(AACC/47.90kg)
レフェリー:福田正人
ジャッジ:
松宮智生/青・大島 [D 0-0/ A 0-30/ G 20-0]
豊島孝尚/青・大島 [D 0-0/ A 0-30/ G 20-0]
片岡誠人/赤・山本 [D 0-0/ A 0-0/ G 20-0]

■第11試合 RIZIN MMAルール 54.00kg契約 5分3R
×砂辺光久(reversal Gym OKINAWA CROSS×LINE/53.75kg)
TKO 1R 1’40” レフェリーストップ:スタンドパンチ
〇中務修良(NO MAD/53.80kg)
レフェリー:福田正人

■第10試合 RIZIN MMAルール フェザー級(66.0kg) 5分3R
×カイル・アグォン(SPIKE22/65.70kg)
判定0-3
〇山本空良(パワーオブドリーム/65.90kg)
レフェリー:柴田 旭
ジャッジ:
松宮智生/青・山本 [D 0-50/ A 0-30/ G 20-0]
豊島孝尚/青・山本 [D 0-50/ A 0-30/ G 0-20]
片岡誠人/青・山本 [D 0-50/ A 0-0/ G 20-0]

■第9試合 RIZIN MMAルール フェザー級(66.00kg) 5分3R
×昇侍(KIBAマーシャルアーツクラブ/66.00kg)
SUB 3R 1’46” テクニカルサブミッション:リアネイキッドチョーク
〇ヤン・ジヨン(韓国/65.95kg)
レフェリー:柴田 旭

■第8試合 RIZIN MMAルール ライト級(71.00kg) 5分3R
×渡慶次幸平(クロスポイント吉祥寺/71.00kg)
TKO 1R 2’05” レフェリーストップ:スタンドパンチ
〇岸本篤史(BRAVE/70.85kg)
レフェリー:柴田 旭

■第7試合 RIZIN KICKルール 61.00kg契約 3分3R
〇大雅(チームドラゴン/61.00kg)
判定3-0
×新田宗一朗(クロスポイント吉祥寺/61.00kg)
レフェリー:長瀬達郎
ジャッジ:
豊島孝尚 30-24 (1R 10-8/ 2R 10-8/ 3R 10-8)
柴田 旭 30-24 (1R 10-8/ 2R 10-8/ 3R 10-8)
片岡誠人 30-24 (1R 10-8/ 2R 10-8/ 3R 10-8)

■第6試合 RIZIN MMAルール フライ級(57.00kg) 5分3R
〇藤田大和(リバーサルジム新宿Me,We/56.95kg)
判定3-0
×曹 竜也(氷ヲ刻メ/池田道場/56.95kg)
レフェリー:豊永 稔
ジャッジ:
松宮智生/赤・藤田 [D 50-0/ A 30-0/ G 20-0]
豊島孝尚/赤・藤田 [D 50-0/ A 30-0/ G 20-0]
片岡誠人/赤・藤田 [D 50-0/ A 30-0/ G 20-0]

■第5試合 RIZIN MMAルール フライ級(57.00kg) 5分3R
〇村元友太郎(ALIVE/57.00kg)
TKO 2R 2’23” レフェリーストップ:グラウンドパンチ
×BJ(ワイルドシーサー沖縄/56.95kg)
レフェリー:柴田 旭

■第4試合 RIZIN MMAルール フライ級(57.0kg) 5分3R
〇伊藤裕樹(ネックス/56.65kg)
TKO 2R 4’57” レフェリーストップ:グラウンドでの膝打撃
×宮城友一(キックボクシングDROP/56.80kg)
レフェリー:福田正人

■第3試合 RIZIN MMAルール スーパーアトム級(49.0kg) 5分3R
×にっせー(チームにっせー/アローズエンタテインメント/48.65kg)
SUB 1R 2‘12“ バーバルタップアウト:アームバー
〇須田萌里(SCORPION GYM/48.50kg)
レフェリー:福田正人

■第2試合 RIZIN KICKルール 72.50kg契約 3分3R
〇宮城寛克(赤雲会/72.25kg)
判定3-0
×吉野友規(STURGIS新宿/72.30kg)
レフェリー:長瀬達郎
ジャッジ:
豊島孝尚 30-27 (1R 10-8/ 2R 10-10/ 3R 10-9)
柴田 旭 30-27 (1R 10-8/ 2R 10-10/ 3R 10-9)
片岡誠人 30-27 (1R 10-8/ 2R 10-10/ 3R 10-9)

■第1試合 RIZIN MMAルール 71.00kg契約 5分3R
〇タナー・ロレンツォ(琉球ファイトクラブ/70.30kg)
TKO 2R 1’05” レフェリーストップ:グラウンドでの肘打撃
×Orihey(糸満MMA/70.85kg)
レフェリー:豊永 稔

大会名:プロフェッショナル修斗公式戦 PROFESSIONAL SHOOTO 2022 Vol.3
開催日:2022年5月22日(日)
会場:後楽園ホール
主催:株式会社サステイン
競技オフィシャル:
片岡誠人、豊永 稔、福田正人、柴田 旭、橋本 貴

※試合結果は一般社団法人日本修斗協会公式ウェブサイトより

[メインイベント・第9試合]環太平洋バンタム級チャンピオンシップ5分3R
×小野島 恒太(王者・初防衛戦/CWD)61.2kg
判定 0-3
○石井 逸人(挑戦者・同級2位/TRIBE TOKYO MMA)61.2kg
勝利した挑戦者:石井が第11代環太平洋バンタム級王者に。
[レフェリー]片岡誠人
[サブレフェリー]
橋本 貴 28-29(1R 9-10/2R 10-9/3R 9-10)
福田正人 28-29(1R 9-10/2R 10-9/3R 9-10)
豊永 稔 27-30(1R 9-10/2R 9-10/3R 9-10)

[セミファイナル・第8試合]ストロー級5分3R
○新井 丈(同級世界1位/キングダムエルガイツ・和術慧舟會HEARTS)52.2kg
TKO 2R 2’12”
×黒澤 亮平(同級世界3位/パラエストラ松戸)52.2kg
※レフェリーストップ
[レフェリー]片岡誠人
[サブレフェリー]
柴田 旭 1R 10-9
福田正人 1R 10-9
豊永 稔 1R 10-9

[第7試合]バンタム級5分3R
○藤井 伸樹(同級世界2位/ALLIANCE)60.9kg
判定 3-0
×齋藤 翼(総合格闘技津田沼道場・FIGHTFARM)61.2kg
[レフェリー]豊永 稔
[サブレフェリー]
片岡誠人 30-25(1R 10-8/2R 10-8/3R 10-9)
福田正人 30-26(1R 10-8/2R 10-9/3R 10-9)
柴田 旭 30-27(1R 10-9/2R 10-9/3R 10-9)

[第6試合]インフィニティリーグ2022女子アトム級5分2R
×久遠(勝ち点4/ZERO)47.6kg
S 2R 0’59”
○澤田 千優(勝ち点2/AACC)47.4kg
[レフェリー]福田正人
※勝利した青:澤田が3Pを獲得。(累計5P)
[サブレフェリー]
片岡誠人 1R 8-10
柴田 旭 1R 8-10
豊永 稔 1R 8-10

[第5試合]女子ストロー級5分2R
杉本 恵(AACC)
試合中止
須恵 樹季(トリニティーサンズ)
※青:須恵が計量前に体調不良により欠場した為、試合中止に。

[第4試合]ストロー級5分2R
×木内“SKINNYZOMBIE”崇雅(同級世界5位/和術慧舟會GODS)52.2kg
判定 0-2
○阿部 マサトシ(AACC)52.2kg
[レフェリー]柴田 旭
[サブレフェリー]
橋本 貴 18-20(1R 9-10/2R 9-10)
福田正人 18-19(1R 10-9/2R 8-10)
豊永 稔 19-19(1R 9-10/2R 10-9)

[第3試合]バンタム級5分2R
○榎本 明(リバーサルジム東京スタンドアウト)61.1kg
判定 3-0
×ガッツ天斗(パラエストラ綾瀬)61.0kg
[レフェリー]柴田 旭
[サブレフェリー]
橋本 貴 20-18(1R 10-9/2R 10-9)
福田正人 20-18(1R 10-9/2R 10-9)
豊永 稔 20-18(1R 10-9/2R 10-9)

[第2試合]フライ級5分2R
○大竹 陽(HAGANE GYM)56.7kg
KO 2R 0’53”
×須藤 晃大(EXFIGHT)56.7kg
[レフェリー]豊永 稔
[サブレフェリー]
片岡誠人 1R 9-10
福田正人 1R 9-10
豊永 稔 1R 9-10

[第1試合]バンタム級5分2R
△伊集 龍皇(パラエストラ小岩)61.2kg
ドロー 0-0
△川北 晏生(TRIBE TOKYO MMA)61.2kg
[レフェリー]橋本 貴
[サブレフェリー]
片岡誠人 19-19(1R 10-9/2R 9-10)
福田正人 19-19(1R 10-9/2R 9-10)
豊永 稔 19-19(1R 10-9/2R 9-10)

◎キッズ6 40kg以下級3分1R
○横田 大空(X-TREAM海老名)37.7kg
TS 1R 2’59”
×根井 真成美(パラエストラ千葉)39.1kg
※腕十字固め
[レフェリー]片岡誠人

大会名:プロフェッショナル修斗公式戦福岡大会「TORAO27」
開催日:2022年5月15日(日)
会場:福岡・よしもと福岡 大和証券/CONNECT劇場
主催:TORAO NATION STATE
競技オフィシャル:
福田正人、岡田剛史 、安芸佳孝、赤崎勝久、小島邦裕 他

※試合結果は一般社団法人日本修斗協会公式ウェブサイトより

メインイベント[第6試合]環太平洋ウェルター級チャンピオンシップ(-77.1kg)5分3R
×ソーキ (岐阜/NASCER DO SOL)77.0kg
KO 2R 3’15”
○田村 ヒビキ(福岡/ CARPEDIEM福岡)76.7kg
勝利した挑戦者:田村が第6代環太平洋ウェルター級王者に。
[レフェリー]福田正人
[サブレフェリー]
安芸佳孝 1R 10-9
小島邦裕 1R 10-9
赤崎勝久 1R 10-9

セミファイナル[第5試合]70.3 kg契約5分3R
×結城 大樹(福岡/マスタ-ジャパン福岡)70.1kg
判定 0-3
○田中 半蔵(福岡/FUN`S)70.2kg
[レフェリー]福田正人
[サブレフェリー]
安芸佳孝 27-30(1R 9-10/2R 9-10/3R 9-10)
小島邦裕 27-30(1R 9-10/2R 9-10/3R 9-10)
赤崎勝久 28-29(1R 10-9/2R 9-10/3R 9-10)

[第4試合]65.8 kg契約5分3R
○野瀬 翔平(福岡/マスタ-ジャパン福岡)65.7kg
S 1R 1’15”
×藤川 智史(愛媛/総合格闘技道場ARMS)65.6kg
※フロントスリーパーホールド
[レフェリー]福田正人

[第3試合]83.9.kg契約5分2R
○加藤 正憲(宮崎/総合格闘技近田道場)81.2kg
判定 2-0
×墨吉 涼太(福岡/誠流会館)83.2kg
[レフェリー]岡田剛史
[サブレフェリー]
福田正人 19-19(1R 9-10/2R 10-9)
小島邦裕 20-18(1R 10-9/2R 10-9)
宮崎清孝 20-18(1R 10-9/2R 10-9)

[第2試合]76kg契約5分2R
○山下 康一朗(福岡/CARPEDIEM福岡)74.9kg
S 1R 3’55”
×麻植 裕太(徳島/MMA Zジム)74.7kg
※腕十字固め
[レフェリー]岡田剛史

[第1試合]赤崎道場提供試合 65.8 kg契約5分3R
△野尻 定由(福岡/赤崎道場A-SPIRIT)65.6kg
ドロー 1-0
△奇天烈(大阪/修斗GYMS直心会)65.5kg
[レフェリー]岡田剛史
[サブレフェリー]
福田正人 29-28(1R 10-9/2R 10-9/3R 9-10)
小島邦裕 28-28(1R 9-10/2R 10-8/3R 9-10)
宮崎清孝 28-28(1R 9-10/2R 10-8/3R 9-10)

大会名:プロフェッショナル修斗公式戦福岡大会「TORAO GIG04」
開催日:2022年5月15日(日)
会場:福岡・よしもと福岡 大和証券/CONNECT劇場
主催:TORAO NATION STATE
競技オフィシャル:
福田正人、岡田剛史 、安芸佳孝、赤崎勝久、小島邦裕 他

※試合結果は一般社団法人日本修斗協会公式ウェブサイトより

メインイベント[第5試合]第女子ストロー級5分2R
○宝珠 山桃花(福岡/赤崎道場A-SPIRIT)52.2kg
S 1R 3’03”
×檜山 美樹子(愛知/ナゴヤファイトクラブ)51.9kg
※スリーパーホールド
[レフェリー]岡田剛史

セミファイナル[第4試合]2022年度新人王決定トーナメント フライ級5分2R
※当日計量により61.2㎏で実施
○打威致(山口/有永道場TeamResolve)61.1kg
KO 1R 2’15”
×KJ Tyler(福岡/T-REX JIUJTSU ACADEMY)60.9kg
※勝利した赤:打威致がトーナメント準決勝戦に進出。
[レフェリー]岡田剛史

[第3試合]61.2 kg契約5分2R
×若山 達也(沖縄/Theパラエストラ沖縄)60.0kg
KO 1R 2’38”
○若宮 龍斗(福岡/Personal Styles)60.4kg
[レフェリー]福田正人

[第2試合]2022年度新人王決定トーナメント ライト級5分2R
※当日計量により77.1㎏で実施
○深見 弦汰(福岡/赤崎道場A-SPIRIT)76.4kg
KO 1R 1’28”
×スモーキー(広島/TKエスペランサ)76.4kg
※勝利した赤:深見がトーナメント決勝戦進出。決勝戦では安海 健人(fit)との対戦が決定。
[レフェリー]福田正人

[第1試合]61.2Kg契約5分2R
○永留 惇平(福岡/MMA Rangers Gym)61.2kg
判定 3-0
×わっしょい内田(福岡/Personal Styles)60.5kg
[レフェリー]福田正人
[サブレフェリー]
安芸佳孝 20-18(1R 10-9/2R 10-9)
小島邦裕 20-18(1R 10-9/2R 10-9)
弘中邦佳 20-18(1R 10-9/2R 10-9)

[オープニングマッチ]キッズ修斗公式戦キッズ4-32kg級 3分1R
×江頭 明賢(福岡/赤崎道場A-SPIRIT)27.1kg
S 1R 1’39”
○小山 丈太郎(山口/有永道場TeamResolve)28.4kg
※腕十字固め
[レフェリー]岡田剛史

大会名:DEEP 107 IMPACT
開催日:2022年5月8日(日)
会場:東京・後楽園ホール
主催:DEEP事務局
競技オフィシャル:福田正人(HR)、植松直哉(HRA)、豊永 稔、松宮智生、田澤康宏、橋本 貴、柴田 旭、内田龍介、石川喬也

■第8試合 DEEPフライ級タイトルマッチ王座統一戦 5分3R
○神龍 誠(王者/神龍ワールドジム/56.70kg)
Sub 3R 0’53” タップアウト:フロントチョーク
×藤田大和(暫定王者/リバーサルジム新宿Me,We/56.70kg)
レフェリー:福田正人
ジャッジ:
柴田 旭 (1R 9-10/ 2R 9-10/ )
松宮智生 (1R 9-10/ 2R 10-9/ )
豊永 稔 (1R 9-10/ 2R 10-9/ )
橋本 貴 (1R 9-10/ 2R 10-9/ )
田澤康宏 (1R 9-10/ 2R 10-9/ )
※赤・神龍が王座統一(防衛)

■第7試合 DEEPバンタム級タイトルマッチ暫定王座決定戦 5分3R
×DJ.taiki(パンクラスイズム横浜/61.10kg)
判定0-3
○CORO(K-Clann/61.05kg)
レフェリー:植松直哉
ジャッジ:
柴田 旭 28-29 (1R 9-10/ 2R 10-9/ 3R 9-10)
松宮智生 28-29 (1R 9-10/ 2R 10-9/ 3R 9-10)
豊永 稔 28-29 (1R 10-9/ 2R 9-10/ 3R 9-10)
橋本 貴 27-30 (1R 9-10/ 2R 9-10/ 3R 9-10)
田澤康宏 26-30 (1R 9-10/ 2R 9-10/ 3R 8-10)
※青・COROが暫定王者に

■第6試合 DEEPルール フェザー級 5分3R
○神田コウヤ(パラエストラ柏/65.95kg)
TKO 3R 2’25” レフェリーストップ:グラウンドパンチ
×青井 人(BLOWS/66.00kg)
レフェリー:豊永 稔
ジャッジ:
柴田 旭 (1R 10-9/ 2R 10-9/ )
松宮智生 (1R 10-9/ 2R 10-9/ )
福田正人 (1R 9-10/ 2R 10-9/ )
※青・青井の試合続行不可能に至った原因が、全て赤・神田の有効打(肘打撃からのグラウンドパンチ)によるものとの事実を映像で確認することができ、試合当日の仮裁定を正式裁定として確定する。

■第5試合 DEEPルール 58.50kg契約 5分3R
○福田龍彌(MIBURO/58.45kg)
判定3-0
×ビョン・ジェウン(韓国/フリー/58.40kg)
レフェリー:豊永 稔
ジャッジ:
柴田 旭 30-27 (1R 10-9/ 2R 10-9/ 3R 10-9)
松宮智生 30-27 (1R 10-9/ 2R 10-9/ 3R 10-9)
福田正人 30-27 (1R 10-9/ 2R 10-9/ 3R 10-9)

■第4試合 DEEPルール フライ級 5分3R
○伊藤裕樹(ネックス/57.00kg)
判定3-0
×関原 翔(K-PLACE/57.20kg)
レフェリー:田澤康宏
ジャッジ:
柴田 旭 ○28-28 (1R 9-10/ 2R 9-10/ 3R 10-8)
松宮智生 29-28 (1R 10-9/ 2R 9-10/ 3R 10-9)
植松直哉 29-27 (1R 10-9/ 2R 9-10/ 3R 10-8)

■第3試合 DEEPルール ライト級 5分3R
○小金 翔(フリー/70.80kg)
Sub 2R 0’49” タップアウト:ヒールフック
×ケンヤスキー(ALIVE沖縄、SHIMAZILIANS/70.75kg)
レフェリー:柴田 旭
ジャッジ:
田澤康宏 (1R 10-9/ )
豊永 稔 (1R 10-8/ )
福田正人 (1R 10-8/ )

■第2試合 DEEPルール メガトン級 5分2R
×誠悟(AACC/118.50kg)
TKO 1R 4’58” TKO レフェリーストップ:グラウンドパンチ
○稲田 将(ISHITSUNA MMA/101.50kg)
レフェリー:橋本 貴

■第1試合 DEEPルール フライ級 5分2R
×島袋チカラ(CORE/56.75kg)
判定0-3
○風我(フリー/57.10kg)
レフェリー:柴田 旭
ジャッジ:
内田龍介 17-20 (1R 8-10/ 2R 9-10)
松宮智生 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)
豊永 稔 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)

■オープニングファイト DEEPルール バンタム級 5分2R
○山本有人(リバーサルジム東京スタンドアウト/61.70kg)
判定3-0
×小原 卓(CORE王子豊島/61.15kg)
レフェリー:内田龍介
ジャッジ:
田澤康宏 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)
松宮智生 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)
豊永 稔 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)

大会名:DEEP JEWELS 37
開催日:2022年5月8日(日)
会場:東京・後楽園ホール
主催:DEEP事務局
競技オフィシャル:福田正人(HR)、植松直哉(HRA)、豊永 稔、松宮智生、田澤康宏、橋本 貴、柴田 旭、高橋裕介

■第7試合 DEEP JEWELSフライ級GP 2022決勝戦 5分2R
○中井りん(修斗道場四国/56.35kg)
Sub 1R 4’53” テクニカルサブミッション:アームバー
×杉山しずか(リバーサルジム新宿Me,We/56.45kg)
レフェリー:植松直哉

■第6試合 DEEP JEWELSアトム級タイトルマッチ 5分3R
○大島沙緒里(王者/AACC/47.55kg)
Sub 1R 2’58” テクニカルサブミッション:アームロック
×須田萌里(挑戦者/SCORPION GYM/47.20kg)
レフェリー:福田正人
※赤・大島が王座防衛

■第5試合 DEEPJEWELSフェザー級タイトルマッチ王座決定戦 5分3R
○東よう子(リバーサルジム新宿Me,We/65.15kg)
判定5-0
×KINGレイナ(フリー/65.15kg)
レフェリー:豊永 稔
ジャッジ:
柴田 旭 30-26 (1R 10-9/ 2R 10-8/ 3R 10-9)
松宮智生 30-26 (1R 10-9/ 2R 10-8/ 3R 10-9)
田澤康宏 30-26 (1R 10-9/ 2R 10-8/ 3R 10-9)
福田正人 30-27 (1R 10-9/ 2R 10-9/ 3R 10-9)
植松直哉 29-28 (1R 9-10/ 2R 10-9/ 3R 10-9)
※赤・東が新王者に

■第4試合 DEEP JEWELSルール フェザー級 5分2R
○長野美香(フリー/52.25kg)
Sub 2R 0’57” タップアウト:フロントチョーク
×ケイト・ロータス(KING GYM KOBE/52.25kg)
レフェリー:田澤康宏
ジャッジ:
柴田 旭 (1R 9-10/ )
松宮智生 (1R 8-10/ )
福田正人 (1R 9-10/ )

■第3試合 DEEP JEWELSルール ミクロ級 5分2R
○山崎桃子(フリー/43.40kg)
判定3-0
×ちびさいKYOKA(SAI-GYM/42.15kg)
レフェリー:田澤康宏
ジャッジ:
植松直哉 20-17 (1R 10-9/ 2R 10-8)
橋本 貴 20-17 (1R 10-9/ 2R 10-8)
福田正人 20-17 (1R 10-9/ 2R 10-8)

■第2試合 DEEP JEWELSフライ級GP 2022準決勝戦 5分2R
○杉山しずか(リバーサルジム新宿Me,We/56.45kg)
失格
×栗山 葵(SMOKER GYM/56.85kg)
レフェリー:福田正人
※青・栗山が規定体重超過(0.15kg)の失格により、赤・杉山の不戦勝となる。
※赤・杉山が決勝戦進出

■第1試合 DEEP JEWELSフライ級GP 2022準決勝戦 5分2R
○中井りん(修斗道場四国/56.35kg)
Sub 2R 4’43” テクニカルサブミッション:アームバー
×Te-a(AACC/56.50kg)
レフェリー:植松直哉
ジャッジ:
柴田 旭 (1R 10-8/ )
松宮智生 (1R 10-8/ )
豊永 稔 (1R 10-8/ )
橋本 貴 (1R 10-8/ )
田澤康宏 (1R 10-8/ )
※赤・中井が決勝戦進出

■オープニングファイト DEEP JEWELSアマチュアSPルール フライ級 3分2R
○奥富夕夏(リバーサルジム新宿Me,We/56.85kg)
判定3-0
×MANA(TEAM AGENT/56.85kg)
レフェリー:橋本 貴
ジャッジ:
柴田 旭 20-17 (1R 10-8/ 2R 10-9)
植松直哉 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)
松宮智生 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)

大会名:RIZIN LANDMARK vol.3
開催日:2022年5月5日(祝/木)
会場:非公開
主催:RIZIN FIGHTING FEDERATION
競技オフィシャル:
福田正人(HR)、豊永 稔(HRA)、柴田 旭、田澤康宏、豊島孝尚、五十嵐智子、内田龍介、橋本 貴、新井誠介、鍋久保雄太、石川喬也、高橋裕介、磯 英弥

■第5試合 RIZIN MMAルール 68.00kg契約 5分3R
〇クレベル・コイケ(ボンサイ柔術/67.65kg)
Sub 1R 1’37” タップアウト:リアネイキドチョーク
×萩原京平(SMOKER GYM/68.00kg)
レフェリー:豊永 稔

■第4試合 RIZIN MMAルール バンタム級(61.00kg) 5分3R
〇倉本一真(リバーサルジム新宿MeWe/60.95kg)
判定3-0
×魚井フルスイング(和術慧舟會HEARTS/60.95kg)
レフェリー:福田正人
ジャッジ:
柴田 旭/赤・倉本 [D 0-0/ A 30-0/ G 20-0]
豊島孝尚/青・倉本 [D 0-0/ A 30-0/ G 20-0]
田澤康宏/青・倉本 [D 50-0/ A 30-0/ G 20-0]

■第3試合 RIZINグラップリングタッグマッチルール 10分1R
所英男(リバーサルジム武蔵小杉 所プラス)
金原正徳(リバーサルジム立川ALPHA)
ドロー 0-0
中村大介(夕月堂本舗)
太田忍(パラエストラ柏)
レフェリー:豊永 稔
※一本取得本数、ペナルティ共に両チームに差が無いためドロー

■第2試合 RIZIN MMAルール フェザー級(66.00kg) 5分3R
〇関 鉄矢(SONIC SQUAD/65.95kg)
判定3-0
×原口 央(BRAVE/65.60kg)
レフェリー:柴田 旭
ジャッジ:
田澤康宏/赤・関 [D 50-0/ A 0-0/ G 20-0]
豊島孝尚/赤・関 [D 0-0/ A 0-0/ G 20-0]
豊永 稔/赤・関 [D 0-0/ A 0-0/ G 20-0]

■第1試合 RIZIN MMA特別ルール 62.00kg契約 3分3R
〇YUSHI(HI ROLLERS ENTERTAINMENT/60.75kg)
KO 2R 2’21” スタンドパンチ
×ZENKI(益荒男team DURGA/64.75kg)
レフェリー:柴田 旭
※試合開始前、青・ZENKIにレッドカードを提示(規定体重を2.75kg超過のため)

2022年5月5日 会場非公開「RIZIN LANDMARK vol.03」
JMOCハンドラッピングサービスTIMETABLE

>>>TIMETABLE

「RIZIN LANDMARK vol.03」における競技オフィシャルによるハンドラッピングのタイムテーブルが決定いたしました。
出場選手で競技オフィシャルのハンドラッピングを予約された方は、指定の時間にハンドラップセットを持参の上、チェックブースまでお越しください。
また、セコンドによるハンドラッピングの場合も、タイムテーブルに記載されている指定の時間にチェックブースまでお越しください。
※帯同セコンドは1名までとなります。

※選手、セコンドは必ずマスクをご着用ください。

 

この投稿をInstagramで見る

 

JMOC | 一般社団法人日本MMA審判機構(@mmaofficials_jp)がシェアした投稿

大会名:プロフェッショナル修斗公式戦「FORCE 15」
開催日:2022年4月24日(日)
会場:香川・高松シンボルタワー 展示場
主催:TORAO NATION STATE
競技オフィシャル:
山本諭志、吉田元貴、福田正人、岡田剛史 他

※試合結果は一般社団法人日本修斗協会公式ウェブサイトより

[第6試合]フライ級(56.7kg)5分3R
○安芸 柊斗(徳島/MMA Zジム)56.3kg
KO 1R 0’43”
×マッチョ・ザ・バタフライ(大阪/総合格闘技道場コブラ会)56.7kg
[レフェリー]福田正人

[第5試合]2022年度新人王決定トーナメント
フェザー級5分2R ※当日計量の為70.3キロで実施
○CHAN-龍(徳島/MMA Zジム)70.0kg
TKO 2R 2’44”
×HAMMER KATU(山口/有永道場TeamResolve)69.3kg
※レフェリーストップ
※※勝利した赤:CHAN-龍がトーナメント準決勝進出。準決勝では神武羅☆ヒカル(NEW GROUND)との対戦が決定。
[レフェリー]福田正人
[サブレフェリー]
岡田剛史 1R 9-10
山本諭志 1R 9-10
吉田元貴 1R 9-10

[第4試合]フェザー級(65.8kg)5分2R
○國頭 武(広島/BURST)65.3kg
判定 3-0
×オガワ ワタル(福岡/MMA RANGERS GYM)65.7kg
[レフェリー]福田正人
[サブレフェリー]
岡田剛史 20-18(1R 10-9/2R 10-9)
山本諭志 20-18(1R 10-9/2R 10-9)
吉田元貴 20-18(1R 10-9/2R 10-9)

[第3試合]フライ級(56.7kg)5分2R
×石原 愼之介(徳島/MMA Zジム)56.2kg
S 2R 1’57”
○金内 サイダー 雄哉(沖縄/Theパラエストラ沖縄コザスタジオ)56.5kg
※アームロック
[レフェリー]福田正人
[サブレフェリー]
岡田剛史 1R 10-9
山本諭志 1R 10-9
吉田元貴 1R 10-9

[第2試合]ライト級(70.3kg))5分2R
△麻植 裕太(徳島/MMA Zジム)69.8kg
ドロー 0-0
△紀州(和歌山/ASH)70.1kg
[レフェリー]吉田元貴
[サブレフェリー]
岡田剛史 19-19(1R 10-9/2R 9-10)
山本諭志 19-19(1R 10-9/2R 9-10)
福田正人 19-19(1R 10-9/2R 9-10)

[第1試合]48キロ契約 5分2R
○ササキ モエ(広島/BURST)48.0kg
判定 3-0
×原田 よき(福岡/MMA RANGERS GYM)47.7kg
[レフェリー]吉田元貴
[サブレフェリー]
岡田剛史 20-18(1R 10-9/2R 10-9)
山本諭志 20-18(1R 10-9/2R 10-9)
福田正人 20-18(1R 10-9/2R 10-9)

オープニングファイト キッズ修斗 キッズ5 26キロ以下級 3分×1R
×安原 幸治(広島/BURST)24.1kg
判定 0-2
○前田 英吉(大阪/直心会生野TK68)25.4kg
[レフェリー]吉田元貴
[ジャッジ]
A:福田正人 1R 9-10
B:岡田剛史 1R 9-10
C:山本諭志 1R 10-10

大会名:プロフェッショナル修斗公式戦「FORCE GIG 02」
開催日:2022年4月24日(日)
会場:香川・高松シンボルタワー 展示場
主催:TORAO NATION STATE
競技オフィシャル:
山本諭志、吉田元貴、福田正人、岡田剛史 他

※試合結果は一般社団法人日本修斗協会公式ウェブサイトより

[第5試合]バンタム級(61.2kg)5分2R
△高岡 宏気(香川/FORCE GYM)60.8kg
ドロー 1-0
△井口 翔太(兵庫/修斗GYM神戸)61.1kg
[レフェリー]福田正人
[サブレフェリー]
岡田剛史 20-18(1R 10-9/2R 10-9)
山本諭志 19-19(1R 10-9/2R 9-10)
吉田元貴 19-19(1R 10-9/2R 9-10)

[第4試合]フライ級(56.7kg)5分2R
×木村 旬志(岡山/ゼロ戦クラブ)56.2kg
判定0-3
○永井 美自戒(大阪/総合格闘技道場コブラ会)56.5kg
[レフェリー]福田正人
[サブレフェリー]
岡田剛史 17-20(1R 8-10/2R 9-10)
山本諭志 18-20(1R 9-10/2R 9-10)
吉田元貴 18-20(1R 9-10/2R 9-10)

[第3試合]フェザー級(65.8kg)5分2R
×波平 コング(沖縄/Theパラエストラ沖縄)65.2kg
TKO 1R 4’12”
○宇藤 彰貴(兵庫/ゴンズジム)65.1kg
※レフェリーストップ
[レフェリー]吉田元貴

[第2試合]バンタム級(61.2kg)5分2R
×二宮 弘樹(愛媛/HOPE)60.4kg
判定 0-3
○和田 教良(愛知/ガイオジム)60.5kg
[レフェリー]吉田元貴
[サブレフェリー]
岡田剛史 18-20(1R 9-10/2R 9-10)
山本諭志 18-20(1R 9-10/2R 9-10)
福田正人 18-20(1R 9-10/2R 9-10)

[第1試合]フライ級(56.7kg)5分2R
×大田 ノヒロ(Theパラエストラ沖縄)56.5kg
S 2R 3’10”
○三輪 勇気(兵庫/修斗GYM神戸)56.1kg
※チキンウイングアームロック
[レフェリー]吉田元貴
[サブレフェリー]
岡田剛史 1R 10-9
山本諭志 1R 10-9
福田正人 1R 10-8

オープニングファイト キッズ修斗 キッズ5 36キロ以下級 3分1R
○岩田 陣夢(兵庫/トリニティ·サンズ)35.0kg
判定 3-0
×福岡 怜英(岡山/正道会館菱川道場)35.6kg
[レフェリー]吉田元貴
[ジャッジ]
A:福田正人 1R 10-9
B:岡田剛史 1R 10-9
C:山本諭志 1R 10-9

大会名:プロフェッショナル修斗公式戦沖縄大会 THE SHOOTO OKINAWA vol.6
開催日:2022年4月17日(日)
会場:沖縄・ミュージックタウン音市場
主催:Theパラエストラ沖縄
競技オフィシャル:
豊永 稔、島袋零二、岡田剛史、小島邦裕 他

※試合結果は一般社団法人日本修斗協会公式ウェブサイトより

第7試合 ストロー級(-52.2kg)5分3R
×田上 こゆる(大阪/BLOWS)51.7kg
判定 0-3
○当真 佳直(沖縄那覇/reversaL Gym OKINAWA CROSS×LINE)52.0kg
[レフェリー]豊永 稔
[サブレフェリー]
島袋零二 26-30(1R 9-10/2R 9-10/3R 8-10)
岡田剛史 27-30(1R 9-10/2R 9-10/3R 9-10)
小島邦裕 27-30(1R 9-10/2R 9-10/3R 9-10)

第6試合 ストロー級(-52.2kg)5分2R
○旭那 拳(沖縄那覇/Theパラエストラ沖縄)52.2kg
判定 3-0
×竜己(東京/KRAZYBEE)52.1kg
[レフェリー]豊永 稔
[サブレフェリー]
島袋零二 20-17(1R 10-9/2R 10-8)
岡田剛史 20-17(1R 10-9/2R 10-8)
小島邦裕 19-18(1R 9-10/2R 10-8)

第5試合 インフィニティリーグ2022女子アトム級(-47.6kg)5分2R
△小生 由紀(沖縄名護/グランドスラムAPP)47.2kg
ドロー 1-0
△加藤 春菜(岐阜/NASCER DO SOL)47.5kg
※両選手が1ポイント獲得。(両者共に累計1P)
[レフェリー]豊永 稔
[サブレフェリー]
島袋零二 19-18(1R 10-8/2R 9-10)
岡田剛史 19-19(1R 10-9/2R 9-10)
小島邦裕 19-19(1R 10-9/2R 9-10)

第4試合 フェザー級(-65.8kg)5分2R
×平澤 克明(長野/飛翔塾コンドル)65.4kg
KO 1R 2’07”
○工藤 圭一郎(沖縄名護/グランドスラムAPP)65.8kg
[レフェリー]豊永 稔

第3試合 バンタム級(-61.2kg)5分2R
△南風原 吉良斗(沖縄那覇/Theパラエストラ沖縄)61.2kg
ドロー 0-0
△川北 晏生(東京/TRIBE TOKYO M.M.A)61.1kg
[レフェリー]豊永 稔
[サブレフェリー]
島袋零二 19-19(1R 10-9/2R 9-10)
岡田剛史 19-19(1R 10-9/2R 9-10)
小島邦裕 19-19(1R 10-9/2R 9-10)

第2試合 ストロー級(-52.2kg)5分2R
×わっしょい内田(福岡/パーソナルスタイルス)52.0kg
S 2R 1’13”
○畠山 隆称(沖縄那覇/Theパラエストラ沖縄)52.1kg
※スリーパーホールド
[レフェリー]豊永 稔
[サブレフェリー]
島袋零二 1R 9-10
岡田剛史 1R 9-10
小島邦裕 1R 9-10

第1試合 ストロー級(-52.2kg)5分2R
○大城 匡史(沖縄糸満/アライブ沖縄支部シマジリアンズ)52.0kg
判定 3-0
×大城 正也(福岡/T-REX柔術アカデミー)52.0kg
[レフェリー]豊永 稔
[サブレフェリー]
島袋零二 19-18(1R 10-8/2R 9-10)
岡田剛史 19-18(1R 10-8/2R 9-10)
小島邦裕 20-18(1R 10-9/2R 10-9)

オープニングファイト 第2試合 グラップリング70kg以下 5分1R
△吾妻 エメルソン(沖縄宜野湾/カルペディエム沖縄)69.7kg
時間切れドロー
△花澤 大介(沖縄うるま/studio will)69.5kg
[レフェリー]岡田剛史

オープニングファイト 第1試合 グラップリング67kg以下 5分1R
△岡元 飛龍(沖縄宜野湾/カルペディエム沖縄)66.8kg
時間切れドロー
△新垣 勇樹(沖縄南城/アライブ沖縄支部シマジリアンズ)66.8kg
[レフェリー]岡田剛史

大会名:RIZIN.35
開催日:2022年4月17日(日)
会場:東京・武蔵野の森総合スポーツプラザ メインアリーナ
主催:RIZIN FIGHTING FEDERATION
競技オフィシャル:
福田正人(HR)、田澤康宏、松宮智生、柴田旭、片岡誠人、豊島孝尚、橋本 貴、五十嵐智子、和久裕治、内田龍介、新井誠介、李昌賢、鍋久保雄太、石川喬也、高橋裕介 他

■第10試合 RIZINライト級タイトルマッチ RIZIN MMAルール 5分3R
○ホベルト・サトシ・ソウザ(王者/ボンサイ柔術/70.95kg)
Sub 1R 3’32” タップアウト:アームバー
×ジョニー・ケース(挑戦者/米国/70.90kg)
レフェリー:福田正人
※赤・ソウザが王座防衛

■第9試合 RIZINフェザー級タイトルマッチ RIZIN MMAルール 5分3R
○牛久絢太郎(王者/K-Clann/65.90kg)
判定3-0
×斎藤 裕(挑戦者/パラエストラ小岩/65.90kg)
レフェリー:福田正人
ジャッジ:
柴田 旭/赤・牛久 [D 50-0/ A 0-0/ G 0-20]
豊島孝尚/赤・牛久 [D 50-0/ A 0-30/ G 0-20]
片岡誠人/赤・牛久 [D 50-0/ A 0-0/ G 0-20]
※赤・牛久が王座防衛

■第8試合 RIZIN女子スーパーアトム級タイトルマッチ RIZIN MMAルール 5分3R
×浜崎朱加(王者/AACC/48.85kg)
判定0-3
○伊澤星花(挑戦者/K-Clann/48.95kg)
レフェリー:福田正人
ジャッジ:
柴田 旭/青・伊澤 [D 0-0/ A 0-0/ G 0-20]
豊島孝尚/青・伊澤 [D 0-0/ A 0-30/ G 0-20]
片岡誠人/青・伊澤 [D 0-0/ A 0-0/ G 0-20]
※青・伊澤が新王者に

■第7試合 RIZIN MMAルール ヘビー級(120.00kg) 5分3R
○高阪 剛(ALLIANCE/97.40kg)
TKO 1R 2’05” レフェリーストップ:グラウンドパンチ
×上田幹雄(BRAVE/107.90kg)
レフェリー:松宮智生

■第6試合 RIZIN MMAルール 女子スーパーアトム級(49.00kg) 5分3R
○浅倉カンナ(パラエストラ松戸/48.90kg)
判定3-0
×SARAMI(パンクラスイズム横浜/48.85kg)
レフェリー:福田正人
ジャッジ:
柴田 旭/赤・浅倉 [D 50-0/ A 30-0/ G 20-0]
豊島孝尚/赤・浅倉 [D 0-0/ A 0-0/ G 20-0]
片岡誠人/赤・浅倉 [D 0-0/ A 30-0/ G 20-0]

■第5試合 RIZIN MMAルール ライト級(71.00kg) 5分3R
×武田光司(BRAVE/71.00kg)
Sub 2R 1’35” テクニカルサブミッション:フロントチョーク
○スパイク・カーライル(米国/70.85kg)
レフェリー:柴田 旭

■第4試合 RIZIN MMAルール ヘビー級(120.00kg) 5分3R
○シビサイ頌真(パラエストラ東京/巌流島/111.60kg)
TKO 1R 1’36” コーナーストップ:グラウンドパンチ
×リハーズ・ビギス(ラトビア/102.80kg)
レフェリー: 松宮智生

■第3試合 RIZIN MMAルール バンタム級(61.00kg) 5分3R
○元谷友貴(フリー/60.90kg)
判定3-0
×アラン“ヒロ”ヤマニハ(ボンサイ柔術/61.00kg)
レフェリー:柴田 旭
ジャッジ:
田澤康宏/赤・元谷 [D 0-0/ A 0-0/ G 20-0]
豊島孝尚/赤・元谷 [D 0-0/ A 0-0/ G 20-0]
片岡誠人/赤・元谷 [D 0-0/ A 30-0/ G 20-0]

■第2試合 RIZIN MMAルール バンタム級(61.00kg) 5分3R
○ヴガール・ケラモフ(アゼルバイジャン/65.50kg)
Sub 1R 2’00” テクニカルサブミッション:三角絞め
×中島太一(ロータス世田谷/66.00kg)
レフェリー:松宮智生

■第1試合 RIZIN MMAルール フェザー級(66.00kg) 5分3R
○カイル・アグォン(グアム/66.00kg)
判定3-0
×芦田崇宏(BRAVE/65.80kg)
レフェリー:柴田 旭
ジャッジ:
田澤康宏/赤・アグォン [D 50-0/ A 30-0/ G 20-0]
豊島孝尚/赤・アグォン [D 50-0/ A 30-0/ G 20-0]
片岡誠人/赤・アグォン [D 50-0/ A 30-0/ G 20-0]

大会名:RIZIN TRIGGER 3rd
開催日:2022年4月16日(土)
会場:東京・武蔵野の森総合スポーツプラザ メインアリーナ
主催:RIZIN FIGHTING FEDERATION / POTENTIAL
競技オフィシャル:
福田正人(HR)、豊永 稔、長瀬達郎、田澤康宏、片岡誠人、柴田 旭、松宮智生、豊島孝尚、内田龍介、李賢昌、鍋久保優太、橋本 貴、石川喬也、高橋裕介、北森代紀 他

■第9試合 RIZIN MMAルール ライト級(71.00kg) 5分3R
○ルイス・グスタボ(ブラジル/70.75kg)
TKO 2R 3‘14” レフェリーストップ:グラウンドパンチ
×矢地祐介(フリー/70.95kg)
レフェリー:豊永 稔

■第8試合 RIZIN MMAルール バンタム級(61.00kg) 5分3R
金太郎(パンクラス大阪稲垣組)
試合中止
倉本一真(リバーサルジム新宿Me,We)
※赤・金太郎の負傷により公式計量開始前に試合中止を決定

■第7試合 RIZIN MMAルール 無差別級 5分3R
○関根“シュレック”秀樹(ボンサイブルテリア/115.05kg)
TKO 2R 3’49” レフェリーストップ:グラウンドパンチ
×貴賢神(フリー/133.45kg)
レフェリー:片岡誠人

■第6試合 RIZIN MMAルール フェザー級(66.00kg) 5分3R
○金原正徳(リバーサルジム立川ALPHA/65.80kg)
TKO 3R 3’37” レフェリーストップ:グラウンドパンチ
×摩嶋一整(毛利道場/65.90kg)
レフェリー:田澤康宏

■第5試合 RIZIN MMAルール 57.00kg契約 5分3R
○征矢 貴(パラエストラ松戸/57.00kg)
TKO 2R 3’29” レフェリーストップ:グラウンドパンチ
×中務修良(NOMAD/56.40kg)
レフェリー:田澤康宏

■第4試合 RIZIN MMAルール バンタム級(61.00kg) 5分3R
×渡部修斗(ストライプル新百合ヶ丘/60.95kg)
判定1-2
○須藤拓真(X-TREME EBINA/60.90kg)
レフェリー:片岡誠人
ジャッジ:
松宮智生/青・須藤 [D 0-0/ A 0-30/ G 0-20]
田澤康宏/赤・渡部 [D 0-0/ A 0-0/ G 20-0]
豊島孝尚/青・須藤 [D 0-0/ A 0-30/ G 20-0]

■第3試合 RIZIN MMAルール ライト級(71.00kg) 5分3R
×雑賀“ヤン坊”達也(DOBUITA/70.90kg)
TKO 2R 4’12” レフェリーストップ:グラウンドパンチ
○江藤公洋(和術慧舟會HEARTS/70.75kg)
レフェリー:豊永 稔
ジャッジ
豊永 稔/青・吉野 [D 0-50/ A 0-30/ G 0-20]
田澤康宏/青・吉野 [D 0-50/ A 0-30/ G 0-20]
豊島孝尚/青・吉野 [D 0-50/ A 0-30/ G 0-20]

■第2試合 RIZIN MMAルール 72.00kg契約 5分3R
○グラント・ボグダノフ(アメリカ/ALMA FIGHT GYM LIFE/71.95kg)
TKO 1R 3’16” レフェリーストップ:グラウンドパンチ
×泉 武志(FIGHTER’S FLOW/72.00kg)
レフェリー:片岡誠人

■第1試合 RIZIN KICKルール 63.50kg契約 3分3R
○大谷翔司(スクランブル渋谷/63.50kg)
TKO 1R 2’52” 3ノックダウン
×力也(村上塾/63.40kg)
レフェリー:長瀬達郎

2022年4月17日 武蔵野の森総合スポーツプラザ メインアリーナ「RIZIN.35」
JMOCハンドラッピングサービスTIMETABLE

>>>TIMETABLE

「RIZIN.35」における競技オフィシャルによるハンドラッピングのタイムテーブルが決定いたしました。
出場選手で競技オフィシャルのハンドラッピングを予約された方は、指定の時間にハンドラップセットを持参の上、チェックブースまでお越しください。
※帯同セコンドは1名までとなります。
※選手、セコンドは必ずマスクをご着用ください。

 

この投稿をInstagramで見る

 

JMOC | 一般社団法人日本MMA審判機構(@mmaofficials_jp)がシェアした投稿

2022年4月16日 武蔵野の森総合スポーツプラザ メインアリーナ「RIZIN TRIGGER vol.3」
JMOCハンドラッピングサービスTIMETABLE

>>>TIMETABLE

「RIZIN TRIGGER vol.3」における競技オフィシャルによるハンドラッピングのタイムテーブルが決定いたしました。
出場選手で競技オフィシャルのハンドラッピングを予約された方は、指定の時間にハンドラップセットを持参の上、チェックブースまでお越しください。
※帯同セコンドは1名までとなります。
※選手、セコンドは必ずマスクをご着用ください。

 

この投稿をInstagramで見る

 

JMOC | 一般社団法人日本MMA審判機構(@mmaofficials_jp)がシェアした投稿

大会名:プロフェッショナル修斗公式戦 SHOOTO GIG TOKYO Vol.32
開催日:2022年4月3日(日)
会場:東京・新宿FACE
主催:株式会社サステイン
競技オフィシャル:
片岡誠人、福田正人、田澤康宏、柴田 旭、長瀬達郎

※試合結果は一般社団法人日本修斗協会公式ウェブサイトより

[第11試合]バンタム級 5分2R
○平川 智也(マスタージャパン東京)61.1kg
KO 1R 0’38”
×松下 祐介(パラエストラTB)61.1kg
[レフェリー]片岡誠人

[第10試合]フェザー級 5分2R
×浜松 ヤマト(T-grip TOKYO)65.88kg
判定 0-3
○竹原 魁晟(パラエストラ松戸)65.6kg
[レフェリー]福田正人
[サブレフェリー]
片岡誠人 18-20(1R 9-10/2R 9-10)
柴田 旭 18-20(1R 9-10/2R 9-10)
田澤康宏 18-20(1R 9-10/2R 9-10)

[第9試合]2022年度新人王決定トーナメントフェザー級2回戦 5分2R
○椿 飛鳥(トライデントジム)65.8kgkg
判定 3-0
×岡田 達磨(SAI-GYM)65.7kg
※勝利した赤:椿がトーナメント進出。
準決勝戦では工藤 圭一郎(グランドスラム沖縄A・P・P)との対戦が決定。
[レフェリー]柴田 旭
[サブレフェリー]
片岡誠人 20-17(1R 10-8/2R 10-9)
福田正人 20-17(1R 10-8/2R 10-9)
長瀬達郎 20-17(1R 10-8/2R 10-9)

[第8試合]2022年度新人王決定トーナメント フライ級2回戦 5分2R
○片山 将宏(TRIBE TOKYO MMA)56.6kg
判定 3-0
×寺嶋 直人(SUBMIT MMA)56.6kg
※勝利した赤:片山がトーナメント進出。
準決勝戦では青井 心二(心技舘)との対戦が決定。
[レフェリー]長瀬達郎
[サブレフェリー]
片岡誠人 20-17(1R 10-9/2R 10-8)
福田正人 20-16(1R 10-8/2R 10-8)
田澤康宏 20-17(1R 10-9/2R 10-8)

[第7試合]2022年度新人王決定トーナメントバンタム級2回戦 5分2R
×中桐 涼輔(トイカツ道場)61.0kg
判定 0-2
○新井 拓巳(ストライプル新百合ヶ丘)61.2kg
※勝利した青:新井がトーナメント進出。
[レフェリー]片岡誠人
[サブレフェリー]
福田正人 18-19(1R 10-9/2R 8-10)
柴田 旭 18-19(1R 10-9/2R 8-10)
長瀬達郎 19-19(1R 10-9/2R 9-10)

[第6試合]65kg契約 5分2R
○伊集 龍皇(パラエストラ小岩) 64.8kg
判定 3-0
×猿山 千里(RISING SUN) 64.8kg
[レフェリー]
[サブレフェリー]
福田正人 20-18(1R 10-9/2R 10-9)
柴田 旭 20-18(1R 10-9/2R 10-9)
長瀬達郎 20-18(1R 10-9/2R 10-9)

[第5試合]ストロー級 5分2R
×牧ヶ谷 篤(和術慧舟會群馬支部)51.9kg
判定 0-2
○梅木 勇徳(パラエストラ千葉)52.2kg
[レフェリー]田澤康宏
[サブレフェリー]
福田正人 18-20(1R 9-10/2R 9-10)
柴田 旭 18-20(1R 9-10/2R 9-10)
長瀬達郎 19-19(1R 9-10/2R 10-9)

[第4試合]バンタム級 5分2R
×辻村 秀綱(TRIBE TOKYO MMA)60.4kg
KO 1R 4’59”
○谷井 翔太(大道塾/ロデオスタイル)61.1kg
[レフェリー]福田正人

[第3試合]ウェルター級 5分2R
○ハーレー(フリー)76.6kg
S 1R 1’44”
×上野 勇貴(AACC×SPIDER)76.9kg
※スリーパーホールド
[レフェリー]福田正人

[第2試合]2022年度新人王決定トーナメント フライ級2回戦 5分2R
○青井 心二(心技舘)56.7kg
S 1R 2’02”
×一杉 芳樹(駿東修闘クラブ)56.6kg
※フロントスリーパーホールド
※※勝利した赤:青井がトーナメント進出。
準決勝戦では片山 将宏(TRIBE TOKYO MMA)との対戦が決定。
[レフェリー]片岡誠人

[第1試合]女子49kg契約 5分2R
×北野 きゅう(高田馬場道場)48.8kg
判定 0-3
○菅野 縁(RISING SUN) 49.0kg
[レフェリー]片岡誠人
[サブレフェリー]
福田正人 16-20(1R 8-10/2R 8-10)
柴田 旭 18-20(1R 9-10/2R 9-10)
長瀬達郎 18-20(1R 9-10/2R 9-10)

[オープニングファイト・第2試合]フライ級 5分2R
○輝龍(ROOTS)56.6kg
判定 2-1
×森田 興希(パラエストラ松戸) 56.6kg
[レフェリー]柴田 旭
[サブレフェリー]
片岡誠人 20-18(1R 10-9/2R 10-9)
福田正人 20-18(1R 10-9/2R 10-9)
長瀬達郎 18-20(1R 9-10/2R 9-10)

[オープニングファイト・第1試合]ライト級 5分2R ※17:30開始
○磯部 鉄心(パラエストラ松戸)70.3kg
判定 3-0
×メイヘム和成(パラエストラ小岩) 69.9kg
[レフェリー]長瀬達郎
[サブレフェリー]
片岡誠人 20-18(1R 10-9/2R 10-9)
福田正人 20-17(1R 10-9/2R 10-8)
田澤康宏 20-17(1R 10-9/2R 10-8)

大会名:RIZIN.34
開催日:2022年3月20日(日)
会場:大阪・丸善インテックアリーナ大阪
主催:RIZIN FIGHTING FEDERATION
競技オフィシャル:
福田正人(HR)、豊永 稔(HRA)、長瀬達郎、田澤康宏、𠮷田元貴、片岡誠人、柴田旭、松宮智生、豊島孝尚、橋本 貴、五十嵐智子、内田龍介、新井誠介、李昌賢、鍋久保雄太、岡田剛史、安芸佳孝、北森代紀 他

■第16試合 RIZIN MMAルール フェザー級(66.00kg) 5分3R
〇弥益ドミネーター聡志(team SOS/65.70kg)
Sub 1R 3’21” タップアウト:腕ひしぎ三角固め
×萩原京平(SMOKER GYM/65.80kg)
レフェリー:豊永 稔

■第15試合 RIZIN KICKルール 61.00kg契約 3分3R
〇皇治(TEAM ONE/61.00kg)
判定2-0
×梅野源治(PHOENIX/61.00kg)
レフェリー:豊永 稔
ジャッジ:
𠮷田元貴 30-29 (1R 10-10/ 2R 10-10/ 3R 10-9)
豊島孝尚 30-29 (1R 10-10/ 2R 10-10/ 3R 10-9)
長瀬達郎 29-29 (1R 10-10/ 2R 10-9/ 3R 9-10)
>>>RIZIN FF STATS

■第14試合 RIZIN MMAルール 68.00kg契約 5分3R
×中村大介(夕月堂本舗/67.80kg)
判定1-2
〇山本空良(パワーオブドリーム/67.70kg)
レフェリー:福田正人
ジャッジ:
松宮智生/青・山本 [D 0-0/ A 0-0/ G 0-20]
豊島孝尚/赤・中村 [D 0-0/ A 30-0/ G 20-0]
片岡誠人/青・山本 [D 0-0/ A 0-0/ G 0-20]
>>>RIZIN FF STATS

■第13試合 RIZIN MMAルール ウェルター級(77.00kg) 5分3R
×ストラッサー起一(総合格闘技道場コブラ会/76.85kg)
判定0-3
〇阿部大治(フリー/76.90kg)
レフェリー:片岡誠人
ジャッジ:
豊永 稔/青・阿部 [D 0-50/ A 0-30/ G 0-20]
豊島孝尚/青・阿部 [D 0-50/ A 0-0/ G 0-20]
松宮智生/青・阿部 [D 0-50/ A 0-30/ G 0-20]
>>>RIZIN FF STATS

■第12試合 RIZIN MMAルール フライ級(57.00kg) 5分3R
○北方大地(パンクラス大阪稲垣組/57.00kg)
判定3-0
×村元友太郎(ALIVE/57.00kg)
レフェリー:柴田 旭
ジャッジ:
橋本 貴/赤・北方 [D 0-0/ A 30-0/ G 20-0]
松宮智生/赤・北方 [D 0-0/ A 0-0/ G 20-0]
片岡誠人/赤・北方 [D 0-0/ A 0-0/ G 20-0]
>>>RIZIN FF STATS

■第11試合 RIZIN MMAルール ライト級(71.00kg) 5分3R
〇大原樹理(KIBAマーシャルアーツクラブ/71.00kg)
判定2-1
×アキラ(武蔵村山さいとうクリニック/&MOSH/70.85kg)
レフェリー:豊永 稔
ジャッジ:
柴田 旭/赤・大原 [D 50-0/ A 0-30/ G 0-20]
松宮智生/赤・大原 [D 50-0/ A 0-0/ G 0-20]
片岡誠人/青・アキラ [D 0-0/ A 0-0/ G 0-20]
>>>RIZIN FF STATS

■第10試合 RIZIN KICKルール 61.00kg契約 3分3R
△大雅(チームドラゴン/60.90kg)
ドロー 判定1-0
△高橋 亮(真門ジム/60.90kg)
レフェリー:𠮷田元貴
ジャッジ:
豊永 稔 28-28 (1R 8-10/ 2R 10-10/ 3R 10-8)
豊島孝尚 28-28 (1R 8-10/ 2R 10-10/ 3R 10-8)
長瀬達郎 28-27 (1R 8-10/ 2R 10-9/ 3R 10-8)
>>>RIZIN FF STATS

■第9試合 RIZIN MMAルール バンタム級(61.00kg) 5分3R
〇アラン・ヒロ・ヤマニハ(ボンサイ柔術/60.85kg)
Sub 2R 3’25” タップアウト:リアネイキドチョーク
×手塚基伸(シークレットベースドミネート・コブラ会/60.90kg)
レフェリー:田澤康宏

■第8試合 RIZIN MMAルール フライ級(57.00kg) 5分3R
〇竿本樹生(BRAVE/56.85kg)
判定2-1
×宇田悠斗(総合格闘技道場HOPE/56.70kg)
レフェリー:福田正人
ジャッジ:
松宮智生/赤・竿本 [D 0-0/ A 30-0/ G 20-0]
豊島孝尚/赤・竿本 [D 0-0/ A 30-0/ G 20-0]
橋本 貴/青・宇田 [D 0-0/ A 0-0/ G 0-20]
>>>RIZIN FF STATS

■第7試合 RIZIN MMAルール 60.00kg契約 5分3R
〇福田龍彌(MIBURO/60.00kg)
KO 1R 0’54” スタンドパンチ
×NavE(N★TRUST/59.60kg)
レフェリー:柴田 旭

■第6試合 RIZIN KICKルール 70.00kg契約 3分3R
○憂也(魁塾/69.85kg)
TKO 2R 2’51” レフェリーストップ
×洋輔YAMATO(大和ジム/69.80kg)
レフェリー:𠮷田元貴
ジャッジ:
柴田 旭 (1R 10-10/ )
豊島孝尚 (1R 10-10/ )
片岡誠人 (1R 10-9/ )

■第5試合 RIZIN KICKルール 61.00kg契約 3分3R
○笠原友希(シーザージム/60.90kg)
TKO 1R 2’24” レフェリーストップ
×元氣(楠誠会館/60.95kg)
レフェリー:長瀬達郎

■第4試合 RIZIN KICKルール 53.00kg契約 3分3R
―政所 仁(魁塾/52.80kg)
ノーコンテスト 1R 1’30”
―佐藤執斗(グラップリングシュートボクサーズ名古屋/52.90kg)
レフェリー:長瀬達郎
※赤・政所の偶発的な反則により、青・佐藤が試合続行不能となったため。

■第3試合 RIZIN MMAルール 63.00kg契約 5分3R
○Ryuki(フリー/62.60kg)
TKO 1R 2’07” レフェリーストップ:グラウンドキック
×山本歩夢(フリー/63.00kg)
レフェリー:柴田 旭

■第2試合 RIZIN KICKルール 63.00kg契約 3分3R
×山畑雄摩(NJKF心将塾/63.00kg)
TKO 1R 2’52” 3ノックダウン
○小川 翔(OISHI GYM/62.90kg)
レフェリー:𠮷田元貴

■第1試合 RIZIN KICKルール 70.00kg契約 3分3R
○蛇鬼将矢(テツジム/69.90kg)
TKO 1R 1’53” レフェリーストップ
×こうた(武心會/69.75kg)
レフェリー:長瀬達郎

■オープニングファイト RIZIN KICKルール 60.00kg契約 3分3R
×佐藤 亮(NJKF健心塾/60.00kg)
TKO 1R 2’15” レフェリーストップ
○駿(Reborn Kickboxing Gym/59.85kg)
レフェリー:𠮷田元貴

※MMAレフェリーデータ:SHERDOG

JMOC ALL JAPAN REFEREE CARAVAN 2022
JMOCインスペクター講習会 in大阪
日時:2022年3月20日(日) 9:30〜11:00
会場:ラミ本町Kelly
   大阪市中央区南本町3-3-23 インペリアル船場ビル4F 412号室
主 催:一般社団法人日本MMA審判機構
講 師:橋本 貴

 

この投稿をInstagramで見る

 

JMOC | 一般社団法人日本MMA審判機構(@mmaofficials_jp)がシェアした投稿

2022年3月20日 大阪・丸善インテックアリーナ「RIZIN.34」
JMOCハンドラッピングサポートサービス

>>>TIMETABLE

「RIZIN.34」で行われるJMOC競技オフィシャルによるハンドラッピングサポートサービスのタイムテーブルが決定いたしました。
ご予約いただいた選手は、指定の時間にハンドラップセットを持参の上、チェックブースまでお越しください。
※帯同セコンドは1名までとなります。
※選手、セコンドは必ずマスクをご着用ください。

 

この投稿をInstagramで見る

 

JMOC | 一般社団法人日本MMA審判機構(@mmaofficials_jp)がシェアした投稿

JMOC ALL JAPAN REFEREE CARAVAN 2022
JMOCフォローアップミーティング
Supported by WHOOPS! DRONE SCHOOL

JMOCでは競技オフィシャル限定の定例フォローアップミーティングを開催中です。
各回のアジェンダを共有いたします。

Agenda

>Vol.5 2022.3.10
ファシリテーター:橋本 貴、豊島孝尚
■2022.2.26 DEEP 106 IMPACT
岩見vs.山本:2R
ヒロヤvs.風我:1R
中村vs.小見川:1R
■2022.3.6 RIZIN LANDMARK vol.2
COROvs.増田

>Vol.4 2022.2.24
ファシリテーター:豊永 稔、福田正人
■2022.2.23 RIZIN TRIGGER 2nd
渡慶次vs.スタローン
内山vs.原
伊藤vs.桃翔
ハンドラップ・オペレーション

>Vol.3 2022.2.10
ファシリテーター:片岡誠人、田澤康宏
■2022.1.16 プロフェッショナル修斗
新井vs.木内
■2022.1 都内某大会
JMOC競技運営協力大会以外の大会へ参加する際に注意すべきこと

>Vol.2 2022.1.27
ファシリテーター:福田正人、柴田 旭 
■2021.12.31 RIZIN.33
三浦vs.YUSHI、RENAvs.パク
■2022.1.23 石渡伸太郎引退興行

鬼神vs.河名、笹川vs.岩本

>Vol.1 2022.1.13
年始オリエンテーション

 

大会名:RIZIN LANDMARK vol.2
開催日:2022年3月6日(日)
会場:非公開
主催:RIZIN FIGHTING FEDERATION
競技オフィシャル:
福田正人(HR)、豊永 稔(HRA)、柴田旭、片岡誠人、豊島孝尚、田澤康宏、五十嵐智子、内田龍介、新井誠介、橋本 貴、鍋久保雄太、石川喬也、高橋裕介、北森代紀

■第5試合 RIZIN MMAルール フェザー級(66.00kg) 5分3R
〇鈴木千裕(クロスポイント吉祥寺/65.90kg)
判定3-0
×平本 蓮(ルーファスポーツ/65.65kg)
レフェリー:福田正人
ジャッジ:
柴田 旭/赤・鈴木 [D 50-0/ A 30-0/ G 20-0]
豊島孝尚/赤・鈴木 [D 50-0/ A 30-0/ G 20-0]
片岡誠人/赤・鈴木 [D 0-0/ A 30-0/ G 20-0]

■第4試合 RIZIN MMAルール フェザー級(66.00kg) 5分3R
×昇侍(KIBAマーシャルアーツクラブ/65.90kg)
TKO 1R 1’12” レフェリーストップ:スタンドパンチ
〇鈴木博昭(BELLWOOD FIGHT TEAM/65.90kg)
レフェリー:豊永 稔

■第3試合 RIZIN KICKルール(肘あり) 52.50kg契約 5分3R
〇吉成名高(エイワスポーツジム/52.35kg)
TKO 2R 1’02” レフェリーストップ
×白幡裕星(Battle-Box/52.50kg)
レフェリー:豊永 稔
ジャッジ:
柴田 旭 (1R 10-10/ )
豊島孝尚 (1R 10-10/ )
片岡誠人 (1R 10-10/ )

■第2試合 RIZIN MMAルール バンタム級(61.00kg) 5分3R
×魚井フルスイング(和術慧舟會HEARTS/60.95kg)
判定0-3
〇伊藤空也(BRAVE/60.95kg)
レフェリー:福田正人
ジャッジ:
柴田 旭/青・伊藤 [D 0-0/ A 0-0/ G 0-20]
豊島孝尚/青・伊藤 [D 0-0/ A 0-0/ G 0-20]
片岡誠人/青・伊藤 [D 0-0/ A 0-0/ G 0-20]

■第1試合 RIZIN MMAルール 63.00kg契約 5分3R
〇CORO(K-Clann/62.80kg)
判定2-1
×増田拓真(総合格闘技道場reliable/62.90kg)
レフェリー:柴田 旭
ジャッジ:
豊永 稔/赤・CORO [D 0-0/ A 30-0/ G 20-0]
豊島孝尚/赤・CORO [D 0-0/ A 0-0/ G 20-0]
片岡誠人/青・増田 [D 0-0/ A 0-0/ G 0-20]

JMOC ALL JAPAN REFEREE CARAVAN 2022
JMOCインスペクター講習会 in田町芝浦
日 時:2022年3月6日(日) 14時00分〜15時30分
会 場:リバーサルジム東京スタンドアウト田町芝浦スタジオ
          東京都港区芝浦2丁目14−13 セジュール田町 1F
主 催:一般社団法人日本MMA審判機構
講 師:橋本 貴

 

この投稿をInstagramで見る

 

JMOC | 一般社団法人日本MMA審判機構(@mmaofficials_jp)がシェアした投稿

2022年3月6日 会場非公開「RIZIN LANDMARK vol.2」
JMOCハンドラッピングTIMETABLE

>>>TIMETABLE

「RIZIN LANDMARK vol.2」におけるハンドラッピングのタイムテーブルが決定いたしました。
出場選手でハンドラッピングをされる方は、指定の時間にハンドラップセットを持参の上、チェックブースまでお越しください。
※帯同セコンドは1名までとなります。
※選手、セコンドは必ずマスクをご着用ください。

 

この投稿をInstagramで見る

 

JMOC | 一般社団法人日本MMA審判機構(@mmaofficials_jp)がシェアした投稿


4.9(土) ハンドラップ講習会 東京で開催決定
ALL JAPAN REFEREE CARAVAN 2022
JMOC新井誠介ハンドラップ講習会

一般社団法人日本 MMA 審判機構の全国キャラバン・シリーズ「JMOC ALL JAPAN REFEREE CARAVAN 2022」を、次のとおり東京都内にて開催させていただくことが決定いたしました。


▼JMOC ALL JAPAN REFEREE CARAVAN 2022
JMOC新井誠介ハンドラップ講習会 概要

日 時:2022年4月9日(土) 19時00分〜21時00分
会 場:東京・グリットファイトショップ
        東京都千代田区神田三崎町2-17-2-B1 日宝水道橋ビル
主 催:NEO BOXING STYLE
認 定:一般社団法人日本MMA審判機構
講 師:新井 誠介

受講料:5,000円 ※当日に現金にて支払い
定 員:16名(申込先着順)

対 象:ハンドラップに興味がある方(未経験者、女性歓迎)
内容:
・ハンドラップのテーピングからバンテージの巻き方についての解説
・受講者自身による実践訓練

申込方法:NEO BOXING STYLE 申込入力フォームより

詳細は、NEO BOXING STYLEまでお問い合わせください。


問い合わせ先:NEO BOXING STYLE

一昨年(2020年)の5月30日、JMOCは「緊急事態宣言解除後の競技オフィシャルとしての大会参加について(提言)」を発表しました。この提言は、競技オフィシャルのみなさんが大会への参加の可否を判断するための基準、あるいは、参加する場合の新型コロナウイルス感染拡大防止のための留意点をまとめたものです。このときからもうすぐ2年が経とうとしています。しかし、現在も事態の収束は見通せないままです。

第6波のなかでも、さまざまなスポーツイベントが開催されています。そこでは、観客数を制限したり、観客の声援を禁止するなどの対策がとられています。しかし、感染拡大のおそれが払拭されたわけではありません。それは、格闘技イベントにおいても同じです。そして、出場する選手がいて、試合が行われるのであれば、誰かがオフィシャルを務めなければなりません。

上の提言を発表したときに、JMOCは次のようなコラムをあわせて発表しました。

「MMAオフィシャルの中には、感染拡大防止のために在宅勤務中である会社員や、普段からCovid-19の危険と最前線で向き合っている医療従事者など、いろいろな仲間がいます。そんな彼らがMMAの試合に赴くことはできません。平常時よりも現場で働ける人間が少ない中で、誰かが身体接触の密な競技の現場に行かなければならないのです。

しかし、市民生活においてもいまだに様々な制限があるなかで、MMAのオフィシャルが現場で感染すること、また逆に、オフィシャルから選手や関係者へ感染させる事態は防がなければなりません。したがって、『誰かが行かなければいけない』からと言って、何の対策も採られていない現場に仲間を行かせるわけにはいかないのです。まず、イベント主催者のみなさんには、可能な限り、対策を講じてください。そのうえで、参加するオフィシャルのみなさんも、感染拡大防止にできるだけ努めてください。そのための目安として提言をまとめました。オフィシャルのみなさんが、各種大会への参加の可否を判断するための材料として、また、参加にあたり感染拡大防止のための一助としてご利用いただければ幸いです。」

当時の考えは今でも変わっていません。今後も新型コロナウイルスとの闘いは続きそうです。感染拡大防止を前提とした大会の実施がこれからも求められます。今だけの対策ではなく、継続的な「イベントのあり方」を考えていかなければなりません。

我々は、平素から、医療従事者の方々からのご指導や日本スポーツ協会等外部機関のガイドラインを参考にしながら、JMOCメンバー間で議論を重ねて、感染防止に努めてきました。例えば、大会に参加するオフィシャルは、イベント開催数時間前に独自の健康状態確認票を提出し、少しでも感染が疑われる(あるいは感染の危険が高い)場合には、大会への参加を控えることとしています。これまでにも、わずかな疑念であっても参加不可とし、代替のオフィシャルを充てたことがあります。

その他にも、ルールレビューやオフィシャルのミーティングはオンライン開催とし、密を避けるために会場入り時間をずらし、控え室での待機・打ち合わせ等を禁止・抑制しています。プロモーションによって、またオフィシャル個々人によって、感染防止に対する意識や姿勢は異なりますが、「最低限」のことはしなくてはなりません。格闘技の現場に立つオフィシャルも、普段はそれぞれが大事な仕事を抱え、家族を支えています。また、当然のことながら、社会を構成する一員でもあります。それぞれの立場において「務め」があるはずです。

感染防止に必要な用具等の選定・開発にあたっては、JMOC会員間で議論をし、また、我々に協力してくださる協賛会員様からギア(スポーツマスク、長袖ラッシュガード等)のご支援をいただくなど、内外からお力添えをいただいています。おかげさまで、選手と審判のみなさんの安全を確保しながら、審判のパフォーマンスを維持することができています(また、プロの舞台における見栄えにも配慮をいただいています)。

我々の取り組みが各イベントにおけるモデル(標準)となり、競技の安全が守られているならば幸いです。これからも、内外のご指導とご助力をたまわりながら、安全の確保に努めてまいります。

大会名:DEEP 106 IMPACT
開催日:2022年2月26日(土)
会場:東京・後楽園ホール
主催:DEEP事務局
競技オフィシャル:福田正人(HR)、豊永 稔、松宮智生、長瀬達郎、橋本 貴、柴田 旭

■第6試合 DEEPルール フェザー級 5分3R
○中村大介(夕月堂本舗/66.20kg)
Sub 3R 0’51” タップアウト:アームバー
×小見川道大(NEO JUDO ACADEMY/66.00kg)
レフェリー:福田正人
ジャッジ:
柴田 旭 (1R 10-9/ 2R 9-10/ )
松宮智生 (1R 10-8/ 2R 9-10/ )
豊永 稔 (1R 10-9/ 2R 9-10/ )

■第5試合 DEEPルール フライ級 5分3R
×伊藤裕樹(ネックスイチムエ/57.00kg)
TKO 2R 0’35” コーナーストップ:グラウンドパンチ
○福田龍彌(MIBURO/57.20kg)
レフェリー:福田正人
ジャッジ:
柴田 旭 (1R 9-10/ )
松宮智生 (1R 9-10/ )
豊永 稔 (1R 9-10/ )

■第4試合 DEEPルール ライト級 5分3R
×川名TENCHO雄生(Y&K MMA ACADEMY/北海しゃぶしゃぶ湘南藤沢店/70.80kg)
KO 2R 2’18” スタンドパンチ
○石塚雄馬(AACC/70.65kg)
レフェリー:豊永 稔
ジャッジ:
柴田 旭 (1R 9-10/ )
松宮智生 (1R 9-10/ )
福田正人 (1R 9-10/ )

■第3試合 DEEPルール フライ級 5分3R
×越智晴雄(パラエストラ愛媛/57.10kg)
判定0-3
○関原 翔(K-PLACE/57.10kg)
レフェリー:豊永 稔
ジャッジ:
柴田 旭 28-29 (1R 9-10/ 2R 10-9/ 3R 9-10)
松宮智生 28-29 (1R 9-10/ 2R 9-10/ 3R 10-9)
福田正人 28-29 (1R 9-10/ 2R 9-10/ 3R 10-9)

■第2試合 DEEPルール フェザー級 5分3R
○青井 人(BLOWS/66.15kg)
TKO 2R 1’36” レフェリーストップ:グラウンドパンチ
×木下尚祐(和術慧舟會GODS/66.30kg)
レフェリー:長瀬達郎
ジャッジ:
豊永 稔 (1R 10-8/ )
松宮智生 (1R 10-8/ )
福田正人 (1R 10-8/ )

■第1試合 DEEPルール フライ級 5分2R
×ヒロヤ(トライフォース赤坂/57.10kg)
判定0-3
○風我(フリー/57.00kg)
レフェリー:柴田 旭
ジャッジ:
福田正人 18-19 (1R 8-10/ 2R 10-9)
松宮智生 19-19○ (1R 9-10/ 2R 10-9)
豊永 稔 19-19○ (1R 9-10/ 2R 10-9)

■オープニングファイト DEEPルール バンタム級 5分2R
×岩見 凌(KIBAマーシャルクラブ/61.50kg)
判定0-3
○山本有人(リバーサルジム東京スタンドアウト/61.65kg)
レフェリー:橋本 貴
ジャッジ:
福田正人 17-20 (1R 9-10/ 2R 8-10)
松宮智生 16-20 (1R 8-10/ 2R 8-10)
豊永 稔 17-20 (1R 9-10/ 2R 8-10)

大会名:RIZIN TRIGGER 2nd
開催日:2022年2月23日(祝/水)
会場:静岡・エコパアリーナ
主催:RIZIN FIGHTING FEDERATION / POTENTIAL
競技オフィシャル:
福田正人(HR)、豊永 稔、田澤康宏、片岡誠人、柴田 旭、豊島孝尚、橋本 貴、李賢昌、鍋久保優太、岡田剛史、阿部佳奈恵、安芸佳孝、石川喬也、北森代紀、磯 英弥

■第13試合 RIZIN MMAルール フェザー級(66.00kg) 5分3R
〇クレベル・コイケ(ボンサイ柔術/65.75kg)
Sub 2R 3’22” タップアウト:リアネイキッドチョーク
×佐々木憂流迦(セラ・ロンゴ・ファイトチーム/65.85kg)
レフェリー:片岡誠人

■第12試合 RIZIN MMAルール バンタム級(61.00kg) 5分3R
×加藤ケンジ(3POUND/K.O.SHOOTO GYM/60.80kg)
TKO 1R 4’16” レフェリーストップ:グラウンドでの膝蹴り
〇倉本一真(リバーサルジム新宿Me,We/60.95kg)
レフェリー:福田正人

■第11試合 RIZIN MMAルール ライト級(71.00kg) 5分3R
〇アキラ(武蔵村山さいとうクリニック/&MOSH/70.70kg)
判定3-0
×鈴木琢仁(ボンサイ柔術/70.75kg)
レフェリー:田澤康宏
ジャッジ:
豊永 稔/赤・アキラ [D 0-0/ A 30-0/ G 20-0]
橋本 貴/赤・アキラ [D 0-0/ A 0-0/ G 20-0]
岡田剛史/赤・アキラ [D 0-0/ A 0-0/ G 20-0]

■第10試合 RIZIN MMAルール フェザー級(66.00kg) 5分3R
×新居すぐる(Potential/65.80kg)
TKO 1R 0’35” レフェリーストップ:グランドパンチ
〇山本空良(パワーオブドリーム/65.90kg)
レフェリー:片岡誠人

■第9試合 RIZIN MMAルール 73.00kg契約 5分3R
〇渡慶次幸平(クロスポイント吉祥寺/72.85kg)
KO 2R 2’31” スタンドパンチ
×ハリー・スタローン(関谷柔術アカデミー/72.60kg)
レフェリー:田澤康宏

■第8試合 RIZIN KICKルール 100.00kg契約 3分3R
×笹田勝俊(笹田ジム/92.65kg)
TKO 1R 2’38” レフェリーストップ
〇マウンテンRYUGO(TenCloverGym/95.70kg)
レフェリー:豊永 稔

■第7試合 RIZIN MMAルール 62.00kg契約 5分3R
×遠藤大翼(IGGY HANDS/61.50kg)
判定0-3
〇吉野 光(ALMA FIGHT GYM LIFE/61.80kg)
レフェリー:柴田 旭
ジャッジ:
豊永 稔/青・吉野 [D 0-50/ A 0-30/ G 0-20]
田澤康宏/青・吉野 [D 0-50/ A 0-30/ G 0-20]
豊島孝尚/青・吉野 [D 0-50/ A 0-30/ G 0-20]

■第6試合 RIZIN MMAルール フェザー級(66.00kg) 5分3R
×小島勝志(STYLE PLUS GYM/65.65kg)
判定0-3
〇中川皓貴(総合格闘技道場 reliable/65.95kg)
レフェリー:柴田 旭
ジャッジ:
豊永 稔/青・中川 [D 0-50/ A 0-30/ G 0-20]
田澤康宏/青・中川 [D 0-50/ A 0-30/ G 0-20]
片岡誠人/青・中川 [D 0-0/ A 0-30/ G 0-20]

■第5試合 RIZIN MMAルール バンタム級(61.00kg) 5分3R
〇内山拓真(ボンサイ柔術/61.00kg)
判定3-0
×原 虎徹(CAVE/60.60kg)
レフェリー:柴田 旭
ジャッジ:
豊島孝尚/赤・内山 [D 0-0/ A 0-0/ G 20-0]
田澤康宏/青・原 [D 0-0/ A 0-0/ G 0-20]
片岡誠人/赤・内山 [D 0-0/ A 0-0/ G 20-0]

■第4試合 RIZIN KICKルール 65.00kg契約 3分3R
×北川裕紀(ZERO ONE GYM/64.80kg)
判定0-3
〇竹内皇貴(チームドラゴン/65.00kg)
レフェリー:豊永 稔
ジャッジ:
豊島孝尚 29-30 (1R 10-10/ 2R 10-10/ 3R 9-10)
柴田 旭 28-29 (1R 9-10/ 2R 10-9/ 3R 9-10)
片岡誠人 28-29 (1R 9-10/ 2R 10-9/ 3R 9-10)

■第3試合 RIZIN KICKルール 58.00kg契約 3分3R
×MASANARI(キック塾/57.85kg)
判定0-3
〇松井大樹(MEIBUKAI/58.00kg)
レフェリー:豊永 稔
ジャッジ:
豊島孝尚 27-30 (1R 9-10/ 2R 9-10/ 3R 9-10)
柴田 旭 28-30 (1R 9-10/ 2R 10-10/ 3R 9-10)
片岡誠人 27-30 (1R 9-10/ 2R 9-10/ 3R 9-10)

■第2試合 RIZIN KICKルール 59.00kg契約 3分3R
〇大樹(HAWK GYM/58.90kg)
判定3-0
×仲川広汰(TenCloverGym/58.80kg)
レフェリー:豊永 稔
ジャッジ:
豊島孝尚 30-28 (1R 10-10/ 2R 10-9/ 3R 10-9)
柴田 旭 30-28 (1R 10-10/ 2R 10-9/ 3R 10-9)
片岡誠人 30-27 (1R 10-9/ 2R 10-9/ 3R 10-9)

■第1試合 RIZIN KICKルール 60.00kg契約 3分3R
×伊藤勇大(OISHI GYM/59.65kg)
TKO 2R 0’13” ドクターストップ:負傷
〇桃翔(T-KIX GYM/60.00kg)
レフェリー:豊永 稔
ジャッジ:
豊島孝尚 (1R 10-9/ )
柴田 旭 (1R 10-9/ )
片岡誠人 (1R 10-9/ )

2022年2月23日 静岡・エコパアリーナ「RIZIN TRIGGER 2nd」
JMOCハンドラッピングサポートサービス

>>>TIMETABLE

「RIZIN TRIGGER 2nd」で行われるJMOC競技オフィシャルによるハンドラッピングサポートサービスのタイムテーブルが決定いたしました。
ご予約いただいた選手は、指定の時間にハンドラップセットを持参の上、チェックブースまでお越しください。
※帯同セコンドは1名までとなります。
※選手、セコンドは必ずマスクをご着用ください。

 

この投稿をInstagramで見る

 

JMOC | 一般社団法人日本MMA審判機構(@mmaofficials_jp)がシェアした投稿

TOPICS
2018年に開始したCARAVANシリーズは5シーズン目に突入
・JMOCは、有志会員の支えやMMA関係者、ファンのみなさんの応援で成り立ってきた
・これからも中立な第三者機関としての存在意義を見失うことなく、情報の共有を進めていく


「JMOC ALL JAPAN REFEREE CARAVAN 2022」始動にあたって

2018年に開始した「JMOC ALL JAPAN REFEREE CARAVAN」も5シーズン目。2022年は「JMOC MMAレフェリー&ジャッジ基礎講習」(3月26日:オンライン)から始まります。以前は札幌から沖縄まで、全国各地をまわってセミナーや講習を開催してきましたが、コロナ禍のなか、ここ2年はオンラインで実施しています。各地の関係者やファンのみなさんと対面でお目にかかれないのは残念ですが、オンライン開催により、全国各地からより多くのみなさんにご参加いただけるようになりました。今回も参加募集の初日で定員を超える応募がありました。ご応募、ありがとうございます。定員枠を急遽拡大して追加募集をしていますので、どうぞお気軽にご参加ください。

また、これからも、公式ホームページやSNSで情報を発信してまいります。我々の発信する情報が必ずしも公式記録というわけではありませんが、総合格闘技=MMAというスポーツ(公共財)における中立の第三者機関として、我々が関与したMMA競技の情報を共有していこうと思います。

JMOCは、有志会員のみなさんからの会費によって支えられ、現役MMA審判員が非常勤のボランティアで活動を進めています。そんな弱小組織が、2018年に本格的な活動を始めて以来、MMA関係者やファンのみなさんからたくさんの応援をいただいてきました。JMOCにできることは、限られています。これまでも「できること」からやってきました。それらの多くは、実は、我々に期待を寄せてくださる方々からの「○○をやってくれませんか」という要望や、「△△をやりませんか」という提案がもとになっています。なかには期待が大きすぎて、我々の力ではお応えできなかったこともありましたが、とにかく、みなさんの期待と応援を糧にこれまでなんとかやってきました。

JMOCは、MMA審判員の養成・育成とともに、各プロモーションにおけるルールの整備や競技運営にも携わってきました。これらの様々な活動のなかで蓄積した情報や知見を、講習会やセミナー、あるいはSNS等で少しずつ公開してきました。これらの情報に、関係者やファンのみなさんから多くの関心を寄せていただき、ご活用いただいています。ありがとうございます。

JMOCは、組織としてはあまりにも小さく、発信する情報もメンバー個々の力と献身によるところが大きいです。それでも、情報を公開し続けるなかで、いつの頃からか、JMOC発の情報・見解がある種の公的(オフィシャル)なものと見なされるようになってきました。JMOCは、中立ではあるものの、わが国のMMAを公的に管理あるいは代表する機関ではありません。しかし、諸外国や他競技におけるようなコミッション不在の状況で活動を続けるなかで、我々への期待が高まり、それに伴い責任が重くなってきていることを自覚しています。これからも、中立な第三者機関としての存在意義を見失うことなく、情報の共有を進めていく所存です。

これまでも試合結果、ルールや審判に関わる記事(コラム)をホームページ上に掲載してきましたが、今後はさらに、JMOCの諸活動、例えば、各種講習・セミナー、各大会後のフォローアップミーティングなどの内容も一部紹介していく予定です。ご活用いただければ幸いです。ホームページとSNSのフォローもよろしくお願いいたします。

ただなにぶん、普段は他に多忙な本業をもつ非常勤のボランティア・メンバーによる活動ですので、ときに情報の発信が遅れたり、時々まちがったりすることもあろうかと存じます。どうかご海容を賜り、引き続きのご支援をお願い申し上げます。

今年もレフェリー&ジャッジ基礎講習の開催が決定!
3.26(sat) オンライン開催

一般社団法人日本MMA審判機構のキャラバン・シリーズ「JMOC ALL JAPAN REFEREE CARAVAN 2022」を、次のとおりオンラインで開催することが決定いたしました。
この基礎講習(セミナー)は、RIZINや修斗、DEEPなどMMAの競技運営に携わる人たちがMMAのルールや現場での事例等の情報を提供し、MMA現役審判員はもちろん、これから審判員を目指す人や、MMAルールに関心のある人、ルールを知ってMMA観戦の幅を広げたいファンの方たちを対象とした、どなたでもご参加可能なセミナーとなっております。
一般の方もご参加いただけますので、是非お気軽にご参加ください。


JMOC ALL JAPAN REFEREE CARAVAN 2022
JMOC MMAレフェリー&ジャッジ基礎講習
【概要】
日時:2022年3月26日(土) 21:00〜22:30(延長の場合あり)
開催方法:Zoomミーティング
主 催:一般社団法人日本MMA審判機構
講 師:松宮 智生(一般社団法人日本MMA審判機構副会長、清和大学准教授)
受講料:一般6,000円 / JMOCコミュニティ会員3,000円
一般の方はPeatixでのクレジットカード等でのお支払いとなり、前日までにPeatixメッセージにてZoomミーティング参加IDとパスワードをご案内いたします。
※会員の方はJMOCコミュニティ会員専用ページ(CAMPFIRE Community)からのお申し込みとなります。
※参加者都合によるお申込み後のキャンセルおよび返金はお受けしておりません。予めご了承ください。
定 員:40名(申込先着順:2/5 当初定員枠に達したため定員を20名追加)
※競技オフィシャル(レフェリー・ジャッジ等)志望者だけではなく、選手(プロ・アマ)、選手を目指す方、セコンドやこれからセコンドになりたい方、MMAの見方を知りたいファンの方々など、MMAルールに関心のある方ならどなたでも参加いただけます。
※本講習の様子はSNS等で紹介される場合がございます。予めご了承ください。
※本講習は、JMOC協力大会に参加する競技オフィシャル(レフェリー、ジャッジ)必修の講習となります。
申込方法:JMOC公式Webサイト内に記載の外部申込サイト(Peatix)より
※会員の方は、JMOCコミュニティ会員専用ページからのお申し込みとなります。
内 容:
MMAのレフェリーやジャッジに必要な基礎的な知識の習得を目的とする。
[レフェリー・セクション]
ルールの解釈(反則の定義など)。試合における反則への対処法。
[ジャッジ・セクション]
採点における観点。模擬ジャッジ(演習)。
※過去に開催した基礎講習をアップデートし、リピーター様にも新しい発見がある内容とする予定です。

<過去に開催した基礎講習>
2018.7.21東京
2018.11.3横浜
2018.11.24沖縄
2018.12.15大阪
2019.5.13札幌
2021.2.27オンライン


▼JMOC ALL JAPAN REFEREE CARAVAN 2022
「JMOC MMAレフェリー&ジャッジ基礎講習」参加要領

1 参加条件等
講習会の参加要領は次のとおりです。申し込みに当たっては、後記2および3の記載内容を必ずご確認ください。

(1)対象者
現役競技オフィシャル、競技オフィシャル志望者、選手やセコンド、MMAファンなど、MMAルールに関心のある方。

(2)募集定員
20名

2 参加申込方法及び注意事項
(1)参加を希望される方は、JMOC公式ウェブサイトに記載の外部申込サイト(Peatix)からお申込みください。電話、メールなどによるお申込みは受け付けておりません。

(2)申込サイト(Peatix)にて申込(決済)が完了すると、開催当日17時までにPeatixメッセージにて当日の参加IDおよびパスワードをご案内いたします。

(3)定員に達した日をもって募集終了日といたします。なお、募集定員に達しない場合でも、開催日前日の12時にお申込みの受付を終了いたします。

(4)入手した個人情報は、本講習会業務以外の目的には使用いたしません。

(5)当日のイベントの様子は撮影(ビデオ・写真)をさせていただき、今後当機構の各媒体等にてご紹介させていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。
また、当日は報道機関による取材などが入る可能性もございます。あらかじめご了承ください。

(6)会場内では、動画撮影・録音は禁止とさせていただきます。

(7)講師体調不良等により、講師の変更や急遽イベントを中止とさせていただく場合がございます。その場合は、JMOC公式ウェブサイト等にてご案内させていただきます。あらかじめご了承ください。

3 Zoomミーティング使用に関する注意事項
(1)Zoomアクセス情報のURLやパスワードは第三者に伝えることは禁止といたします。

(2)Zoom表示名は申込者名(本名)の表示をお願いいたします。会員様であることが確認できない場合、Zoomミーティング内へ入室出来ませんのでご注意ください。
第三者の入室を防ぎ、安全に配信をするため、ご協力をお願いいたします。

(3)当日は15分前よりミーティングルームに入室可能です。

(4)あらかじめ視聴するパソコンやスマートフォン・タブレットに、Zoomアプリのインストールをお済ませください。

(5)データ通信量が多くなりますので、インターネット固定回線またはWi-Fi環境でのご利用をお勧めします。

(6)いかなる方法でも、音声・動画・静止画の保存はなさらないでください。

(7)ご自身の接続トラブル等で入室ができない場合は、個々の端末やネット環境を把握しきれないため、サポートが困難となります。何卒ご了承ください。

(8)受講者が揃わない場合でも、21時00分に講習を開始させていただきます。

(9)受講時は、講師からの指示があるまでは各自「ミュート」の設定をお願いいたします。

(10)Zoomの操作方法に関するご質問はJMOC事務局ではご対応いたしかねますのでご了承ください。

(11)当日、欠席する場合は、事務局まで御連絡下さい。

申込サイト(Peatix)

※参加要領を必ずご確認の上、上記外部申込サイト(Peatix)よりお申込みください。

講師プロフィール

松宮 智生(まつみや ともき)
一般社団法人日本MMA審判機構副会長、清和大学准教授

[競技オフィシャル歴]
2002年10月~MMA競技オフィシャル(パンクラス、HERO’S、ケージフォース、戦極、RIZIN、DEEP他)

[主要著作・論文等]
▼著書
『はじめて学ぶ体育・スポーツ哲学』
髙橋徹編著(みらい、2018年)(共著)
『よくわかるスポーツとジェンダー』
飯田貴子・熊安貴美江・來田享子編著(ミネルヴァ書房、2018年)(共著)
『教養としての体育原理 新版』
友添秀則・岡出美則編著(大修館書店、2016年)(共著)
『データでみるスポーツとジェンダー』
日本スポーツとジェンダー学会編(八千代出版、2016年)(共著:編集委員)
『スポーツとジェンダーデータブック2010』
日本スポーツとジェンダー学会編(2010年)(共著)
▼論文(単著または筆頭著者)
「スポーツにおけるルールとは何か:道徳概念を超えて」体育科教育2019年1月号18-21頁(2019年)
「スポーツにおけるルールの妥当性に関する考察:ボクシングと総合格闘技を中心的素材に」博士学位論文(国士舘大学)(2013年)
「女性競技者の視点からみた女子総合格闘技ルールの妥当性:ケイパビリティ・アプローチを手がかりに」スポーツとジェンダー研究第11巻29-42頁(2013年)
「総合格闘技における負傷の実態と傾向:試合現場におけるリングドクターの診断結果から」体育・スポーツ科学研究第13号7-14頁(2013年)
「スポーツにおけるルールの根拠に関する一考察:ルールの妥当性の根拠を導く解釈的アプローチ」体育・スポーツ哲学研究第34巻第1号37-51頁(2012年)
「スポーツ競技者の安全に対する審判の法的責任に関する一考察:ラグビーのレフリーの注意義務を中心に」日本スポーツ法学会年報第13号105-119頁(2011年)
「総合格闘技の女子用ルールに関する一考察:「危険」を理由に禁止される行為の違いに着目して」スポーツとジェンダー研究第8巻35-47頁(2010年)
「『総合格闘技』であるためのルール:リアリティと危険性とのはざまで」修士論文(国士舘大学)(2009年)
▼その他(報告書、雑誌記事等)
〔体育哲学考〕「審判はなくなる?」日本体育学会体育哲学専門領域会報2-3頁(2019年)
〔研究資料〕「スポーツと国際交流:Sports for Tomorrowにおける大学の役割」国士舘大学体育研究書報第35巻49-54頁(2018年:田原淳子と共著)
〔資料〕「注釈 総合格闘技のユニファイド・ルールにおける反則行為」体育・スポーツ科学研究第17号49-58頁(2017年)
〔書評〕「内田良著『教育という病:子どもと先生を苦しめる「教育リスク」』光文社、2015年」体育・スポーツ科学研究第16号27-31頁(2016年)
〔翻訳〕「総合格闘技(MMA)のユニファイド・ルール」国士舘大学体育研究所報第34巻23-31頁(2016年)
〔書評・翻訳〕「深刻なスポーツ傷害に対するレフリーの責任:イギリスにおける展開(Caddel (2005) The Referee’s Liability for Catastrophic Sports Injuries: A UK Perspective)体育・スポーツ科学研究第12号69-77頁(2012年)
〔研究紹介〕「ルールに対する実証的な態度と解釈的な態度」日本体育学会体育哲学専門領域会報第15巻第4号5頁(2012年)
〔コラム〕JMOCコラム日本MMA審判機構公式ウェブサイト(2018年)


問い合わせ先:
一般社団法人日本 MMA 審判機構 事務局

〒104-0032 東京都中央区八丁堀2丁目30-16
e-mail:jmoc.mma@gmail.com


JMOC ALL JAPAN REFEREE CARAVAN 2022
JMOC インスペクター講習会 in東京田町芝浦

【概要】
日時:2022年3月6日(日) 14:00〜15:30(13:50より受付開始)
会場:リバーサルジム東京スタンドアウト田町芝浦スタジオ
東京都港区芝浦2丁目14−13 セジュール田町 1F
主 催:一般社団法人日本MMA審判機構
協 力:リバーサルジム東京スタンドアウト
講 師:橋本 貴(JMOC競技オフィシャル)
受講料:一般2,500円 / JMOCコミュニティ会員1,000円
※参加者都合によるお申込み後のキャンセルおよび返金はお受けしておりません。予めご了承ください。
定 員:15名(申込先着順)
※競技オフィシャル(レフェリー、ジャッジ、インスペクター)志望者だけではなく、選手(プロ・アマ)、選手を目指す方、セコンドやこれからセコンドになりたい方、MMAの競技運営を知りたいファンの方々など、MMAルールに関心のある方ならどなたでも参加いただけます。
※本講習の様子はSNS等で紹介される場合がございます。予めご了承ください。
※本講習は、JMOC協力大会に参加する競技オフィシャル(インスペクター)必修の講習となります。
申込方法:JMOC公式Webサイト内に記載の外部申込サイト(Peatix)より
※会員の方は、JMOCコミュニティ会員ページ記載の割引コード入力により会員価格でお申し込みが可能となります。

内 容:
MMAのインスペクターに必要な基礎的な知識の習得を目的とする。
・バックステージでのチェックの意義
(MMA競技の安全かつ公正な競技運営を遂行するため)
・ユニファイドルールに基づくハンドラップチェックの注意点
※実演あり
・バックステージでのボディチェック、持ち込み品チェックの方法と意味(RIZIN MMAルールに基づいて解説)
※実演あり

<過去に開催したインスペクター講習会>
▼2018年12月 JMOCインスペクター講習会in横浜
本講習からプロ現場に登用されたオフィシャル:鍋久保雄太、柴田旭ほか

▼2018年7月  JMOCインスペクター講習会in東京
本講習からプロ現場に登用されたオフィシャル:内田龍介、橋本貴、赤坂大将、五十嵐智子ほか

▼JMOC ALL JAPAN REFEREE CARAVAN 2022
「JMOC MMAレフェリー&ジャッジ基礎講習 in東京田町芝浦」参加要領

1 参加条件等
講習会の参加要領は次のとおりです。申し込みに当たっては、後記2および3の記載内容を必ずご確認ください。
(1)対象者
現役競技オフィシャル、競技オフィシャル志望者、選手やセコンド、MMAファンなど、MMAの競技運営に関心のある方。
(2)募集定員
15名

2 参加申込方法及び注意事項
(1)参加を希望される方は、JMOC公式ウェブサイトに記載の外部申込サイト(Peatix)からお申込みください。電話、メールなどによるお申込みは受け付けておりません。
(2)申込サイト(Peatix)にて申込(決済)が完了すると、電子チケットが表示されます。
(3)定員に達した日をもって募集終了日といたします。なお、募集定員に達しない場合でも、開催日前日の12時にお申込みの受付を終了いたします。
(4)入手した個人情報の利用については、プライバシポリシーをご参照ください。
(5)当日のイベントの様子は撮影(ビデオ・写真)をさせていただき、今後当機構の各媒体等にてご紹介させていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。
また、当日は報道機関による取材などが入る可能性もございます。あらかじめご了承ください。
(6)会場内では、動画撮影・録音は禁止とさせていただきます。
(7)講師体調不良等により、講師の変更や急遽イベントを中止とさせていただく場合がございます。その場合は、JMOC公式ウェブサイト等にてご案内させていただきます。あらかじめご了承ください。

———————-
★新型コロナウイルス感染防止の取り組み★
・ご来館、受講時はマスクの着用をお願いいたします。
・マスクをご着用いただけないお客様、体調がすぐれないお客様は参加をお断りさせていただきます。

以下に該当される方はご来館を控えていただきますようお願い致します。
・風邪の症状、咳、発熱、倦怠感がある
・2週間以内に海外への渡航歴があるお客様、 渡航歴がある方との接触がある
・ご家族や身近に体調がすぐれない方がいらっしゃる
———————-


大会名:石渡伸太郎引退興行 漢塾~継承~
開催日:2022年1月23日(日)
会場:東京・ニューピアホール
主催:漢塾~継承~実行委員会
競技オフィシャル:
植松直哉、福田正人、田澤康宏、橋本 貴、柴田 旭、五十嵐智子

■第6試合 三承工業Presentsバンタム級(61.00kg)トーナメント決勝戦RIZIN MMAルール 5分3R
○風間敏臣(和術慧舟會HEARTS/60.90kg)
Sub 1R 4’29” テクニカルサブミッション:三角絞め
×上田直毅(パラエストラ東京/ファイティスジムMSC/61.00kg)
レフェリー:福田正人
※風間がトーナメント優勝

■第5試合 RIZIN MMAルール 69.00kg契約 5分3R
×笹川JP(CAVE/68.65k)
Sub 3R 4’47” タップアウト:フェイスロック
○岩本健汰(ロータス世田谷/68.70kg)
レフェリー:植松直哉

■第4試合 RIZIN MMAルール フェザー級(66.00kg) 5分3R
×鬼神光司(CAVE/65.95kg)
判定0-3
○河名マスト(ロータス世田谷/65.80kg)
レフェリー:田澤康宏
ジャッジ:
植松直哉/青・河名 [D 0-0/ A 0-30/ G 0-20]
福田正人/青・河名 [D 0-0/ A 0-30/ G 0-20]
橋本 貴/青・河名 [D 0-0/ A 0-30/ G 0-20]

■第2試合 三承工業Presentsバンタム級(61.00kg)トーナメント1回戦 RIZIN MMAルール  5分3R
○上田直毅(パラエストラ東京/ファイティスジムMSC/61.00kg)
判定3-0
×ガッツ天斗(パラエストラ綾瀬/61.00kg)
レフェリー:福田正人
ジャッジ:
植松直哉/赤・上田 [D 50-0/ A 30-0/ G 20-0]
田澤康宏/赤・上田 [D 50-0/ A 30-0/ G 20-0]
柴田 旭/赤・上田 [D 0-0/ A 30-0/ G 20-0]

■第1試合 三承工業Presentsバンタム級(61.00kg)トーナメント1回戦 RIZIN MMAルール  5分3R
×雅駿介(CAVE/61.00kg)
Sub 1R 3’25” テクニカルサブミッション:アームロック
○風間敏臣(和術慧舟會HEARTS/60.90kg)
レフェリー:田澤康宏

■漢塾トライアウトマッチ DEEP MMA FKTルール フェザー級(65.80kg) 5分2R
○木本海人(CAVE/64.75kg)
判定3-0
×竹下 登(暁道場/65.10kg)
レフェリー:柴田 旭
ジャッジ:
植松直哉 20-17 (1R 10-8/ 2R 10-9)
福田正人 20-17 (1R 10-8/ 2R 10-9)
五十嵐智子 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)

大会名:プロフェッショナル修斗公式戦 PROFESSIONAL SHOOTO 2022 開幕戦
開催日:2021年1月16日(日)
会場:後楽園ホール
主催:株式会社サステイン
競技オフィシャル:
片岡誠人、豊永 稔、福田正人、田澤康宏、長瀬達郎、五十嵐智子

試合結果は一般社団法人日本修斗協会公式ウェブサイトより

[メインイベント・第10試合]環太平洋バンタム級チャンピオン決定戦5分3R
○小野島 恒太(同級1位/CWDx)61.1kg
判定 3-0
×藤井 伸樹(同級3位/ALLIANCE)60.9kg
※勝利した赤:小野島が第10代環太平洋バンタム級王者に。
[レフェリー]福田正人
[サブレフェリー]
豊永 稔 29-28(1R 10-9/2R 10-9/3R 9-10)
田澤康宏 30-27(1R 10-9/2R 10-9/3R 10-9)
片岡誠人 29-28(1R 10-9/2R 10-9/3R 9-10)

[セミファイナル・第9試合]バンタム級5分3R
×野尻 定由(赤崎道場A-SPIRIT)61.2kg
TKO 1R 0’25″
○中村 倫也(EXFIGHT /LDH martial arts)61.2kg
※レフェリーストップ
[レフェリー]片岡誠人

[第8試合]ライト級5分3R
×菅原 和政(マスタージャパン福岡)70.2kg
TKO 1R 4’54″
○宇佐美正パトリック(EXFIGHT/LDH martial arts)70.2kg
※レフェリーストップ
[レフェリー]豊永 稔

[第7試合]ストロー級5分3R
○新井 丈(キングダムエルガイツ・和術慧舟會HEARTS)52.2kg
KO 1R 4’46”
×木内“SKINNYZOMBIE”崇雅(和術慧舟會GODS)52.2kg
[レフェリー]田澤康宏

[第6試合]女子スーパーアトム級5分2R
○黒部 三奈(マスタージャパン東京)50.0kg
判定 3-0
×宝珠山 桃花(赤崎道場A-SPIRIT)49.7kg
[レフェリー]片岡誠人
[サブレフェリー]
豊永 稔 20-18(1R 10-9/2R 10-9)
福田正人 20-18(1R 10-9/2R 10-9)
田澤康宏 20-18(1R 10-9/2R 10-9)

[第5試合]インフィニティリーグ2022女子アトム級5分2R
○久遠(ZERO)47.6kg
S 1R 1’55″
×加藤 春菜(NASCER DO SOL)47.6kg
※腕ひしぎ十字固め
※※勝利した赤:久遠が4Pを獲得。(累計4P)
[レフェリー]長瀬達郎

[第4試合]インフィニティリーグ2022女子アトム級5分2R
○中村 未来(マルスジム)47.3kg
判定 3-0
×小生 由紀(グランドスラム沖縄A・P・P)47.4kg
※勝利した赤:中村が2Pを獲得。(累計2P)
[レフェリー]福田正人
[サブレフェリー]
豊永 稔 20-18(1R 10-9/2R 10-9)
長瀬達郎 20-18(1R 10-9/2R 10-9)
片岡誠人 20-18(1R 10-9/2R 10-9)

[第3試合]52kg契約5分2R
○杉本 恵(AACC)51.6kg
判定 3-0
×ソルト(マルスジム)51.9kg
[レフェリー]福田正人
[サブレフェリー]
豊永 稔 20-18(1R 10-9/2R 10-9)
長瀬達郎 20-18(1R 10-9/2R 10-9)
片岡誠人 20-18(1R 10-9/2R 10-9)

[第2試合]フェザー級5分2R
×木下 タケアキ(和術慧舟會HEARTS)65.7kg
KO 1R 3’53″
○工藤 圭一郎(グランドスラム沖縄A・P・P)65.7kg
[レフェリー]豊永 稔

[第1試合]ストロー級5分2R
○阿部 マサトシ(AACC)52.2kg
判定 3-0
×牧ヶ谷 篤(和術慧舟會群馬支部)51.6kg
[レフェリー]田澤康宏
[サブレフェリー]
長瀬達郎 20-18(1R 10-9/2R 10-9)
福田正人 20-18(1R 10-9/2R 10-9)
片岡誠人 20-18(1R 10-9/2R 10-9)

大会名:RIZIN.33
開催日:2021年12月31日(金)
会場:埼玉・さいたまスーパーアリーナ
主催:RIZIN FIGHTING FEDERATION
競技オフィシャル:
福田正人(HR)、豊永 稔、和田良覚、長瀬達郎、田澤康宏、片岡誠人、柴田 旭、松宮智生、大藪吉郁、豊島孝尚、五十嵐智子、内田龍介、新井誠介、李賢昌、鍋久保優太、橋本 貴、小生隆弘、岡田剛史、北森代紀、磯 英弥

■第16試合 RIZIN JAPAN GRAND PRIX 2021バンタム級トーナメント決勝戦 RIZIN MMAルール 61.00kg契約 5分3R
×朝倉 海(トライフォース赤坂/60.90kg)
判定0-3
○扇久保博正(パラエストラ松戸/60.95kg)
レフェリー:豊永 稔
ジャッジ:
松宮智生/青・扇久保 [D 0-50/ A 0-30/ G 0-20]
大藪吉郁/青・扇久保 [D 0-0/ A 0-30/ G 0-20]
豊島孝尚/青・扇久保 [D 0-0/ A 0-30/ G 0-20]
※扇久保がトーナメント優勝

■第15試合 RIZINライト級タイトルマッチ RIZIN MMAルール 5分3R
○ホベルト・サトシ・ソウザ(王者/ブラジル/ボンサイ柔術/70.90kg)
Sub 2R 3’30” タップアウト:腕ひしぎ三角固め
×矢地祐介(挑戦者/フリー/70.85kg)
レフェリー:豊永 稔
※ソウザが王座防衛

■第14試合 RIZIN MMAルール 66.00kg契約 5分3R
×斎藤 裕(パラエストラ小岩/66.00kg)
判定0-3
○朝倉未来(トライフォース赤坂/65.90kg)
レフェリー:豊永 稔
ジャッジ:
松宮智生/青・朝倉 [D 0-50/ A 0-30/ G 0-20]
大藪吉郁/青・朝倉 [D 0-50/ A 0-30/ G 0-20]
片岡誠人/青・朝倉 [D 0-50/ A 0-30/ G 0-20]

■第12試合 RIZIN MMAルール 50.00kg契約 5分3R
×RENA(シーザージム/49.90kg)
判定0-3
○パク・シウ(韓国/TEAM MAD/49.80kg)
レフェリー:柴田 旭
ジャッジ:
松宮智生/青・パク [D 0-0/ A 0-0/ G 0-20]
大藪吉郁/青・パク [D 0-0/ A 0-0/ G 0-20]
片岡誠人/青・パク [D 0-0/ A 0-0/ G 0-20]

■第11試合 RIZIN MMAルール 49.00kg契約 5分3R
×浜崎朱加(AACC/48.85kg)
TKO 2R 2’50” レフェリーストップ:グラウンドパンチ
○伊澤星花(K-Clann/48.85kg)
レフェリー:柴田 旭

■第10試合 RIZIN MMAルール 71.00kg契約 5分3R
○武田光司(BRAVE/70.90kg)
Sub 2R タップアウト:アームバー
דブラックパンサー”ベイノア(極真会館/70.90kg)
レフェリー:長瀬達郎

■第9試合 RIZIN MMAルール 120.00kg契約 5分3R
×シビサイ頌真(パラエストラ東京/111.05kg)
TKO 2R 2’09” レフェリーストップ:グラウンドパンチ
○関根“シュレック”秀樹(ボンサイブルテリア/118.15kg)
レフェリー:和田良覚

■第8試合 RIZIN MMAルール 66.00kg契約 5分3R
○萩原京平(SMOKERGYM/65.80kg)
判定3-0
×鈴木博昭(BELLWOOD FIGHT TEAM/65.90kg)
レフェリー:柴田 旭
ジャッジ:
松宮智生/赤・萩原 [D 0-0/ A 30-0/ G 20-0]
大藪吉郁/赤・萩原 [D 0-0/ A 30-0/ G 20-0]
片岡誠人/赤・萩原 [D 0-0/ A 30-0/ G 20-0]

■第7試合 RIZIN KICKルール 62.00kg契約 3分3R
×皇治(TEAM ONE/61.95kg)
判定0-2]
○YA-MAN(TARGET SHIBUYA/61.85kg)
レフェリー:長瀬達郎
ジャッジ:
和田良覚 28-30 (1R 9-10/ 2R 9-10/ 3R 10-10)
大藪吉郁 29-30 (1R 9-10/ 2R 10-10/ 3R 10-10)
片岡誠人 30-30 (1R 10-10/ 2R 10-10/ 3R 10-10)

■第5試合 RIZIN MMAルール 61.00kg契約 5分3R
×祖根寿麻(ZOOMER/60.90kg)
TKO 2R 3’55” レフェリーストップ:グラウンドキック
○太田 忍(パラエストラ柏/60.95kg)
レフェリー:片岡誠人

■第4試合 RIZIN JAPAN GRAND PRIX 2021バンタム級トーナメント リザーブマッチRIZIN MMAルール 61.00kg契約 5分3R
○元谷友貴(フリー/61.00kg)
判定3-0
×金太郎(パンクラス大阪稲垣組/60.80kg)
レフェリー:田澤康宏
ジャッジ:
松宮智生/赤・元谷 [D 0-0/ A 0-0/ G 20-0]
大藪吉郁/赤・元谷 [D 0-0/ A 0-0/ G 20-0]
豊島孝尚/赤・元谷 [D 0-0/ A 0-0/ G 20-0]

■第3試合 RIZIN JAPAN GRAND PRIX 2021バンタム級トーナメント準決勝戦 RIZIN MMAルール 61.00kg契約 5分3R
○扇久保博正(パラエストラ松戸/60.95kg)
判定3-0
×井上直樹(セラ・ロンゴ・ファイトチーム/60.90kg)
レフェリー:豊永 稔
ジャッジ:
松宮智生/赤・扇久保 [D 0-0/ A 30-0/ G 20-0]
大藪吉郁/赤・扇久保 [D 0-0/ A 30-0/ G 20-0]
豊島孝尚/赤・扇久保 [D 0-0/ A 0-0/ G 20-0]

■第2試合 RIZIN JAPAN GRAND PRIX 2021バンタム級トーナメント準決勝戦 RIZIN MMAルール 61.00kg契約 5分3R
○朝倉 海(トライフォース赤坂/60.90kg)
判定3-0
×瀧澤謙太(フリー/60.95kg)
レフェリー:豊永 稔
ジャッジ:
松宮智生/赤・朝倉 [D 50-0/ A 30-0/ G 20-0]
大藪吉郁/赤・朝倉 [D 50-0/ A 30-0/ G 0-20]
豊島孝尚/赤・朝倉 [D 50-0/ A 30-0/ G 20-0]

■第1試合 RIZIN MMAチャレンジルール 66.00kg契約 3分3R
○三浦孝太(BRAVE/65.60kg)
TKO 1R 3’00” レフェリーストップ:グラウンドキック
×YUSHI(Potencial GYM/62.45kg)
レフェリー:和田良覚

大会名:プロフェッショナル修斗公式戦広島大会 闘裸男26
開催日:2021年12月5日(日)
会場:広島・BLUE LIVE HIROSHIMA
主催:TORAO NATION STATE
競技オフィシャル:
福田正人、安芸佳孝、岡田剛史 、松根良太 、赤崎勝久、加藤秀和、宮崎清孝

※試合結果は一般社団法人日本修斗協会公式ウェブサイトより

[メインイベント・第6試合](有)藤和工業提供試合 77.1kg契約5分2R
○佐々木 信治(広島/BURST)77.1kg
判定 3-0
×ジョナタン・バイエス(USA/Theパラエストラ沖縄)77.1kg
[レフェリー]福田正人
[サブレフェリー]
安芸佳孝 20-18(1R 10-9/2R 10-9)
赤崎勝久 20-17(1R 10-9/2R 10-8)
岡田剛史 20-18(1R 10-9/2R 10-9)

[セミファイナル・第5試合]65.8 kg契約5分3R
○野瀬 翔平(福岡/マスタ-ジャパン福岡)65.6kg
S 1R 4’36”
×奇天烈(大阪/修斗GYMS直心会)65.3kg
※ネックシザース
[レフェリー]福田正人

[第4試合]闘裸男寝試合 75kg契約5分2R
△田村 ヒビキ(福岡/カルペディエム福岡)73.9kg
ドロー
△森戸 新士(山口/ LEOS JIU JITSU ACADEMY)74.2kg
[レフェリー]岡田剛史

[第3試合]65.8 kg契約5分2R
○神田T800周一(広島/パラエストラ広島)64.9kg
判定 3-0
×キシシ(京都/MIBURO)65.7kg
[レフェリー]
[サブレフェリー]
安芸佳孝 20-18(1R 10-9/2R 10-9)
赤崎勝久 20-17(1R 10-9/2R 10-8)
加藤秀和 20-18(1R 10-9/2R 10-9)

[第2試合]56.7 kg契約5分2R
△ふじい☆ペリー(広島/BURST)56.3kg
ドロー
△蒔田 伸吾(広島/TKエスペランサ)56.4kg
[レフェリー]福田正人
[サブレフェリー]
松根良太 19-19(1R 10-9/2R 9-10)
宮崎清孝 19-19(1R 10-9/2R 9-10)
加藤秀和 20-18(1R 10-9/2R 10-9)

[第1試合]赤崎道場提供試合 53.0 kg契約5分2R
○宝珠山 桃花(福岡/赤崎道場A-SPIRIT)52.5kg
判定 3-0
×和田 千聖(山口/毛利道場)52.3kg
[レフェリー]福田正人
[サブレフェリー]
松根良太 20-17(1R 10-9/2R 10-8)
宮崎清孝 20-17(1R 10-9/2R 10-8)
加藤秀和 20-17(1R 10-9/2R 10-8)

大会名:プロフェッショナル修斗公式戦広島大会  闘裸男GIG03
開催日:2021年12月5日(日)
会場:広島・BLUE LIVE HIROSHIMA
主催:TORAO NATION STATE
競技オフィシャル:
福田正人、安芸佳孝、岡田剛史 、松根良太 、赤崎勝久、加藤秀和、小島邦裕

試合結果は一般社団法人日本修斗協会公式ウェブサイトより

[メインイベント・第5試合]2022年度新人王決定トーナメント ストロー級5分2R
※当日計量により56.7kgで実施
△横関 タルト(広島/TKエスペランサ)55.8kg
ドロー 1-1
△わっしょい内田(福岡/パーソナルスタイルス)56.0kg
※優勢ポイント2-0により赤:横関がトーナメント進出。
[レフェリー]福田正人
[サブレフェリー]
松根良太 19-19(1R 10-9/2R 9-10)
赤崎勝久 18-20(1R 9-10/2R 9-10)
小島邦裕 20-18(1R 10-9/2R 10-9)

[セミファイナル・第4試合]2022年度新人王決定トーナメント フライ級5分2R
※当日計量により61.2kgで実施
○水田 大智(山口/有永道場TeamResolve)60.9kg
TKO 2R 2’30”
×丸山 幹太(京都/MIBURO)61.1kg
※レフェリーストップ
※※勝利した赤:水田がトーナメント進出。
[レフェリー]福田正人
[サブレフェリー]
松根良太 1R 10-9
赤崎勝久 1R 9-10
小島邦裕 1R 9-10

[第3試合]2022年度新人王決定トーナメント ライト級5分2R ※当日計量により77.1kgで実施
○スモーキー(広島/TKエスペランサ)76.1kg
判定 2-0
×貞永 大輔(山口/マスタージャパン山口)75.2kg
※勝利した赤:スモーキーがトーナメント進出。
[レフェリー]福田正人
[サブレフェリー]
安芸佳孝 20-18(1R 10-9/2R 10-9)
赤崎勝久 19-19(1R 9-10/2R 10-9)
小島邦裕 20-18(1R 10-9/2R 10-9)

[第2試合]56.7kg契約5分2R
×麻生 祐弘(山口/有永道場TeamResolve)55.7kg
S 1R 3’38”
○畠山 隆弥(沖縄/Theパラエストラ沖縄)56.7kg
※スリーパーホールド
[レフェリー]福田正人

[第1試合]2022年度新人王決定トーナメント フェザー級5分2R ※当日計量により70.3kgで実施
△HAMMER KATU(山口/有永道場TeamResolve)68.7kg
ドロー 1-0
△一水 浩二(宮崎/総合格闘技近田道場)69.4kg
※優勢ポイント3-0により赤:HAMMERがトーナメント進出。
[レフェリー]福田正人
[サブレフェリー]
安芸佳孝 20-18(1R 10-9/2R 10-9)
岡田剛史 19-19(1R 10-9/2R 9-10)
小島邦裕 19-19(1R 10-9/2R 9-10)

[オープニングファイト]キッズ修斗36.0kg以下 3分1R
○森 啓貴(広島/TKエスペランサ)35.7kg
判定 2-1
×小山 朝太郎(山口/有永道場TeamResolve)33.6kg
[レフェリー]岡田剛史
[ジャッジ]
A:安芸佳孝 10-9
B:赤崎勝久 10-9
C:加藤秀和 9-10

大会名:RIZIN.32
開催日:2021年11月20日(土)
会場:沖縄・沖縄アリーナ
主催:RIZIN FIGHTING FEDERATION
競技オフィシャル:
福田正人(HR)、和田良覚、長瀬達郎、田澤康宏、片岡誠人、大藪吉郁、豊島孝尚、五十嵐智子、内田龍介、橋本 貴、岡田剛史、諸見里朝太、小生隆弘、大兼久賢文、上間敬志、北森代紀、磯 英弥

■第13試合 RIZIN MMAルール 50.00kg契約 5分3R
○RENA(シーザージム/50.00kg)
TKO 2R 3’35” レフェリーストップ:グラウンドパンチ
×山本美憂(KRAZY BEE/SPIKE22/49.55kg)
レフェリー:福田正人

■第12試合 RIZIN KICKルール 62.00kg契約 5分3R
○皇治(TEAM ONE/62.00kg)
判定3-0
×祖根寿麻(ZOOMER/61.75kg)
レフェリー:長瀬達郎
ジャッジ:
豊島孝尚 30-28 (1R 10-10/ 2R 10-10/ 3R 10-8)
大藪吉郁 30-28 (1R 10-10/ 2R 10-10/ 3R 10-8)
片岡誠人 30-27 (1R 10-10/ 2R 10-9/ 3R 10-8)

■第11試合 RIZIN MMAルール 58.5kg契約 5分3R
×砂辺光久(reversal Gym OKINAWA CROSS×LINE/58.05kg)
判定0-3
○前田吉朗(パンクラス大阪稲垣組/ENCOUNTER/58.35kg)
レフェリー:福田正人
ジャッジ:
豊島孝尚/青・前田 [D 0-0/ A 0-30/ G 0-20]
片岡誠人/青・前田 [D 0-0/ A 0-0/ G 0-20]
大藪吉郁/青・前田 [D 0-0/ A 0-0/ G 0-20]

■第10試合 RIZIN MMA特別ルール 120.00kg契約 3分3R
○ボビー・オロゴン(ぼぴパラチーム/95.45kg)
Sub 2R 2’34” タップアウト:リアネイキッドチョーク
×北村克哉(フリー)110.80kg
レフェリー:長瀬達郎

■第9試合 RIZIN MMAルール 72.00kg契約 5分3R
○“ブラックパンサー”ベイノア(極真会館/71.85kg)
KO 3R 1’09” スタンドパンチ
×ロクク・ダリ(コンゴ/TRI.H Studio/71.75kg)
レフェリー:長瀬達郎

■第8試合 RIZIN MMAルール 72.00kg契約 5分3R
○大原樹里(KIBAマーシャルアーツクラブ/71.60kg)
TKO 1R 1’16” レフェリーストップ:グラウンドパンチ
×渡慶次幸平(クロスポイント吉祥寺/71.85kg)
レフェリー:長瀬達郎

■第7試合 RIZIN MMAルール 57.00kg契約 5分3R
○越智晴雄(パラエストラ愛媛/56.85kg)
判定3-0
×曹 竜也(氷ヲ刻メ/池田道場/56.65kg)
レフェリー:田澤康宏
ジャッジ:
和田良覚/赤・越智 [D 0-0/ A 30-0/ G 20-0]
片岡誠人/赤・越智 [D 0-0/ A 0-0/ G 20-0]
大藪吉郁/赤・越智 [D 0-0/ A 30-0/ G 20-0]

■第6試合 RIZIN MMAルール 57.00kg契約 5分3R
×安谷屋智弘(フリー/56.70kg)
KO 1R 0’47” スタンドでの膝蹴り
〇宮城友一(DROP/56.70kg)
レフェリー:福田正人

■第5試合 RIZIN MMAルール 49.00kg契約 5分3R
○にっせー(フリー/48.65kg)
判定2-1
×古賀愛蘭(TEAM FAUST/48.30kg)
レフェリー:福田正人
ジャッジ:
和田良覚/赤・にっせー [D 0-0/ A 30-0/ G 20-0]
大藪吉郁/赤・にっせー [D 0-0/ A 0-0/ G 20-0]
片岡誠人/青・古賀 [D 0-0/ A 0-0/ G 0-20]

■第4試合 RIZIN MMAルール 74.00kg契約 5分3R
×熊澤伸哉(闘心道/73.85kg)
Sub 2R 1’34” タップアウト:送り襟締め
○タナー・ロレンツォ(琉球ファイトクラブ/73.35kg)
レフェリー:片岡誠人

■第3試合 RIZIN KICKルール 73.00kg契約 3分3R
○宮城寛克(赤雲会/72.90kg)
KO 1R 2’39” パンチ
×ロペス薩摩(薩摩ジム/72.85kg)
レフェリー:和田良覚

■第2試合 RIZIN MMAルール 58.00kg契約 5分3R
×TARKER(ALIVE沖縄支部シマジリアンズ/57.70kg)
判定0-3
○関原 翔(K-PLACE/58.00kg)
レフェリー:和田良覚
ジャッジ:
豊島孝尚/青・関原 [D 0-0/ A 0-30/ G 0-20]
田澤康宏/青・関原 [D 0-0/ A 0-30/ G 0-20]
大藪吉郁/青・関原 [D 0-0/ A 0-0/ G 0-20]

■第1試合 RIZIN KICKルール 55.00kg契約 3分3R
○寺山遼冴(TEAM TEPPEN/54.90kg)
判定2-0
×弘樹(Y’ZD南堀江GYM/54.50kg)
レフェリー:和田良覚
ジャッジ:
豊島孝尚 30-23 (1R 10-7/ 2R 10-8/ 3R 10-8)
長瀬達郎 30-23 (1R 10-7/ 2R 10-8/ 3R 10-8)
片岡誠人 30-23 (1R 10-7/ 2R 10-8/ 3R 10-8)

大会名:プロフェッショナル修斗公式戦沖縄大会 THE SHOOTO OKINAWA vol.5
開催日:2021年11月14日(日)
会場:沖縄・ミュージックタウン音市場
主催:Theパラエストラ沖縄
競技オフィシャル:
豊永 稔、福田正人、小生隆弘、島袋零二、小島邦裕

試合結果は一般社団法人日本修斗協会公式ウェブサイトより

メインイベント第7試合 ストロー級(-52.2kg)5分3R
×木内SKINNY ZOMBIE崇雅(東京/和術慧舟會GOODS)52.1kg
判定 0-3
○旭那 拳(沖縄那覇/Theパラエストラ沖縄)52.1kg
[レフェリー]豊永 稔
[サブレフェリー]
福田正人 27-30(1R 9-10/2R 9-10/3R 9-10)
島袋零二 27-30(1R 9-10/2R 9-10/3R 9-10)
小島邦裕 27-30(1R 9-10/2R 9-10/3R 9-10)

セミファイナル第6試合 フェザー級(-65.8kg)5分2R
○児山 佳宏(千葉/パラエストラ松戸)65.6kg
判定 3-0
×工藤 圭一郎(沖縄名護/グランドスラムAPP)65.6kg
[レフェリー]豊永 稔
[サブレフェリー]
福田正人 20-18(1R 10-9/2R 10-9)
島袋零二 20-18(1R 10-9/2R 10-9)
小島邦裕 20-18(1R 10-9/2R 10-9)

第5試合 ストロー級(-52.2kg)5分2R
○当真 佳直(沖縄那覇/reversaL Gym OKINAWA CROSS×LINE)52.1kg
TKO 2’36”
×金内サイダー雄哉(沖縄コザ/Theパラエストラ沖縄)52.1kg
※レフェリーストップ
[レフェリー]福田正人

第4試合 2022年新人王決定トーナメントバンタム級1回戦(-61.2kg)5分2R
○南風原 吉良斗(沖縄那覇/Theパラエストラ沖縄)61.1kg
S 1R 3’06”
×持田 哲兵(福岡/MMA RANGERS GYM)61.1kg
※ネックストレッチ
※※勝利した赤:南風原がトーナメント進出。
[レフェリー]福田正人

第3試合 ストロー級(-52.2kg)5分2R
×大城 匡史(沖縄糸満/ALIVE沖縄支部シマジリアンズ)52.1kg
判定 0-3
○泰斗(福岡/MMA RANGERS GYM)52.0kg
[レフェリー]豊永 稔
[サブレフェリー]
福田正人 18-20(1R 9-10/2R 9-10)
島袋零二 18-20(1R 9-10/2R 9-10)
小生隆弘 18-20(1R 9-10/2R 9-10)

第2試合 フライ級(-56.7kg)5分2R
○若山 達也(沖縄那覇/Theパラエストラ沖縄)56.5kg
判定 2-0
×KJタイラー(福岡/T-REX柔術アカデミー)56.5kg
[レフェリー]豊永 稔
[サブレフェリー]
福田正人 19-18(1R 9-10/2R 10-8)
島袋零二 19-18(1R 9-10/2R 10-8)
小生隆弘 19-19(1R 9-10/2R 10-9)

第1試合フライ級(-56.7kg)5分2R
○新垣 健司(沖縄西原/ALIVE沖縄支部シマジリアンズ)56.6kg
S 2R 3’40”
×梅木 勇徳(福岡/パラエストラ千葉)56.3kg
※フロントスリーパーホールド
[レフェリー]福田正人
[サブレフェリー]
豊永 稔 1R 9-10
島袋零二 1R 10-9
小生隆弘 1R 9-10
※試合結果を訂正。(2021/11/15)

■オープニングマッチ
第2試合プロ修斗トライアウトマッチ バンタム級(-61.2kg)3分2R
×榎本 神月(沖縄那覇/Theパラエストラ沖縄)61.1kg
判定 0-2
○堺 龍平(福岡/MMA RANGERS GYM)60.6kg
[レフェリー]福田正人
[ジャッジ]
A:豊永 稔 18-20(1R 9-10/2R 9-10)
B:島袋零二 18-20(1R 9-10/2R 9-10)
C:小島邦裕 19-19(1R 9-10/2R 10-9)

大会名:プロフェッショナル修斗公式戦「FORCE 14」
開催日:2021年11月7日(日)
会場:香川・高松シンボルタワー 展示場
主催:TORAO NATION STATE
競技オフィシャル:
福田正人、吉田元貴、岡田剛史、山本諭志

※試合結果は一般社団法人日本修斗協会公式ウェブサイトより

[第5試合]フェザー級(65.8kg)5分2R
△藤川 智史(愛媛/総合格闘技道場ARMS)65.4kg
ドロー 0-0
△國頭 武(広島/総合格闘技道場BURST)65.5kg
[レフェリー]福田正人
[サブレフェリー]
吉田元貴 19-19(1R 9-10/2R 10-9)
山本諭志 19-19(1R 9-10/2R 10-9)
岡田剛史 19-19(1R 9-10/2R 10-9)

[第4試合]バンタム級(61.2kg)5分2R
△高岡 宏気(香川/トイカツ道場香川支部)60.8kg
ドロー 0-0
△寺嶋 直人(静岡/ SUBMIT MMA)61.0kg
[レフェリー]福田正人
[サブレフェリー]
吉田元貴 19-19(1R 10-9/2R 9-10)
山本諭志 19-19(1R 9-10/2R 10-9)
岡田剛史 19-19(1R 10-9/2R 9-10)

[第3試合]73キロ契約 5分2R
○CHAN-龍(徳島/MMA Zジム)72.5kg
TKO 1R 4’14”
×山下 康一朗(福岡/ CARPEDIEM福岡)72.5kg
※レフェリーストップ
[レフェリー]福田正人

[第2試合]フェザー級(65.8kg)5分2R
△麻植 裕太(徳島/MMA Zジム)65.4kg
ドロー 0-1
△波平 コング(沖縄/theパラエストラ沖縄)64.7kg
[レフェリー]吉田元貴
[サブレフェリー]
福田正人 19-19(1R 9-10/2R 10-9)
山本諭志 18-20(1R 9-10/2R 9-10)
岡田剛史 19-19(1R 10-9/2R 9-10)

[第1試合]フライ級(56.7kg)5分2R
△石原 愼之介(徳島/MMA Zジム)56.0kg
ドロー 0-1
△坂本 潤一(広島/総合格闘技道場BURST)56.0kg
[レフェリー]吉田元貴
[サブレフェリー]
福田正人 18-20(1R 9-10/2R 9-10)
山本諭志 19-19(1R 9-10/2R 10-9)
岡田剛史 19-19(1R 9-10/2R 10-9)
※一部レフェリー記載を訂正(2021/11/8)

[オープニングファイト第2試合]キッズ修斗 キッズ6 44キロ以下級 3分1R
×土井 集伍 (兵庫/総合格闘技ゴンズジム)42.6kg
判定 1-2
○須田 雄律 (兵庫/SCORPION GYM)42.8kg
[レフェリー]吉田元貴
[サブレフェリー]
福田正人 1R 10-9
山本諭志 1R 9-10
岡田剛史 1R 9-10

[オープニングファイト第1試合]キッズ修斗 キッズ6 35キロ以下級 3分1R
○山岡 斗和 (兵庫/TRINITY-SUNS)34.7kg
TS 1R 1’45”
×安原 虎琉 (広島/総合格闘技道場BURST)28.7kg
※腕十字固め
[レフェリー]吉田元貴

大会名:プロフェッショナル修斗公式戦「FORCE GIG 01」
開催日:2021年11月7日(日)
会場:香川・高松シンボルタワー 展示場
主催:TORAO NATION STATE
競技オフィシャル:
福田正人、吉田元貴、岡田剛史、山本諭志

試合結果は一般社団法人日本修斗協会公式ウェブサイトより

[第6試合]バンタム級(61.2kg)5分2R
○堀川“55”滉介(高知/TEAM一領具足)61.1kg
S 1R 0’37”
×當房 桂(大阪/修斗GYMS直心会)60.8kg
※フロントスリーパーホールド
[レフェリー]福田正人

[第5試合]フェザー級(65.8kg)5分2R
△大悟(愛媛/HOPE)65.5kg
ドロー 1-1
△川北 晏生(東京/ TRIBE TOKYO M.M.A)65.0kg
[レフェリー]福田正人
[サブレフェリー]
吉田元貴 19-19(1R 10-9/2R 9-10)
山本諭志 18-20(1R 9-10/2R 9-10)
岡田剛史 20-18(1R 10-9/2R 10-9)

[第4試合]バンタム級(61.2kg)5分2R
×宇都宮 伍(大阪/修斗GYMS直心会) 60.7kg
判定 0-2
○井口 翔太(兵庫/修斗ジム神戸)60.7kg
[レフェリー]福田正人
[サブレフェリー]
吉田元貴 18-20(1R 9-10/2R 9-10)
山本諭志 19-19(1R 9-10/2R 10-9)
岡田剛史 18-20(1R 9-10/2R 9-10)

[第3試合]フェザー級(65.8kg)5分2R
△二宮 弘樹(愛媛/HOPE)65.1kg
ドロー 1-0
△関根 累(神奈川/ROOTS)64.9kg
[レフェリー]福田正人
[サブレフェリー]
吉田元貴 20-18(1R 10-9/2R 10-9)
山本諭志 19-19(1R 10-9/2R 9-10)
岡田剛史 19-19(1R 10-9/2R 9-10)

[第2試合]ウエルター級(77.1kg)5分2R
×岡野”Garcia”史詩(愛媛/HOPE)76.5kg
判定 0-3
○KENZO(広島/総合格闘技道場BURST)76.8kg
[レフェリー]吉田元貴
[サブレフェリー]
福田正人 18-20(1R 9-10/2R 9-10)
山本諭志 18-20(1R 9-10/2R 9-10)
岡田剛史 18-20(1R 9-10/2R 9-10)

[第1試合]フライ級(56.7kg)5分2R
○木村 旬志(岡山/ゼロ戦クラブ) 56.7kg
TKO 2R 2’40”
×三輪 勇気(兵庫/修斗GYM神戸)56.3kg
※スラムによるレフェリーストップ
[レフェリー]吉田元貴

[オープニングファイト第2試合]ジュニア修斗 52キロ以下級 4分1R
○宇都宮 千空(大阪/修斗GYMS直心会)50.9kg
判定 2-1
×谷村 泰和 (大阪/パラエストラ東大阪)49.3kg
[レフェリー]吉田元貴
[ジャッジ]
A:福田正人 1R 10-9
B:山本諭志 1R 9-10
C:岡田剛史 1R 10-10

[オープニングファイト第1試合]キッズ修斗 キッズ2 28Kg以下級 3分1R
×笠井 遥月(徳島/MMA Zジム)23.4kg
判定 0-3
○坪田 笑瑠(兵庫/総合格闘技ゴンズジム)24.5kg
[レフェリー]吉田元貴
[ジャッジ]
A:福田正人 1R 9-10
B:山本諭志 1R 9-10
C:岡田剛史 1R 9-10

大会名:VTJ 2021

開催日:2021年11月6日(土)

会場:東京・USEN STUDIO COAST
主催:VTJ実行委員会

競技オフィシャル:
片岡誠人、豊永 稔、福田正人、田澤康宏、長瀬達郎

※試合結果は一般社団法人日本修斗協会公式ウェブサイトより

[第6試合]58.5kg契約5分3R
○平良 達郎(日本・THEパラエストラ沖縄)58.5kg
S 1R 4’12”
×アルフレド・ムアイアド(チリ・BLACKHOUSE SANTIAGO)58.1kg
※リアネイキッドチョーク
[レフェリー]片岡誠人

[第5試合]65.8kg契約5分3R
×宇野 薫(UNO DOJO)65.8kg
判定 0-3
○原口 央(BRAVE)65.5kg
[レフェリー]福田正人
[ジャッジ]
片岡誠人 27-30(1R 9-10/2R 9-10/3R 9-10)
豊永 稔 27-30(1R 9-10/2R 9-10/3R 9-10)
長瀬達郎 27-30(1R 9-10/2R 9-10/3R 9-10)

[第4試合]70.3kg契約5分3R
○西川 大和(日本/西川道場)69.9kg
S 1R 3’40”
×菅原 和政(日本/マスタージャパン福岡)70.1kg
※リアネイキッドチョーク
[レフェリー]豊永 稔

[第3試合]63kg契約5分3R
○佐藤将光(日本/坂口道場一族)62.8kg
TKO 1R 2’38”
×河村泰博(日本/和術慧舟會AKZA)62.7kg
※レフェリーストップ
[レフェリー]田澤康宏

[第2試合]70.3kg契約5分2R
岡澤弘太(日本/佐山道場)70.3kg
ノーコンテスト 1R 2’23”
原口 伸(日本/BRAVE)70.2kg
※偶発的なアクシデントにより試合の続行が不可能になった為。
[レフェリー]片岡誠人

[第1試合]70.3kg契約5分2R
○宇佐美 正 パトリック(日本/EXFIGHT・LDH martial arts)70.2kg
判定 3-0
×野村駿太(日本/BRAVE)70.1kg
[レフェリー]長瀬達郎
[ジャッジ]
片岡誠人 20-17(1R 10-9/2R 10-8)
豊永 稔 20-18(1R 10-9/2R 10-9)
福田正人 20-17(1R 10-9/2R 10-8)

大会名:プロフェッショナル修斗公式戦
PROFESSIONAL SHOOTO 2021 Vol.7 Supported by ONE Championship
開催日:2021年11月6日(土)
会場:東京・USEN STUDIO COAST
主催:株式会社サステイン
競技オフィシャル:
片岡誠人、豊永 稔、福田正人、田澤康宏、長瀬達郎

※試合結果は一般社団法人日本修斗協会公式ウェブサイトより

[第6試合]女子世界スーパーアトム級チャンピオンシップ5分5R
×黒部 三奈(王者・初防衛戦/マスタージャパン東京)49.9kg
判定 0-3
○SARAMI(挑戦者・同級1位/パンクラスイズム横浜)49.8kg
※勝利した挑戦者:SARAMIが第二代修斗女子スーパーアトム級王者に。
[レフェリー]福田正人
[サブレフェリー]
片岡誠人 47-48(1R 10-9/2R 10-9/3R 9-10/4R 9-10/5R 9-10)
豊永 稔 45-49(1R 10-9/2R 9-10/3R 8-10/4R 9-10/5R 9-10)
長瀬達郎 46-49(1R 10-9/2R 9-10/3R 9-10/4R 9-10/5R 9-10)

[第5試合]世界ストロー級暫定チャンピオン決定戦5分5R
○猿丸 ジュンジ(同級1位/修斗GYM東京)52.1kg
S 1R 3’23”
×黒澤 亮平(同級5位/パラエストラ松戸)52.2kg
※スリーパーホールド
※※勝利した赤:猿丸が世界ストロー級暫定王者に。
[レフェリー]片岡誠人

[第4試合]フェザー級5分2R
×結城 大樹(同級世界9位/マスタージャパン福岡)65.8kg
判定 0-2
○岩本 健汰(ロータス世田谷)65.7kg
[レフェリー]豊永 稔
[サブレフェリー]
片岡誠人 18-20(1R 9-10/2R 9-10)
田澤康宏 18-20(1R 9-10/2R 9-10)
福田正人 19-19(1R 9-10/2R 10-9)

[第3試合]インフィニティリーグ2022 アトム級5分2R
×中村 未来(マルスジム)47.3kg
判定 0-2
○澤田 千優(AACC)47.4kg
※勝利した青:澤田が勝ち点2Pを獲得。(累計2P)
[レフェリー]福田正人
[サブレフェリー]
片岡誠人 19-19(1R 10-9/2R 9-10)
豊永 稔 18-20(1R 9-10/2R 9-10)
田澤康宏 18-20(1R 9-10/2R 9-10)

[第2試合]フライ級5分2R
×高橋SUBMISSION雄己(和術慧舟會HEARTS)56.3kg
判定 0-2
○山内 渉(FIGHT FARM)56.3kg
[レフェリー]田澤康宏
[サブレフェリー]
片岡誠人 19-19(1R 10-9/2R 9-10)
豊永 稔 18-19(1R 10-9/2R 8-10)
福田正人 18-19(1R 10-9/2R 8-10)

[第1試合]ミドル級5分2R
○岩崎 大河(大道塾/パラエストラ東京)83.6kg
S 1R 3’13”
×清水 洸志(MMA RENGERS GYM)83.9kg
※スリーパーホールド
[レフェリー]長瀬達郎

大会名:RIZIN.31
開催日:2021年10月24日(日)
会場:神奈川・ぴあアリーナMM
主催:RIZIN FIGHTING FEDERATION
競技オフィシャル:
福田正人(HR)、豊永 稔(HRA)、和田良覚、田澤康宏、片岡誠人、柴田 旭、松宮智生、大藪吉郁、五十嵐智子、橋本 貴、新井誠介、李昌賢、鍋久保雄太、和久裕治、小生隆弘、豊島孝尚

■第11試合 RIZINフェザー級タイトルマッチ RIZIN MMAルール 5分3R
×斎藤 裕(王者/パラエストラ小岩/65.95kg)
TKO 2R 4’26” ドクターストップ:負傷
○牛久絢太郎(挑戦者/K-Clann/65.70kg)
レフェリー:豊永 稔

■第10試合 RIZIN MMAルール 49.00kg契約 5分3R
×浅倉カンナ(パラエストラ松戸/48.85kg)
判定1-2
○大島沙緒里(AACC/47.95kg)
レフェリー:福田正人
ジャッジ:
松宮智生/青・大島 [D 0-0/ A 0-30/ G 0-20]
片岡誠人/赤・浅倉 [D 0-0/ A 0-0/ G 20-0]
大藪吉郁/青・大島 [D 0-0/ A 0-30/ G 20-0]

■第9試合 RIZIN MMAルール 120.00kg契約 5分3R
○スダリオ剛(PUREBRED/115.60kg)
KO 1R 1’51” スタンドパンチ
×SAINT(Y&K MMA ACADEMY/106.35kg)
レフェリー:片岡誠人

■第8試合 RIZIN MMAルール 66.00kg契約 5分3R
○金原正徳(リバーサルジム立川ALPHA/65.75kg)
TKO 2R 1’18” レフェリーストップ:グラウンドパンチ
×芦田崇宏(BRAVE/65.75kg)
レフェリー:豊永 稔

■第7試合 RIZIN MMAルール 71.00kg契約 5分3R
×阿部大治(HMC/70.75kg)
Sub 2R 4’34” タップアウト:ノースサウスチョーク
○アキラ(武蔵村山さいとうクリニック/70.45kg)
レフェリー:田澤康宏

■第6試合 RIZIN MMAルール 66.00kg契約 5分3R
○中村大介(夕月堂本舗/66.00kg)
Sub 1R 2’16” タップアウト:アームバー
×新居すぐる(ポテンシャル/65.80kg)
レフェリー:片岡誠人

■第5試合 RIZIN MMAルール 66.00kg契約 5分3R
○白川陸斗(トライフォース赤坂/66.00kg)
KO 1R 3’48” グラウンドキック
×山本琢也(パラエストラ千葉/65.70kg)
レフェリー:柴田 旭

■第4試合 RIZIN KICK特別ルール(肘有り) 53.50kg契約 5分3R
○吉成名高(エイワスポーツジム/53.40kg)
TKO 1R 2’30” 3ノックダウン
×石川直樹(team Lit/53.50kg)
レフェリー:和田良覚

■第3試合 RIZIN MMAルール 57.00kg契約 5分3R
×中村優作(TEAM FAUST/56.90kg)
TKO 1R 4’52” レフェリーストップ:グラウンドパンチ
○伊藤裕樹(ネックスイチムエ/56.60kg)
レフェリー:福田正人

■第2試合 RIZIN MMAルール 57.00kg契約 5分3R
○伊藤盛一郎(リバーサルジム横浜グランドスラム/56.95kg)
Sub 2R 4’07” タップアウト:リアネイキッドチョーク
×橋本薫汰(K-PLACE/56.75kg)
レフェリー:柴田 旭

■第1試合 RIZIN KICK特別ルール(肘有り) 51.00kg契約 3分3R
〇奥脇竜哉(エイワスポーツジム/51.00kg)
判定2-0
×老沼隆斗(STRUGGLE/50.85kg)
レフェリー:和田良覚
ジャッジ:
豊永 稔 30-29 (1R 10-9/ 2R 10-10/ 2R 10-10)
松宮智生 29-29 (1R 10-10/ 2R 9-10/ 2R 10-9)
片岡誠人 30-28 (1R 10-9/ 2R 10-10/ 2R 10-9)

大会名:DEEP TOKYO IMPACT 2021 〜2nd Round
開催日:2021年10月17日(日)
会場:東京・新宿FACE
主催:DEEP事務局
競技オフィシャル:福田正人(HR)、植松直哉(HR)、豊永 稔、松宮智生、長瀬達郎、田澤康宏、柴田 旭、五十嵐智子

■第8試合 DEEPルール バンタム級 5分2R
○平松 翔(パラエストラ松戸/61.70kg)
KO 1R 1’03” スタンドパンチ
×海飛(和術慧舟會HEARTS/61.55kg)
レフェリー:福田正人

■第7試合 DEEP JEWELSルール 49.00kg契約 5分2R
×竹林愛留(総斗會三村道場/48.60kg)
判定0-3
○古賀愛蘭(TEAM FAUST/48.70kg)
レフェリー:福田正人
ジャッジ:
植松直哉 19-19○ (1R 10-9/ 2R 9-10)
松宮智生 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)
豊永 稔 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)

■第6試合 DEEPルール バンタム級 5分2R
○宮島夢都希(KRAZY BEE/61.25kg)
判定3-0
×山本有人(リバーサルジム東京スタンドアウト/61.55kg)
レフェリー:植松直哉
ジャッジ:
長瀬達郎 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)
松宮智生 20-17 (1R 10-9/ 2R 10-8)
福田正人 20-17 (1R 10-9/ 2R 10-8)

■第5試合 DEEPルール 55.00kg契約 5分2R
○中村真人(レンジャーGYM/54.90kg)
判定3-0
×根本元太(パラエストラ柏/54.85kg)
レフェリー:長瀬達郎
ジャッジ:
植松直哉 19-18 (1R 10-8/ 2R 9-10)
松宮智生 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)
福田正人 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)

■第4試合 DEEP JEWELSルール ミクロ級 5分2R
×玉田育子(AACC/44.00kg)
Sub 1R 3’33” タップアウト:アームバー
○村上 彩(フリー/44.50kg)
レフェリー:田澤康宏

■第3試合 DEEP JEWELSルール バンタム級 5分2R
×熊谷麻里奈(K-Clann/61.25kg)
判定0-3
○ゆりな(フリー/60.25kg)
レフェリー:豊永 稔
ジャッジ:
柴田 旭 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)
松宮智生 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)
福田正人 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)

■第2試合 DEEPルール バンタム級 5分2R
×涌井 忍(和術慧舟會HEARTS/76.60kg)
KO 1R 3’28” スタンドパンチ
○コマネチゆうた(Y&K ACADEMY/76.85kg)
レフェリー:柴田 旭

□第1試合 DEEPアマチュアSPルール バンタム級 3分2R
×木村琉音(K-Clann/61.30kg)
判定0-3
○熊谷海人(夕月堂本舗/60.65kg)
レフェリー:柴田 旭
ジャッジ:
田澤康宏 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)
松宮智生 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)
豊永 稔 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)

大会名:DEEP TOKYO IMPACT 2021 1st Round
開催日:2021年10月17日(日)
会場:東京・新宿FACE
主催:DEEP事務局
競技オフィシャル:福田正人(HR)、植松直哉(HR)、豊永 稔、松宮智生、長瀬達郎、田澤康宏、柴田 旭

■第7試合 DEEPルール 58.00kg契約 5分2R
○ヒロヤ(トライフォース赤坂/57.75kg)
判定3-0
×RYOGA(KRAZY BEE/57.90kg)
レフェリー:田澤康宏
ジャッジ:
植松直哉 19-18 (1R 9-10/ 2R 10-8)
松宮智生 19-18 (1R 9-10/ 2R 10-8)
福田正人 19-18 (1R 9-10/ 2R 10-8)

■第6試合 DEEPルール フェザー級 5分2R
○西谷大成(トライフォース赤坂/66.20kg)
Sub 1R 0’32” タップアウト:リアネイキッドチョーク
×山口コウタ(パラエストラ八王子/65.60kg)
レフェリー:植松直哉

■第5試合 DEEP JEWELSルール 49.00kg契約 5分2R
×音波(AACC/48.90kg)
判定0-3
○須田萌里(SCORPION GYM/48.60kg)
レフェリー:福田正人
ジャッジ:
柴田 旭 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)
松宮智生 17-20 (1R 8-10/ 2R 9-10)
豊永 稔 17-20 (1R 9-10/ 2R 8-10)

■第4試合 DEEPルール フライ級 5分2R
×松丸息吹(パラエストラ千葉/57.00kg)
判定0-3
○風我(フリー/57.00kg)
レフェリー:豊永 稔
ジャッジ:
柴田 旭 17-20 (1R 9-10/ 2R 8-10)
松宮智生 17-20 (1R 9-10/ 2R 8-10)
福田正人 17-20 (1R 9-10/ 2R 8-10)

■第3試合 DEEPルール フライ級 5分2R
×武利侑都(KRAZY BEE/56.65kg)
Sub 1R 4’32” タップアウト:リアネイキッドチョーク
○松山瑞穂(City Kickboxing/56.70kg)
レフェリー:田澤康宏

■第2試合 DEEPルール バンタム級 5分2R
○小原 卓(CORE王子豊島/60.50kg)
Sub 1R 1’42” タップアウト:リアネイキッドチョーク
×コマネチ竜太(Y&K ACADEMY/60.20kg)
レフェリー:柴田 旭

□第1試合 DEEP JEWELSアマチュアSPルール ストロー級 3分2R
×SAKI(K-Clann/51.80kg)
判定1-2
○愛温(CAVE/51.90kg)
レフェリー:柴田 旭
ジャッジ:
植松直哉 19-19○ (1R 9-10/ 2R 10-9)
松宮智生 ○19-19 (1R 9-10/ 2R 10-9)
豊永 稔 19-19○ (1R 9-10/ 2R 10-9)

大会名:RIZIN LANDMARK vol.1
開催日:2021年10月2日(土)
会場:非公開
主催:RIZIN FIGHTING FEDERATION
競技オフィシャル:
福田正人(HR)、豊永 稔(HRA)、柴田旭、松宮智生、大藪吉郁、田澤康宏、五十嵐智子、内田龍介、新井誠介、鍋久保雄太、亀田めぐみ、和久裕治、土佐浩章、磯 英弥

■第4試合 RIZIN MMAルール 68.00kg契約 5分3R
○朝倉未来(トライフォース赤坂/67.80kg)
判定3-0
×萩原京平(SMOKER GYM/67.85kg)
レフェリー:福田正人
ジャッジ:
柴田 旭/赤・朝倉 [D 50-0/ A 30-0/ G 20-0]
松宮智生/赤・朝倉 [D 50-0/ A 30-0/ G 20-0]
大藪吉郁/赤・朝倉 [D 50-0/ A 30-0/ G 20-0]

■第3試合 RIZIN MMAルール 71.00kg契約 5分3R
○鈴木博昭(BELLWOOD FIGHT TEAM/ボンサイ柔術/70.90kg)
TKO 1R 1’42” レフェリーストップ:グラウンドパンチ
×奥田啓介(フリー/70.05kg)
レフェリー:豊永 稔

■第2試合 RIZIN MMAルール 61.00kg契約 5分3R
○今成正和(今成柔術/60.85kg)
Sub 1R 2’50” タップアウト:アームバー
×春日井“寒天”たけし(志村道場/61.00kg)
レフェリー:豊永 稔

■第1試合 RIZIN MMAルール 61.00kg契約 5分3R
○渡部修斗(ストライプル新百合ヶ丘/60.90kg)
Sub 1R 1’33” テクニカル・サブミッション:ダースチョーク
×内藤頌貴(パラエストラ松戸/60.95kg)
レフェリー:柴田 旭

大会名:SHOOTO GIG TOKYO Vol.31 Supported by ONE Championship
開催日:2021年10月2日(土)
会場:東京・新宿FACE
主催:株式会社サステイン

競技オフィシャル:

片岡誠人、長瀬達郎、橋本 貴、横山忠志 他

※試合結果は一般社団法人日本修斗協会公式ウェブサイトより

[メインイベント・第9試合]バンタム級 5分2R
○齋藤 翼(総合格闘技津田沼道場/FIGHT FARM)61.2kg
判定 3-0
×ガッツ天斗(パラエストラ綾瀬)60.8kg
[レフェリー]片岡誠人
[サブレフェリー]
長瀬達郎 20-18(1R 10-9/2R 10-9)
橋本 貴 20-18(1R 10-9/2R 10-9)
土屋大喜 20-18(1R 10-9/2R 10-9)

[セミファイナル・第8試合]フェザー級 5分2R
×木下 タケアキ(和術慧舟會HEARTS)65.7kg
判定 0-2
○飯田 健夫(フリー)65.8kg
[レフェリー]長瀬達郎
[サブレフェリー]
横山忠志 18-20(1R 9-10/2R 9-10)
橋本 貴 18-20(1R 9-10/2R 9-10)
片岡誠人 19-19(1R 10-9/2R 9-10)

[第7試合]2022年度新人王決定トーナメント フライ級一回戰 5分2R
○片山 将宏(TRIBE TOKYO MMA)56.5kg
判定 3-0
×山口 峻(ブレイブハート)56.5kg
※勝利した赤:片山がトーナメント二回戦に進出。寺嶋 直人(SUBMIT MMA)との対戦が決定。
[レフェリー]長瀬達郎
[サブレフェリー]
横山忠志 20-18(1R 10-9/2R 10-9)
片岡誠人 20-18(1R 10-9/2R 10-9)
小島邦裕 20-18(1R 10-9/2R 10-9)

[第6試合]2022年度新人王決定トーナメント バンタム級一回戰 5分2R
○齋藤 奨司(FIGHT FARM)61.0kg
判定 3-0
×谷井 翔太(ロデオスタイル・大道塾)61.1kg
※勝利した赤:齋藤がトーナメント二回戦に進出。田中 智也(fit)との対戦が決定。
[レフェリー]片岡誠人
[サブレフェリー]
横山忠志 20-18(1R 10-9/2R 10-9)
橋本 貴 20-18(1R 10-9/2R 10-9)
土屋大喜 20-18(1R 10-9/2R 10-9)

[第5試合]2022年度新人王決定トーナメント フライ級一回戰 5分2R
○青井 心二(心技舘)56.6kg
KO 1R 0’26”
×植木“令和”新(シューティング宇留野道場)56.7kg
[レフェリー]片岡誠人
※勝利した赤:青井がトーナメント二回戦に進出。一杉 芳樹(駿東修闘クラブ)との対戦が決定。

[第4試合]2022年度新人王決定トーナメント ライト級一回戰 5分2R
○村岡 倫行(トライデントジム)70.0kg
判定 3-0
×磯部 鉄心(パラエストラ松戸)69.8kg
※勝利した赤:村岡がトーナメント二回戦に進出。安海 健人(fit)との対戦が決定。
[レフェリー]片岡誠人
[サブレフェリー]
長瀬達郎 20-18(1R 10-9/2R 10-9)
土屋大喜 20-18(1R 10-9/2R 10-9)
小島邦裕 20-18(1R 10-9/2R 10-9)

[第3試合]バンタム級 5分2R
○松下 祐介(パラエストラTB)61.2kg
S 2R 3’47”
×新井 拓巳(ストライプル新百合ヶ丘)61.0kg
[レフェリー]長瀬達郎
[サブレフェリー]
横山忠志 1R 9-10
土屋大喜 1R 9-10
小島邦裕 1R 9-10

[第2試合]トライアウトルール フェザー級 3分2R
×辻村 秀綱(TRIBE TOKYO MMA)65.6kg
判定 0-2
○竹原 魁晟(パラエストラ松戸)65.7kg
[レフェリー]長瀬達郎
[ジャッジ]
A:横山忠志 18-20(1R 9-10/2R 9-10)
B:片岡誠人 18-20(1R 9-10/2R 9-10)
C:橋本 貴 19-19(1R 9-10/2R 10-9)

[第1試合]トライアウトルール バンタム級 3分2R
×竹下 登(暁道場)60.9kg
判定 0-2
○森田 興希(パラエストラ松戸)60.1kg
[レフェリー]橋本 貴
[ジャッジ]
A:長瀬達郎 18-20(1R 9-10/2R 9-10)
B:片岡誠人 19-19(1R 10-9/2R 9-10)
C:土屋大喜 18-20(1R 9-10/2R 9-10)

18:15〜
朝倉未来選手
萩原京平選手

17:45〜
鈴木博昭選手
奥田啓介選手

17:15〜
内藤頌貴選手

大会名:プロフェッショナル修斗公式戦 PROFESSIONAL SHOOTO 2021 Vol.6 Supported by ONE Championship
開催日:2021年9月25日(日)
会場:東京・後楽園ホール
主催:株式会社サステイン
競技オフィシャル:
片岡誠人、豊永 稔、福田正人、田澤康宏、長瀬達郎、岡田剛史、小生隆弘

試合結果は一般社団法人日本修斗協会公式ウェブサイトより

[メインイベント・第8試合] 世界ライト級チャンピオンシップ5分5R
×川名TENCHO雄生(王者・初防衛戦/Y&K MMA ACADEMY)70.3kg
TKO 5R 0’43”
○西川 大和(挑戦者・同級1位/西川道場)69.1kg
※レフェリーストップ
※※勝利した挑戦者:西川が第14代世界ライト級王者に。
[レフェリー]片岡誠人
[サブレフェリー]
福田正人 1R 9-10/2R 8-10/3R 9-10/4R 9-10
田澤康宏 1R 10-9/2R 9-10/3R 10-9/4R 9-10
長瀬達郎 1R 9-10/2R 9-10/3R 9-10/4R 9-10

[セミファイナル・第7試合] 環太平洋バンタム級5分3R
○安藤 達也(王者・初防衛戦/フリー)61.1kg
TS 2R 4’39”
×石井 逸人(挑戦者・同級6位/TRIBE TOKYO MMA)61.1kg
※肩固め
※※勝利した王者:安藤が初防衛に成功。
[レフェリー]福田正人
[サブレフェリー]
片岡誠人 1R 10-9
田澤康宏 1R 10-9
岡田剛史 1R 9-10

[第6試合] バンタム級5分3R
×後藤 丈治(同級世界8位/TRIBE TOKYO MMA)61.1kg
判定 1-2
○石橋 佳大(ZEEKジム)※元環太平洋王者61.2kg
[レフェリー]田澤康宏
[サブレフェリー]
岡田剛史 28-29(1R 9-10/2R 9-10/3R 10-9)
小生隆弘 28-29(1R 9-10/2R 9-10/3R 10-9)
長瀬達郎 29-28(1R 9-10/2R 10-9/3R 10-9)

[第5試合] AOKI PROJECT 提供マッチ 70.3kg契約5分2R
×椿 飛鳥(トライデントジム)69.9kg
S 1R 2’34”
○岩本 建汰(ロータス世田谷)69.8kg
※スリーパーホールド
[レフェリー]福田正人

[第4試合] ライト級5分2R
×ヨシ・イノウエ(パラエストラTB)※2019年ライト級新人王70.2kg
KO 1R 4’14”
○宇佐美 正 パトリック(EXFIGHT/LDH martial arts)69.9kg
[レフェリー]田澤康宏

[第3試合] 75kg契約5分3R
○江藤公洋(日本/和術慧舟會HEARTS)74.6kg
判定 3-0
×グンター・カルンダ(コンゴ民主共和国/TriH.studio)74.6kg
[レフェリー]長瀬達郎
[サブレフェリー]
福田正人 30-26(1R 10-9/2R 10-8/3R 10-9)
岡田剛史 30-27(1R 10-9/2R 10-9/3R 10-9)
田澤康宏 30-27(1R 10-9/2R 10-9/3R 10-9)

[第2試合]ミドル級5分2R
○岩﨑 大河(大道塾/パラエストラ東京)83.8kg
TKO 1R 4’13”
×今市 凌太(style plus gym)83.5kg
※レフェリーストップ
[レフェリー]片岡誠人

[第1試合] フライ級5分2R
○内田タケル(パラエストラ松戸)56.5kg
S 1R 2’16”
×大竹 陽(HAGANE GYM)56.7kg
※スリーパーホールド
[レフェリー]片岡誠人

大会名:RIZIN.30
開催日:2021年9月19日(日)
会場:埼玉・さいたまスーパーアリーナ
主催:RIZIN FIGHTING FEDERATION
競技オフィシャル:
福田正人(HR)、豊永 稔(HRA)、和田良覚、片岡誠人、松宮智生、大藪吉郁、五十嵐智子、内田龍介、新井誠介、李昌賢、鍋久保雄太、岡田剛史、亀田めぐみ、和久裕治、土佐浩章、磯 英弥

■第10試合 RIZIN JAPAN GRAND PRIX 2021バンタム級トーナメント2回戦 RIZIN MMAルール 61.00kg契約 5分3R
○朝倉 海(トライフォース赤坂/60.90kg)
判定3-0
×アラン“ヒロ”ヤマニハ(ボンサイ柔術/60.75kg)
レフェリー:福田正人
ジャッジ:
松宮智生/赤・朝倉 [D 0-0/ A 0-0/ G 20-0]
片岡誠人/赤・朝倉 [D 0-0/ A 30-0/ G 20-0]
大藪吉郁/赤・朝倉 [D 0-0/ A 30-0/ G 0-20]

■第9試合 RIZIN JAPAN GRAND PRIX 2021バンタム級トーナメント2回戦 RIZIN MMAルール 61.00kg契約 5分3R
○井上直樹(セラ・ロンゴ&ワイドマンMMA/60.85kg)
判定3-0
×金太郎(パンクラス大阪稲垣組/60.75kg)
レフェリー:福田正人
ジャッジ:
松宮智生/赤・井上 [D 0-0/ A 0-0/ G 20-0]
片岡誠人/赤・井上 [D 0-0/ A 0-0/ G 20-0]
大藪吉郁/赤・井上 [D 0-0/ A 30-0/ G 20-0]

■第8試合 RIZIN JAPAN GRAND PRIX 2021バンタム級トーナメント2回戦 RIZIN MMAルール 61.00kg契約 5分3R
○扇久保博正(パラエストラ松戸/60.85kg)
判定3-0
×大塚隆史(T-Grip Tokyo/60.95kg)
レフェリー:豊永 稔
ジャッジ:
松宮智生/赤・扇久保 [D 0-0/ A 30-0/ G 20-0]
片岡誠人/赤・扇久保 [D 0-0/ A 0-0/ G 20-0]
大藪吉郁/赤・扇久保 [D 0-0/ A 30-0/ G 20-0]

■第7試合 RIZIN JAPAN GRAND PRIX 2021バンタム級トーナメント2回戦 RIZIN MMAルール 61.00kg契約 5分3R
×元谷友貴(フリー/60.90kg)
TKO 1R 2’27” レフェリーストップ:スタンドパンチ
○瀧澤謙太(リバーサルジム東京スタンドアウト/60.95kg)
レフェリー:福田正人

■第6試合 RIZIN MMAルール 49.00kg契約 5分3R
○浜崎朱加(AACC/48.80kg)
判定3-0
×藤野恵実(トライフォース赤坂/48.95kg)
レフェリー:福田正人
ジャッジ:
松宮智生/赤・浜崎 [D 0-0/ A 30-0/ G 20-0]
片岡誠人/赤・浜崎 [D 50-0/ A 30-0/ G 20-0]
大藪吉郁/赤・浜崎 [D 50-0/ A 30-0/ G 20-0]

■第5試合 RIZIN MMAルール 71.00kg契約 5分3R
×武田光司(BRAVE/70.85kg)
判定0-3
○矢地祐介(フリー/71.00kg)
レフェリー:和田良覚
ジャッジ:
豊永 稔/青・矢地 [D 0-0/ A 0-30/ G 20-0]
松宮智生/青・矢地 [D 0-0/ A 0-30/ G 0-20]
大藪吉郁/青・矢地 [D 0-0/ A 0-30/ G 20-0]

■第4試合 RIZIN MMAルール 66.00kg契約 5分3R
×佐々木憂流迦(セラ・ロンゴ・ファイト・チーム/65.85kg)
判定0-3
○堀江圭功(ALLIANCE/65.95kg)
レフェリー:片岡誠人
ジャッジ:
和田良覚/青・堀江 [D 0-50/ A 0-0/ G 20-0]
松宮智生/青・堀江 [D 0-50/ A 0-30/ G 0-20]
大藪吉郁/青・堀江 [D 0-50/ A 0-30/ G 0-20]

■第3試合 RIZIN MMAルール 66.00kg契約 5分3R
○太田 忍(パラエストラ柏/66.00kg)
判定3-0
×久保優太(PURGE TOKYO/BRAVE/65.85kg)
レフェリー:豊永 稔
ジャッジ:
松宮智生/赤・太田[D 50-0/ A 30-0/ G 20-0]
片岡誠人/赤・太田[D 50-0/ A 30-0/ G 20-0]
大藪吉郁/赤・太田[D 50-0/ A 30-0/ G 20-0]

■第2試合 RIZIN MMAルール 66.00kg契約 5分3R
○昇侍(KIBAマーシャルアーツクラブ/65.85kg)
TKO 1R 0’20” レフェリーストップ:グラウンドパンチ
×鈴木千裕(クロスポイント吉祥寺/65.95kg)
レフェリー:片岡誠人

■第1試合 RIZIN KICKルール 46.50kg契約 3分3R
○ぱんちゃん璃奈(STRUGGLE/46.45kg)
判定3-0
×百花(魁塾/45.85kg)
レフェリー:豊永 稔
ジャッジ:
和田良覚 30-29 (1R 10-10/ 2R 10-9/ 2R 10-10)
松宮智生 30-28 (1R 10-10/ 2R 10-9/ 2R 10-9)
片岡誠人 30-28 (1R 10-10/ 2R 10-9/ 2R 10-9)

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

2021年9月5日に開催された「2021年度アマチュア修斗関東選手権大会」内にて競技オフィシャル実地訓練を実施させていただきました。

実地訓練開催にあたり、ご協力いただきました一般社団法人日本修斗協会様に心から感謝申し上げます。

JMOC ALL JAPAN REFEREE CARAVAN 2021
JMOC競技オフィシャル実地訓練 in田町
2021年度アマチュア修斗関東選手権大会
日時:2021年9月5日(日)10:00〜
場所:スタンドアウト田町芝浦スタジオ

■レフェリー・トレーニング
参加者2名(内田龍介、土佐浩章)
インストラクター:片岡誠人

【8.27(fri)開催決定】
JMOCコミュニティ会員限定トレーニング|豊永 稔 競技オフィシャル デジタルトレーニングセッション〜キックボクシング編
日時:2021年8月27日(金)22:00〜23:00
方法:Zoomミーティング
講師:豊永 稔
受講対象:JMOCコミュニティ会員
受講料:無料
※詳細はJMOCコミュニティFBページより

 

ハーブ・ディーン(Herb Dean)
ダン・ミラグリオッタ(Dan Miragliotta)
マーク・スミス(Mark Smith)
ジェイソン・ハーゾグ(Jason Herzog)
マーク・ゴダード(Marc Goddard)

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

JMOCレフェリー&ジャッジ講習にもご参加いただいたRIZINアンバサダーくるみさんと最新の海外情報などをご連携いただいているチャーリー柏木さんの対談動画です。
是非ご視聴ください。

#RIZINアンバサダーくるみ
2021年上半期を振り返る💁‍♀️
#RIZIN27 名古屋大会🏯
#RIZIN28 東京ドーム大会🏟
#RIZIN29 大阪大会🐙
くるみが選ぶ2021年上半期の
ベストバウトTOP5️⃣とは…?
🎙出演
くるみ @KURUMIKAHN1
チャーリー柏木 @MmaShingo
🎬YouTubeはこちら↓

以前にも紹介しましたが、オーストラリアから日本の格闘技をより多くの人々に広めるために立ち上げられたサイト“The Fighter”。最新記事のテーマは「RIZIN.28&29回想:ファウル、ペナルティ、そしてスコアカードについて」。両大会における、弥益ドミネーター聡志vsブラックパンサー・ベイノア(RIZIN.28)、瀧澤謙太vs今成正和(RIZIN.29)そして、斎藤裕vsヴガール・ケラモフ(RIZIN.28)を素材に、反則へのペナルティや判定について考察しています。また、上記の試合以外にも、RIZIN.29大塚vs獅庵における後頭部打撃の反則への厳格な処置に言及し、レフェリーが選手の反則に対してペナルティを与えることに前向きな評価をしています。今回も興味深い内容です。

以下、最後のパラグラフだけ、仮訳で紹介します。

「レフェリーの重要な役割は、試合が公平であるだけではなく、安全に行われるようサポートすることであると改めて思わされます。レフェリングの目的は、選手による行為(特に不注意によるもの)を不当に罰することではなく、反則が再び起こらないようにし、選手の安全が損なわれないようにすることです。MMAにおけるペナルティは、とかく挑戦的で物議を醸しがちですが、より厳格な措置を講じることによってMMAを発展させていくことが重要です。そうすることで、ルール違反によって試合の結果が不当に影響されないようになり、ひいては、この『スポーツ』の正当性が高まります。」

Musings on RIZIN28 and 29: fouls, penalties and scorecards|The Fighter

第1ラウンドの終盤(残り20秒)、大塚選手はバックポジションから獅庵選手の頭部に打撃を打ち、TKO目前の大きなチャンスを作ります。しかし、頭部への打撃の数発が獅庵選手の後頭部に当たっていました(映像6分25秒あたりから)。TKOやSub(TO)が期待される場面で、ラウンド終了までの残り時間もわずかでしたが、レフェリーは、試合を停止したうえで大塚選手に注意を与え、試合をスタートポジションからリスタートしました。
映像の角度からは反則打撃が見えにくいのですが、大塚選手の打撃は獅庵選手の後頭部に2・3発続けて明確にヒットしていました。その後も攻撃が続いていれば、正常かつフェアな状態で攻防が行われていたとはいえず、もし、TKOやSub(TO)に至ったとしたら、それは反則のダメージに乗じた結果と見なされ、試合結果にも疑念が生じるおそれがあります。
目立たないシーンですが、反則を見逃さず、結果への重大な影響を瞬時に判断し、的確にペナルティを課したレフェリーのファインジャッジでした。この対処は、今後のレフェリングにおける重要なモデルケースのひとつになると思います。

大会名:プロフェッショナル修斗公式戦 PROFESSIONAL SHOOTO 2021 Vol.5 Supported by ONE Championship
開催日:2021年7月25日(日)
会場:東京・後楽園ホール
主催:株式会社サステイン
競技オフィシャル:
片岡誠人、豊永 稔、福田正人、田澤康宏、長瀬達郎

※試合結果は一般社団法人日本修斗協会公式ウェブサイトより

[メインイベント/第8試合]世界フェザー級チャンピオン決定戦5分5R
○SASUKE(マスタージャパン東京)65.6kg
判定 2-0
×工藤諒司(TRIBE TOKYO MMA)65.8kg
※勝利したSASUKEが第11代世界フェザー級チャンピオンに。
[レフェリー]豊永 稔
[サブレフェリー]
片岡誠人 48-47(1R 10-9/2R 9-10/3R 10-9/4R 9-10/5R 10-9)
福田正人 48-47(1R 10-9/2R 9-10/3R 10-9/4R 10-9/5R 9-10)
田澤康宏 47-47(1R 10-8/2R 9-10/3R 10-9/4R 9-10/5R 9-10)

[セミファイナル/第7試合]女子世界スーパーアトム級次期挑戦者決定戦5分3R
○SARAMI(パンクラスイズム横浜)49.4kg
TKO 2R 2’48”
×中村未来(マルスジム)49.4kg
※レフェリーストップ
※※グラウンドパンチ
[レフェリー]福田正人
[サブレフェリー]
片岡誠人 1R 10-9
田澤康宏 1R 10-9
長瀬達郎 1R 10-9

[第6試合]バンタム級5分2R
×論田愛空隆(心技舘)61.2kg
KO 2R 0’20”
○中村倫也(EX FIGHT)61.1kg
[レフェリー]片岡誠人
[サブレフェリー]
豊永 稔 1R 9-10
福田正人 1R 8-10
長瀬達郎 1R 8-10

[第5試合]ライト級5分2R
×エドモンド金子(BRAVE)70.1kg
判定 0-3
○岡澤弘太(佐山道場)70.1kg
[レフェリー]片岡誠人
[サブレフェリー]
豊永 稔 18-20(1R 9-10/2R 9-10)
田澤康宏 18-20(1R 9-10/2R 9-10)
長瀬達郎 18-20(1R 9-10/2R 9-10)

[第4試合]フェザー級5分2R
△仲山貴志(総合格闘技津田沼道場)65.6kg
ドロー 0-1
△結城大樹(マスタージャパン福岡)65.6kg
[レフェリー]福田正人
[サブレフェリー]
片岡誠人 18-20(1R 9-10/2R 9-10)
田澤康宏 19-19(1R 9-10/2R 10-9)
長瀬達郎 19-19(1R 9-10/2R 10-9)

[第3試合]バンタム級5分2R
×齋藤 翼(総合格闘技津田沼道場/FIGHT FARM)61.1kg
判定 0-3
○野瀬翔平(マスタージャパン福岡)61.0kg
[レフェリー]豊永 稔
[サブレフェリー]
片岡誠人 18-20(1R 9-10/2R 9-10)
田澤康宏 18-20(1R 9-10/2R 9-10)
長瀬達郎 17-20(1R 8-10/2R 9-10)

[第2試合]フライ級5分2R
○山内 渉(FIGHT FARM) 56.4kg
S 2R 4’35”
×植木“令和”新(シューティング宇留野道場)56.5kg
※三角絞め
[レフェリー]長瀬達郎
[サブレフェリー]
豊永 稔 1R 10-9
福田正人 1R 10-9
田澤康宏 1R 10-9

[第1試合]トライアウトルール フェザー級3分2R
○村山大介(マスタージャパン東京)65.3kg
判定 3-0
×スソン(クレイジービー)65.4kg
[レフェリー]田澤康宏
[サブレフェリー]
豊永 稔 20-17(1R 10-8/2R 10-9)
福田正人 20-17(1R 10-8/2R 10-9)
長瀬達郎 20-18(1R 10-9/2R 10-9)

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

大会名:RIZIN.29
開催日:2021年6月27日(日)
会場:大阪・丸善インテックアリーナ大阪
主催:RIZIN FIGHTING FEDERATION
競技オフィシャル:
福田正人(HR)、豊永 稔(HRA)、和田良覚、長瀬達郎、片岡誠人、田澤康宏、松宮智生、五十嵐智子、土佐浩章、岡田剛史、内田龍介、新井誠介、李昌賢、永井明広、橋本 貴、小生隆弘、安芸佳孝、林 洋志、豊島孝尚、北森代紀

■第13試合 RIZINキックトーナメントルール(3分3R)
×皇治(TEAM ONE/61.00kg)
判定3-0
○白鳥大珠(TEAM TEPPEN/60.95kg)
レフェリー:長瀬達郎
ジャッジ:
豊永 稔 27-30 (1R 8-10/ 2R 9-10/ 3R 10-10)
片岡誠人 27-30 (1R 8-10/ 2R 9-10/ 3R 10-10)
和田良覚 25-30 (1R 7-10/ 2R 9-10/ 3R 9-10)
>>>RIZIN FF STATS

■第12試合 RIZIN JAPAN GRAND PRIX 2021バンタム級トーナメント一回戦 RIZIN MMAルール 61.00kg契約 5分3R
○金太郎(パンクラス大阪稲垣組/60.85kg)
判定3-0
×伊藤空也(BRAVE/60.85kg)
レフェリー:福田正人
ジャッジ:
和田良覚/赤・金太郎 [D 0-0/ A 0-0/ G 20-0]
片岡誠人/赤・金太郎 [D 0-0/ A 30-0/ G 20-0]
松宮智生/赤・金太郎 [D 0-0/ A 30-0/ G 20-0]
>>>RIZIN FF STATS

■第11試合 RIZIN JAPAN GRAND PRIX 2021バンタム級トーナメント一回戦 RIZIN MMAルール 61.00kg契約 5分3R
○大塚隆史(T-GRIP TOKYO/61.00kg)
判定3-0
×獅庵(パラエストラ大阪/60.85kg)
レフェリー:福田正人
ジャッジ:
和田良覚/赤・大塚 [D 0-0/ A 0-0/ G 20-0]
片岡誠人/赤・大塚 [D 0-0/ A 30-0/ G 20-0]
松宮智生/赤・大塚 [D 50-0/ A 30-0/ G 20-0]
>>>RIZIN FF STATS

■第10試合 RIZIN JAPAN GRAND PRIX 2021バンタム級トーナメント一回戦 RIZIN MMAルール 61.00kg契約 5分3R
○瀧澤謙太(フリー/60.95kg)
判定3-0
×今成正和(今成柔術/60.70kg)
レフェリー:和田良覚
ジャッジ:
豊永 稔/赤・瀧澤 [D 0-0/ A 30-0/ G 0-20]
長瀬達郎/赤・瀧澤 [D 0-0/ A 30-0/ G 0-20]
松宮智生/赤・瀧澤 [D 0-0/ A 0-0/ G 20-0]
>>>RIZIN FF STATS

■第9試合 RIZIN JAPAN GRAND PRIX 2021バンタム級トーナメント一回戦 RIZIN MMAルール 61.00kg契約 5分3R
×倉本一真(修斗GYM東京/60.70kg)
判定0-3
○アラン“ヒロ”ヤマニハ(ブラジル/ブルテリア・ボンサイ/60.80kg)
レフェリー:和田良覚
ジャッジ:
豊永 稔/赤・ヤマニハ [D 0-50/ A 0-30/ G 0-20]
片岡誠人/赤・ヤマニハ [D 0-50/ A 30-0/ G 20-0]
松宮智生/赤・ヤマニハ [D 0-0/ A 0-30/ G 0-20]
>>>RIZIN FF STATS

■第8試合 RIZIN MMAルール 71.00kg契約 5分3R
○矢地祐介(フリー/70.75kg)
判定3-0
×川名TENCHO雄生(北海しゃぶしゃぶ/Y&K MMA ACADEMY/70.80kg)
レフェリー:長瀬達郎
ジャッジ:
豊永 稔/赤・矢地 [D 50-0/ A 0-0/ G 20-0]
和田良覚/赤・矢地 [D 50-0/ A 0-0/ G 20-0]
松宮智生/赤・矢地 [D 50-0/ A 30-0/ G 20-0]
>>>RIZIN FF STATS

■第7試合 RIZIN MMAルール 66.00kg契約 5分3R
○白川陸斗(トライフォース赤坂/65.75kg)
判定3-0
×青井 人(BLOWS/65.85kg)
レフェリー:片岡誠人
ジャッジ:
豊永 稔/赤・白川 [D 50-0/ A 0-0/ G 0-20]
和田良覚/赤・白川 [D 50-0/ A 0-0/ G 0-20]
松宮智生/赤・白川 [D 50-0/ A 30-0/ G 0-20]
>>>RIZIN FF STATS

■第6試合 RIZIN MMAルール 57.00kg契約 5分3R
―中村優作(フリー/56.95kg)
試合中止
―北方大地(パンクラス大阪稲垣組/56.90kg)
レフェリー:田澤康宏
※青・北方の体調不良により試合中止。

■第5試合 RIZINキックトーナメントルール(3分3R)
○白鳥大珠(TEAM TEPPEN/60.95kg)
KO 1R 1’38”
×髙橋 亮(真門ジム/60.90kg)
レフェリー:長瀬達郎

■第4試合 RIZINキックトーナメントルール(3分3R)
―皇治(TEAM ONE/61.00kg)
ノーコンテスト 1R 0’43”
―梅野源治(PHOENIX/60.95kg)
レフェリー:長瀬達郎
※1R、偶発的なバッティングにより、青・梅野が試合続行不可能となったため。

■第3試合 RIZINキック特別ルール(肘有り) 52.00kg契約 3分3分
○吉成名高(エイワスポーツジム/51.55kg)
TKO 1R終了時 ドクターストップ:肘打撃による鼻骨折の疑い
×誓(ZERO/51.90kg)
レフェリー:豊永 稔
ジャッジ:
和田良覚 (1R 10-8/ )
片岡誠人 (1R 10-9/ )
長瀬達郎 (1R 10-9/ )

■第2試合 RIZINキックルール 120.00kg契約 5分3R
○植山征紀(龍生塾ファントム道場/55.95kg)
TKO 2R 0’55” 3ノックダウン
×泉 丈成(誠至会/55.75kg)
レフェリー:長瀬達郎
ジャッジ:
豊永 稔 (1R 10-8/ )
片岡誠人 (1R 10-8/ )
松宮智生 (1R 10-8/ )

■第1試合 RIZINキックルール 63.00kg契約 3分3R
△山畑雄摩(心将塾/62.85kg)
ドロー 判定0-1
△髙橋聖人(真門ジム/62.85kg)
レフェリー:豊永 稔
ジャッジ:
ジャッジ:
松宮智生 29-30 (1R 10-10/ 2R 10-10/ 3R 9-10)
片岡誠人 29-29 (1R 10-10/ 2R 10-9/ 3R 9-10)
和田良覚 29-29 (1R 10-10/ 2R 10-9/ 3R 9-10)

(STATS提供:RIZIN FF)

大会名:プロフェッショナル修斗公式戦 SHOOTO GIG TOKYO Vol.30 Supported by ONE Championship
開催日:2021年6月26日(土)
会場:東京・新宿FACE
主催:株式会社サステイン
競技オフィシャル:
片岡誠人、豊永 稔、福田正人、橋本 貴、柴田 旭

※試合結果は一般社団法人日本修斗協会公式ウェブサイトより

[メインイベント/第7試合]ストロー級5分3R
×飯野 タテオ(和術慧舟會HEARTS)52.1kg
KO 1R 0’59”
○新井 丈(キングダム立川コロッセオ)52.2kg
[レフェリー]福田正人

[セミファイナル/第6試合]フライ級5分3R
○関口 祐冬(修斗ジム東京)56.7kg
判定 3-0
×西村 大地(BLOWS)56.7kg
[レフェリー]片岡誠人
[サブレフェリー]
豊永 稔 29-28(1R 9-10/2R 10-9/3R 10-9)
橋本 貴 29-27(1R 9-10/2R 10-8/3R 10-9)
柴田 旭 29-28(1R 9-10/2R 10-9/3R 10-9)

[第5試合]バンタム級5分2R
×齋藤 奨司(FIGHT FARM)61.1kg
判定 0-3
○片山 将宏(TRIBE TOKYO MMA)60.7kg
[レフェリー]豊永 稔
[サブレフェリー]
福田正人 18-20(1R 9-10/2R 9-10)
片岡誠人 18-20(1R 9-10/2R 9-10)
橋本 貴 18-20(1R 9-10/2R 9-10)

[第4試合]フライ級5分2R
○大竹 陽(HAGANE GYM)56.7kg
KO 1R 0’36”
×青井 心ニ(心技舘)56.5kg
[レフェリー]豊永 稔

[第3試合]フェザー級5分2R
○木下 タケアキ(和術慧舟會HEARTS)65.7kg
KO 2R 0’30”
×木村 孔明(無所属)65.6kg
[レフェリー]片岡誠人
[サブレフェリー]
豊永 稔 1R 10-9
福田正人 1R 10-9
柴田 旭 1R 10-9

[第2試合]フライ級5分2R
×寺嶋 直人(SUBMIT MMA)56.7kg
判定 0-3
○鍋久保 雄太(修斗ジム東京)56.7kg
※1R、赤:寺嶋に両者グラウンド状態での顔面蹴りによる減点1
[レフェリー]片岡誠人
[サブレフェリー]
豊永 稔 18-19(1R 9-9/2R 9-10)
福田正人 17-19(1R 9-9/2R 8-10)
柴田 旭 17-20(1R 8-10/2R 9-10)

[第1試合]トライアウトルール ウェルター級3分2R
○阿部 光太(パンクラスイズム横浜)76.8kg
KO 2R 2’32”
×萩生田 真(トライデントジム)76.7kg
[レフェリー]福田正人
[サブレフェリー]
豊永 稔 1R 10-9
片岡誠人 1R 10-9
柴田 旭 1R 10-9

2021年6月27日 丸善インテックアリーナ大阪「RIZIN.29」
JMOCハンドラッピングサービス

「RIZIN.29」で行われるJMOC競技オフィシャルによる
ハンドラッピングサポートサービスのタイムテーブルが決定いたしました。
ご予約いただいた選手は、指定の時間にハンドラップセットを持参の上、
チェックブースまでお越しください。
※帯同セコンドは1名までとなります。
※選手、セコンドは必ずマスクをご着用ください。

>>>RIZIN.29/JMOCハンドラッピングサービスTIMETABLE

大会名:DEEP TOKYO IMPACT 2021 2nd Round
開催日:2021年6月19日(土)
会場:東京・ニューピアホール
主催:DEEP事務局
競技オフィシャル:福田正人(HR)、植松直哉(HR)、和田良覚、豊永 稔、長瀬達郎、田澤康宏、橋本 貴、柴田 旭

■第10試合 DEEPルール フェザー級 5分3R
○神田コウヤ(パラエストラ柏/66.05kg)
判定3-0
×平田直樹(K-Clann/66.25kg)
レフェリー:植松直哉
ジャッジ:
和田良覚 29-28 (1R 10-9/ 2R 10-9/ 3R 9-10)
柴田 旭 29-28 (1R 10-9/ 2R 10-9/ 3R 9-10)
福田正人 29-28 (1R 10-9/ 2R 10-9/ 3R 9-10)

■第9試合 DEEPルール フェザー級 5分2R
○オーロラユーキ(KIBAマーシャルアーツ/65.85kg)
判定3-0
×小川顕広(宇留野道場/61.15kg)
レフェリー:豊永 稔
ジャッジ:
和田良覚 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)
柴田 旭 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)
福田正人 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)

■第8試合 DEEPルール バンタム級 5分2R
○力也(フリー/61.65kg)
TKO 2R 0’29” レフェリーストップ:グラウンドパンチ
×伊澤カズト(フリー/61.45kg)
レフェリー:長瀬達郎
ジャッジ:
橋本 貴 (1R 9-10/ )
豊永 稔 (1R 9-10/ )
福田正人 (1R 9-10/ )

■第7試合 DEEPルール フェザー級 5分2R
×鬼山斑猫(KRAZY BEE/66.00kg)
判定1-2
○高塩竜司(KIBAマーシャルアーツクラブ/66.15kg)
レフェリー:和田良覚
ジャッジ:
橋本 貴 ○19-19 (1R 10-9/ 2R 9-10)
豊永 稔 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)
福田正人 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)

■第6試合 DEEP JEWELSルール 58.00kg契約 5分2R
×熊谷麻里奈(ウィラサクレック・フェアテックス札幌/K-Clann/57.80kg)
Sub 2R 2’54” タップアウト:アームバー
○te-a(AACC/57.60kg)
レフェリー:福田正人
ジャッジ:
和田良覚 (1R 8-10/ )
長瀬達郎 (1R 8-10/ )
柴田 旭 (1R 8-10/ )
※1R、赤・熊谷に減点1(反則:ケージを掴む行為)

■第5試合 DEEPルール フライ級 5分2R
○RYOGA(フリー/56.90kg)
判定2-1
×風我(フリー/56.85kg)
レフェリー:橋本 貴
ジャッジ:
柴田 旭 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)
和田良覚 ○19-19 (1R 9-10/ 2R 10-9)
植松直哉 19-19○ (1R 10-9/ 2R 9-10)

■第4試合 DEEPルール ストロー級 5分2R
○竜己(KRAZY BEE/52.15kg)
KO 2R 2’59” スタンドキック
×キンタ・ジ・エンド(KIBAマーシャルアーツクラブ/52.65kg)
レフェリー:橋本 貴
ジャッジ:
柴田 旭 (1R 10-9/ )
和田良覚 (1R 10-9/ )
植松直哉 (1R 10-9/ )

□第3試合 DEEP JEWELSアマチュアSPルール ストロー級 3分2R
×吉川桃加(禅道会駒ヶ根道場/51.90kg)
判定0-3
○SAKI(K-Clann/51.60kg)
レフェリー:柴田旭
ジャッジ:
豊永 稔 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)
長瀬達郎 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)
橋本 貴 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)

□第2試合 DEEPアマチュアSPルール バンタム級 3分2R
○木村琉音(K-Clann/61.10kg)
KO 1R 0’15” スタンドパンチ
×西原大貴(夕月堂本舗/60.75kg)
レフェリー:柴田 旭

□第1試合 DEEP JEWELSアマチュアSPルール ストロー級 3分2R
○サラ(坂口道場/52.45kg)
TKO 1R 0’16” レフェリーストップ:スタンドパンチ
×野中はる(Y&K ACADEMY/51.10kg)
レフェリー:柴田 旭

大会名:DEEP TOKYO IMPACT 2021 1st Round
開催日:2021年6月19日(土)
会場:東京・ニューピアホール
主催:DEEP事務局
競技オフィシャル:福田正人(HR)、植松直哉(HR)、和田良覚、豊永 稔、長瀬達郎、田澤康宏、橋本 貴、柴田 旭

■第12試合 DEEPルール メガトン級 5分2R
×酒井リョウ(レンジャージム/104.80kg)
KO 1R 0’43” スタンドパンチ
○SAINT(Y&K ACADEMY/103.05kg)
レフェリー:和田良覚

■第11試合 DEEPルール ライト級 5分2R
○鈴木琢仁(ボンサイ柔術/70.50kg)
判定3-0
×石塚雄馬(AACC/70.50kg)
判定3-0 (柴田○19-19/福田○19-19/田澤20-18)
レフェリー:和田良覚
ジャッジ:
田澤康宏 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)
福田正人 ○19-19(1R 10-9/ 2R 9-10)
柴田 旭 ○19-19(1R 10-9/ 2R 9-10)

■第10試合 DEEPルール フライ級 5分2R
○鮎田直人(CAVE/56.85kg)
失格 2R 4’51”
×加藤瑠偉(KRAZY BEE/56.95kg)
レフェリー:長瀬達郎
ジャッジ:
和田良覚 (1R 10-9/ )
柴田 旭 (1R 10-9/ )
福田正人 (1R 9-10/ )
※2R、青・加藤がグラウンド状態の相手選手に対する頭部顔面へのキック攻撃により失格

■第9試合 DEEPルール ウェルター級 5分2R
○グラント・ボグダノフ(米国/KUSSANO TEAM/77.50kg)
Sub 1R 2’05” テクニカルサブミッション:リアネイキッドチョーク
×田中一矢(Tri.H studio成増/75.55kg)
レフェリー:長瀬達郎

■第8試合 DEEP JEWELSルール ミクロ級 5分2R
×KYOKA(SAI-GYM/41.70kg)
判定0-3
○古林礼名(GSB多治見/44.10kg)
レフェリー:田澤康宏
ジャッジ:
和田良覚 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)
長瀬達郎 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)
福田正人 19-19○ (1R 10-9/ 2R 9-10)

■第7試合 DEEPルール メガトン級 5分2R
○KENNY中村(MAXI GYM/113.40kg)
判定3-0
×関野大成(三河幕府/96.00kg)
レフェリー:和田良覚
ジャッジ:
田澤康宏 19-18 (1R 9-10/ 2R 10-8)
長瀬達郎 19-18 (1R 9-10/ 2R 10-8)
福田正人 ○19-19○ (1R 9-10/ 2R 10-9)

■第6試合 DEEPルール フェザー級 5分2R
○吉村海飛(和術慧舟會HEARTS/65.50kg)
Sub 2R 2’02” タップアウト:フロントチョーク
×山口コウタ(パラエストラ八王子/65.60kg)
レフェリー:田澤康宏
ジャッジ:
和田良覚 (1R 9-10/ )
長瀬達郎 (1R 9-10/ )
福田正人 (1R 10-9/ )

■第5試合 DEEPルール ライト級 5分2R
×Street♡★Bob”洸助(LEGION TOP TEAM /ISHITSUNA MMA/70.40kg)
判定0-3
○拳太郎(KRAZY BEE/70.80kg)
レフェリー:長瀬達郎
ジャッジ:
柴田 旭 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)
和田良覚 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)
福田正人 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)

■第4試合 DEEPルール ストロー級 5分2R
○林 豊(パラエストラ柏/52.35kg)
TKO 1R 1’14” レフェリーストップ:グラウンドパンチ
×中村真人(レンジャージム/52.70kg)
1R 1’14” TKO (レフェリーストップ:グラウンドパンチ)
レフェリー:田澤康宏

■第3試合 DEEPルール ストロー級 5分2R
×多胡力翔(ネックスイチムエ/52.55kg)
判定0-3
○根本元太(パラエストラ柏/52.65kg)
レフェリー:田澤康宏
ジャッジ:
柴田 旭 17-20 (1R 9-10/ 2R 8-10)
和田良覚 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)
福田正人 17-20 (1R 8-10/ 2R 9-10)

■第2試合 DEEPルール フェザー級 5分2R
×渡辺 純(リバーサルジム立川ALPHA)
Sub 2R 3’22” タップアウト:リアネイキッドチョーク
○高橋辰也(和術慧舟會HERATS)
レフェリー:橋本 貴
ジャッジ:
柴田 旭 (1R 9-10/ )
和田良覚 (1R 10-9/ )
福田正人 (1R 10-9/ )

□第1試合 DEEP JEWELSアマチュアSPルール ストロー級 3分2R
○高本千代(高本道場/51.95kg)
Sub 2R 0’48” テクニカルサブミッション:アームバー
×愛温(CAVE/51.85kg)
レフェリー:柴田 旭
ジャッジ:
橋本 貴 (1R 9-10/ )
長瀬達郎 (1R 9-10/ )
福田正人 (1R 9-10/ )

2021年6月13日に東京ドームで開催された「RIZIN.28」よりRIZIN MMAルールの試合におけるワセリン塗布が解禁されました。

RIZIN MMAルールに出場する選手は、試合前とインターバル中に競技オフィシャルからワセリンを塗布されから試合に臨むこととなります。

(写真は競技オフィシャルによるワセリン塗布の様子)

RIZINアンバサダーのくるみさんが過去にJMOCレフェリー&ジャッジ基礎講習に参加されたことがある旨をYouTubeで公言されていました。
今後もどなたでも気軽に参加できる講習会を企画して参ります。

▼RIZIN.28を終えて|KURUMI CHANNEL
(4分29秒より)

2021年6月13日に東京ドームで開催された「RIZIN.28」の大会終了後、リング上をお借りして「和田良覚レフェリー デビュー30周年セレモニー」を実施させていただきました。

セレモニーではJMOCより、クリスタル記念盾が贈呈され、最後は長尾迪様のご協力により集合記念写真の撮影を行いました。

撮影にご協力いただきました長尾迪様、また、セレモニースペースをご提供いただきましたRIZIN事務局様に心より感謝申し上げます。

大会名:RIZIN.28
開催日:2021年6月13日(日)
会場:東京・東京ドーム
主催:RIZIN FIGHTING FEDERATION
競技オフィシャル:
福田正人(HR)、豊永 稔(HRA)、和田良覚、長瀬達郎、片岡誠人、田澤康宏、松宮智生、大藪吉郁、五十嵐智子、内田龍介、李昌賢、鍋久保雄太、橋本 貴、土佐浩章、赤坂大将、柴田 旭、和久裕治、北森代紀

■第10試合 RIZIN MMAルール 66.00kg契約 5分3R
×朝倉未来(トライフォース赤坂/66.00kg)
Sub 2R 1’51” テクニカルサブミッション:三角絞め
○クレベル・コイケ(ブラジル/ボンサイ柔術/65.85kg)
レフェリー:和田良覚

■第8試合 RIZINライト級王座決定戦 RIZIN MMAルール 5分3R
×トフィック・ムサエフ(アゼルバイジャン/オリオン・ファイト・クラブ/70.45kg)
Sub 1R 1’12” タップアウト:三角絞め
○ホベルト・サトシ・ソウザ(ブラジル/ボンサイ柔術/70.90kg)
レフェリー:和田良覚
※ソウザが新王者に

■第7試合 RIZIN JAPAN GRAND PRIX 2021バンタム級トーナメント一回戦 RIZIN MMAルール 61.00kg契約 5分3R
○朝倉 海(トライフォース赤坂/60.70kg)
TKO 1R 3’22” レフェリーストップ:グラウンドパンチ
×渡部修斗(ストライプル新百合ヶ丘/60.75kg)
レフェリー:豊永 稔

■第6試合 RIZIN JAPAN GRAND PRIX 2021バンタム級トーナメント一回戦 RIZIN MMAルール 61.00kg契約 5分3R
×石渡伸太郎(CAVE/61.00kg)
TKO 1R 1’58” レフェリーストップ:グラウンドでのキック
○井上直樹(セラ・ロンゴ・ファイトチーム/60.95kg)
レフェリー:福田正人

■第5試合 RIZIN JAPAN GRAND PRIX 2021バンタム級トーナメント一回戦 RIZIN MMAルール 61.00kg契約 5分3R
○扇久保博正(パラエストラ松戸/60.75kg)
判定3-0
×春日井“寒天”たけし(志村道場/60.85kg)
レフェリー:田澤康宏
ジャッジ:
豊永 稔/赤・扇久保 [D 0-0/ A 0-0/ G 20-0]
片岡誠人/赤・扇久保 [D 0-0/ A 30-0/ G 20-0]
大藪吉郁/赤・扇久保 [D 0-0/ A 0-0/ G 20-0]
>>>RIZIN FF STATS

■第4試合 RIZIN JAPAN GRAND PRIX 2021バンタム級トーナメント一回戦 RIZIN MMAルール 61.00kg契約 5分3R
○元谷友貴(フリー/60.90kg)
判定3-0
×岡田 遼(パラエストラ千葉/60.95kg)
レフェリー:福田正人
ジャッジ:
和田良覚/赤・元谷 [D 0-0/ A 0-0/ G 20-0]
片岡誠人/赤・元谷 [D 0-0/ A 30-0/ G 20-0]
大藪吉郁/赤・元谷 [D 0-0/ A 30-0/ G 20-0]
>>>RIZIN FF STATS

■第3試合 RIZIN MMAルール 66.00kg契約 5分3R
○斎藤 裕(パラエストラ小岩/65.70kg)
判定2-1
×ヴガール・ケラモフ(アゼルバイジャン/オリオン・ファイト・クラブ/65.60kg)
レフェリー:片岡誠人
ジャッジ:
豊永 稔/赤・斎藤 [D 0-0/ A 0-0/ G 0-20]
松宮智生/青・ケラモフ [D 0-0/ A 0-30/ G 0-20]
大藪吉郁/赤・斎藤 [D 0-0/ A 0-0/ G 0-20]
※2R、青・ケラモフにイエローカードを提示(反則:レフェリーによる「注意」宣告後もロープを掴む行為および対戦相手のコスチュームを掴み自身の体勢をコントールする行為を続けた為/▲20)
>>>RIZIN FF STATS

■第2試合 RIZIN MMAルール 120.00kg契約 5分3R
○シビサイ頌真(パラエストラ東京/111.40kg)
Sub 3R 1’38” タップアウト:リアネイキッドチョーク
×スダリオ剛(フリー/118.65kg)
レフェリー:片岡誠人

■第1試合 RIZIN MMAルール 73.00kg契約 5分3R
○弥益ドミネーター聡志(team SOS/72.30kg)
判定2-1
דブラックパンサー”ベイノア(極真会館/72.85kg)
レフェリー:松宮智生
ジャッジ:
豊永 稔/青・ベイノア [D 0-50/ A 0-30/ G 0-20]
片岡誠人/赤・弥益 [D 0-50/ A 0-30/ G 20-0]
大藪吉郁/赤・弥益 [D 0-50/ A 0-30/ G 20-0]
※1R、青・ベイノアにイエローカードを提示(反則:ロープを掴む行為/▲20)
※2R終了時、青・ベイノアにレッドカードを提示(反則:ロープを掴む行為/▲50)
>>>RIZIN FF STATS

(STATS提供:RIZIN FF)

2021年6月13日 東京ドーム「RIZIN.28」
JMOCハンドラッピングサービス

JMOC競技オフィシャルによるハンドラッピングサポートサービスに
9名の選手よりご予約をいただきました。

各選手の時間を指定させていただきましたので、
指定の時間にハンドラップセットを持参の上、
チェックブースまでお越しください。
※帯同セコンドは1名までとなります。
※選手、セコンドは必ずマスクをご着用ください。

>>>RIZIN.28/ JMOCハンドラッピングサービスTIMETABLE

【清和大学ホームページ】
http://www.seiwa-univ.ac.jp/news/news_20210608.html

オーストラリアから日本の格闘技をより多くの人々に広めるために立ち上げられたサイト“The Fighter”。
最新記事のテーマは「RIZINの新ルール、ジャッジの技術、そしてJMOCについて」。
たいへん興味深い内容です。

Musings on new RIZIN rules, the art of judging and JMOC

JMOCについて書かれた最後のパラグラフのみ仮訳でご紹介。

「ジャッジ基準を完璧にすること、および『ジャッジング・ジャッジ』の文化をなくすことは、MMAにおいて解決困難な課題であることは間違いない。しかし、いずれにせよ、JMOCのような第三者機関の存在は、このスポーツとファンの両方を改善し、教育することを継続的に指向するものであり、日本のMMAにとって非常にポジティブな側面である。RIZIN東京ドーム大会から、MMA全試合で顔面への肘打撃が認められるようになったことで、ルールやレギュレーションがどのように発展しているくのかが興味深い。」

大会名:プロフェッショナル修斗公式戦 PROFESSIONAL SHOOTO 2021 Vol.3 Supported by ONE Championship
開催日:2021年5月16日(日)
会場:東京・後楽園ホール
主催:株式会社サステイン
競技オフィシャル:
片岡誠人、福田正人、橋本 貴、柴田 旭、五十嵐智子

※試合結果は一般社団法人日本修斗協会公式ウェブサイトより

[メインイベント/第11試合]ライト級5分3R
×大尊 伸光(野田ボディビル同好会)70.3kg
S 2R 4’53”
○西川 大和(西川道場)69.7kg
※三角絞め
[レフェリー]片岡誠人
[サブレフェリー]
福田正人 1R 10-9
柴田 旭 1R 10-9
橋本 貴 1R 10-9

[セミファイナル/第10試合]フェザー級5分3R
○内藤 太尊(roots)65.8kg
KO 2R 4’59”
×宇野 薫(UNO DOJO)65.7kg
[レフェリー]福田正人
[サブレフェリー]
片岡誠人 1R 9-10
柴田 旭 1R 9-10
橋本 貴 1R 9-10

[第9試合]フライ級5分3R
×清水 清隆(TRIBE TOKYO M.M.A.)56.7kg
判定 0-3
○宇田 悠斗(総合格闘技道場HOPE)56.7kg
[レフェリー]福田正人
[サブレフェリー]
片岡誠人 27-29(1R 9-10/2R 8-10/3R 10-9)
柴田 旭 27-30(1R 9-10/2R 9-10/3R 9-10)
橋本 貴 27-29(1R 9-10/2R 8-10/3R 10-9)

[第8試合]バンタム級5分3R
○加藤 ケンジ(K.O.SHOOTO GYM)61.2kg
TKO 3R 4’43”
×坂巻 魁斗(パラエストラ柏)60.8kg
[レフェリー]片岡誠人
[サブレフェリー]
福田正人 1R 10-9/2R 10-9
柴田 旭 1R 10-9/2R 10-9
橋本 貴 1R 10-9/2R 10-9

[第7試合]インフィニティリーグ2020バンタム級5分2R
△石井 逸人(勝ち点7/TRIBE TOKYO M.M.A.)61.2kg
ドロー 0-0
△野尻 定由(勝ち点4/赤崎道場A-SPIRIT)61.2kg
※両選手が1点を獲得。(石井が累計8P、野尻が累計5P)
[レフェリー]福田正人
[サブレフェリー]
片岡誠人 19-19(1R 10-9/2R 9-10)
柴田 旭 19-19(1R 10-9/2R 9-10)
橋本 貴 19-19(1R 10-9/2R 9-10)

[第6試合]インフィニティリーグ2020バンタム級5分2R
○小野島 恒太(勝ち点4/CombatWorkoutDiamonds)61.1kg
判定 3-0
×一條 貴洋(勝ち点1/ブレイブハート)61.2kg
※勝利した赤:小野島が勝ち点2を獲得。(累計6P)
[レフェリー]福田正人
[サブレフェリー]
片岡誠人 20-18(1R 10-9/2R 10-9)
柴田 旭 20-18(1R 10-9/2R 10-9)
橋本 貴 20-18(1R 10-9/2R 10-9)

[第5試合]トライアウトルール フェザー級3分2R
×村山 大介(マスタージャパン東京)65.5kg
判定 0-3
○平沼 ヤマト(佐山道場)65.7kg
[レフェリー]片岡誠人
[サブレフェリー]
福田正人 18-20(1R 9-10/2R 9-10)
柴田 旭 18-20(1R 9-10/2R 9-10)
橋本 貴 18-20(1R 9-10/2R 9-10)

[第4試合]女子スーパーアトム級5分2R
○杉本 恵(AACC)49.9kg
S 1R 1’31”
×檜山 美樹子(ナゴヤファイトクラブ)50.0kg
※スリーパーホールド
[レフェリー]福田正人

[第3試合]女子スーパーアトム級5分2R
○中村 未来(マルスジム)49.9kg
TKO 2R 3’07”
×北野 きゅう(高田馬場道場)49.9kg
※コーナーストップ(注釈)
[レフェリー]片岡誠人
[サブレフェリー]
福田正人  1R 10-9
柴田 旭  1R 10-9
五十嵐智子 1R 10-9

[第2試合]女子スーパーアトム級5分2R
△小生 由紀(グランドスラム沖縄APP)50.0kg
ドロー 0-0
△澤田 千優(AACC)49.3kg
[レフェリー]片岡誠人
[サブレフェリー]
福田正人  19-19(1R 9-10/2R 10-9)
橋本 貴  19-19(1R 9-10/2R 10-9)
五十嵐智子 19-19(1R 9-10/2R 10-9)

[第1試合]女子ストロー級5分2R
×宝珠山 桃花(赤崎道場A-SPIRIT)51.8kg
TKO 2R 1’47”
○柳 仙香(ALLIANCE)51.9kg
※レフェリーストップ
[レフェリー]片岡誠人
[サブレフェリー]
福田正人  1R 8-10
橋本 貴  1R 9-10
五十嵐智子 1R 8-10

 

2021年4月25日に開催された「アマチュア修斗エクストラトーナメント2020 vol.2」大会内にて競技オフィシャル実地訓練を実施させていただきました。

実地訓練開催にあたり、ご協力いただきました一般社団法人日本修斗協会様ならびに佐藤ルミナ様に心から感謝申し上げます。


JMOC ALL JAPAN REFEREE CARAVAN 2021
JMOC競技オフィシャル実地訓練 in田町

アマチュア修斗エクストラトーナメント2020 vol.2
日時:2021年4月25日(日)10:00〜
場所:スタンドアウト田町芝浦スタジオ

■レフェリー・トレーニング
参加者2名(橋本 貴、柴田 旭)
インストラクター:片岡誠人

 

この投稿をInstagramで見る

 

JMOC | 一般社団法人日本MMA審判機構(@mmaofficials_jp)がシェアした投稿

平素はひとかたならぬ御愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。 また新型コロナウイルスによる感染症につきまして、
罹患された皆様に心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早い回復と事態終息をお祈りいたします。

この度当機構では、感染防止の観点より、4/25(日)〜5/11(火)まで、事務局敷地内での対面研修等の実施を休止とさせていただき、
休止期間中の研修等は全面的にオンラインでの実施とさせていただきます。

なお、期日の延長等が発生する際は、当ホームページにてご案内させていただきます。

ご不便をおかけいたしますが、ご理解、ご協力を賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

■対面研修等休止期間■
2021年4月25日〜5月11日
※5/11追記:2021年5月12日以降も当面の間、事務局での対面研修等を休止とさせていただきます。再開時は当ページにてご案内いたします。

■使用停止施設■
一般社団法人日本MMA審判機構 事務局
(東京都中央区八丁堀 2-30-16)


問い合わせ先:
一般社団法人日本 MMA 審判機構 事務局
〒104-0032 東京都中央区八丁堀2丁目30-16
e-mail:jmoc.mma@gmail.com

2021.4.18 沖縄・コザミュージックタウン音市場
THE SHOOTO OKINAWA vol.4
今年で4年目、今大会で4回目となるTheパラエストラ沖縄主催プロ修斗興行「THE SHOOTO OKINAWA」ですが、今大会もJMOCより数名が競技オフィシャルとして参加させていただきました。
関係者の皆様の大変なご苦労と努力に心より感謝申し上げます。

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

2021年4月11日に開催された「アマチュア修斗エクストラトーナメント2020 vol.1」大会内にて競技オフィシャル実地訓練を実施させていただきました。

実地訓練開催にあたり、ご協力いただきました一般社団法人日本修斗協会様ならびに佐藤ルミナ様に心から感謝申し上げます。


JMOC ALL JAPAN REFEREE CARAVAN 2021
JMOC競技オフィシャル実地訓練 in田町

アマチュア修斗エクストラトーナメント2020 vol.1
日時:2021年4月11日(日)10:00〜
場所:スタンドアウト田町芝浦スタジオ


■レフェリー・トレーニング

参加者2名(長瀬達郎、柴田 旭)
インストラクター:片岡誠人

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

今大会からの新たな試み。構想から約3年、今回の実現に向けてご尽力いただきました関係者様に心から感謝申し上げます。

大会数日後に開催される「フォローアップ・ミーティング」やJMOCコミュニティ「ジャッジ・トレーニング」などで本データを取り上げ、競技オフィシャルのジャッジング・スキル向上に向けて有効活用させていただきたく存じます。

ファンの方にとっても楽しく観戦するツールの一つになるかもしれません。

2021年3月21日(日)に日本ガイシホールにて開催されたYogibo presents RIZIN.27の第10試合 スダリオ剛 vs. 宮本和志について、RIZIN FF競技オフィシャルチーム(RIZIN競技運営機構)は、RIZIN MMA公式ルール第26条第2項および第3項に基づき、同試合の選手およびセコンドに次のとおりペナルティを課すことといたします。

◎ペナルティ内容
赤コーナー・スダリオ剛 レッドカード(罰金:ファイトマネー25%相当)
試合後に行われた反則:KOにて試合終了後、レフェリーの試合停止指示に従わず相手選手に攻撃を続けた(第25条(27)(28))。
宮本和志選手セコンド・内田ノボル 警告
セコンド規定違反:相手選手への暴力行為(第29条(11))。
スダリオ剛選手セコンド・エンセン井上 注意
セコンド規定違反:相手選手セコンドの暴力行為に応戦。競技役員の停止指示に従わずに応戦をやめなかった(第29条(13))。
(参考)関連規定
第25条(反則行為)
(27)ラウンド終了の合図が鳴らされたあとでの相手への攻撃
(28)審判員の指示を著しく無視する
第26条(試合前・後に行われた反則の処置)
2 試合前後において試合場、バックステージを問わず、ドクター含む競技役員の指示に従わない場合も、減点もしくは失格など試合中と同様のペナルティが与えられる場合がある。
3 試合終了後に反則が行われた場合、また試合前・中に行なわれた反則が試合後に判明した場合、反則の内容により試合結果が変更される場合がある。
第28条 減点宣告(ペナルティ・カードの提示)の罰金は、次に掲げる各号のとおりとする。
(2)レッドカード宣告1回につき、ファイトマネー25%相当額
第29条(セコンド)
11セコンドは相手選手および審判員への罵倒、侮辱、暴力行為を行なってはならない。
13セコンド及び当該選手の関係者が、試合前後において試合場、バックステージを問わず、競技役員の指示に従わない場合、イエローカードもしくはレッドカードが提示され、試合中と同様のペナルティが当該選手に与えられる場合がある。
https://jp.rizinff.com/_ct/17440059

大会名:RIZIN.27
開催日:2021年3月21日(日)
会場:愛知・日本ガイシホール
主催:RIZIN FIGHTING FEDERATION
競技オフィシャル:
福田正人(HR)、豊永 稔(HRA)、和田良覚、田澤康宏、片岡誠人、松宮智生、大藪吉郁、五十嵐智子、橋本 貴、内田龍介、新井誠介、李昌賢、赤坂大将、安芸佳孝、柴田 旭、岡田剛史、鍋久保雄太、豊島孝尚、磯 英弥、北森代紀

■第14試合 RIZIN女子スーパーアトム級タイトルマッチRIZIN MMAルール(肘有り) 5分3R
○浜崎朱加(王者/AACC/48.75kg)
判定2-1
×浅倉カンナ(挑戦者/パラエストラ松戸/48.65kg)
レフェリー:福田正人
ジャッジ:
豊永 稔/赤・浜崎 [D 50-0/ A 30-0/ G 20-0]
片岡正人/赤・浜崎 [D 50-0/ A 30-0/ G 0-20]
大藪吉郁/青・浅倉 [D 0-0/ A 0-30/ G 0-20]
※浜崎が王座防衛

■第13試合 RIZIN MMAルール(肘無し) 71.00kg契約 5分3R
○ホベルト・サトシ・ソウザ(ブラジル/ボンサイ柔術/70.75kg)
Sub 1R 1’44” タップアウト:三角絞め
×徳留一樹(パラエストラ八王子/70.95kg)
レフェリー:片岡誠人

■第12試合 RIZIN MMAルール(肘有り) 71.00kg契約 5分3R
○武田光司(BRAVE/70.80kg)
判定3-0
×久米鷹介(ALIVE/71.00kg)
レフェリー:福田正人
ジャッジ:
豊永 稔/赤・武田 [D 50-0/ A 30-0/ G 20-0]
大藪吉郁/赤・武田 [D 50-0/ A 30-0/ G 20-0]
松宮智生/赤・武田 [D 0-0/ A 30-0/ G 20-0]

■第11試合 RIZIN MMAルール(肘有り) 66.00kg契約 5分3R
○クレベル・コイケ(ブラジル/ボンサイ柔術/65.85kg)
Sub 2R 3’02” タップアウト:三角絞め
×摩嶋一整(毛利道場/66.00kg)
レフェリー:片岡誠人

■第10試合 RIZIN MMAルール(肘有り) 120.00kg契約 5分3R
○スダリオ剛(フリー/115.40kg)
KO 1R 0’08” スタンドパンチ
×宮本和志(和志組/112.35kg)
レフェリー:和田良覚
※試合終了後に行われた反則に対し、赤・スダリオに罰金(レッドカード:KOにて試合終了後、レフェリーの試合停止指示に従わず相手選手に攻撃を続けた)
※試合終了後のセコンド規定違反に対し青・宮本のセコンド・内田ノボル氏に警告(相手選手への暴力行為)
※試合終了後のセコンド規定違反に対し赤・スダリオのセコンド・エンセン井上氏に注意(相手選手セコンドの暴力行為に応戦。競技役員の停止指示に従わずに応戦をやめなかった)
>>>Yogibo presents RIZIN.27 第10試合 スダリオ剛vs.宮本和志について(RIZIN FF公式)

■第9試合 RIZIN KICKルール 61.00kg契約 3分3R
○大雅(TRY HARD GYM/61.00kg)
判定3-0
×基山幹太(BELLWOOD FIGHT TEAM/60.95kg)
レフェリー:和田良覚
ジャッジ:
松宮智生 30-27 (1R 10-9/ 2R 10-9/ 2R 10-9)
片岡誠人 30-28 (1R 10-9/ 2R 10-10/ 2R 10-9)
大藪吉郁 30-27 (1R 10-9/ 2R 10-9/ 2R 10-9)

■第8試合 RIZIN MMAルール(肘有り) 66.00kg契約 5分3R
×関 鉄矢(SONIC SQUAD/65.95kg)
TKO 3R 1’16” レフェリーストップ:グラウンドパンチ
○堀江圭功(ALLIANCE/66.00kg)
レフェリー:片岡誠人

■第7試合 RIZIN MMAルール(肘有り) 61.00kg契約 5分3R
×祖根寿麻(ZOOMER/60.95kg)
KO 1R 0’27” スタンドパンチ
○獅庵(パラエストラ大阪/60.85kg)
レフェリー:田澤康宏

■第6試合 RIZIN MMAルール(肘有り) 61.00kg契約 5分3R
○渡部修斗(ストライプル新百合ヶ丘/60.55kg)
Sub 2R 4’13” タップアウト:リアネイキッドチョーク
×田丸 匠(NASCER DO SOL/61.00kg)
レフェリー:福田正人

■第5試合 RIZIN MMAルール(肘有り) 57.00kg契約 5分3R
○村元友太郎(ALIVE/56.95kg)
KO 1R 2’37” スタンドパンチ
×山本聖悟(フリー/56.80kg)
レフェリー:田澤康宏

■第4試合 RIZIN KICKルール 53.00kg契約 3分3R
△佐藤執斗(グラップリングシュートボクサーズ/53.00kg)
判定0-1
△國本真義(MEIBUKAI/52.85kg)
レフェリー:和田良覚
ジャッジ:
豊永 稔 28-29 (1R 10-9/ 2R 9-10/ 2R 9-10)
片岡誠人 29-29 (1R 10-9/ 2R 10-10/ 2R 9-10)
大藪吉郁 29-29 (1R 10-9/ 2R 10-10/ 2R 9-10)

■第3試合 RIZIN KICKルール 64.00kg契約 3分3R
―桜井 力(COMRADE GYM/65.95kg)
ノーコンテスト 1R 0’43”
―吉田 陸(SPLASH/63.70kg)
1R 0’43” 無効試合 (桜井が左ストレートで吉田をKO)
レフェリー:豊永 稔
※試合開始前、赤・桜井にレッドカード・減点2を提示(規定体重を1.95kg超過のため)
※規定体重をクリアした青・吉田が勝利しなかったためノーコンテストとなる。

■第2試合 RIZIN KICKルール 55.00kg契約 3分3R
○内藤凌太(BELLWOOD FIGHT TEAM/54.90kg)
判定3-0
×弘樹(Y’ZD南堀江GYM/54.90kg)
レフェリー:豊永 稔
ジャッジ:
和田良覚 30-28 (1R 10-10/ 2R 10-9/ 2R 10-9)
片岡誠人 30-27 (1R 10-9/ 2R 10-9/ 2R 10-9)
大藪吉郁 30-28 (1R 10-10/ 2R 10-9/ 2R 10-9)

■第1試合 RIZIN MMAルール(肘有り) 57.00kg契約 5分3R
×杉山廣平(SPLASH/56.85kg)
TKO 1R 0’33” レフェリーストップ:グラウンドパンチ
○伊藤裕樹(ネックスイチムエ/56.50kg)
レフェリー:田澤康宏

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

大会名:プロフェッショナル修斗公式戦 PROFESSIONAL SHOOTO 2021 Vol.2 Supported by ONE Championship
開催日:2021年3月20日(土)
会場:東京・後楽園ホール
主催:株式会社サステイン
競技オフィシャル:
片岡誠人、豊永 稔、福田正人、橋本 貴、柴田 旭

※試合結果は一般社団法人日本修斗協会公式ウェブサイトより

[メインイベント/第7試合]世界バンタム級チャンピオンシップ5分5R
○岡田 遼(王者・初防衛戦/パラエストラ千葉)61.2kg
判定 3-0
×大塚 隆史(挑戦者・同級1位/T-GRIP TOKYO)61.2kg
※王者:岡田が初防衛に成功。
[レフェリー]片岡誠人
[サブレフェリー]
福田正人 49-46(1R 10-9/2R 10-9/3R 10-9/4R 10-9/5R 9-10)
豊永 稔 48-47(1R 10-9/2R 10-9/3R 10-9/4R 9-10/5R 9-10)
橋本 貴 50-45(1R 10-9/2R 10-9/3R 10-9/4R 10-9/5R 10-9)

[セミファイナル/第6試合]61.2kg契約5分3R
○平良 達郎(世界フライ級1位/THEパラエストラ沖縄)61.1kg
TS 1R 1’01”
×前田 吉朗(世界フライ級5位/パンクラス大阪稲垣組)60.6kg
※スリーパーホールド
[レフェリー]福田正人

[第5試合]65.8kg契約5分3R
×魚井フルスイング(和術慧舟會HEARTS)65.3kg
判定 0-3
○後藤 丈治(TRIBE TOKYO M.M.A.)65.7kg
[レフェリー]福田正人
[サブレフェリー]
柴田 旭 26-30(1R 8-10/2R 9-10/3R 9-10)
豊永 稔 27-30(1R 9-10/2R 9-10/3R 9-10)
橋本 貴 27-30(1R 9-10/2R 9-10/3R 9-10)

[第4試合]77.1kg契約5分2R
×宮路 智之(パラエストラ松戸)72.6kg
TKO 2R 3’18”
○菅原 和政(マスタージャパン福岡)75.4kg
※レフェリーストップ
[レフェリー]片岡誠人
[サブレフェリー]
柴田 旭 1R 9-10
豊永 稔 1R 9-10
橋本 貴 1R 9-10

[第3試合]77.1kg契約5分2R
○マックス・ザ・ボディ(BRAVE)76.6kg
判定 3-0
×上原 平(リバーサルジム横浜グランドスラム)76.5kg
[レフェリー]片岡誠人
[サブレフェリー]
柴田 旭 20-18(1R 10-9/2R 10-9)
豊永 稔 20-18(1R 10-9/2R 10-9)
橋本 貴 20-18(1R 10-9/2R 10-9)

[第2試合]インフィニティリーグ2020バンタム級5分2R
○野尻定由(勝ち点1/赤崎道場A-SPIRIT)65.5kg
S 2R 4’37”
×一條貴洋(勝ち点1/ブレイブハート)65.5kg
※スリーパーホールド
※※勝利した赤:野尻が3ポイント獲得(累計4P)
[レフェリー]片岡誠人
[サブレフェリー]
福田正人 1R 10-9
柴田 旭 1R 10-9
橋本 貴 1R 10-9

[第1試合]61.2kg契約5分2R
×輝龍(roots)60.8kg
S 1R 0’42”
○高橋SUBMISSION雄己(和術慧舟會HEARTS)59.5kg
※ヒールホールド
[レフェリー]福田正人

2021年3月21日 日本ガイシホール「RIZIN.27」
JMOCハンドラッピングサービス

JMOC競技オフィシャルによるハンドラッピングサポートサービスに
12名の選手よりご予約をいただきました。

各選手の時間を指定させていただきましたので、
指定の時間にハンドラップセットを持参の上、
チェックブースまでお越しください。
※帯同セコンドは1名までとなります。
※選手、セコンドは必ずマスクをご着用ください。

>>>RIZIN.27/ JMOCハンドラッピングサービスTIMETABLE

大会名:DEEP TOKYO IMPACT 2021
開催日:2021年3月13日(土)
会場:東京・新宿FACE
主催:DEEP事務局
競技オフィシャル:福田正人(HR)、豊永 稔、長瀬達郎、橋本 貴、五十嵐智子、柴田 旭

■第10試合 DEEPルール フェザー級 5分3R
×横山京亮(フリー/66.0kg)
TKO 3R 3’50” レフェリーストップ:グラウンドでの肘打撃
○平田直樹(K-Clann/66.25kg)
レフェリー:福田正人
ジャッジ:
豊永 稔 (1R 9-10/ 2R 9-10/)
長瀬達郎 (1R 9-10/ 2R 9-10/)
橋本 貴 (1R 9-10/ 2R 10-9/)

■第9試合 DEEPルール ライト級 5分2R
×鈴木琢仁(Bonsai Jiu-Jitsu/70.35kg)
判定1-2
○大木良太(KRAZY BEE/70.60kg)
レフェリー:福田正人
ジャッジ:
豊永 稔 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)
長瀬達郎 19-19○(1R 10-9/ 2R 9-10)
橋本 貴 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)

■第8試合 DEEPルール フライ級 5分2R
×加藤瑠偉(KRAZYBEE/57.10kg)
判定0-3
○本田良介(CAVE/57.20kg)
ジャッジ:
豊永 稔 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)
長瀬達郎 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)
橋本 貴 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)

■第7試合 DEEPルール ライト級 5分2R
○石塚雄馬(AACC/70.35kg)
判定3-0
×ケンヤスキー(ALIVE沖縄/SHIMAZILIANS /70.70kg)
ジャッジ:
豊永 稔 19-18 (1R 9-10/ 2R 10-8)
長瀬達郎 20-17 (1R 10-9/ 2R 10-8)
橋本 貴 19-18 (1R 9-10/ 2R 10-8)

■第6試合 DEEPルール 72.00kg契約 5分2R
×Street★Bob”洸助(LEGION TOP TEAM /ISHITSUNA MMA/71.70kg)
S 1R 3’09” タップアウト:膝十字固め
○泰斗(高本道場/真月流/71.50kg)
レフェリー:橋本 貴

■第5試合 DEEPルール ライトヘビー級 5分2R
○関野大成(三河幕府/92.40kg)
TKO 1R 3’50” レフェリーストップ:スタンドパンチ
×Garry(K-Clann/89.85kg)
レフェリー:橋本 貴

■第4試合 DEEPルール ストロー級 5分2R
×キンタ・ジ・エンド(KIBAマーシャルアーツクラブ/52.40kg)
判定0-3
○根本元太(パラエストラ柏/52.25kg)
レフェリー:福田正人
ジャッジ:
橋本 貴 17-20 (1R 9-10/ 2R 8-10)
豊永 稔 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)
柴田 旭 16-20 (1R 8-10/ 2R 8-10)

■第3試合 DEEPルール フェザー級 5分2R
−佐々木由大(トライフォース赤坂/65.95kg)
中止
−佐藤拳駿(OOTADOJO/64.60kg)
※赤・佐々木が計量合格後に体調不良により欠場

■第2試合 DEEPルール フライ級 5分2R
×森脇公三(トイカツ道場/56.50kg)
判定1-2
○梅木勇徳(パラエストラ千葉/57.00kg)
レフェリー:橋本 貴
ジャッジ:
豊永 稔 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)
五十嵐智子 ○19-19 (1R 9-10/ 2R 10-9)
柴田 旭 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)

■第1試合 DEEPルール バンタム級 5分2R
○松丸息吹(パラエストラ千葉/61.35kg)
S 2R 3’21” タップアウト:リアネイキッドチョーク
×福地椋河 (フリー/61.35kg)
レフェリー:橋本 貴
ジャッジ:
豊永 稔 (1R 9-10/ )
五十嵐智子 (1R 9-10/ )
柴田 旭 (1R 9-10/ )

2021年3月13日に新宿FACEで開催された「DEEP フューチャーキングトーナメント」大会内にてJMOCコミュニティ会員向けの実地訓練を実施いたしました。

近い将来、受講生の中から、プロイベントへの登用が実現することを期待しております。

実地訓練の実施にあたって、ご協力いただきましたDEEP事務局様に心より感謝申し上げます。


JMOCコミュニティ 競技オフィシャル実地訓練 in 新宿
■レフェリー・トレーニング
参加者3名(長瀬達郎、橋本 貴、柴田 旭)
インストラクター:豊永 稔、福田正人
■ジャッジ・トレーニング
参加者1名(男性)
インストラクター:福田正人
■インスペクター・トレーニング
参加者2名(男性/女性)
インストラクター:田澤康宏

プロ・マッチ7試合(不戦勝を除く)の中で、ジャッジのスコアリングを経たラウンドが計10ラウンド、そのうち6ラウンドに「10-8」のスコアが含有。これら6ラウンドにおける「10-8」の一致率は約8割(当該ラウンドの採点に関わったジャッジのべ24名のうち19名が「10-8」。79.2%の一致率)。
また、これらのうち、4つラウンドが全員一致の「10-8」。これまでなら「10-9」だったかもしれないラウンドがいくつもあるなかで、今大会のジャッジは何を意味するのか? 判定の要素「3D」とは?

▼2021年3月7日 DEEP JEWELS 32 試合結果
https://deepmma.amebaownd.com/posts/15436068

JMOCコミュニティならびに各プロモーション競技運営機構では、これまでルール講習、レフェリー&ジャッジセミナー、海外オフィシャルとのディスカッション、フォローアップミーティングなどを開催してきました。DEEP JEWELS 32は、これまでの学びの成果が顕著に現れた大会となりました。

【JMOCコミュニティ】
https://community.camp-fire.jp/projects/view/248514

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

大会名:DEEP JEWELS 32
開催日:2021年3月7日(日)
会場:東京・後楽園ホール
主催:DEEP事務局
競技オフィシャル:福田正人(HR)、植松直哉(HR)、和田良覚、豊永 稔、松宮智生、田澤康宏、橋本 貴、五十嵐智子、柴田 旭

■第8試合 DEEP JEWELSアトム級GP 2021 トーナメント1回戦 5分2R
○大島沙緒里(AACC/47.50kg)
S 1R 0’45” タップアウト:アームロック
×富松恵美(パラエストラ松戸/47.60kg)
レフェリー:福田正人
※大島がトーナメント準決勝に進出

■第7試合 DEEP JEWELSアトム級GP 2021 トーナメント1回戦 5分2R
○パク・シウ(TEAM MAD/47.60kg)
判定5-0
×にっせー(フリー/47.35kg)
レフェリー:植松直哉
ジャッジ:
福田正人 20-17 (1R 10-9/ 2R 10-8)
豊永 稔 20-17 (1R 10-9/ 2R 10-8)
松宮智生 20-17 (1R 10-9/ 2R 10-8)
和田良覚 20-17 (1R 10-9/ 2R 10-8)
田澤康宏 20-17 (1R 10-9/ 2R 10-8)
※シウがトーナメント準決勝に進出

■第6試合 DEEP JEWELSアトム級GP 2021 トーナメント1回戦 5分2R
○村上彩(フリー/46.85kg)
失格:さくら計量不合格により試合中止
×さくら(フリー/48.95kg)
>>DEEP JEWELS 32 第6試合/村上 vs. さくらについて
レフェリー:和田良覚
※村上がトーナメント準決勝に進出

■第5試合 DEEP JEWELSアトム級GP 2021 トーナメント1回戦 5分2R
○青野ひかる(ストライプル新百合ヶ丘/47.50kg)
判定5-0
×佐藤絵実(毛利道場/47.30kg)
レフェリー:松宮智生
ジャッジ:
植松直哉 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)
豊永 稔 20-17 (1R 10-9/ 2R 10-8)
福田正人 20-17 (1R 10-8/ 2R 10-9)
和田良覚 20-18 (1R 10-8/ 2R 10-8)
田澤康宏 20-17 (1R 10-8/ 2R 10-9)
※青野がトーナメント準決勝に進出

■第4試合 DEEP JEWELSグラップリング特別ルール(判定無し) 54.00kg契約 5分1R
○伊澤星花(高本道場/52.45kg)
S 1R 0’58” タップアウト:リアネイキッドチョーク
×杉本恵(AACC/53.60kg)
レフェリー:和田良覚

■第3試合 DEEP JEWELSルール フライ級 5分2R
○奈部ゆかり(リバーサルジム新宿Me,We/56.90kg)
判定5-0
×ミッコ・ニルバーナ(AACC/56.70kg)
レフェリー:田澤康宏
ジャッジ:
植松直哉 20-17 (1R 10-8/ 2R 10-9)
柴田 旭 20-17 (1R 10-8/ 2R 10-9)
福田正人 20-17 (1R 10-8/ 2R 10-9)

■第2試合 DEEP JEWELSルール ストロー級 5分2R
×アミバ(AACC/52.95kg)
判定0-3
○藤田翔子(リバーサルジム新宿Me,We/52.70kg)
>>DEEP JEWELS 32 第2試合/アミバ vs. 藤田について
レフェリー:植松直哉
ジャッジ:
豊永 稔 15-20 (1R 8-10/ 2R 8-10/ 減点1)
橋本 貴 15-20 (1R 8-10/ 2R 8-10/ 減点1)
福田正人 15-20 (1R 8-10/ 2R 8-10/ 減点1)
※1R、赤・アミバに減点1(体重超過0.5kg未満)

■DEEP JEWELSルール 55.00kg契約 5分2R
×ケイト・ロータス(KING GYM KOBE/54.15kg)
判定0-3
○HIME(毛利道場)/54.40kg)
レフェリー:福田正人
ジャッジ:
豊永 稔 19-19○ (1R 10-9/ 2R 9-10)
橋本 貴 19-19○ (1R 10-9/ 2R 9-10)
和田良覚 19-19○ (1R 10-9/ 2R 9-10)

オープニングファイト
□DEEP JEWELSアマチュアSPルール 51.00kg以下 3分2R
×吉川桃加(禅道会駒ヶ根道場)
判定1-2
○堀井かりん(リバーサリジム東京スタンドアウト)
レフェリー:橋本 貴
ジャッジ:
松宮智生 ○19-19 (1R 10-9/ 2R 9-10)
柴田 旭 19-19○ (1R 10-9/ 2R 9-10)
五十嵐智子 19-19○ (1R 10-9/ 2R 9-10)

□アマチュアKICK 53.00kg以下 1分30秒2R
サラ(坂口道場)
ラジーナ(コンパス幼保園)
レフェリー:豊永 稔
ジャッジ:
橋本 貴 20-20 (1R 10-10/ 2R 10-10)
柴田 旭 20-19 (1R 10-10/ 2R 10-9)
五十嵐智子 19-19 (1R 9-10/ 2R 10-9)

2021.2.27
JMOC ALL JAPAN REFEREE CARAVAN 2021
JMOC MMAレフェリー&ジャッジ基礎講習

定員上限の20名の方にお申し込みいただき、昨日21時より1時間半という短い時間ではありましたが、オンラインにて開催いたしました。

競技オフィシャル関係者だけでなく、一般ファンの方もRIZINなどのMMA観戦にあたってMMAルールの定義や解釈を知った上でご覧いただくと今以上にMMAを楽しめるかと思いますので、今後もこのような講習をお気軽にご活用ください。

2021年2月21日 DEEP 100 IMPACT 試合結果
大会名:DEEP 100 IMPACT
開催日:2021年2月21日(日)
会場:東京・TDCホール
主催:DEEP事務局
競技オフィシャル:福田正人(HR)、植松直哉、和田良覚、豊永 稔、松宮智生、田澤康宏、橋本 貴、五十嵐智子、柴田 旭

■第13試合 DEEPルール バンタム級 5分3R
○元谷友貴(フリー/61.60kg)
S 1R 2’08” テクニカルサブミッション:リアネイキッドチョーク
×昇侍(トイカツ道場/61.70kg)
レフェリー:福田正人

■第12試合 DEEPルール ライト級 5分3R
×北岡 悟(パンクラスイズム横浜/70.75kg)
TKO 1R 4’43” レフェリーストップ:グラウンドパンチ
○大原樹里(KIBAマーシャルアーツクラブ/70.60kg)
レフェリー:福田正人

■第11試合 DEEPウェルター級暫定王座決定戦 5分3R
○阿部大治(フリー/76.80kg)
TKO 1R 2’34” ドクターストップ:負傷
×レッツ豪太(総合格闘技道場コブラ会/76.85kg)
レフェリー:和田良覚
※阿部が暫定王者に

■第10試合 DEEPフライ級暫定王座決定戦 5分3R
○藤田大和(リバーサルジム新宿Me,We/56.55kg)
TKO 3R 1’38” TKO レフェリーストップ:グラウンドキック
×渋谷カズキ(高本道場/56.25kg)
レフェリー:田澤康宏
ジャッジ:
和田良覚 (1R 10-9/ 2R 10-9/ )
福田正人 (1R 10-9/ 2R 10-8/ )
松宮智生 (1R 10-9/ 2R 10-9/ )
豊永 稔 (1R 10-9/ 2R 10-9/ )
植松直哉 (1R 10-9/ 2R 10-9/ )
※藤田が暫定王者に

■第9試合 DEEPルール フェザー級 5分3R
×牛久絢太郎(K-Clann/66.20kg)
KO 2R 0’26” スタンドでの膝蹴り
○中村大介(夕月堂本舗/66.10kg)
レフェリー:和田良覚
ジャッジ:
豊永   稔 (1R 8-10/ )
松宮智生 (1R 8-10/ ) 
植松直哉 (1R 8-10/ )
※1ラウンド、赤・牛久に減点1(反則:頭突き)

■第8試合 DEEPルール フェザー級 5分3R
×DJ.taiki(パンクラスイズム横浜/66.15kg)
判定0-3
○神田コウヤ(パラエストラ柏/65.75kg)
レフェリー:和田良覚
ジャッジ:
豊永   稔 27-30 (1R 9-10/ 2R 9-10/ 3R 9-10)
松宮智生 27-30 (1R 9-10/ 2R 9-10/ 3R 9-10)
植松直哉 27-30 (1R 9-10/ 2R 9-10/ 3R 9-10)

■第7試合 DEEP JEWELSルール フライ級 5分2R
○杉山しずか(リバーサルジム新宿Me,We/56.80kg)
TKO 1R 2’39” レフェリーストップ:グラウンドパンチ
×栗山 葵(SMOKER GYM/56.45kg)
レフェリー:福田正人

■第5試合 DEEPルール メガトン級 5分2R
○関根“シュレック”秀樹(ボンサイ柔術/Bellwood Fight Team)
KO 1R 0’16” スタンドパンチ
×誠悟(AACC)
レフェリー:和田良覚

■第4試合 DEEPルール バンタム級 5分2R
○CORO(K-Clann/61.45kg)
S 1R 3’43” タップアウト:フロントチョーク
×東 修平(AACC/61.55kg)
レフェリー:松宮智生

■第3試合 DEEPルール バンタム級 5分2R
×ヒロヤ(トライフォース赤坂/61.70kg)
判定0-3
○雅 駿介(CAVE/61.65kg)
レフェリー:田澤康宏
ジャッジ:
植松直哉 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)
橋本 貴 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)
和田良覚 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)

■第2試合 DEEPルール フライ級 5分2R
○安谷屋智弘(フリー/57.05kg)
判定3-0
×松場貴志(パラエストラ加古川/57.05kg)
レフェリー:松宮智生
ジャッジ:
福田正人 ○19-19 (1R 10-9/ 2R 9-10)
橋本 貴 ○19-19 (1R 9-10/ 2R 10-9)
豊永 稔 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)

■第1試合 DEEPルール バンタム級 5分2R
×力也(フリー/61.65kg)
TKO 1R 3’52” レフェリーストップ:グラウンドパンチ
○関原 翔(リバーサル東京スタンドアウト/61.10kg)
レフェリー:田澤康宏

[オープニングファイト]
■第3試合 DEEPルール フェザー級 5分2R
×高塩竜司(KIBAマーシャルアーツクラブ/66.05kg)
S 1R 3’38” タップアウト:アームバー
○山本歩夢(パラエストラ柏/66.25kg)
レフェリー:福田正人

■第2試合 DEEPルール フェザー級 5分2R
○西谷大成(トライフォース赤坂/66.30kg)
S 2R 0’26” タップアウト:ダースチョーク
×井上雄斗(パラエストラ加古川/66.05kg)
レフェリー:橋本 貴
ジャッジ
五十嵐智子 (1R 8-10/ )
豊永 稔 (1R 9-10/ )
植松直哉 (1R 9-10/ )

■第1試合 DEEPルール フライ級 5分2R
○鶴屋 怜(パラエストラ柏/56.50kg)
TKO 2R 2’17” レフェリーストップ:グラウンドパンチ
×竜己(KRAZY BEE/56.20kg)
レフェリー:松宮智生
ジャッジ:
豊永 稔 (1R 10-8/ )
植松直哉 (1R 10-9/ )
柴田 旭 (1R 10-8/ )

JMOCコミュニティ会員限定企画
2021.2.20 JMOC ALL JAPAN REFEREE CARAVAN 2021
JMOC×ジェイソン・ハーゾグ MMA競技オフィシャル デジタルトレーニングセッション
(Asia MMA Judge Training Intro Seminar 2021)

2月20日(土)、MMAトップレフェリー、ジェイソン・ハーゾグ(Jason Herzog)氏と米国のオフィシャル養成機関COMMANDでトレーナーを務めるジェリン・ヴァレル(Jerin Varel)氏を講師に迎え、JMOCコミュニティ会員限定のジャッジ・トレーニングを開催しました。
UFC FIGHT NIGHTのためにラスベガスに滞在中のジェイソン&ジェリンと、日本から参加の9名がオンライン上でディスカッション(通訳あり)。MMAユニファイドルール最新版をもとに、いわゆる「プランA・B・C」などについてのレクチャー、続いて、ハードケース(解釈の難しい事例)の試合映像で模擬ジャッジ。テーマは「10-7の射程」にまで及びました。
3年前であれば違うスコアになっていた試合がいくつもありました。
MMAの判定基準、判定手法も年々ヴァージョンアップされています。
あっというまの充実した2時間でした。
ジェイソン、ジェリン、通訳の柏木さんに心より感謝申し上げます。
*JMOCコミュニティ会員限定・優待企画を今後も開催する予定です。会員随時募集中。
https://community.camp-fire.jp/projects/view/248514


JMOC ALL JAPAN REFEREE CARAVAN 2021
JMOC×ジェイソン・ハーゾグ MMA競技オフィシャル デジタルトレーニングセッション
【概要】
日時:2021年2月20日(土) 14:00〜16:00(日本時間)
開催方法:Zoomミーティング
主 催:一般社団法人日本MMA審判機構
協 力:COMMAND
インストラクター:ジェイソン・ハーゾグ(UFC、Bellator、RIZIN他MMAプロフェッショナル・レフェリー)、ジェリン・ヴァレル(COMMANDトレーナー)
通 訳:柏木信吾(MMAマッチメーカー/RIZIN海外担当)

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

UFCベガス18のメインイベントでレフェリーを務めたジェイソン・ハーゾグ。彼の素晴らしいレフェリー・ストップが賞賛を集めています。

日本のRIZINでも活躍するハーゾグ・レフェリーは、MMA屈指の名レフェリーとしてすでに評価を確立しています。しかし、そんな彼でも、昨年5月、UFC Fight Nightのグローバー・テイシェイラ対アンソニー・スミス戦で、ストップが遅いのではないかと一部から批判を受けました。ハーゾグは、この時、“getting better(〔将来〕もっと良くなる)”と約束をしました。

UFCベガス18のメインイベント、アレキサンダー・ヴォルコフ対アリスター・オーフレイム戦。ヴォルコフは最初から優勢に試合を運び、第1ラウンドでオーフレイムを一度マットに着かせました。しかし、その時は、オーフレイムがファイト・バック。しかし、第2ラウンド、2度目のダウンの時、ハーゾグ・レフェリーは、それが再び起こらないことを確信しました。

MMAレフェリーは、勝利目前の選手が仕上げのパンチを何発かヒットさせるのを待つことが多いのですが、第2ラウンド、ヴォルコフの左フックでオーフレイムが四つん這いになるやいなや、ハーゾクは、必要以上のダメージからオーフレイムを守るために両者の間に足を踏み入れました。素晴らしいストップでした。

“Getting better”の約束を守り続るジェイソン。RIZINで彼と共に働けることは、我々日本のオフィシャルにとって貴重な財産になっています。

Referee Jason Herzog earns praise after excellent stoppage in the Alexander Volkov vs Alistair Overeem fight|sportskeeda

コロナ禍での競技運営にあたり、競技オフィシャルのギア開発にご協力をいただいているのが株式会社 江戸ヴァンス(EDOVANCE CO.,LTD.)様が展開する格闘技ギアブランド「HODOPHILAX(ホドフィラックス)」

現在、RIZINなどで競技オフィシャルが着用している「JMOC競技オフィシャルスポーツマスク」や「レフェリング用ロングラッシュガード」は昨春から始まった同社との新型コロナ感染拡大予防の共同プロジェクトで、オフィシャルの動きや地上波テレビ放送での見映えなども考慮の上、生地選び(肌感、カラー、サイズ)からスタートしたものであります。

JMOC競技オフィシャルのマスク&ロングラッシュガード姿は、RIZINなどですっかり定着したところでありますが、その後も競技オフィシャルパンツ等のギア開発で同社とのプロジェクトを継続しております。
最新の競技オフィシャルパンツは、2020年11月の朝倉未来vs.斎藤裕戦でのトライアルの実施、その後の機能改良を経て2020年大晦日に正式リリースいたしました。

–JMOC MMA Officials Pants by HOPOPHILAX

 

この投稿をInstagramで見る

 

FIGHTGRAPH(@fightgraph)がシェアした投稿

競技オフィシャルは試合会場にいるとき、またそうではないときも含め周囲に与える印象については特に注意する必要があります。

競技オフィシャルギアはファッションではありません。パンツの履き方はもちろん、シャツをパンツから出したままや襟を立てたりすることも控えたいものです。

これからも会場に到着するときの服装も含めて身だしなみには十分気をつけていきましょう。

「オフィシャルへの敬意は、イベント中だけでなく、イベント後にも作られることを忘れないように。」(ABC行動規範より)

JMOC MMA Officials Pants by HOPOPHILAXに関するお問い合わせ
JMOC事務局:jmoc.mma@gmail.com

2016年9月、ジェイソン・ハーゾグ初来日。
以来、国内MMAの競技運営は様々な形で彼の影響を受けてきました。

彼のいる現場を体験出来ないことは競技オフィシャルとしてとても不幸なことであると思っていましたが、
我々が今まさにその状況。 

早く彼と日本で一緒に仕事がしたいです。

#UFCVegas18 メインイベントの大役大変お疲れ様でした🇺🇸🇯🇵

ジェイソン・ハーゾグ #UFCVegas18

マネル・ケイプのUFC初戦、そしてジェイソン・ハーゾグが競技オフィシャルとして参加する #UFCVegas18 は本日開催。

ラスベガスに移動中のジェイソンにコンタクト📲
日本の競技オフィシャルに向けて様々なアドバイスをいただきました。

日本を応援してくれているジェイソンに、日本からの応援をよろしくお願いいたします🇺🇸🇯🇵

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

大会名:PROFESSIONAL SHOOTO 2021開幕戦 Supported by ONE Championship<第2部>
開催日:2021年1月31日(日)
会場:東京・ニューピアホール
主催:株式会社サステイン
競技オフィシャル:
片岡誠人、豊永 稔、福田正人、田澤康宏、小島伸一、五十嵐智子

※試合結果は一般社団法人日本修斗協会公式ウェブサイトより

[メインイベント/第5試合]環太平洋フェザー級チャンピオンシップ5分3R
SASUKE(マスタージャパン)65.5kg
S 2R 2’34”
内藤 太尊(roots)65.8kg
※スリーパーホールド
※※SASUKEが初防衛に成功。
[レフェリー]福田正人
[サブレフェリー]
田澤康宏 1R 10-9
豊永 稔 1R 10-9
片岡誠人 1R 10-9

[セミファイナル/第4試合]65.8kg契約5分2R
○齋藤 翼(総合格闘技津田沼道場/FIGHT FARM)65.7kg
判定 2-0
×新井 拓巳(ストライプル新百合ケ丘)65.6kg
[レフェリー]片岡誠人
[サブレフェリー]
田澤康宏 19-18(1R 10-8/2R 9-10)
豊永 稔 19-18(1R 10-8/2R 9-10)
小島伸一 19-19(1R 10-9/2R 9-10)

[第3試合]61.2kg契約5分2R
×鎌田 悠介(ピロクテテス新潟)60.9kg
判定 0-2
○関口 祐冬(修斗GYM東京)60.8kg
[レフェリー]田澤康宏
[サブレフェリー]
小島伸一 19-19(1R 10-9/2R 9-10)
豊永 稔 18-20(1R 9-10/2R 9-10)
福田正人 18-20(1R 9-10/2R 9-10)

[第2試合]61.2kg契約5分2R
○佐々木 駿友(T-GRIP TOKYO)59.9kg
TKO 2R 4’23”
×寺嶋 直人(SUBMIT MMA)61.2kg
※レフェリーストップ
[レフェリー]田澤康宏
[サブレフェリー]
片岡誠人 1R 9-10
小島伸一 1R 9-10
福田正人 1R 9-10

[第1試合]65.8kg以下契約 5分3R
×石原 夜叉坊(KING OF FREE)65.7kg
判定 0-3
○祖根 寿麻(ZOOMER)65.5kg
[レフェリー]片岡誠人
[サブレフェリー]
小島伸一 28-29(1R 10-9/2R 9-10/3R 9-10)
豊永 稔 28-29(1R 10-9/2R 9-10/3R 9-10)
福田正人 28-29(1R 10-9/2R 9-10/3R 9-10)

この投稿をInstagramで見る

FIGHTGRAPH(@fightgraph)がシェアした投稿

大会名:PROFESSIONAL SHOOTO 2021開幕戦 Supported by ONE Championship<第1部>
開催日:2021年1月31日(日)
会場:東京・ニューピアホール
主催:株式会社サステイン
競技オフィシャル:
片岡誠人、豊永 稔、福田正人、田澤康宏、小島伸一、五十嵐智子

※試合結果は一般社団法人日本修斗協会公式ウェブサイトより

[メインイベント/第8試合]65.8kg以下契約 5分3R
○藤井伸樹(ALLIANCE)65.4kg
判定 3-0
×加藤ケンジ(K.O.SHOOTO GYM)65.6kg
[レフェリー]片岡誠人
[サブレフェリー]
小島伸一 30-27(1R 10-9/2R 10-9/3R 10-9)
豊永 稔 30-26(1R 10-9/2R 10-9/3R 10-8)
田澤康宏 30-26(1R 10-9/2R 10-9/3R 10-8)

[セミファイナル/第7試合]83.9kg契約5分3R
○山田崇太郎(日本/ThePandemonium)82.9kg
S 1R 1’08”
×グンター・カルンダ(コンゴ民主共和国/Tri.H studio)83.6kg
※ヒールホールド

[第6試合]76.5kg契約5分3R
○西川 大和(西川道場)74.3kg
TKO 2R 3’23”
×マックス・ザ・ボディ(BRAVE)76.2kg
※レフェリーストップ
[レフェリー]福田正人
[サブレフェリー]
小島伸一 1R 9-10
豊永 稔 1R 9-10
田澤康宏 1R 9-10

[第5試合]インフィニティリーグ2020バンタム級(65.8kg契約)5分2R
×よしずみ(勝ち点4/HAGANE GYM)65.8kg
S 1R 4’20”
○石井 逸人(勝ち点3/TRIBE TOKYO M.M.A.)65.5kg
※腕十字固め
※※勝利した石井が勝ち点4を獲得(累計7点)
[レフェリー]田澤康宏

[第4試合]インフィニティリーグ2020バンタム級(65.8kg契約)
△小野島 恒太(勝ち点3/Combat Workout Diamonds)65.6kg
ドロー 1-1
△野尻 定由(勝ち点0/赤崎道場A-SPIRIT)64.8kg
※両選手に勝ち点1(小野島:累計4点、野尻:累計1点)
[レフェリー]田澤康宏
[サブレフェリー]
片岡誠人 20-18(1R 10-9/2R 10-9)
小島伸一 18-20(1R 9-10/2R 9-10)
福田正人 19-19(1R 10-9/2R 9-10)

[第3試合]70.3kg契約5分2R
○木下 タケアキ(和術慧舟會HEARTS)70.0kg
TKO 1R 2’56”
×大瀬良康平(リバーサルジム横浜グランドスラム)70.0kg
※グラウンドパンチ
※※セコンドのバトン投入(棄権)
[レフェリー]田澤康宏

[第2試合]77.1kg契約5分2R
△ヨシ・イノウエ(パラエストラTB)77.1kg
ドロー 1-1
△上原 平(リバーサルジム 横浜グランドスラム)75.9kg
[レフェリー]片岡誠人
[サブレフェリー]
福田正人 19-19(1R 9-10/2R 10-9)
豊永 稔 18-20(1R 9-10/2R 9-10)
田澤康宏 20-18(1R 10-9/2R 10-9)

[第1試合]61.2kg契約5分2R
○恐山 陸奥太郎(パラエストラ松戸)61.0kg
S 1R 3’32”
×一杉 芳樹(駿東修闘クラブ)58.7kg
※スリーパーホールド
[レフェリー]片岡誠人

□オープニングマッチ アマチュア修斗公式戦ウェルター級3分2R ※開場中に実施
×萩生田 真(トライデントジム)76.7kg
判定 0-3
○阿部 光太(パンクラスイズム横浜)76.5kg
[レフェリー]片岡誠人
[ジャッジ]
A:豊永 稔 18-20(1R 9-10/2R 9-10)
B:福田正人 18-20(1R 9-10/2R 9-10)
C:小島伸一 19-20(1R 9-10/2R 10-10)

この投稿をInstagramで見る

FIGHTGRAPH(@fightgraph)がシェアした投稿

THE SHOOTO OKINAWA
2021年開催スケジュール決定

今年もJMOCは沖縄県の総合格闘技とプロ修斗興行「THE SHOOTO OKINAWA」を応援しています。

–開催スケジュール–
■2021年4月18日
プロフェッショナル修斗公式戦
THE SHOOTO OKINAWA vol.4
会場:ミュージックタウン音市場
主催:Theパラエストラ沖縄

■2021年11月7日
プロフェッショナル修斗公式戦
THE SHOOTO OKINAWA vol.5
会場:ミュージックタウン音市場
主催:Theパラエストラ沖縄

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

2019年5月以来となるR&J基礎講習の開催が決定!
今回はオンラインで開催します!

一般社団法人日本MMA審判機構のキャラバン・シリーズ「JMOC ALL JAPAN REFEREE CARAVAN 2021」を、次のとおりオンラインで開催することが決定いたしました。
一般の方もご参加いただけますので、是非お気軽にご参加ください。


JMOC ALL JAPAN REFEREE CARAVAN 2021
JMOC MMAレフェリー&ジャッジ基礎講習
【概要】
日時:2021年2月27日(土) 21:00〜22:30(延長の場合あり)
開催方法:Zoomミーティング
主 催:一般社団法人日本MMA審判機構
講 師:松宮 智生(一般社団法人日本MMA審判機構副会長、清和大学准教授)
受講料:一般4,000円 / JMOCコミュニティ会員1,000円
※一般の方はイベントペイでのクレジットカードもしくはコンビニ決済等でのお支払いとなり、お支払い完了メールにてZoomミーティング参加IDとパスワードをご案内いたします。
※会員の方は会員専用ページ(CAMPFIRE Community)からのお申し込みとなります。
※参加者都合によるお申込み後のキャンセルおよび返金はお受けしておりません。予めご了承ください。
定 員:20名(申込先着順)
※競技オフィシャル(レフェリー・ジャッジ等)志望者だけではなく、選手(プロ・アマ)、選手を目指す方、セコンドやこれからセコンドになりたい方、MMAの見方を知りたいファンの方々など、MMAルールに関心のある方ならどなたでも参加いただけます。
※本講習の様子はSNS等で紹介される場合がございます。予めご了承ください。
※本講習は、JMOC協力大会に参加する競技オフィシャル(レフェリー、ジャッジ)必修の講習となります。
申込方法:JMOC公式Webサイト内の申込フォームより
※会員の方は、会員専用ページからのお申し込みとなります。

内 容
MMAのレフェリーやジャッジに必要な基礎的な知識の習得を目的とする。
[レフェリー・セクション]
ルールの解釈(反則の定義など)。試合における反則への対処法。
[ジャッジ・セクション]
採点における観点。模擬ジャッジ(演習)。
※過去に開催した基礎講習と近い内容となります。

<過去に開催した基礎講習>
2018.7.21東京
2018.11.3横浜
2018.11.24沖縄
2018.12.15大阪
2019.5.19札幌


▼JMOC ALL JAPAN REFEREE CARAVAN 2021
「JMOC MMAレフェリー&ジャッジ基礎講習」参加要領

1 参加条件等
講習会の参加要領は次のとおりです。申し込みに当たっては、後記2および3の記載内容を必ずご確認ください。

(1)対象者
現役競技オフィシャル、競技オフィシャル志望者、選手やセコンドなど、MMAルールに関心のある方。

(2)募集定員
20名

2 参加申込方法及び注意事項
(1)参加を希望される方は、JMOC公式ウェブサイト申込フォームからお申込みください。電話、メールなどによるお申込みは受け付けておりません。

(2)申込フォームにて申込(決済)が完了すると、入力されたメールアドレス宛てに支払い完了メールが送信され、当該メールに当日の参加IDおよびパスワードが記載されています。

(3)定員に達した日をもって募集終了日といたします。なお、募集定員に達しない場合でも、開催日当日の17時にお申込みの受付を終了いたします。

(4)入手した個人情報は、本講習会業務以外の目的には使用いたしません。

(5)当日のイベントの様子は撮影(ビデオ・写真)をさせていただき、今後当機構の各媒体等にてご紹介させていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。
また、当日は報道機関による取材などが入る可能性もございます。あらかじめご了承ください。

(6)会場内では、動画撮影・録音は禁止とさせていただきます。

(7)講師体調不良等により、急遽イベントを中止とさせていただく場合がございます。その場合は、JMOC公式ウェブサイト等にてご案内させていただきます。あらかじめご了承ください。

3 Zoomミーティング使用に関する注意事項
(1)Zoomアクセス情報のURLやパスワードは第三者に伝えることは禁止といたします。

(2)Zoom表示名は申込者名(本名)の表示をお願いいたします。会員様であることが確認できない場合、Zoomミーティング内へ入室出来ませんのでご注意ください。
第三者の入室を防ぎ、安全に配信をするため、ご協力をお願いいたします。

(3)当日は15分前よりミーティングルームに入室可能です。

(4)あらかじめ視聴するパソコンやスマートフォン・タブレットに、Zoomアプリのインストールをお済ませください。

(5)データ通信量が多くなりますので、インターネット固定回線またはWi-Fi環境でのご利用をお勧めします。

(6)いかなる方法でも、音声・動画・静止画の保存はなさらないでください。

(7)ご自身の接続トラブル等で入室ができない場合は、個々の端末やネット環境を把握しきれないため、サポートが困難となります。何卒ご了承ください。

(8)受講者が揃わない場合でも、21時00分に講習を開始させていただきます。

(9)受講時は、講師からの指示があるまでは各自「ミュート」の設定をお願いいたします。

(10)Zoomの操作方法に関するご質問はJMOC事務局ではご対応いたしかねますのでご了承ください。

(11)当日、欠席する場合は、事務局まで御連絡下さい。

申込フォーム

※参加要領を必ずご確認の上、申込フォームよりお申込みください。

講師プロフィール

松宮 智生(まつみや ともき)
一般社団法人日本MMA審判機構副会長、清和大学准教授

[競技オフィシャル歴]
2002年10月~MMA競技オフィシャル(パンクラス、HERO’S、ケージフォース、戦極、RIZIN、DEEP他)

[主要著作・論文]
▼著書
『はじめて学ぶ体育・スポーツ哲学』
髙橋徹編著(みらい、2018年)(共著)
『よくわかるスポーツとジェンダー』
飯田貴子・熊安貴美江・來田享子編著(ミネルヴァ書房、2018年)(共著)
『教養としての体育原理 新版』
友添秀則・岡出美則編著(大修館書店、2016年)(共著)
『データでみるスポーツとジェンダー』
日本スポーツとジェンダー学会編(八千代出版、2016年)(共著:編集委員)
『スポーツとジェンダーデータブック2010』
日本スポーツとジェンダー学会編(2010年)(共著)
▼論文(単著または筆頭著者)
「スポーツにおけるルールとは何か:道徳概念を超えて」体育科教育2019年1月号18-21頁(2019年)
「スポーツにおける多様な『身体のあり方』の尊重」AJジャーナル13巻49-58頁(2018年:藤山新と共著)
「スポーツにおける男女二元制に関する一試論:性別確認検査における女子競技者の基準を起点に」国士館大学体育研究所報第35巻19-27頁(2017年)
「スポーツにおける性的マイノリティ:『知ること』と『受け入れること』」国士館大学アジア・日本研究センター ワーキングペーパー2015 73-80頁(2016年)
「『スポーツ権』の人権性に関する考察」国士館大学体育研究所報第32巻1-12頁(2014年)
「スポーツにおけるルールの妥当性に関する考察:ボクシングと総合格闘技を中心的素材に」博士学位論文(国士舘大学)(2013年)
「女性競技者の視点からみた女子総合格闘技ルールの妥当性:ケイパビリティ・アプローチを手がかりに」スポーツとジェンダー研究第11巻29-42頁(2013年)
「総合格闘技における負傷の実態と傾向:試合現場におけるリングドクターの診断結果から」体育・スポーツ科学研究第13号7-14頁(2013年)
「スポーツにおけるルールの根拠に関する一考察:ルールの妥当性の根拠を導く解釈的アプローチ」体育・スポーツ哲学研究第34巻第1号37-51頁(2012年)
「スポーツ競技者の安全に対する審判の法的責任に関する一考察:ラグビーのレフリーの注意義務を中心に」日本スポーツ法学会年報第13号105-119頁(2011年)
「総合格闘技の女子用ルールに関する一考察:「危険」を理由に禁止される行為の違いに着目して」スポーツとジェンダー研究第8巻35-47頁(2010年)
「『総合格闘技』であるためのルール:リアリティと危険性とのはざまで」修士論文(国士舘大学)(2009年)
「アメリカ合衆国における司法審査制の成立」修士論文(京都産業大学)(1991年)
その他(報告書、雑誌記事等)
〔日本体育学会第70回大会体育哲学専門領域シンポジウム報告〕「『多様な身体』からスポーツを展望する」体育哲学年報第50巻49-64(2020年:荒牧亜衣・田中愛・竹村瑞穂と共著)
〔2019年度体育哲学専門領域第1回定例研究会シンポジウム報告〕「体育・スポーツ哲学の授業実践」体育哲学年報第50号35-39頁(2020年:髙橋徹・森田啓と共著)
〔解説記事〕「スポーツと性的マイノリティの歴史」Sport Japan vol.48(2020年3-4月号)19-21頁(2020年)
〔ハンドブック〕『体育・スポーツにおける多様な性のあり方ガイドライン』公益財団法人日本スポーツ協会(2020年:來田享子・大勝志津穂・藤山新ほかと共著)
〔体育哲学考〕「審判はなくなる?」日本体育学会体育哲学専門領域会報2-3頁(2019年)
〔研究資料〕「スポーツと国際交流:Sports for Tomorrowにおける大学の役割」国士舘大学体育研究書報第35巻49-54頁(2018年:田原淳子と共著)
〔日本スポーツとジェンダー学会第16回大会シンポジウム報告〕『身体・教育・性』スポーツとジェンダー研究第16巻111-117頁(2018年)
〔平成29年度公益財団法人日本体育協会スポーツ医・科学研究報告〕「国内体育・スポーツにおけるLGBT当事者への配慮・対応」平成29年度日本体育協会スポーツ医・科学研究報告Ⅱ『スポーツ指導に必要なLGBTの人々への配慮に関する調査・研究』58-65頁(2018年)
〔国士舘大学アジア・日本研究センター研究プロジェクト「ホスピタリティの行方」報告〕「『ダイバーシティとスポーツ』のあと:他者をめぐる知や想像力、他者を理解できる身体」国士館大学アジア・日本研究センター ワーキングペーパー2016 19-22頁(2017年)
〔資料〕「注釈 総合格闘技のユニファイド・ルールにおける反則行為」体育・スポーツ科学研究第17号49-58頁(2017年)
〔書評〕「内田良著『教育という病:子どもと先生を苦しめる「教育リスク」』光文社、2015年」体育・スポーツ科学研究第16号27-31頁(2016年)
〔翻訳〕「総合格闘技(MMA)のユニファイド・ルール」国士舘大学体育研究所報第34巻23-31頁(2016年)
〔日本スポーツとジェンダー学会第13回大会分科会「セクシュアルマイノリティとスポーツ」登壇者抄録〕「総合格闘技におけるトランス・ジェンダー競技者の事例:競技への参加資格と競技の公平性を中心に」スポーツとジェンダー研究第13巻164-165頁(2015年)
〔書評〕「合場敬子著『女子プロレスラーの身体とジェンダー:規範的『女らしさ』を超えて』明石書店・2013年3月」体育・スポーツ科学研究第14号25-29頁(2014年)
〔書籍紹介〕「アマルティア・セン:池本幸生訳(2012)『正義のアイデア』明石書店」日本体育学会体育哲学専門領域会報第17巻第1号4-5頁(2013年)
〔翻訳〕「SDPIWG 報告書(2008)開発と平和に向けたスポーツの力の活用:各国政府への勧告; 第4章 スポーツとジェンダー:少女/女性のエンパワーメント」スポーツとジェンダー研究第11巻137-139頁(2013年:共訳。監訳:來田享子・吉川康夫・小石原美保)
〔書評・翻訳〕「深刻なスポーツ傷害に対するレフリーの責任:イギリスにおける展開(Caddel (2005) The Referee’s Liability for Catastrophic Sports Injuries: A UK Perspective)体育・スポーツ科学研究第12号69-77頁(2012年)
〔研究紹介〕「ルールに対する実証的な態度と解釈的な態度」日本体育学会体育哲学専門領域会報第15巻第4号5頁(2012年)
〔コラム〕JMOCコラム日本MMA審判機構公式ウェブサイト(2018年)


問い合わせ先:
一般社団法人日本 MMA 審判機構 事務局

〒104-0032 東京都中央区八丁堀2丁目30-16
e-mail:jmoc.mma@gmail.com

UFC参加を目前に控えラスベガスに滞在中のジェイソン・ハーゾグが講師に
COMMANDトレーナー ヴァレル氏の参加も決定

一般社団法人日本MMA審判機構のキャラバン・シリーズ「JMOC ALL JAPAN REFEREE CARAVAN 2021」のスペシャル版として、ジェイソン・ハーゾグ氏とのデジタルトレーニングセッションの開催いたします。

本トレーニングはハーゾグ氏以外にも、COMMANDトレーナーのジェリン・ヴァレル氏の参加も決定いたしました。

なお、本トレーニングはJMOCコミュニティ会員限定の企画となり、参加申込受付は既に終了いたしました。

「UFC Fight Night: Blaydes vs. Lewis」の参加を目前に控えラスベガスのホテルに滞在中のジェイソン・ハーゾグ氏と
日本の競技オフィシャルを繋いでのトレーニングとなります。

ご期待ください。
—————————————————————————-
JMOC ALL JAPAN REFEREE CARAVAN 2021
JMOC×ジェイソン・ハーゾグ MMA競技オフィシャル デジタルトレーニングセッション
-Asia MMA Judge Training Intro Seminar 2021-

【概要】
日時:2021年2月20日(土) 14:00〜16:00
開催方法:Zoomミーティング
主 催:一般社団法人日本MMA審判機構
協 力:COMMAND
インストラクター:ジェイソン・ハーゾグ(UFC、Bellator、RIZIN他MMAプロフェッショナルレフェリー)、ジェリン・ヴァレル(COMMANDトレーナー)
通 訳:柏木信吾(MMAマッチメーカー)
参加対象:JMOCコミュニティ会員

2017年7月より導入した女性競技オフィシャル

2021年1月17日(日)新宿FACEで開催されたRISE GIRLS POWER.4にJMOC競技オフィシャルが参加させていただきました。

コロナ禍での競技運営にあたり、競技オフィシャルのギア開発にご協力をいただいている株式会社 江戸ヴァンス(EDOVANCE CO.,LTD.)様が展開する格闘技ギアブランド「HODOPHILAX(ホドフィラックス)」のPOP-UP SHOPが現在沖縄県那覇市で開催中です。

現在、RIZINなどで競技オフィシャルが着用している「JMOC競技オフィシャルスポーツマスク」は昨春より同社との共同プロジェクトで、生地選び(カラー、サイズ)からスタートしたものであります。

その後、ラッシュガード、競技オフィシャルパンツ等でプロジェクトを継続しております。

POP-UP詳細は下記ご参照ください。

■POP-UP SHOP実施日程
2021年1月16日 (土) 11時~19時(終了)
2021年1月17日(日) 11時~19時

■POP-UP SHOP会場詳細
名称 EVERGROUND(エバーグラウンド)
住所 〒900-0014 那覇市松山2-10-13 沖商松山ビル2階
※TEL 098-851-4800(江戸ヴァンス沖縄工場)
※URL https://www.facebook.com/everground.jp/(公式Facebookページ)

RIZIN.26、HIROYA対シバター戦における裁定変更の経緯が書かれています。事実は記事のとおり、サブレフェリーがHIROYA選手のタップを現認し、公式記録を保留、その後、映像確認と聞き取り調査を行い、競技運営機構として裁定を変更しました。詳しくはリンク記事をご覧ください。

(記事〔無料部分〕の一部抜粋)
―一度はドローということで試合後にお互いがマイクで健闘を称えあったわけじゃないですか。しかし、映像検証の結果、HIROYA選手が腕十字でタップしていた……とドロー裁定が覆ってシバターの勝利。

笹原 あの試合後に競技運営陣から「タップの疑いがあるので、すぐに吟味したい」という報告があったんです。実際にルールでも、『試合の裁定をその場で決するのに適さない事態が発生した場合、審判員は試合結果を保留し、競技運営機構の審議に預けることができる』という項目があるんです。なので試合映像を見返して、レフェリーやサブレフェリーから聞き取りをして検討した結果、タップを見逃したわけじゃなくて、試合を止めることができなかったと。誤審ですね。

―レフェリーが誤審を認めるってかなり珍しいことですね。

笹原 そうなんですよね。正直ボクとしては「ドローのままでいいじゃん」っていう気持ちもあったんですけど、競技運営陣としては「この裁定は正さなくてはいけない」と。

―ガチですね!

笹原 ボクも映像を見返したらたしかに一理あると。でも、最初にその報告を聞いたときに、このタイミングで裁定を変更することの反響の怖さがあったんですよ。

―ネガティブな反応が返ってくるかもしれない、ってことですよね。

笹原 そうです。それにドロー決着でHIROYA vsシバターという作品ができあがったわけじゃないですか。それなのにじつは……とアナウンスをしなきゃいけない。競技運営陣からすると自分たちの非を絶対に認めたいっていうことなんですよ。

2021.1.13 23:00〜24:00
RIZIN.26競技オフィシャル フォローアップミーティング
参加された競技オフィシャルの皆様、夜遅い時間まで大変お疲れ様でした。

競技オフィシャル
-セコンドインスペクター

2019年12月31日 RIZIN.20
RIZIN2019大晦日大会で、落下した選手の腕を相手選手のセコンドが引っ張るという前代未聞のアクシデントが発生しました。

RIZINでは2017年よりセコンドインスペクターを導入し、この試合もセコンドインスペクターを配置していたにも関わらずこのようなアクシデントが発生したことは我々にとって非常に残念なことでした。

このアクシデントを今後も競技運営にあたっての教訓としていきたいと思っています。

10年前(2010年)に発表された原著論文「総合格闘技の女子用ルールに関する一考察:『危険』を理由に禁止される行為の違いに着目して」(松宮智生『スポーツとジェンダー研究』第8巻35-47頁,日本スポーツとジェンダー学会賞(論文賞)受賞)が、1月1日、電子ジャーナルのプラットフォーム「J-STAGE」に公開されました。
スポーツとジェンダーに関する論考ですが、当時の国内外MMAルールに関する事情についても言及しています。

>>>本文PDF

>>>書誌情報

Congratulations to @rizin_English / @rizin_PR
for finding a way, yet again, give us a Rizin New Years Eve event. #RIZIN26 @mmaofficials_jp

2020.12.31 RIZIN.26
2017年からスタートしたハンドラップ・オフィシャルは2019年大晦日から3名体制に
新井誠介、内田龍介、李昌賢

>>>RIZIN.26|JMOCハンドラッピングサービスTIMETABLE

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

2020.12.31 RIZIN.26 競技オフィシャルチーム
福田正人(HR)、豊永 稔(HRA)、和田良覚、松宮智生、田澤康宏、長瀬達郎、片岡誠人、大藪吉郁、五十嵐智子、内田龍介、新井誠介、橋本 貴、岡田剛史、柴田 旭、土佐浩章、鍋久保雄太、李昌賢、磯 英弥、北森代紀

大会名:RIZIN.26
開催日:2020年12月31日(木)
会場:埼玉・さいたまスーパーアリーナ
主催:RIZIN FIGHTING FEDERATION
競技オフィシャル:
福田正人(HR)、豊永 稔(HRA)、和田良覚、松宮智生、田澤康宏、長瀬達郎、片岡誠人、大藪吉郁、五十嵐智子、内田龍介、新井誠介、橋本 貴、岡田剛史、柴田 旭、土佐浩章、鍋久保雄太、李昌賢、磯 英弥、北森代紀

■第15試合 RIZINバンタム級タイトルマッチ RIZIN MMAルール(肘有り) 5分3R
×朝倉 海(王者/トライフォース赤坂/60.75kg)
TKO 1R 2’48” レフェリーストップ:グラウンドパンチ
○堀口恭司(挑戦者/アメリカン・トップチーム/60.80kg)
レフェリー:豊永 稔
※堀口が新王者に

■第13試合 RIZIN MMAルール(肘有り) 68.00kg契約 5分3R
○朝倉未来(トライフォース赤坂/68.00kg)
KO 1R 4’20” スタンドパンチ
×弥益ドミネーター聡志(team SOS/67.85kg)
レフェリー:和田良覚

■第11試合 RIZIN女子スーパーアトム級王座決定戦 RIZIN MMAルール 5分3R
○浜崎朱加(AACC/48.95kg)
S 1R 1’42” タップアウト:ネックシザース
×山本美憂(KRAZY BEE/SPIKE 22/48.55kg)
レフェリー:豊永 稔
※浜崎が新王者に

■第10試合 RIZIN MMAルール(肘有り) 61.00kg契約 5分3R
×元谷友貴(フリー/60.95kg)
S 1R 3’00” タップアウト:リアネイキッドチョーク
○井上直樹(セラ・ロンゴ・ファイトチーム/60.35kg)
レフェリー:田澤康宏

■第9試合 RIZIN MMAルール(肘有り) 67.00kg契約 5分3R
×カイル・アグオン(米国/SPIKE 22/66.50kg)
S 1R 4’22” テクニカルサブミッション:フロントチョーク
○クレベル・コイケ(ブラジル/ボンサイ柔術/66.75kg)
レフェリー:片岡誠人

■第8試合 RIZIN MMAルール(肘有り) 68.00kg契約 5分3R
○萩原京平(SMOKER GYM/68.00kg)
TKO 2R 1’29” コーナーストップ:グラウンドパンチ
×平本 蓮(THE PANDEMONIUM/67.80kg)
レフェリー:豊永 稔

■第7試合 RIZIN MMAルール 61.00kg契約 5分3R
○所 英男(リバーサルジム武蔵小杉 所プラス/60.70kg)
S 2R 2’24” タップアウト:アームバー
×太田 忍(フリー/60.90kg)
レフェリー:田澤康宏

■第6試合 RIZIN KICK肘有りルール 50.00kg契約 3分3R
○吉成名高(エイワスポーツジム/49.90kg)
KO 1R 2’20” スリーノックダウン
×ペットマライ・ペットジャルーンウィット(タイ/ペットジャルーンウィットジム/49.95kg)
レフェリー:和田良覚

■第5試合 RIZIN MMAルール(肘有り) 61.00kg契約 5分3R
○佐々木憂流迦(セラ・ロンゴ・ファイト・チーム/60.95kg)
判定3-0
×瀧澤謙太(フリー/60.95kg)
レフェリー:松宮智生
ジャッジ:
豊永 稔/赤・佐々木 [D 0-0/ A 30-0/ G 20-0]
和田良覚/赤・佐々木 [D 0-0/ A 0-0/ G 20-0]
大藪吉郁/赤・佐々木 [D 0-0/ A 0-0/ G 20-0]

■第4試合 RIZIN MMAルール(肘有り) 49.00kg契約 5分3R
○浅倉カンナ(パラエストラ松戸/48.95kg)
判定3-0
×あい(フリー/48.75kg)
レフェリー:田澤康宏
ジャッジ:
松宮智生/赤・浅倉 [D 50-0/ A 30-0/ G 20-0]
和田良覚/赤・浅倉 [D 0-0/ A 0-0/ G 20-0]
大藪吉郁/赤・浅倉 [D 0-0/ A 30-0/ G 20-0]

■第3試合 RIZIN MIX特別ルール 体重無差別 3分2R
×HIROYA(TRY HARD GYM/74.80kg)
S 2R 0’38” タップアウト:アームバー
○シバター(フリー/92.60kg)
レフェリー:長瀬達郎
※RIZIN MMAルールを基礎ルールとし、1RはRIZIN KICK、2RはRIZIN MMA(肘有り)で試合を実施。
※試合は時間切れ引き分けとなるも、2Rに青・シバターのアームバーで赤・HIROYAにタップと思われる動作があり、RIZIN MMAルール第24条に基づき、試合結果を保留。サブレフェリー2名の現認および映像検証を経て、RIZIN競技運営機構の審議の結果、HIROYAのタップアウトを認め、大会中(12月31日17時30分)にシバターのサブミッション(S)による勝利に裁定を変更した。

■第2試合 RIZIN MMAルール(肘有り) 63.00kg契約 5分3R
×中原太陽(佐山道場/62.30kg)
TKO 1R 2’12” レフェリーストップ:グラウンドパンチ
○倉本一真(修斗GYM東京/62.75kg)
レフェリー:片岡誠人

■第1試合 RIZIN MMAルール 120.00kg契約 5分3R
×ミノワマン(フリー/82.70kg)
TKO 1R 3’19” レフェリーストップ:グラウンドパンチ
○スダリオ剛(フリー/114.65kg)
レフェリー:和田良覚

■オープニングマッチ RIZIN MMAルール 51.00kg契約 5分3R
―さくら(フリー/52.70kg)
ノーコンテスト 1R 1’37”
―竹林エル(総斗會三村道場所属/50.60kg)
レフェリー:長瀬達郎
※試合開始前、赤・さくらにレッドカードを提示(規定体重を1.70kg超過のため)
※規定体重をクリアした青・竹林が勝利しなかったためノーコンテストとなる。

RIZIN.26公式計量時の競技運営の様子を現在会員限定ページで公開中です。

注目のRIZINバンタムタイトルマッチに出場する、朝倉海選手、堀口恭司選手の計量直後の様子をご覧ください。

2020年12月31日 さいたまスーパーアリーナ「RIZIN.26」
JMOCハンドラッピングサービス

JMOC競技オフィシャルによるハンドラッピングサポートサービスに
14名の選手よりご予約をいただきました。

各選手の時間を指定させていただきましたので、
指定の時間にハンドラップセットを持参の上、
チェックブースまでお越しください。
※帯同セコンドは1名までとなります。
※選手、セコンドは必ずマスクをご着用ください。

>>>RIZIN.26/ JMOCハンドラッピングサービスTIMETABLE

 

関係者の皆様に心より感謝申し上げます。

Official
Tomoko Igarashi,Yasuhiro Tazawa,Tatsuro Nagase

大会名:UNRIVALED #00
開催日:2020年12月27日(日)
会場:東京・ゴールドジムサウス東京ANNEX
主催:リバーサルジム横浜グランドスラム/IGLOO
競技オフィシャル:田澤康宏、内田龍介 他

>>>UNRIVALED #00 試合結果

12月31日(大晦日)にさいたまスーパーアリーナで開催される「RIZIN.26」の出場選手向けルールミーティングをオンラインで実施いたしました。

JMOC ALL JAPAN REFEREE CARAVAN 2020
12.20 ジャッジ・トレーニング4

12月20日(日)JMOCコミュニティのジャッジ・トレーニング4をZoomミーティング上で開催しました。RIZIN.25における朝倉未来vs.斎藤裕を教材に模擬ジャッジ、採点結果の集計、解説、ディスカッション等の約80分。模擬ジャッジでは、ユニファイド・ルールにおけるラウンドマストシステムにおける採点とRIZIN・MMAルールにおけるトータルマストシステムにおける採点とを比較・検討しました。

今回も全国各地から多数のご参加、ありがとうございました。

JMOCコミュニティではこれからもMMAオフィシャルのためのトレーニングや情報提供を実施してまいります。

【JMOCコミュニティ】
https://community.camp-fire.jp/projects/view/248514

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

2020年12月20日(日)都内スタジオで毎年恒例の「格闘無双Presents JMOC和田良覚レフェリングセミナー」が開催されました。

今年で3回目となる和田良覚レフェリングセミナーですが、今回は新型コロナウイルスの感染拡大を鑑み、初の無観客開催(収録)となりました。

セミナー前半は、2020年の国内MMAから数試合をピックアップし、和田良覚がレフェリングのポイント等を中心に解説。

後半は、MCのやべきょうすけさんと及川奈央さんが模擬ジャッジに挑戦。模擬ジャッジは2020年11月21日に行われたRIZIN.25での朝倉未来vs.斎藤裕のRIZINフェザー級タイトルマッチの試合映像を見ながら実施。RIZIN MMAルールに則り、やべさんと及川さんが採点いたしました。

このセミナーの模様はサムライTV「月刊 格闘無双」で12月25日(金)から放送されます。

サムライTV「格闘無双」関係者の皆様に心より感謝申し上げます。
——————
月刊 格闘無双 #51
MC:やべきょうすけ、及川奈央
解説:高阪剛
放送スケジュール
[FIGHTING TV サムライ]
12月25日(金) 後8:00
12月26日(土) 前10:00
12月26日(土) 深0:00
12月27日(日) 後3:00
12月29日(火) 後6:00
1月5日(火) 前8:00
1月6日(水) 深2:00

大会名:DEEP JEWELS 31
開催日:2020年12月19日(土)
会場:東京・新宿FACE
主催:DEEP事務局
競技オフィシャル:福田正人(HR)、植松直哉、和田良覚、田澤康宏、長瀬達郎、橋本 貴、五十嵐智子

■第7試合 DEEP JEWELSルール アトム級 5分3R
×大島沙緒里(AACC/47.50kg)
判定0-3
○パク・シウ(韓国・TEAM MAD/47.85kg)
レフェリー:植松直哉
ジャッジ:
和田良覚 28-28○ (1R 10-9/ 2R 9-9 /3R 9-10)
福田正人 27-28 (1R 10-9/ 2R 9-9 /3R 8-10)
橋本 貴 28-28○ (1R 10-9/ 2R 9-9 /3R 9-10)
※2ラウンド、青・パクに減点1(反則:グラウンド状態の相手選手の顔面へのキック攻撃)

■第6試合 DEEP JEWELSルール ストロー級 5分3R
×本野美樹(AACC/52.60kg)
判定0-3
○伊澤星花(高本道場/51.60kg)
レフェリー:和田良覚
ジャッジ:
植松直哉 28-29 (1R 9-10/ 2R 9-10/ 3R 10-9)
橋本 貴 28-29 (1R 9-10/ 2R 10-9/ 3R 9-10)
福田正人 27-30 (1R 9-10/ 2R 9-10/ 3R 9-10)

■第5試合 DEEP JEWELSルール フライ級 5分2R
×熊谷麻理奈(WSRフェアテックス札幌/56.95kg)
S 1R 4’33” タップアウト:アームバー
○ケイト・ロータス(KING GYM KOBE/56.65kg)
レフェリー:福田正人

■第4試合 DEEP JEWELSルール フライ級 5分2R
×ARAMI(フリー/56.75kg)
判定0-3
○ミッコ・ニルバーナ(AACC/56.45kg)
レフェリー:和田良覚
ジャッジ:
植松直哉 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)
福田正人 19-19○ (1R 10-9/ 2R 9-10)
長瀬達郎 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)

■第3試合 DEEP JEWELSルール 49.00kg契約 5分2R
○永尾音波(AACC/49.00kg)
判定3-0
×坂本美香(Fight Holic/48.70kg)
レフェリー:福田正人
ジャッジ:
植松直哉 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)
和田良覚 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)
長瀬達郎 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)

■第2試合 DEEP JEWELSルール ストロー級 5分2R
×神野あかり(総合格闘技BURST/52.05kg)
TKO 1R 4’56” レフェリーストップ:グラウンドパンチ
○渡辺あやか(パラエストラ柏/51.20kg)
レフェリー:植松直哉

■第1試合 DEEP JEWELSルール アトム級 5分2R
×須田萌里(SCORPION GYM/47.30kg
判定0-3
○ササキモエ(総合格闘技BURST/47.40kg)
レフェリー:田澤康宏
ジャッジ:
植松直哉 19-19○ (1R 10-9/ 2R 9-10)
五十嵐智子 19-19○ (1R 10-9/ 2R 9-10)
和田良覚 19-19○ (1R 10-9/ 2R 9-10)

□オープニングファイト DEEP JEWELSアマチュアSPルール 53.00kg以下 3分2R
○竹林愛留(総斗會三村道場)
S 2R 1’16” テクニカルサブミッション:アームバー
×SAKI(KRAZY BEE)
レフェリー:長瀬達郎
ジャッジ:
植松直哉 (1R 10-9/ )
五十嵐智子 (1R 10-9/ )
和田良覚 (1R 10-9/ )

大会名:DEEP TOKYO IMPACT 2020
開催日:2020年12月19日(土)
会場:東京・新宿FACE
主催:DEEP事務局
競技オフィシャル:福田正人(HR)、豊永 稔、松宮智生、田澤康宏、長瀬達郎、橋本 貴、五十嵐智子

■第9試合 DEEPルール フェザー級 5分2R
○平田直樹(K-Clann/66.15kg)
判定3-0
×畠山祐輔(トライフォース赤坂/66.25kg)
レフェリー:豊永 稔
ジャッジ:
福田正人20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)
橋本 貴20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)
田澤康宏20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)

■第8試合 DEEPルール バンタム級 5分2R
○原 虎徹(CAVE/61.45kg)
判定3-0
×ヒロヤ(トライフォース赤坂/61.55kg)
レフェリー:田澤康宏
ジャッジ:
福田正人 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)
豊永 稔 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)
橋本 貴 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)

■第7試合 フェザー級 5分2R
○高塩竜司(KIBAマーシャルアーツクラブ/66.05kg)
判定3-0
×西谷大成(トライフォース赤坂/66.15kg)
レフェリー:福田正人
ジャッジ:
豊永 稔 20-17 (1R 10-9/ 2R10-8)
田澤康宏 20-17 (1R 10-9/ 2R10-8)
橋本 貴 20-17 (1R 10-9/ 2R10-8)
※2ラウンド、青・西谷に減点1(反則:ローブロー)

■第6試合 DEEPルール ライト級 5分2R
×Street♡★Bob”洸助(ISHITSUNA MMA/LEGION TOP TEAM/70.25kg)
KO 1R 0’05” スタンドパンチ
○ケンヤスキー(ALIVE沖縄SHIMAZILIANS/70.00kg)
レフェリー:長瀬達郎

■第5試合 DEEPルール フライ級 5分2R
×鮎田直人(CAVE/57.00kg)
S 1R 0’59” タップアウト:ヒールホールド
○渋谷カズキ(高本道場/56.95kg)
レフェリー:田澤康宏

■第4試合 DEEPルール バンタム級 5分2R
○力也(フリー/61.65kg)
S 1R 4’32” タップアウト:フロントネックロック
×三好マヒロ(BRAVE/61.20kg)
レフェリー:豊永 稔 

■第3試合 DEEPルール フェザー級 5分2R
×斎藤龍之介(パラエストラTB/65.55kg)
TKO 1R 2’11” レフェリーストップ:グラウンドパンチ
○山本歩夢(パラエストラ柏/65.75kg)
レフェリー:長瀬達郎

■第2試合 DEEPルール バンタム級 5分2R
×岩鬼(フリー/61.55kg)
判定1-2
○高橋謙斗(BRAVE/60.75kg)
レフェリー:松宮智生
ジャッジ:
豊永 稔 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)
五十嵐智子 19-19○ (1R 9-10/ 2R 10-9)
福田正人 ○19-19 (1R 9-10/ 2R 10-9)

■第1試合 DEEPルール ストロー級 5分2R
○キンタ・ジ・エンド(KIBAマーシャルアーツクラブ/52.35kg)
判定3-0
×飯田ヒカル(パラエストラ柏/52.35kg)
レフェリー:松宮智生
ジャッジ:
豊永 稔 ○19-19 (1R 10-9/ 2R 9-10)
五十嵐智子 ○19-19 (1R 10-9/ 2R 9-10)
福田正人 ○19-19 (1R 10-9/ 2R 9-10)

日本に定着した大晦日の格闘技イベント。
2001年に『INOKI BOM-BA-YE 2001』でK-1vs猪木軍が開催されてから、今年でちょうど20年目。

写真は昨年の大晦日のメインイベントで行われたRIZINバンタム級タイトルマッチ。
裁くレフェリーはジェイソン・ハーゾグ。

残念ながら今年の大晦日は彼は来日することが出来ません。

彼の年内最終戦は、先日行われたUFC256だったそうで、メインイベントのUFC世界フライ級タイトルマッチを担当しました。

来年の大晦日は彼と現場を共に出来ることを信じています🇺🇸🇯🇵

12月13日 プロ修斗 TNS主催興行 香川大会 試合結果
一般社団法人日本修斗協会公式ウェブサイトより

[大会名]プロフェッショナル修斗公式戦「闘裸男×FORCE」
[主 催]TORAO NATION STATE[認 定]インターナショナル修斗コミッション
[会 場]香川県高松市/高松シンボルタワー 展示場
[開催日]2020年12月13日(日)
[後 援]ゴング格闘技/BoutReview.com/RNC西日本放送/TSCテレビせとうち/四国新聞社/FM香川
[特別後援]香川県レスリング協会

メインイベント[第6試合]バンタム級(61.2kg)5分3R
○宇田 悠斗(愛媛/総合格闘技道場HOPE)60.9kg
判定 3-0
×宮城 友一(沖縄/DROP)60.8kg
[レフェリー]福田正人
[サブレフェリー]
吉田元貴 29-28(1R 9-10/2R 10-9/3R 10-9)
岡田剛史 30-27(1R 10-9/2R 10-9/3R 10-9)
小島邦裕 30-27(1R 10-9/2R 10-9/3R 10-9)

セミファイナル[第5試合]バンタム級(61.2kg)5分2R
×高岡 宏気(香川/トイカツ道場香川支部)61.0kg
判定 0-3
○Lyo,o(沖縄/reversaL Gym OKINAWA CROSS×LINE)61.2kg
[レフェリー]福田正人
[サブレフェリー]
吉田元貴 18-20(1R 9-10/2R 9-10)
岡田剛史 18-20(1R 9-10/2R 9-10)
小島邦裕 18-20(1R 9-10/2R 9-10)

[第4試合]フライ級(56.7kg)5分2R
○安芸 柊斗(徳島/MMA Zジム)56.6kg
TKO 2R 2’05”
×旭那 拳(沖縄/パラエストラ沖縄)56.7kg
※レフェリーストップ
[レフェリー]福田正人
[サブレフェリー]
吉田元貴 1R 10-9
岡田剛史 1R 10-9
小島邦裕 1R 10-9

[第3試合]ライト級(70.3kg)5分2R
○結城 大樹(福岡/マスタージャパン福岡)69.8kg
判定 3-0
×國頭 武(広島/総合格闘技道場BURST)69.5kg
[レフェリー]吉田元貴
[サブレフェリー]
福田正人 20-18(1R 10-9/2R 10-9)
岡田剛史 20-18(1R 10-9/2R 10-9)
小島邦裕 20-18(1R 10-9/2R 10-9)

[第2試合]ライト級(70.3kg)5分2R
○ CHAN-龍(徳島/MMA Zジム)70.0kg
S 1R 3’39”
×紀州(和歌山/ASH)69.8kg
※V1アームロック
[レフェリー]吉田元貴

[第1試合]フライ級(56.7kg)5分2R
×横関 タルト(広島/TKエスペランサ)55.8kg
判定 1-2
○泰斗(福岡/MMA Rangers Gym)54.9kg
[レフェリー]吉田元貴
[サブレフェリー]
福田正人 20-18(1R 10-9/2R 10-9)
松根良太 18-20(1R 9-10/2R 9-10)
小島邦裕 18-20(1R 9-10/2R 9-10)

[オープニングマッチ]アマチュア修斗公式戦トライアウトマッチ フェザー級(65.8kg)3分2R
×麻植 裕太(徳島/MMA Zジム)65.0kg
判定 0-3
○梶原 大悟(愛媛/総合格闘技道場HOPE)65.4kg
[レフェリー]吉田元貴
[ジャッジ]
A:福田正人 18-20(1R 9-10/2R 9-10)
B:松根良太 18-20(1R 9-10/2R 9-10)
C:浦 僚克 18-20(1R 9-10/2R 9-10)

12.20Zoom|ジャッジ・トレーニング第4弾開催決定!
今回のテーマは「2020.11.21 朝倉未来vs.斎藤裕」

本トレーニングでは、事前に参加者のみなさんに実際の試合映像(朝倉vs.斎藤戦)を見ながら模擬ジャッジをしていただきます。

皆さまの採点結果を事前に集計の上、トレーニング当日は採点結果の解説、ディスカッション等を行います。

トレーニング当日の参加が難しい方でも、模擬ジャッジだけの参加も歓迎です。

是非多くの方に模擬ジャッジの入力をお願いできますと幸いです。

▼試合映像|2020.11.21 朝倉未来vs.斎藤裕
https://youtu.be/b9I20IcVcRc

▼模擬ジャッジ入力フォーム(12/15まで)
https://forms.gle/fT7phYmuct1qcW7m6
※模擬ジャッジはMMAユニファイド・ルール(ラウンド毎10ポイントマスト方式)RIZIN MMAルール(トータルマスト方式)の2パターンで採点。


JMOC ALL JAPAN REFEREE CARAVAN 2020
JMOCコミュニティ|ジャッジ・トレーニング4
【概要】
日時:12月20日(日) 21:00〜(20:30より入室可能)
開催方法:Zoomミーティング
参加対象:JMOCコミュニティ会員
※本トレーニングはJMOCコミュニティ会員限定且つ会員限定ページでの事前登録制となります。
申込ページ:>>>ジャッジ・トレーニング4参加チケット購入ページ
参加料:1,000円/JMOCコミュニティ会員限定
Pay Activityにてクレジットカードもしくはキャリア決済でのお支払いとなります。
※参加者向けにIDとパスワードをご案内いたします。
申込期日:12月14日(月)23:59

【トレーニング内容】
■模擬ジャッジ

事前に参加者の皆さまに実際の試合映像(朝倉vs.斎藤戦)を見ながら模擬ジャッジをしていただきます。
皆さんの採点結果を事前に集計の上、トレーニング当日は採点結果の解説、ディスカッション等を行います。

今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響でMMA興行の中止や延期等が相次ぎましたが、今年JMOCが競技運営を協力した27大会分の試合結果が公開されています。

■2020年度JMOC競技運営協力大会 試合結果
https://www.mmaofficials.jp/category/result_2020/

なお、年内に予定している協力大会は次のとおりです。

■12.13香川|プロフェッショナル修斗公式戦「闘裸男×FORCE」
■12.19新宿|DEEP TOKYO IMPACT 2020
■12.19新宿|DEEP JEWELS 31
■12.31埼玉|RIZIN.26

大変光栄なことに、今年も大晦日興行(RIZIN.26)の競技運営に協力させていただきます。これもひとえに皆様方の日頃のご支援のおかげでございます。心より感謝申し上げます。

今年も残すところあと1ヶ月ですが、大晦日までどうぞよろしくお願いいたします。

沖縄の皆様ありがとうございました。

11.29沖縄|THE SHOOTO OKINAWA vol.3

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

2020.11.29 沖縄・コザミュージックタウン音市場
THE SHOOTO OKINAWA vol.3

今年で3年目、今大会で3回目となるTheパラエストラ沖縄主催プロ修斗興行「THE SHOOTO OKINAWA」ですが、今大会もJMOCから2名が競技オフィシャルとして参加させていただきました。

関係者の皆様の大変なご苦労と努力に心より感謝申し上げます。

11月29日 プロ修斗 Theパラエストラ沖縄主催興行 沖縄大会 試合結果
一般社団法人日本修斗協会公式ウェブサイトより

[大会名]プロフェッショナル修斗公式戦沖縄大会 THE SHOOTO OKINAWA vol.3
[日 時]2020年11月29日(日)
[会 場]ミュージックタウン音市場(沖縄市上地1-1-1)
[主 催]Theパラエストラ沖縄
[認 定]修斗コミッション
[協 力]一般社団法人日本修斗協会/EVERGROUND/Studio Shine/JMOC/GFC
[特別協賛]沖縄酒場きぶんや/株式会社ファッションキャンディー/沖縄広告株式会社/幸喜・稲山総合法律事務所/京都駅前法律事務所/56年会/パーソナルジムクロスライン/保険の匠YET

[メインイベント・第7試合 フライ級5分3R]
○木内 SKINNY ZOMBIE 崇雅(東京/和術慧舟會GOODS)56.5kg
S 2R 3’39”
×当真 佳直(沖縄那覇/reversaL Gym OKINAWA CROSS×LINE)56.45kg
※スリーパーホールド
[レフェリー]豊永 稔
[サブレフェリー]
豊永 稔 1R 9-10
福田正人 1R 9-10
小生隆弘 1R 9-10

[セミファイナル・第6試合 バンタム級5分2R]
×六本木 洋(埼玉/総合格闘技道場STF)61.0kg
KO 1R 1’42”
○TARKER(沖縄八重瀬/シマジリアンズ)60.65kg
[レフェリー]豊永 稔

[第5試合 バンタム級5分2R]
○金内サイダー雄哉(沖縄うるま/Theパラエストラ沖縄)59.55kg
判定 3-0
×若山 達也(沖縄那覇/若柔術)59.95kg
[レフェリー]福田正人
[サブレフェリー]
福田正人 20-18(1R 10-9/2R 10-9)
豊永 稔 20-18(1R 10-9/2R 10-9)
島袋零二 20-18(1R 10-9/2R 10-9)

[第4試合 女子ストロー級5分2R]
×檜山 美樹子(愛知/ナゴヤファイトクラブ)50.0kg
S 1R 2’47”
○小生 由紀(沖縄名護/グランドスラムAPP)51.85kg
[レフェリー]福田正人
※腕ひしぎ十字固め

[第3試合 フライ級5分2R]
△大城 正也(福岡/T-REX柔術アカデミー)55.7kg
判定 0-0
△畠山 隆称(沖縄南城/Theパラエストラ沖縄)56.30kg
[レフェリー]福田正人
[サブレフェリー]
福田正人 19-19(1R 10-9/2R 9-10)
豊永 稔 19-19(1R 10-9/2R 9-10)
島袋零二 19-19(1R 10-9/2R 9-10)

[第2試合 フェザー級5分2R]
○南風原 吉良斗(沖縄那覇/Theパラエストラ沖縄)65.60kg
TKO 2R 1’50”
×藤谷 敦史(福岡/マスタージャパン福岡)64.75kg
[レフェリー]豊永 稔
[サブレフェリー]
豊永 稔 1R 10-8
福田正人 1R 10-8
小生隆弘 1R 10-9

[第1試合 フェザー級5分2R]
△阿部 剛卓(松戸/パラエストラ松戸)65.45kg
テクニカルドロー 1R 2’28”
△波平コング(沖縄那覇/Theパラエストラ沖縄)65.3kg
[レフェリー]豊永 稔

アマチュア修斗公式戦
[第2試合 バンタム級3分2R]
○榎本 神月(沖縄那覇/Theパラエストラ沖縄)61.1kg
S 2R 2’48”
×半沢 拓己(沖縄名護/グランドスラムAPP)60.9kg
※スリーパーホールド
※ ※1R、青:半沢に金網を掴む行為で減点1
[レフェリー]福田正人
[サブレフェリー]
福田正人 1R 9-9
豊永 稔 1R 9-9
島袋零二 1R 9-9

[第1試合 フェザー級5分2R]
○工藤 圭一郎(沖縄名護/グランドスラムAPP)65.75kg
S 2R 2’45”
×當山 憂空(沖縄南城/SHIMAZILIANS)65.15kg
※腕ひしぎ十字固め
[レフェリー]福田正人
[サブレフェリー]
福田正人 1R 10-9
豊永 稔 1R 10-9
島袋零二 1R 10-8

11月23日 プロ修斗 サステイン主催興行 後楽園大会 試合結果
一般社団法人日本修斗協会公式ウェブサイトより

[大会名]プロフェッショナル修斗公式戦
 PROFESSIONAL SHOOTO 2020 Vol.7 Supported by ONE Championship
[日 時]2020年11月23日(月/祝)
[開 場]17:15[開 始]18:00
[会 場]後楽園ホール
[後 援]ONE Championship
[協 力]一般社団法人日本修斗協会[認 定]修斗コミッション
[主 催]株式会社サステイン

[メインイベント/第7試合]フェザー級5分3R
×安藤達也(無所属)65.4kg
TKO 1R 2’12”
○大塚隆史(T-GRIP TOKYO)65.8kg
※レフェリーストップ
※※赤:安藤の膝の負傷のため
[レフェリー]片岡誠人

[セミファイナル/第6試合]バンタム級5分3R
×清水清隆(TRIBE TOKYO M.M.A.)61.0kg
判定 0-3
○平良達郎(THEパラエストラ沖縄)61.0kg
[レフェリー]福田正人
[サブレフェリー]
豊永 稔 28-29(1R 10-9/2R 9-10/3R 9-10)
長瀬達郎 28-29(1R 10-9/2R 9-10/3R 9-10)
田澤康宏 27-30(1R 9-10/2R 9-10/3R 9-10)

[第5試合]フェザー級5分3R
○石橋佳大(ZEEKジム)65.7kg
判定 3-0
×論田愛空隆(心技舘)65.8kg
[レフェリー]福田正人
[サブレフェリー]
豊永 稔 30-27(1R 10-9/2R 10-9/3R 10-9)
長瀬達郎 30-26(1R 10-9/2R 10-8/3R 10-9)
田澤康宏 30-27(1R 10-9/2R 10-9/3R 10-9)

[第4試合]フライ級5分3R
○黒澤亮平(パラエストラ松戸)56.6kg
判定 3-0
×マッチョ ザ バタフライ(総合格闘技道場コブラ会)56.3kg
[レフェリー]片岡誠人
[サブレフェリー]
豊永 稔 29-28(1R 10-9/2R 9-10/3R 10-9)
長瀬達郎 30-27(1R 10-9/2R 10-9/3R 10-9)
田澤康宏 30-27(1R 10-9/2R 10-9/3R 10-9)

[第3試合]女子51kg契約5分3R
×杉本 恵(AACC)50.9kg
S 1R 2’46”
○ SARAMI(パンクラスイズム横浜)50.9kg
※腕十字固め
[レフェリー]福田正人

[第2試合]インフィニティリーグ2020 フェザー級5分2R
△よしずみ(勝ち点3/HAGANE GYM)65.8kg
ドロー 1-0
△一條貴洋(勝ち点0/ブレイブハート)65.5kg
※引き分けのため、共に1Pを獲得。(よしずみ:累計4P, 一條:累計 1P)
[レフェリー]福田正人
[サブレフェリー]
豊永 稔 20-18(1R 10-9/2R 10-9)
長瀬達郎 19-19(1R 10-9/2R 9-10)
田澤康宏 19-19(1R 10-9/2R 9-10)

[第1試合]フライ級5分2R
○新井 丈(キングダム立川コロッセオ)56.7kg
判定 3-0
×津村有哉(リバーサルジム新宿me.we)56.5kg
[レフェリー]片岡誠人
[サブレフェリー]
豊永 稔 20-17(1R 10-9/2R 10-8)
長瀬達郎 20-18(1R 10-9/2R 10-9)
田澤康宏 20-17(1R 10-9/2R 10-8)

大会名:ZST.69
開催日:2020年11月22日(日)
会場:東京・GENスポーツパレス
主催:ZST実行委員会
競技オフィシャル:
福田正人(HR)、豊永 稔、田澤康宏、片岡誠人、橋本 貴、水原弘暁

■第9試合 RIZIN MMAルール(肘有り) 57.50kg契約 5分3R
○伊藤盛一郎(リバーサルジム横浜グランドスラム)
TKO 1R 4’41” レフェリーストップ:グラウンドパンチ
×浜本“キャット”雄大(クロスポイント大泉)
レフェリー:福田正人

■第8試合 ZSTルール フェザー級 5分2R
×浜松ヤマト(T.GRIP.TOKYO)
TKO 1R 5’00” レフェリーストップ:左肘脱臼の疑い
○木下尚祐(和術慧舟會GODS)
レフェリー:豊永 稔

■第7試合 ZSTルール フェザー級 5分2R
○島村 裕(総合格闘技宇留野道場)
TKO 2R 1’07” レフェリーストップ:グラウンドパンチ
×高須将大(ストライプル茨城)
レフェリー:豊永 稔
ジャッジ:
田澤康宏 (1R 10-9/ )
福田正人 (1R 10-8/ )
橋本 貴 (1R 10-9/ )

■第6試合 ZSTルール ストロー級 5分2R
×榊原 徹(U-FILE CAMP登戸)
TKO 2R 3’42” レフェリーストップ:グラウンドパンチ
○N.O.V(Team GBF/EnjoyGym)
レフェリー:片岡誠人
ジャッジ:
豊永 稔 (1R 9-10/ )
福田正人 (1R 8-10/ )
橋本 貴 (1R 9-10/ )

■第5試合 ZSTルール バンタム級 5分2R
×二之宮徳昭(クロスワンジム湘南)
判定0-3
○松下祐介(パラエストラTB)
レフェリー:片岡誠人
ジャッジ:
豊永 稔 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10 )
福田正人 17-20 (1R 8-10/ 2R 9-10 )
橋本 貴 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10 )

■第4試合 ZSTルール フライ級 5分2R
○小林 優(パラエストラ吉祥寺)
S 1R 2’25” テクニカルサブミッション:リアネイキッドチョーク
×勅使河原稜太(AACC×spider)
レフェリー:田澤康宏

■第3試合 ZSTルール フライ級 5分2R
○児玉勇也(トイカツ道場/とらの子レスリングクラブ)
判定3-0
×大竹 陽(HAGANE GYM)
レフェリー:田澤康宏
ジャッジ:
豊永 稔 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9 )
福田正人 ○19-19 (1R 10-9/ 2R 9-10 )
橋本 貴 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9 )

■第2試合 ZSTルール ウェルター級 5分2R
○ベン・ブッカン(英国/総合格闘技津田沼道場)
判定3-0
×ワタナベ関羽マサノリ(ALIVE)
レフェリー:片岡誠人
ジャッジ:
豊永 稔 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9 )
田澤康宏 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9 )
橋本 貴 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9 )

■第1試合 ZSTルール ライト級 5分2R
―森 興二(FJ KICK ASS)
ノーコンテスト 1R 1’51”
―西尾真輔(総合格闘技宇留野道場)
レフェリー:福田正人
※森が体重超過3%超のため、森は減点2で試合開始。西尾勝利のみ公式記録とする条件付きで試合を実施。

大会名:RIZIN.25
開催日:2020年11月21日(土)
会場:大阪・大阪城ホール
主催:RIZIN FIGHTING FEDERATION
競技オフィシャル:
豊永 稔(HR/MMA)、和田良覚(HR/KICK)、福田正人、長瀬達郎、田澤康宏、大藪吉郁、片岡誠人、五十嵐智子、内田龍介、永井明広、赤坂大将、橋本 貴、柴田 旭、豊島孝尚、安芸佳孝、磯 英弥、北森代紀

■第10試合 RIZINフェザー級王座決定戦 RIZIN MMAルール(肘有り) 5分3R
×朝倉未来(トライフォース赤坂/65.75kg)
判定3-0
○斎藤 裕(パラエストラ小岩/65.75kg)
レフェリー:福田正人
ジャッジ:
片岡誠人/青・斎藤 [D 0-0/ A 0-30/ G 0-20]
大藪吉郁/青・斎藤 [D 0-0/ A 0-30/ G 0-20]
和田良覚/青・斎藤 [D 0-0/ A 0-0/ G 0-20]
※斎藤が新王者に

■第9試合 RIZIN MMAルール(肘有り) 61.00kg契約 5分3R
○扇久保博正(パラエストラ松戸/60.80kg)
判定3-0
×瀧澤謙太(フリー/60.70kg)
レフェリー:福田正人
ジャッジ:
和田良覚/赤・扇久保 [D 50-0/ A 0-0/ G 20-0]
大藪吉郁/赤・扇久保 [D 50-0/ A 30-0/ G 20-0]
長瀬達郎/赤・扇久保 [D 50-0/ A 30-0/ G 20-0]

■第8試合 RIZIN MMAルール(肘有り) 77.00kg契約 5分3R
○住村竜市朗(TEAM ONE/76.70kg)
判定2-1
×レッツ豪太(総合格闘技道場コブラ会/76.70kg)
レフェリー:和田良覚
ジャッジ:
片岡誠人/青・レッツ [D 0-0/ A 0-30/ G 20-0]
大藪吉郁/赤・住村 [D 0-0/ A 0-0/ G 20-0]
長瀬達郎/赤・住村 [D 0-0/ A 0-0/ G 20-0]

■第7試合 RIZIN MMAルール(肘有り) 57.00kg契約 5分3R
○竿本樹生(BRAVE/56.70kg)
判定3-0
×北方大地(パンクラス大阪稲垣組/56.60kg)
レフェリー:福田正人
ジャッジ:
片岡誠人/赤・竿本 [D 0-0/ A 0-0/ G 20-0]
大藪吉郁/赤・竿本 [D 0-0/ A 0-0/ G 20-0]
長瀬達郎/赤・竿本 [D 0-0/ A 0-0/ G 20-0]

■第6試合 RIZIN MMAルール(肘有り) 66.00kg契約 5分3R
×内村洋次郎(イングラム/65.90kg)
KO 1R 0’22” スタンドパンチ
○萩原京平(SMOKER GYM/65.80kg)
レフェリー:和田良覚

■第5試合 RIZINキックルール 60.50kg契約 3分3R
○大雅(TRY HARD GYM/60.50kg)
判定3-0
×山畑雄摩(心将塾/60.45kg)
レフェリー:豊永 稔
ジャッジ:
片岡誠人 30-28 (1R 10-10/ 2R 10-9/ 3R 10-9)
長瀬達郎 30-28 (1R 10-10/ 2R 10-9/ 3R 10-9)
和田良覚 30-28 (1R 10-10/ 2R 10-9/ 3R 10-9)

■第4試合 RIZINキックルール 83.00kg契約 3分3R
×江畑秀範(フリー/81.25kg)
判定3-0
○佐野勇海(拳之会/81.90kg)
レフェリー:豊永 稔
ジャッジ:
片岡誠人 28-29 (1R 10-9/ 2R 10-10/ 3R 8-10)
長瀬達郎 28-29 (1R 10-9/ 2R 10-10/ 3R 8-10)
和田良覚 28-29 (1R 10-9/ 2R 10-10/ 3R 8-10)

■第3試合 RIZIN MMA特別ルール(肘有り) 66.00kg契約 3分3R
×朴 光哲(KRAZY BEE/65.85kg)
TKO 3R 4’19” レフェリーストップ:グラウンドでの顔面キック
○白川陸斗(志道場/65.75kg)
レフェリー:和田良覚
※1R終了時、赤・朴にイエローカード提示(水および氷を身体に直接かけ、マットを濡らす反則行為)

■第2試合 RIZINキックルール 53.00kg契約 3分3R
○政所 仁(魁塾/52.80kg)
判定3-0
×佐藤執斗(グラップリングシュートボクサーズ名古屋/53.00kg)
レフェリー:豊永 稔
ジャッジ:
片岡誠人 30-28 (1R 10-10/ 2R 10-8/ 3R 10-10)
長瀬達郎 29-28 (1R 10-10/ 2R 10-8/ 3R 9-10)
田澤康宏 30-28 (1R 10-10/ 2R 10-8/ 3R 10-10)

■第1試合 RIZINキックルール 63.00kg契約 3分3R
×山口侑馬(山口道場/62.70kg)
TKO 3R 2’59” レフェリーストップ
○麻原将平(パウンドフォーパウンド/62.75kg)
レフェリー:豊永 稔
ジャッジ:
片岡誠人 (1R 9-10/ 2R 9-10/ )
長瀬達郎 (1R 9-10/ 2R 10-10/ )
和田良覚 (1R 9-10/ 2R 9-10/ )

RIZIN.25 大阪城ホール
RIZINフェザー級タイトルマッチ
朝倉未来 vs. 斎藤裕

11月21日(土)に大阪城ホールで開催される「RIZIN.25」の出場選手向けルールミーティングをオンラインで実施いたしました。

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

和田良覚、豊永 稔、植松直哉、松宮智生

大会名:DEEP 99 IMPACT
開催日:2020年11月1日(日)
会場:東京・ニューピアホール
主催:DEEP事務局
競技オフィシャル:豊永 稔(HR)、福田正人、植松直哉、和田良覚、松宮智生、田澤康宏、橋本 貴、五十嵐智子

■第9試合 DEEPルール バンタム級 5分3R
○元谷友貴(フリー/61.60kg)
S 1R 4’59” タップアウト:アームバー
×米山千隼(マルワジム横浜/61.50kg)
レフェリー:福田正人

■第8試合 DEEPルール フェザー級 5分3R
○白川“Dark”陸斗(志道場/66.05kg)
TKO 1R 2’00” レフェリーストップ:スタンドパンチ
×オーロラ☆ユーキ(KIBAマーシャルアーツクラブ/65.95kg)
レフェリー:植松直哉

■第7試合 DEEPルール 63.50kg契約 5分2R
○東 修平(AACC/61.40kg)
S 1R 1’52” タップアウト:リアネイキッドチョーク
×和田教良(ガイオジム/63.20kg)
レフェリー:和田良覚

■第6試合 DEEPルール フェザー級 5分2R
○神田コウヤ(パラエストラ柏/66.30kg)
TKO 2R 1’49” ドクターストップ:膝蹴りによる顔面カット
×鬼山斑猫(KRAZY BEE/66.15kg)
レフェリー:植松直哉
ジャッジ:
福田正人(1R 9-10/ )
豊永 稔(1R 9-10/ )
和田良覚(1R 9-10/ )

■第5試合 DEEPルール フライ級 5分2R
○加藤瑠偉(KRAZY BEE/56.70kg)
判定3-0
×桜井宇宙(COMRADE/56.50kg)
レフェリー:福田正人
ジャッジ:
豊永 稔 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)
松宮智生 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)
和田良覚 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)

■第4試合 DEEPルール バンタム級 5分2R
×平松 翔(パラエストラ松戸/61.60kg)
判定0-3
○日比野“エビ中”純也(ISHITSUNA MMA/61.25kg)
レフェリー:田澤康宏
ジャッジ:
豊永 稔 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)
松宮智生 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)
福田正人 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)

■第3試合 DEEPルール フェザー級 5分2R
×ザック・バスケープ(フランス/和術慧舟會HEARTS/65.60kg)
TKO 1R 4’52” レフェリーストップ:グラウンドパンチ
○DJマルコ(フリー/65.30kg)
レフェリー:和田良覚

■第2試合 DEEPキックボクシングルール 63.00kg契約 3分3R
×我謝真人(Y&K MMA ACADEMY/62.85kg)
判定0-3
○ラックチャイ・GTジム(タイ/GTジム/62.30kg)
レフェリー:豊永 稔
和田良覚 27-28 (1R 7-10/ 2R 10-9/ 3R 10-9)
松宮智生 27-29 (1R 7-10/ 2R 10-9/ 3R 10-10)
植松直哉 27-28 (1R 7-10/ 2R 10-9/ 3R 10-9)


■第1試合 DEEPルール ストロー級 5分2R
×サイモン・シェ(アカデミア・アーザ/51.90kg)
判定1-2
○竜己(KRAZY BEE/52.10kg)
レフェリー:松宮智生
ジャッジ:
和田良覚 19-19○ (1R 10-9/ 2R 9-10)
福田正人 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)
五十嵐智子 19-19○ (1R 10-9/ 2R 9-10) 

大会名:DEEP 98 IMPACT
開催日:2020年11月1日(日)
会場:東京・ニューピアホール
主催:DEEP事務局
競技オフィシャル:
豊永 稔(HR)、福田正人、植松直哉、和田良覚、松宮智生、田澤康宏、橋本 貴、五十嵐智子

■第7試合 DEEPルール ウェルター級 5分3R
×悠太(ALLIANCE/77.40kg)
TKO 1R 4’17” レフェリーストップ:グラウンドパンチ
○阿部大治(フリー/77.45kg)
レフェリー:植松直哉

■第6試合 DEEPルール ミドル級 5分3R
×水野竜也(フリー/83.75kg)
TKO 2R 4’44” レフェリーストップ:グラウンドパンチ
○ジョアンオ・バティスタ・吉村(ブラジル/TOP 1 FITNESS GYM/83.00kg)
レフェリー:和田良覚
ジャッジ:
福田正人(1R 10-9/ )
豊永 稔(1R 10-9/ )
松宮智生(1R 10-9/ )

■第5試合 DEEPルール ライト級 5分2R
×星野 豊(和術慧舟會HEARTS/66.15kg)
S 2R 3’59” テクニカルサブミッション:アームバー
○平田直樹(K-Clann/66.25kg)
レフェリー:福田正人
ジャッジ:
豊永 稔(1R 9-10/ )
松宮智生(1R 8-10/ )
植松直哉(1R 9-10/ )

■第4試合 DEEPルール ライト級 5分2R
×佐々木大(トライフォース赤坂/70.35kg)
S 2R 1’41” タップアウト:リアネイキッドチョーク
○石塚雄馬(AACC/70.50kg)
レフェリー:田澤康宏
ジャッジ:
和田良覚(1R 9-10/ )
松宮智生(1R 9-10/ )
福田正人(1R 9-10/ )

■第3試合 DEEPルール フェザー級 5分2R
○樋口武大(骨法烏合會矢野卓見道場/66.10kg)
S 1R 3’24” タップアウト:アンクルホールド
×西谷大成(トライフォース赤坂/66.05kg)
レフェリー:福田正人

■第2試合 DEEPルール バンタム級 5分2R
○ヒロヤ(トライフォース赤坂/61.40kg)
TKO 1R 3’27” レフェリーストップ:グラウンドパンチ
×力也(KRAZY BEE/61.60kg)
レフェリー:田澤康宏

■第1試合 DEEPルール フェザー級 5分2R
○畠山祐輔(トライフォース赤坂/66.05kg)
S 2R 1’57” タップアウト:リアネイキッドチョーク
×健吾(F3/66.10kg)
レフェリー:植松直哉
ジャッジ:
田澤康宏(1R 10-9/ )
福田正人(1R 10-9/ )
豊永 稔(1R 10-9/ )

大会名:DEEP JEWELS 30
開催日:2020年10月31日(土)
会場:東京・ニューピアホール
主催:DEEP事務局
競技オフィシャル:
豊永 稔(HR)、福田正人、植松直哉、松宮智生、長瀬達郎、橋本 貴、五十嵐智子、柴田 旭

■第8試合 DEEP JEWELSアトム級タイトルマッチ 5分3R
○前澤 智(王者/リバーサルジム立川ALPHA/47.60kg)
S 3R 0’57” タップアウト:フロントチョーク
×青野ひかる(挑戦者/ストライプル新百合ヶ丘/47.60kg)
レフェリー:福田正人
ジャッジ:
豊永 稔(1R 9-10/ 2R 10-9/ )
長瀬達郎(1R 9-10/ 2R 10-9/ )
松宮智生(1R 9-10/ 2R 10-9/ )
植松直哉(1R 9-10/ 2R 10-9/ )
橋本 貴(1R 9-10/ 2R 10-9/ )
※前澤が王座防衛

■第7試合 DEEP JEWELSルール フライ級 5分2R
×アミバ(AACC/57.00kg)
判定0-3
○栗山 葵(SMOKER GYM/56.35kg)
レフェリー:植松直哉
ジャッジ:
松宮智生 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)
福田正人 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)
豊永 稔 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)

■第6試合 DEEP JEWELSルール 49.00kg契約 5分2R
×KAI(リバーサルジム立川ALPHA/49.00kg)
S 1R 4’40” タップアウト:リアネイキッドチョーク
○さくら(フリー/48.90kg)
レフェリー:福田正人

■第5試合 DEEP JEWELSルール ミクロ級 5分2R
○山崎桃子(リバーサルジム横浜グランドスラム/43.35kg)
判定3-0
×國保小枝(和術慧舟會船橋道場/44.10kg)
レフェリー:植松直哉
ジャッジ:
豊永   稔 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)
松宮智生 ○19-19 (1R 10-9/ 2R 9-10)
福田正人 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)

■第4試合 DEEP JEWELSルール 54.50kg契約 5分2R
×ARAMI(フリー/54.25kg)
判定0-3
○伊澤星花(高本道場/53.65kg)
レフェリー:植松直哉
ジャッジ:
橋本 貴 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)
福田正人 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)
松宮智生 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)

■第3試合 DEEP JEWELSルール 49.00kg 5分2R
○村上 彩(フリー/48.40kg)
判定3-0
×須田萌里(SCORPION GYM/48.25kg)
レフェリー:豊永 稔
ジャッジ:
橋本 貴 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)
福田正人 ○19-19 (1R 10-9/ 2R 9-10)
松宮智生 ○19-19 (1R 10-9/ 2R 9-10)

■第2試合 DEEP JEWELSルール 58.00kg 5分2R
○ミッコ・ニルバーナ(AACC/57.75kg)
TKO 2R 2’51” レフェリーストップ:グラウンドパンチ
×ゆりな(COOL CHAMP/57.05kg)
レフェリー:長瀬達郎
ジャッジ:
植松直哉(1R 10-8/ )
福田正人(1R 10-8/ )
松宮智生(1R 10-8/ )

■第1試合 DEEP JEWELSアマチュアSPルール フライ級 3分2R
○藤田翔子(リバーサルジム新宿Me,We/56.60kg)
判定3-0
×ケイト・ロータス(KING GYM KOBE/56.10kg)
レフェリー:福田正人
ジャッジ:
松宮智生 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)
五十嵐智子 ○19-19 (1R 10-9/ 2R 9-10)
橋本 貴 ○19-19 (1R 9-10/ 2R 10-9)

大会名:DEEP HAMAMATSU IMPACT 2020
開催日:2020年10月25日(日)
会場:静岡・アクトシティ浜松
主催:IKGプロモーション
競技オフィシャル:
豊永 稔(HR)、田澤康宏、横田一則、橋本 貴、五十嵐智子

■第10試合 DEEPルール ライト級 5分2R
○鈴木琢仁(Bonsai Jiu-Jitsu/70.40kg)
判定3-0
×レバナ・エゼキエル(BRAVE/70.40kg)
判定3-0
レフェリー:田澤康宏
ジャッジ:
豊永 稔 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)
横田一則 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)
五十嵐智子 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)

■第9試合 DEEPルール フェザー級 5分2R
×拓MAX(TEAM HAMBOLT/65.90kg)
判定0-3
○原口 央(BRAVE/66.30kg)
レフェリー:横田一則
ジャッジ:
豊永 稔 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)
橋本 貴 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)
五十嵐智子 19-19○ (1R 9-10/ 2R 10-9)

■第8試合 DEEPルール 63.50kg契約 5分2R
○篠原アンジェロ(HARD COMBAT/70.50kg)
TKO 1R終了時 ドクターストップ:有効打による顔面カット
×ハリー・スタローン(SEKITANI JIUJITSU ACADEMY/70.20kg)
レフェリー:田澤康宏
ジャッジ:
豊永 稔(1R 9-10/ )
橋本 貴(1R 9-10/ )
五十嵐智子(1R 10-9/ )

■第7試合 DEEPルール フェザー級 5分2R
×須山 渉(Bonsai Jiu-Jitsu/66.30kg)
判定0-3
○大村友也(掣圏会/65.20kg)
レフェリー:横田一則
ジャッジ:
豊永 稔 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)
橋本 貴 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)
五十嵐智子18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)

■第6試合 DEEPルール バンタム級 5分2R
×内山拓真(Bonsai Jiu-Jitsu/61.50kg)
TKO 1R 0’47” レフェリーストップ:グラウンドパンチ
○三好真大(BRAVE/60.70kg)
レフェリー:田澤康宏

□第5試合 DEEP特別ルール(肘無し/非公式戦) バンタム級 5分2R
×望月風我(禅道会/60.60kg)
S 1R 0’37” タップアウト:リアネイキッドチョーク
○山本哲也(和術慧舟會IGGY HANDS GYM/61.50kg)
レフェリー:横田一則

□第4試合 DEEPアマチュアSPルール バンタム級 3分2R
×平野紘希(K.O.SHOOTO GYM)
判定0-3
○今井健斗(マーシャルアーツクラブ中津川)
レフェリー:橋本 貴
ジャッジ:
横田一則 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)
五十嵐智子 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)
田澤康宏 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)

□第3試合 DEEPアマチュアSPルール 69.00kg以下 3分2R
○佐藤哲郎(JAWS WEST)
判定3-0
×壁谷勇佑(禅道会豊橋)
レフェリー:橋本 貴
ジャッジ:
横田一則 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)
五十嵐智子 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)
田澤康宏 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)

□第2試合 DEEPアマチュアSPルール バンタム級 3分2R
○青田 剛(K.O.SHOOTO GYM)
判定3-0
×北川文汰(MtF MUGEN GYM)
レフェリー:橋本 貴
ジャッジ:
横田一則 ○19-19 (1R 10-9/ 2R 9-10)
五十嵐智子 ○19-19 (1R 9-10/ 2R 10-9)
田澤康宏 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)

□第1試合 DEEPアマチュアSPルール フェザー級 3分2R
○小谷壽彦(禅道会豊橋)
判定3-0
×大竹修斗(パラエストラ柏)
レフェリー:橋本 貴
ジャッジ:
横田一則 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)
五十嵐智子 ○19-19 (1R 10-9/ 2R 9-10)
田澤康宏 19-18 (1R 10-8/ 2R 9-10)

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

ビッグ・ジョン・マッカーシーさん
お誕生日おめでとうございます。
“Big” John McCarthy a very happy birthday!

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

2020.10.11 横浜・ぴあアリーナ
RISE DEAD OR ALIVE 2020 YOKOHAMA

JMOC競技オフィシャルが今大会のインスペクター業務を担当させていただきました。

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

2020.9.27 RIZIN.24

Yogibo×JMOC
performed by HODOPHILAX

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

2020年10月2日(金)23時よりRIZIN.24フォローアップミーティングをオンラインで実施いたしました。

大会名:RIZIN.24
開催日:2020年9月27日(日)
会場:埼玉・さいたまスーパーアリーナ
主催:RIZIN FIGHTING FEDERATION
競技オフィシャル:
福田正人(HR/MMA)、豊永 稔(HR/KICK)、和田良覚、松宮智生、長瀬達郎、田澤康宏、五十嵐智子、内田龍介、新井誠介、赤坂大将、柴田旭、李昌賢、水原弘暁、佐藤慎一、北森代紀

■第10試合 RIZIN MMAルール(肘有り) 61.00kg契約 5分3R
○朝倉 海(トライフォース赤坂/60.75kg)
TKO 1R 2’37” レフェリーストップ:グラウンドキック
×昇侍(トイカツ道場/60.85kg)
レフェリー:田澤康宏

■第9試合 RIZIN MMAルール(肘有り) 71.00kg契約 5分3R
○武田光司(BRAVE/70.80kg)
判定2-1
×川名雄生(Y&K MMA ACADEMY/70.80kg)
レフェリー:片岡誠人
ジャッジ:
長瀬達郎/赤・武田 [D 50-0/ A 0-0/ G 20-0]
松宮智生/赤・武田 [D 0-0/ A 30-0/ G 0-0]
田澤康宏/青・川名 [D 0-50/ A 0-0/ G 0-20]

■第8試合 RIZIN MMAルール(肘有り) 71.00kg契約 5分3R
○久米鷹介(ALIVE/71.00kg)
判定2-1
×北岡 悟(ロータス世田谷/パンクラスイズム横浜/70.85kg)
レフェリー:和田良覚
ジャッジ:
片岡誠人/青・北岡 [D 0-50/ A 30-0/ G 20-0]
松宮智生/赤・久米 [D 0-0/ A 30-0/ G 20-0]
田澤康宏/赤・久米 [D 0-0/ A 0-0/ G 20-0]

■第7試合 RIZINキックルール 60.00kg契約 3分3R
×北川裕紀(ZERO ONE GYM/59.95kg)
KO 2R 0’27”
○平塚大士(チームドラゴン/60.00kg)
レフェリー:豊永 稔
ジャッジ:
片岡誠人 (1R 10-10/ )
長瀬達郎 (1R 10-10/ )
和田良覚 (1R 10-10/ )

■第6試合 RIZIN MMAルール(肘有り) 61kg契約 5分3R
×金太郎(パンクラス大阪稲垣組/60.95kg)
判定1-2
○瀧澤謙太(フリー/60.80kg)
レフェリー:長瀬達郎
ジャッジ:
片岡誠人/青・瀧澤 [D 0-50/ A 30-0/ G 20-0]
松宮智生/赤・金太郎 [D 0-0/ A 30-0/ G 20-0]
和田良覚/青・瀧澤 [D 0-50/ A 0-0/ G 20-0]

■第5試合 RIZIN MMAルール(肘有り)女子53.00kg契約 5分3R
○RENA(シーザージム/52.85kg)
判定3-0
×富松恵美(パラエストラ松戸/52.20kg)
レフェリー:豊永 稔
ジャッジ:
片岡誠人/赤・RENA [D 0-0/ A 30-0/ G 20-0]
松宮智生/赤・RENA [D 0-0/ A 30-0/ G 20-0]
和田良覚/赤・RENA [D 50-0/ A 30-0/ G 0-0]

■第4試合 RIZIN MMAルール(肘有り) 66.00kg契約 5分3R
○芦田崇宏(BRAVE/65.90kg)
S 1R 4’25” タップアウト:アームロック
×萩原京平(SMOKER GYM/65.95kg)
レフェリー:田澤康宏

■第3試合 RIZIN MMA特別ルール(肘有り) 120.00kg契約 3分3R
○スダリオ剛(フリー/112.85kg)
TKO 1R終了時 ドクターストップ:顔面骨折の疑い
×ディラン・ジェイムス(ニュージーランド/107.65kg)
レフェリー:和田良覚

■第2試合 RIZINキックルール 55.00kg契約 3分3R
○江幡 睦(伊原道場本部/55.00kg)
判定3-0
×良星(平井道場/54.95kg)
レフェリー:長瀬達郎
ジャッジ:
片岡誠人 30-26 (1R 10-8/ 2R 10-9/ 3R 10-9)
豊永 稔 30-26 (1R 10-7/ 2R 10-9/ 3R 10-10)
和田良覚 30-26 (1R 10-7/ 2R 10-9/ 3R 10-10)

■第1試合 RIZIN MMAルール 71.00kg契約 5分3R
×矢地祐介(KRAZY BEE/70.85kg)
判定1-2
○大原樹里(KIBAマーシャルアーツクラブ/70.70kg)
レフェリー:松宮智生
ジャッジ:
片岡誠人/青・大原 [D 0-0/ A 0-30/ G 20-0]
長瀬達郎/赤・矢地 [D 50-0/ A 0-0/ G 20-0]
田澤康宏/青・大原 [D 0-50/ A 0-0/ G 0-20]

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

大会名:DEEP 97 IMPACT
開催日:2020年9月20日(日)
会場:東京・後楽園ホール
主催:DEEP事務局
競技オフィシャル:
福田正人(HR)、和田良覚、豊永 稔、松宮智生、橋本 貴、五十嵐智子、柴田 旭

■第7試合 DEEPフェザー級タイトルマッチ 5分3R
×弥益ドミネーター聡志(王者/team SOS/65.55kg)
判定1-4
○牛久絢太郎(挑戦者/K-Clann/65.65kg)
レフェリー:和田良覚
ジャッジ:
豊永 稔 28-29(1R 9-10/ 2R 10-9/ 3R 9-10)
福田正人 28-29(1R 9-10/ 2R 10-9/ 3R 9-10)
松宮智生 28-29(1R 9-10/ 2R 10-9/ 3R 9-10)
橋本 貴 28-28○(1R 9-10/ 2R 10-8/ 3R 9-10)
五十嵐智子 29-28(1R 10-9/ 2R 10-9/ 3R 9-10)
※牛久が新王者に

■第6試合 DEEP女子ミクロ級タイトルマッチ王座決定戦 5分3R
×にっせー(フリー/43.60kg)
S 1R 2’09” テクニカル・サブミッション:Vクロスアームロック
○大島沙緒里(AACC/43.90kg)
レフェリー:福田正人
※大島が新王者に

■第5試合 ライト級 5分3R
○中村大介(夕月堂本舗/70.45kg)
KO 2R 0’16” スタンドパンチ
×長倉立尚(フリー/70.60kg)
レフェリー:和田良覚
ジャッジ:
豊永 稔(1R 10-9/ )
松宮智生(1R 9-10/ )
福田正人(1R 9-10/ )

■第4試合 DEEPキックルール 女子63.00kg契約 3分3R
×KINGレイナ(K-Clann/64.50kg)
判定0-3
○熊谷麻理奈(ウィラサクレック・フェアテックス札幌/62.50kg)
レフェリー:豊永 稔
ジャッジ:
和田良覚 26-30 (1R 10-10/ 2R 9-10/ 3R 9-10)
松宮智生 25-30 (1R 9-10/ 2R 9-10/ 3R 9-10)
福田正人 26-30 (1R 9-10/ 2R 9-10/ 3R 10-10)
※KINGレイナが規定体重を1.50kg超過により規定に基づき条件付きでの試合実施。KINGレイナに減点2点を課した上で試合を開始。
■第3試合 フライ級 5分2R
×ランボー宏輔(パラエストラ千葉/56.60kg)
TKO 2R 0’31” レフェリーストップ:グラウンドパンチ
○藤田大和(リバーサルジム新宿Me,We/57.05kg)
レフェリー:豊永 稔
ジャッジ:
和田良覚(1R 8-10/ )
福田正人(1R 8-10/ )
松宮智生(1R 9-10/ )

■第2試合 ウェルター級 5分2R
○米田奈央(フリー/77.40kg)
判定3-0
×泰斗(高本道場/76.00kg)
レフェリー:松宮智生
ジャッジ:
和田良覚 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)
福田正人 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)
豊永 稔 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)

■第1試合 バンタム級 5分2R
○原 虎徹(CAVE/61.50kg)
判定3-0
×日比野“エビ中”純也(ISHITSUNA MMA/61.15kg)
レフェリー:松宮智生
ジャッジ:
和田良覚 ○19-19 (1R 9-10/ 2R 10-9)
福田正人 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)
豊永 稔 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)

9月19日 プロ修斗 サステイン主催興行 渋谷大会 試合結果
一般社団法人日本修斗協会公式ウェブサイトより

[大会名]PROFESSIONALSHOOTO2020 Vol.6 Supported by ONEChampionship
[会 場]渋谷 TSUTAYA O-EAST
[日 時]2020年9月19日(土)
[特別協賛]ONEChampionship
[協 力]一般社団法人日本修斗協会 [認 定]修斗コミッション
[主 催]株式会社サステイン

■第1部
[メインイベント/第5試合]フライ級5分3R
○猿丸ジュンジ(世界ストロー級1位/修斗GYM東京)56.7kg
TKO 1R 4’54”
×飯野タテオ(世界ストロー級2位/和術慧舟會HEARTS)56.4kg
[レフェリー]片岡誠人
※レフェリーストップ

[セミファイナル/第4試合]ウェルター級5分3R
○大尊 伸光(世界ライト級1位/野田ボディビル同好会)76.8kg
KO 1R 3’07”
×マックス・ザ・ボディ(カメルーン/BRAVE)76.7kg
[レフェリー]豊永 稔

[第3試合]ライト級5分2R
○工藤 諒司(TRIBE TOKYO M.M.A.)70.2kg
KO 1R 2’13”
×野瀬 翔平(マスタージャパン福岡)68.9kg
[レフェリー]豊永 稔

[第2試合]ライト級5分2R
○西川 大和(西川道場)70.3kg
S 1R 3’23”
×椿 飛鳥(トライデントジム)70.1kg
[レフェリー]片岡誠人
※三角絞め

[第1試合]女子51kg契約5分2R
○中村 未来(マルスジム)50.7kg
判定 3-0
×永尾 音波(AACC)50.9kg
[レフェリー]長瀬達郎
[サブレフェリー]
豊永 稔 20-17(1R 10-9/2R 10-8)
横山忠志 20-18(1R 10-9/2R 10-9)
片岡誠人 20-18(1R 10-9/2R 10-9)

■第2部
[メインイベント/第4試合]環太平洋フェザー級チャンピオンシップ5分3R
×仲山貴志(王者・初防衛戦/総合格闘技津田沼道場)65.7kg
TKO 2R 2’05”
○ SASUKE(挑戦者・同級1位/マスタージャパン)65.6kg
※レフェリーストップ
※※勝利した挑戦者:SASUKEが第11代環太平洋フェザー級王者に。
[レフェリー]片岡誠人
[サブレフェリー]
豊永 稔 1R 9-10
横山忠志 1R 9-10
田澤康宏 1R 9-10

JMOC × HODOPHILAX
競技オフィシャル用スポーツマスク
(特注グレー)
9.27「RIZIN.24」に向け
新サイズXLを追加

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

2020.9.13 FINISH 05
会場:リバーサルジム東京スタンドアウト
主催:SUNRISEプロモーション

>>>[開催報告] 2020.9.13田町|「FINISH05」JMOC競技オフィシャル実地トレーニング

[参加オフィシャル]
-レフェリー・ジャッジ
片岡誠人、橋本 貴、柴田 旭
-ハンドラップオフィシャル
鍋久保雄太

2020年9月13日(日)に東京・リバーサルジム東京スタンドアウト田町芝浦スタジオで開催された「FINISH05」でJMOC競技オフィシャル実地トレーニングを実施し、JMOCコミュニティ会員の橋本貴さん、柴田旭さん、鍋久保雄太さんの3名がトレーニングに参加されました。

本トレーニングでは、片岡誠人さんが現場フォロー役を務めるなか、橋本さんと柴田さんの2名がレフェリング、鍋久保さんはハンドラップ・オフィシャルとしての経験を積みました。

参加された皆さま、大変お疲れさまでした。

(写真:左より)鍋久保さん、橋本さん、片岡さん(現場フォロー担当)、柴田さん

9月27日(日)にさいたまスーパーアリーナで開催される「RIZIN.24」の出場選手向けルールミーティングをオンラインで実施いたしました。

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

大会名:ZST.68
開催日:2020年8月30日(日)
会場:東京・GENスポーツパレス
主催:ZST実行委員会
競技オフィシャル:
豊永 稔(HR)、田澤康宏、片岡誠人、橋本 貴、横田一則

■第11試合 ZST特別ルール フライ級 5分2R
○駒杵嵩大(FIGHT BASE都立大)
S 1R 4’30” タップアウト:アームバー
×宮城友一(DROPr)
レフェリー:豊永 稔

■第10試合 ZSTルール フェザー級 5分2R
○高須将大(ストライプル茨城)
S 1R 3’49” タップアウト:リアネイキッドチョーク
×平石公介(TKエスペランサ)
レフェリー:片岡誠人

■第9試合 ZSTルール フェザー級 5分2R
×萩原一貴(リバーサルジム武蔵小杉所プラス)
TKO 1R 2’34” レフェリーストップ:グラウンドパンチ
○木下尚祐(和術慧舟會GODS)
レフェリー:田澤康宏

■第8試合 ZSTルール フェザー級 5分2R
○河村泰博(和術慧舟會AKZA)
判定2-1
×原口 央(BRAVE)
レフェリー:豊永 稔
ジャッジ:
片岡誠人 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)
横田一則 19-19○ (1R 9-10/ 2R 10-9)
田澤康宏 ○19-19 (1R 9-10/ 2R 10-9)

■第7試合 ZSTルール フライ級 5分2R
×歌川大輔(オーガフィスト)
KO 1R 4’13” スタンドパンチ
○浜本“キャット”雄大(クロスポイント大泉)
レフェリー:片岡誠人

■第6試合 ZSTルール バンタム級 5分2R
○金井塚信之(フリー)
判定3-0
×諏訪部哲平(和術慧舟會駿河道場)
レフェリー:田澤康宏
ジャッジ:
片岡誠人 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)
橋本 貴 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)
豊永 稔 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)

■第5試合 ZSTルール フライ級 5分2R
○佐々木亮太(蒼天塾あざみ野道場)
S 1R 4’05” タップアウト:リアネイキッドチョーク
×児玉勇也(とらの子レスリングクラブ/トイカツ道場)
レフェリー:田澤康宏

■第4試合 ZSTルール バンタム級 5分2R
×二之宮徳昭(クロスワンジム湘南)
判定1-2
○上田直毅(パラエストラ東京)
レフェリー:片岡誠人
ジャッジ:
田澤康宏 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)
横田一則 19-19○ (1R 9-10/ 2R 10-9)
豊永 稔 ○19-19 (1R 9-10/ 2R 10-9)

■第3試合 ZSTルール ライト級 5分2R
○西尾真輔(総合格闘技宇留野道場)
TKO 1R 2’10” レフェリーストップ:グラウンドパンチ

×徳野“一心”一馬(UBF)
レフェリー:横田一則

■第2試合 ZSTルール ウェルター級 5分2R
×上原 平(リバーサルジム横浜グランドスラム)
判定0-3
○岸野紘樹(トイカツ道場)
レフェリー:横田一則
ジャッジ:
田澤康宏 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)
片岡誠人 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)
豊永 稔 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)

■第1試合 ZSTルール ストロー級 5分2R
○川元敬吾(リバーサルジム東京スタンドアウト)
TKO 1R 3’55” レフェリーストップ:グラウンドパンチ
×藤田 黎(ストライプル新百合ヶ丘)
レフェリー:豊永 稔

RIZINリングドクターの先生方による研究論文(総説論文)が公刊されました。

羽田晋之介ほか(2020)トップレベルの総合格闘技大会における外傷の特徴と傾向.日本臨床スポーツ医学雑誌28(1):143-148.

リングドクターの先生方がRIZIN(1年間)における67試合134名を対象に外傷調査を実施されました。

筆頭著者である羽田先生のご厚意により、JMOCコミュニティ内でPDFデータを共有させていただけることとなりました。

会員のみなさん、ぜひご一読ください。

大会名:DEEP 97 IMPACT
開催日:2020年8月23日(日)
会場:東京・ニューピアホール
主催:DEEP事務局
競技オフィシャル:
福田正人(HR)、豊永 稔、田澤康宏、松宮智生、五十嵐智子、橋本 貴、柴田 旭

■第8試合 DEEPストロー級タイトルマッチ 5分3R
×越智晴雄(王者/パラエストラ愛媛/52.10kg)
S 2R 4’43” テクニカル・サブミッション:リアネイキッド・チョーク
○川原波輝(挑戦者/チーム・アルファメール・ジャパン/52.15kg)
レフェリー:田澤康宏
ジャッジ:
豊永 稔 (1R 9-10/ )
福田正人 (1R 9-10/ )
松宮智生 (1R 9-10/ )
橋本 貴 (1R 9-10/ )
五十嵐智子 (1R 9-10/ )
※川原が新王者に

■第7試合 バンタム級 5分3R
○昇侍(トイカツ道場/61.45kg)
KO 3R 4’55” スタンドパンチ
×CORO(K-Clann/61.40kg)
レフェリー:豊永 稔
ジャッジ:
田澤康宏 (1R 9-10/ 2R 10-9/ )
福田正人 (1R 9-10/ 2R 10-9/ )
松宮智生 (1R 9-10/ 2R 10-9/ )

■第6試合 フライ級 5分3R
○村元友太郎(ALIVE/56.90kg)
S 3R 0’51” テクニカル・サブミッション:リアネイキッド・チョーク
×鮎田直人(CAVE/57.15kg)
レフェリー:田澤康宏
ジャッジ:
豊永 稔 (1R 9-10/ 2R 9-10/ )
福田正人 (1R 9-10/ 2R 9-10/ )
松宮智生 (1R 10-9/ 2R 9-10/ )

■第5試合 バンタム級 5分3R
×高野優樹(FIGHT FARM/61.65kg)
S 1R 0’42” テクニカル・サブミッション:フロントチョーク
○笹 晋久(パラエストラ千葉/61.35kg)
レフェリー:田澤康宏

■第4試合 フライ級 5分2R
○島袋チカラ(CORE王子豊島/56.95kg)
判定3-0
×松丸息吹(パラエストラ千葉/56.95kg)
レフェリー:福田正人
ジャッジ:
ジャッジ:
橋本 貴 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)
田澤康宏 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)
松宮智生 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)

■第3試合 バンタム級 5分2R
○橋本優大(CAVE/61.55kg)
判定3-0
×ヒロヤ(トライフォース赤坂/61.65kg)
レフェリー:福田正人
ジャッジ:
橋本 貴 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)
田澤康宏 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)
松宮智生 ○19-19 (1R 10-9/ 2R 9-10)

■第2試合 フェザー級 5分2R
×岩永翔吾(MAXI GYM/65.25kg)
S 1R 1’44” タップアウト:リアネイキッド・チョーク
○西谷大成(トライフォース赤坂/66.15kg)
レフェリー:豊永 稔

■第1試合 ライト級 5分2R
×レバナ・エゼキエル (BRAVE/69.70kg)
判定0-2
○畠山祐輔(トライフォース赤坂/70.55kg)
レフェリー:豊永 稔
ジャッジ:
福田正人 16-20 (1R 8-10/ 2R 8-10)
橋本 貴 17-20 (1R 9-10/ 2R 8-10)
五十嵐智子 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)

大会名:DEEP 95 IMPACT
開催日:2020年8月23日(日)
会場:東京・ニューピアホール
主催:DEEP事務局
競技オフィシャル:
福田正人(HR)、豊永 稔、田澤康宏、松宮智生、五十嵐智子、橋本 貴、柴田 旭

■第9試合 DEEPルール ウェルター級 5分3R
×佐藤洋一郎(KATANA GYM/77.50kg)
判定1-2
○阿部大治(フリー/77.35kg)
レフェリー:田澤康宏
ジャッジ:
松宮智生 28-29 (1R 9-10/ 2R 10-9/ 3R 9-10)
豊永 稔 29-28 (1R 9-10/ 2R 10-9/ 3R 10-9)
福田正人 28-29 (1R 9-10/ 2R 9-10/ 3R 10-9)

■第8試合 DEEPルール メガトン級 5分3R
×関根“シュレック”秀樹(ボンサイ柔術)
TKO 2R 4’55” レフェリーストップ:グラウンドパンチ
○酒井リョウ(レンジャージム)
レフェリー:豊永 稔
ジャッジ:
福田正人 (1R 10-8/ )
田澤康宏 (1R 10-9/ )
松宮智生 (1R 10-8/ )

■第7試合 DEEPキックボクシングルール 女子63.00kg契約 3分3R
○KINGレイナ(K-Clann/63.00kg)
判定2-1
×熊谷麻理奈(ウィラサクレック・フェアテックス札幌/61.95kg)
判定2-1
レフェリー:豊永 稔
ジャッジ:
田澤康宏 29-28 (1R 9-10/ 2R10-9/ 3R 10-9)
五十嵐智子 29-28 (1R 10-9/ 2R 9-10/ 3R 10-9)
松宮智生 28-29 (1R 9-10/ 2R10-9/ 3R 9-10)

■第6試合 DEEPルール ライト級 5分2R
○大原樹里(KIBAマーシャルアーツクラブ/70.50kg)
TKO 1R 0’57” レフェリーストップ:グラウンドパンチ
×鈴木琢仁(ボンサイ柔術/69.85kg)
レフェリー:田澤康宏

■第5試合 DEEPルール ライト級 5分2R
×LUIZ(禅道会/70.80kg)
判定0-3
○大木良太(KRAZY BEE/70.80kg)
レフェリー:松宮智生
ジャッジ:
福田正人 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)
田澤康宏 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)
橋本 貴 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)

■第4試合 DEEPルール 95.00kg契約 5分2R
×ジョシュア・ロビソン(米国/ロデオスタイル/94.95kg)
TKO 2R 4’16” レフェリーストップ:グラウンドパンチ
○中村圭佑(MAXI GYM/94.20kg)
2R TKO (レフェリーストップ:グラウンドパンチ)
レフェリー:豊永 稔
ジャッジ:
福田正人 (1R 9-10/ )
田澤康宏 (1R 9-10/ )
橋本 貴 (1R 9-10/ )

■第3試合 DEEPルール フェザー級 5分2R
×高塩竜司(KIBAマーシャルアーツクラブ/65.85kg)
S 1R 2’53” タップアウト:アームバー
○鬼山斑猫(KRAZY BEE/66.00kg)
レフェリー:松宮智生

■第2試合 DEEPルール フライ級 5分2R
○渋谷カズキ(高本道場/56.85kg)
判定2-1
×加藤瑠偉(KRAZY BEE/56.60kg)
レフェリー:松宮智生
ジャッジ:
福田正人 ○19-19 (1R 9-10/ 2R 10-9)
豊永 稔 ○19-19 (1R 9-10/ 2R 10-9)
五十嵐智子 19-19○ (1R 9-10/ 2R 10-9)

■第1試合 DEEPルール フライ級 5分2R
○林 豊(パラエストラ松戸/52.60kg)
TKO 1R 4’30” レフェリーストップ:スタンドパンチ
×キンタ・ジ・エンド(KIBAマーシャルアーツクラブ/52.35kg)
レフェリー:田澤康宏


第9試合終了後に実施
□アマチュアAAルール フェザー級 3分2R
○大竹修斗(パラエストラ柏)
TKO 1R 2’54” レフェリーストップ:スタンドパンチ
×田中ユラ(Y&K MMA ACADEMY)
レフェリー:橋本 貴

日本ボクシングコミッション(JBC)は、昨年6月のルール改正により、セコンドによるタオル投入を廃止しました。改正されたJBCルール第118条第1項4号では「ラウンド途中においてボクサーを棄権させる場合は、チーフセコンドがリングエプロンでウェイビング〔タオルをレフェリーに向けてグルグルと回す動作〕をおこなうことによりその意思を表示する」となっています。

改正の理由として、①世界的にタオル投入のルールが廃止される傾向にあり、ウェイビングによる意思表示が一般的になっていること、②投げたタオルがロープなどに引っかかってリングに入らない場合、レフェリーが気付くのが遅れる可能性があること、③観客が何らかの理由でタオルを投げ入れた場合、大きな混乱を招くこと、などがあげられています。

JBCは、セコンドによるタオル投入をすぐに禁止するということではなく、「棄権の意思がレフェリーにしっかり伝わることが大事」とコメントしています。

「コーナーによるタオル投入」は「コーナーストップ」の一つの手段であり、ボクシングにおけるルール改正はコーナーストップの方法が変わるということであって、コーナーストップ自体を禁止するものではありません。

さて、MMAにおいては、かつてユニファイドルールで「コーナーによるタオル投入」が禁止されていたため、今でも、反則だと思い続けている関係者も多くいるようですが、数年前からアメリカにおいても(ネヴァダ州などの一部の州を除いて)タオルの投入は認められています。

ちなみに、ユニファイドルールの最新版にはつぎのように記載されています。

(仮訳)
反則からの削除:試合中にタオルを投げること
コミッションの裁量のもと、選手のコーナーには、競技中に可能な限り迅速かつ最も効果的な方法で選手を競技から退かせるための選択肢(オプション)が必要である。 選手と共に闘うコーナー・パーソンは、過去の経験から、選手の能力いかほどであるのかを認識し受け入れることができる。選手を闘いから退かせることをコーナーに認めることは、安全の観点から意味がある。
リングやケージにタオル状の物が入ることが試合の混乱あるいは錯乱の一因となる可能性を憂慮するのであれば、指定の色または特別なタオルを使用することを検討すること。
(原文)
REMOVED AS A FOUL- Throwing in the towel during competition
A fighter’s corner, at the Commission’s discretion, should have the option to retire his fighter in the quickest and most efficient manner possible, during competition. A corner person having worked alongside a fighter may recognize and accept what their fighter’s capabilities are from past experience. It makes sense from a safety perspective to allow a corner to retire the fighter.
If there is consideration that debris in the form of a towel entering the ring or cage may contribute to a disruption or confusion in the contest, then colored towels or special towels might be a consideration to be used.

ボクシングでタオルの投入がなくなっているために混乱が生じているのかも知れませんが、本来的に危険なMMAにおいて「コーナーストップ」の効果的手段をルール上奪うことは賢明ではありません(「馬鹿げている」と言ってもいいかもしれません)。
なお、国内MMAにおけるセコンドによるコーナーストップの意思表示は、筒形バトン(RIZIN等)や指定の色のタオル(パンクラス等)を投入することによって行います。

今後、JMOCコミュニティで、ユニファイドルール最新版のルールを少しずつですが解説していく予定です。

▼JMOCコミュニティ
https://community.camp-fire.jp/projects/view/248514

   標記について、「新型コロナウイルス感染症」というかつてない危機が続く中で、ご自身の感染リスクに不安を抱えながらも、高い使命感を持って業務に取り組まれている競技オフィシャル(会員)の皆さんへ感謝の気持ちを込めて、下記の通り「特別慰労金」を支給いたします。

   緊急事態宣言が解除されて以降、依然として余談を許さない状況である中、7月からは観客有りでの興行が再開されており、JMOCが競技運営を協力している大会は2ヶ月で9大会と競技オフィシャルの皆さんへのご負担は大きくなっております。このような中で、引き続き競技オフィシャルの皆さんやご家族の健康に充分配慮するとともに、「コンバットスポーツを根底から支える」というJMOCの使命を 全うしていきたいと思いますので、何卒ご協力をお願いいたします。

1.対象者
   2020年8月10日時点においてJMOCコミュニティの会員であり、JMOCが協力する下記対象大会に参加もしくは参加予定の競技オフィシャル(レフェリー、ジャッジ、インスペクター)

2.対象大会(9大会)
・2020年7月23日 DEEP JEWELS 29
・2020年7月26日   ZST/GTF-4
・2020年8月1日   サステイン/プロフェッショナル修斗公式戦
・2020年8月9日   RIZIN.22
・2020年8月10日   RIZIN.23
・2020年8月23日   DEEP 95 IMPACT
・2020年8月23日   DEEP 96 IMPACT
・2020年8月30日 ZST/BATTLE HAZARD 07
・2020年8月30日 ZST.68

3.支給金額
   一人当たり 一律10,000円

4.申請方法
   専用入力フォームより登録

5.申請期限
 2020年8月21日(金)

6.支給日
 2020年8月31日(月)までに入金(銀行振込)

以上


問い合わせ:JMOCコミュニティ事務局
東京都中央区八丁堀2丁目30-16 T&Yビル
Eメールアドレス:info@mmaofficials.jp

大会名:RIZIN.23
開催日:2020年8月10日(祝/月)
会場:神奈川・ぴあアリーナMM
主催:RIZIN FIGHTING FEDERATION
競技オフィシャル:
豊永 稔(HR)、田澤康宏、和田良覚、片岡誠人、松宮智生、五十嵐智子、内田龍介、新井誠介、橋本 貴、赤坂大将、鍋久保雄太、李昌賢、磯 英弥、北森代紀

■第9試合 RIZINバンタム級王座決定戦 RIZIN MMAルール(肘有り) 5分3R
○朝倉 海(トライフォース赤坂/60.75kg)
TKO 1R 4’31” レフェリーストップ:グラウンドキック
×扇久保博正(パラエストラ松戸/60.20kg)
レフェリー:豊永 稔
※朝倉が新王者に

■第8試合 RIZIN MMAルール(肘有り) 61.00kg契約 5分3R
○元谷友貴(フリー/60.90kg)
S 3R 2’19” タップアウト:フロントチョーク
×魚井フルスイング(和術慧舟會HEARTS/61.15kg)
レフェリー:田澤康宏

■第7試合 RIZIN MMAルール 66.00kg契約 5分3R
○斎藤 裕(パラエストラ小岩/65.95kg)
TKO 2R 0’24” レフェリーストップ:グラウンド膝蹴り
×摩嶋一整(毛利道場/65.85kg)
レフェリー:豊永 稔

■第6試合 RIZINキックルール 61.00kg契約 3分3R
○原口健飛(FASCINATE FIGHT TEAM/60.95kg)
TKO 1R 2’50” 3ノックダウン
×大雅(TRY HARD GYM/60.90kg)
レフェリー:和田良覚

■第5試合 RIZIN MMAルール(肘有り) 66.00kg契約 3分3R
×朴 光哲(KRAZY BEE/65.95kg)
判定0-3
○青井 人(BLOWS/65.75kg)
レフェリー:豊永 稔
ジャッジ:
片岡誠人/青・青井 [D 0-0/ A 0-30/ G 0-20]
松宮智生/青・青井 [D 0-0/ A 0-30/ G 0-20]
田澤康宏/青・青井 [D 0-50/ A 0-0/ G 20-0]

■第4試合 RIZIN MMAルール(肘有り) 59.00kg契約 5分3R
×伊藤盛一郎(リバーサルジム横浜グランドスラム/58.85kg
S 2R 4’30” タップアウト:フロントチョーク
○神龍 誠(フリー/58.95kg)
レフェリー:田澤康宏

■第3試合 RIZINキックルール 73.00kg契約 3分3R
○海人(TEAM F.O.D/72.05kg)
判定3-0
×ロクク・ダリ(コンゴ/TRI.H Studio/72.40kg)
レフェリー:和田良覚
ジャッジ:
片岡誠人 30-28 (1R 10-9/ 2R 10-10/ 3R 10-9)
田澤康宏 30-28 (1R 10-9/ 2R 10-10/ 3R 10-9)
豊永 稔 30-28 (1R 10-9/ 2R 10-9/ 3R 10-10)

■第2試合 RIZIN MMAルール(肘有り) 58.00kg契約 5分3R
×中村優作(チーム・アルファメール・ジャパン/57.80kg)
TKO 1R 4’06” レフェリーストップ:スタンドパンチ
○竿本樹生(BRAVE/58.00kg)
レフェリー:片岡誠人

■第1試合 RIZINキックルール 73.00kg契約 3分3R
○松倉信太郎(TRY HARD GYM/72.75kg)
KO 1R 1’28” 右フック
×森 興二(FJ KICKASS/73.00kg)
レフェリー:和田良覚

大会名:RIZIN.22
開催日:2020年8月9日(日)
会場:神奈川・ぴあアリーナMM
主催:RIZIN FIGHTING FEDERATION
競技オフィシャル:
豊永 稔(HR)、田澤康宏、和田良覚、片岡誠人、松宮智生、五十嵐智子、内田龍介、新井誠介、橋本 貴、赤坂大将、鍋久保雄太、柴田旭、磯 英弥、北森代紀

■第9試合 RIZIN MMAルール 71.00kg契約 5分3R
×矢地祐介(KRAZY BEE/70.75kg)
TKO 1R 1’52” レフェリーストップ:グラウンドパンチ
○ホベルト・サトシ・ソウザ(ブラジル/ボンサイ柔術/70.95kg)
レフェリー:和田良覚

■第8試合 RIZIN MMAルール(肘有り) 女子52.00kg契約 5分3R
○浜崎朱加(AACC/51.85kg)
S 2R 1’26” タップアウト:アームロック
×前澤 智(リバーサルジム立川ALPHA/51.75kg)
レフェリー:田澤康宏

■第7試合 RIZIN MMAルール(肘有り) 女子49.00kg契約 5分3R
○浅倉カンナ(パラエストラ松戸/48.80kg)
TKO 1R 1’35” レフェリーストップ:グラウンドパンチ
×古瀬美月(Y&K MMA ACADEMY/48.50kg)
レフェリー:豊永 稔

■第6試合 RIZIN MMAルール(肘有り) 61.00kg契約 5分3R
○井上直樹(セラ・ロンゴ・ファイトチーム/60.60kg)
S 1R 1’40” タップアウト:リアネイキッドチョーク
×渡部修斗(ストライプル新百合ヶ丘/60.95kg)
レフェリー:田澤康宏

■第5試合 RIZINキックルール 56.00kg契約 3分3R
○江幡 塁(伊原道場本部/56.00kg)
判定3-0
×植山征紀(龍生塾ファントム道場/55.80kg)
レフェリー:豊永 稔
ジャッジ:
片岡誠人 29-27 (1R 9-10/ 2R 10-9/ 3R 10-8)
田澤康宏 29-28 (1R 10-10/ 2R 9-10/ 3R 10-8)
和田良覚 30-28 (1R 10-10/ 2R 10-10/ 3R 10-8)

■第4試合 RIZINキック特別ルール(肘・掴み有り) 50.80kg契約 3分3R
○吉成名高(エイワスポーツジム/50.75kg)
TKO 2R 3’08” レフェリーストップ:左肘
×優心(京都野口ジム/50.50kg)
レフェリー:和田良覚
ジャッジ:
片岡誠人 (1R 10-9/ )
田澤康宏 (1R 10-9/ )
豊永 稔 (1R 10-9/ )

■第3試合 RIZIN MMAルール(肘有り) 66.00kg契約 5分3R
○関 鉄也(SONIC SQUAD/65.75kg)
TKO 2R 3’47” レフェリーストップ:スタンドパンチ
×神田コウヤ(パラエストラ松戸/65.75kg)
レフェリー:片岡誠人

■第2試合 RIZIN MMAルール(肘有り) 66.00kg契約 5分3R
×白川陸斗(志道場/65.75kg)
TKO 3R 4’40” レフェリーストップ:スタンドパンチ
○萩原京平(SMOKER GYM/65.85kg)
レフェリー:田澤康宏

■第1試合 RIZIN MMAルール(肘有り) 61.00kg契約 5分3R
×山本アーセン(KRAZY BEE/SPIKE 22/60.90kg)
KO 1R 3’32” スタンドパンチ
○加藤ケンジ(K.O.SHOOTO GYM/3POUND/60.85kg)
レフェリー:和田良覚

本日、RIZINリングサイドオフィシャル(レフェリー・ジャッジ等)とインスペクターのミーティングをそれぞれ大会(RIZIN.22/RIZIN.23)に先がけオンラインで実施いたしました。

JMOC主管で競技運営に取り組ませていただいている大会では、競技オフィシャル間の密を避けるため、集合ミーティングを大会当日に実施しておりません。

また、会場入り時間を時差対応とし、控室での待機、打ち合わせ等を原則禁止としています。大会に参加する競技オフィシャルと選手・関係者の安全を守るため、プロモーターと連携の上、感染予防対策は可能な限り実行していきたいと思います。

JMOCでは、大会参加時に健康チェックシートの収集に取り組んでおりましたが、今回のRIZINでは主催者独自に全関係者を対象にした問診票の提出を連日義務付けています。団体によって温度差はあるかもしれませんが、せめて参加者の検温確認程度は最低限のこととしてすべての団体が取り組めることかと思います。

なお、JMOCでは協賛会員様からご支援等により、全オフィシャルにオリジナルスポーツマスクを無償支給し、リングサイドオフィシャルには長袖ラッシュガードを無償で支給いたしました。RIZIN事務局様からは、専用フェイスシールドを全オフィシャルにご提供いただきました。

我々競技オフィシャルの安全確保のため様々なご支援をいただきましたこと、この場をお借りして厚く御礼申し上げます。

■5月30日JMOC発「緊急事態宣言解除後の競技オフィシャルとしての大会参加について(提言)」
https://www.mmaofficials.jp/column20200531/

昨日行われた「RIZIN.22/RIZIN.23 出場選手向けルールミーティング」の模様は、RIZIN事務局様のご協力によりJMOCコミュニティ会員ページにて近日公開予定です。

会員の皆様は公開後にJMOCコミュニティ会員ページ(FB)にてご視聴ください。

▼JMOCコミュニティ入会ページ
https://community.camp-fire.jp/projects/view/248514

▼8月9日 ぴあアリーナMM 「RIZIN.22」
https://jp.rizinff.com/_ct/17367330

▼8月10日 ぴあアリーナMM 「RIZIN.23」
https://jp.rizinff.com/_ct/17371252

8月1日 プロ修斗 サステイン主催興行 後楽園大会 試合結果
一般社団法人日本修斗協会公式ウェブサイトより

[大会名]プロフェッショナル修斗公式戦
PROFESSIONAL SHOOTO 2020 Vol.5 Supported by ONE Championship
[日 時]2020年8月1日(土)
[会 場]後楽園ホール
[後 援]ONE Championship
[協 力]一般社団法人日本修斗協会 ABEMA
[認 定]修斗コミッション
[主 催]株式会社サステイン

[メインイベント/第5試合]THINKS INTERNATIONAL Presents
初代女子スーパーアトム級王座決定トーナメント決勝戦 5分3R
○黒部 三奈(マスタージャパン)50.0kg
判定 3-0
×杉本 恵(AACC)49.8kg
※勝利した赤:黒部が初代女子スーパーアトム級王者に。
[レフェリー]片岡誠人
[サブレフェリー]
豊永 稔 30-27(1R 10-9/2R 10-9/3R 10-9)
福田正人 30-27(1R 10-9/2R 10-9/3R 10-9)
田澤康宏 30-27(1R 10-9/2R 10-9/3R 10-9)

[セミファイナル/第4試合]環太平洋バンタム級チャンピオン決定戦5分3R
×田丸 匠(同級1位/NASCER DO SOL)61.1kg
TKO 1R 3’23”
○安藤 達也(同級3位/フリー)61.2kg
※グラウンドパンチ
※※勝利した青:安藤が第9代環太平洋バンタム級王者に。
[レフェリー]片岡誠人

[第3試合]フライ級5分3R
×木内“SKINNY ZOMBIE”崇雅(世界ストロー級7位/和術慧舟會GODS)56.3kg
KO 1R 0’24”
○黒澤 亮平(世界ストロー級8位/パラエストラ松戸)56.7kg
[レフェリー]片岡誠人

[第2試合]インフィニティリーグ2020バンタム級トーナメント
フェザー級5分2R
△石井 逸人(勝ち点2/TRIBE TOKYO M.M.A.)65.3kg
ドロー 0-0
△小野島 恒太(勝ち点2/CombatWorkoutDiamonds)65.6kg
※引き分けのため、共に1Pを獲得。(共に累計3P)
[レフェリー]片岡誠人
[サブレフェリー]
豊永 稔 19-19(1R 9-10/2R 10-9)
福田正人 19-19(1R 9-10/2R 10-9)
長瀬達郎 19-19(1R 9-10/2R 10-9)

[第1試合]ウェルター級5分2R
△宮路 智之(パラエストラ松戸)73.4kg
ドロー 0-0
△飯田 健夫(フリー)76.6kg
[レフェリー]片岡誠人
[サブレフェリー]
豊永 稔 19-19(1R 10-9/2R 9-10)
福田正人 19-19(1R 10-9/2R 9-10)
長瀬達郎 19-19(1R 10-9/2R 9-10)

7.26大森|GTF-4

選手、関係者の皆さま、大変お疲れ様でした!

▼GTF-4競技オフィシャル
片岡誠人/田澤康宏

大会名:DEEP JEWELS 29
開催日:2020年7月23日(祝)
会場:東京・新宿FACE
主催:DEEP事務局
競技オフィシャル:福田正人、植松直哉、豊永 稔、長瀬達郎、橋本 貴、五十嵐智子

■第6試合 DEEP JEWELSストロー級タイトルマッチ暫定王座決定戦 5分3R
×赤林檎(フリー/51.95kg)
TKO 1R 4’23” レフェリーストップ:グラウンドパンチ
○本野美樹(AACC/52.20kg)
レフェリー:豊永 稔
※本野が暫定王者に

■第5試合 61.00kg契約 5分3R
○杉山しずか(リバーサルジム新宿Me,We/60.85kg)
S 3R 1’49” タップアウト:アームバー
×ARAMI(フリー/58.50kg)
レフェリー:植松直哉
ジャッジ:
福田正人 (1R 10-9/ 2R 10-9)
橋本 貴 (1R 10-9/ 2R 10-9)
豊永 稔 (1R 10-9/ 2R 10-9)

□第4試合 グラップリング・タッグマッチ 各選手55.00kg契約 10分3本勝負
○浜崎朱加(AACC/55.00kg)&富松恵美(パラエストラ松戸/55.00kg)
2-0
×前澤 智(リバーサルジム立川ALPHA/55.00kg)&古瀬美月(Y&K MMA ACADEMY/50.10kg)
レフェリー:豊永 稔
※1本目)浜崎→古瀬 S 1’10” タップアウト:アームバー
※2本目)浜崎→前澤 S 4’42” タップアウト:アームバー

■第3試合 49.00kg契約 5分2R
○青野ひかる(ストライプル新百合ヶ丘/49.00kg)
TKO 1R 4’53” レフェリーストップ:グラウンドパンチ
×リオン(KRAZY BEE/48.80kg)
レフェリー:長瀬達郎

■第2試合 49.00kg契約 5分2R
×さくら(フリー/47.85kg)
S 2R 2’10” テクニカル・サブミッション:アームロック
○大島沙緒里(AACC/48.95kg)
レフェリー:福田正人
ジャッジ:
植松直哉 (1R 9-10/ )
豊永 稔 (1R 9-10/ )
長瀬達郎 (1R 9-10/ )

■第1試合 49.00kg契約 5分2R
×KAI(リバーサルジム立川ALPHA/49.00kg)
判定1-2
○永尾音波(AACC/49.00kg)
レフェリー:植松直哉
ジャッジ:
福田正人 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)
長瀬達郎 20-18 (1R 10-9/ 2R10-9)
五十嵐智子 19-19○ (1R 10-9/ 2R 9-10)

—–
□オープニングファイト第2試合 アマチュアSPルール 52.00kg以下 3分2R
×村上 彩(フリー)
判定0-3
○竹田有里(KRAZY BEE)
レフェリー:橋本 貴
ジャッジ:
五十嵐智子 19-19○(1R 10-9/ 2R 9-10)
福田正人 18-20 (1R 9-10/ 2R9-10)
豊永 稔 18-20 (1R 9-10/ 2R9-10)

□オープニングファイト第1試合 アマチュアSPルール 49.00kg以下 3分2R
×Moochan(T’sキックボクシングジム)
S 1R 3’00” タップアウト:アームバー
○須田萌里(SCORPION GYM)
レフェリー:福田正人

GTF-4出場選手向けルールミーティング

選手の皆さま、夜遅くまで大変お疲れ様でした。

2018年11月10日のUFCファイトナイト139におけるチャス・スケリー対ボビー・モフェット戦。レフェリーのティム・ミルズは、第2ラウンド、モフェットのチョークで試合をストップし、モフェットのTKO勝ち〔テクニカル・サブミッション?〕としましたが、スケリーは、タップアウトをしておらず、意識消失にも至っていませんでした。スケリーは、州のコミッションに提訴。コミッションは「このスポーツにおける一貫性と公平性」のために「正しくない決定」を変更する必要があるとして、結果を覆しました。


6.28Zoom|ジャッジ・トレーニング第3弾開催決定!
今回のテーマは「2018.5.6 マネル・ケイプvs.朝倉海」

今回も、事前に参加者のみなさんに実際の試合映像(ケイプvs.朝倉戦)を見ながら模擬ジャッジをしていただきます。

皆さまの採点結果を事前に集計の上、トレーニング当日は採点結果の解説、ディスカッション等を行います。

トレーニング当日の参加が難しい方でも、模擬ジャッジだけの参加も歓迎です。

是非多くの方に模擬ジャッジの入力をお願いできますと幸いです。

▼試合映像|2018.5.6 マネル・ケイプVS.朝倉海
https://www.youtube.com/watch?v=OT-7jvpoRzY

▼模擬ジャッジ入力フォーム(6/24まで)
https://forms.gle/WSE7t5o5QrHgNVQj8
※模擬ジャッジはMMAユニファイド・ルールに準じて採点


JMOC ALL JAPAN REFEREE CARAVAN 2020
JMOCコミュニティ|ジャッジ・トレーニング3
【概要】
日時:6月28日(日) 22:00〜(21:55より入室可能)
開催方法:Zoomミーティング
参加対象:JMOCコミュニティ会員
※本トレーニングはJMOCコミュニティ会員限定且つ会員専用サイトでの事前登録制となります。
>>>JMOCコミュニティ入会ページ

参加料:無料(事前登録制)
※参加者向けにIDとパスワードをご案内いたします。
【トレーニング内容】
■模擬ジャッジ

事前に参加者の皆さまに実際の試合映像(ケイプvs.朝倉戦)を見ながら模擬ジャッジをしていただきます。
皆さんの採点結果を事前に集計の上、トレーニング当日は採点結果の解説、ディスカッション等を行います。


6.14JMOCコミュニティ|レフェリー・トレーニング特別編
「レフェリーとしての感染拡大予防〜豊永稔による5.31プロ修斗実体験レポート」

市民生活においてもいまだに様々な制限があるなかで、MMAのオフィシャルが現場で感染すること、また逆に、オフィシャルから選手や関係者へ感染させる事態は防がなければなりません。

今回、プロ修斗に参加した競技オフィシャルは、JMOCコミュニティ会員間で行ったディスカッションなどを経てまとめた提言を基に、感染拡大予防のための用具等を自主的に備え、大会に臨みました。

マスクを着用してのレフェリング、大会現場の対策など、会員の皆様へのご報告を兼ねて、豊永稔本人からの実体験レポートをお届けいたします。

皆様のご参加をお待ちいたしております。


JMOC ALL JAPAN REFEREE CARAVAN 2020
JMOCコミュニティ|レフェリー・トレーニング特別編
「レフェリーとしての感染拡大予防〜豊永稔による5.31プロ修斗実体験レポート」
※当初予定していた内容を変更しての開催となります。

日時:2020年6月14日(日) 22:00〜22:30
方法:Zoomミーティング
主催:一般社団法人日本MMA審判機構
講師:豊永 稔

参加対象:JMOCコミュニティ会員
※本トレーニングはJMOCコミュニティ会員限定且つ会員専用サイトでの事前登録制となります。
>>>JMOCコミュニティ入会ページ

参加料:無料(事前登録制)
※参加者向けにIDとパスワードをご案内いたします。


昨日行われたプロフェッショナル修斗公式戦「PROFESSIONAL SHOOTO 2020 Vol.3 ABEMAテレビマッチSupported by ONE Championship」にJMOC会員から3名が競技オフィシャルとして参加いたしました。

3名共に「大会参加時の感染拡大防止チェックリスト(JMOC)」にて体調や感染拡大予防等に問題がないことを事前に確認の上、大会現場への参加となりました。

>>>試合結果#9|2020年5月31日 ABEMAテレビマッチ「プロフェッショナル修斗」サステイン

>>>5月30日JMOC発「緊急事態宣言解除後の競技オフィシャルとしての大会参加について(提言)」

緊急事態宣言が解除されましたが、Covid-19の感染拡大が完全には終息していないなか、さまざまなスポーツイベントが再開に向けて準備を進めています。国内外のスポーツのなかではMMAがいち早くイベントを再開しようとしていますが、感染のおそれが払拭されたわけではありません。それでも、イベントが開催され、出場する選手がいるのであれば、誰かがオフィシャルを務めなければなりません。

MMAオフィシャルの中には、感染拡大防止のために在宅勤務中である会社員や、普段からCovid-19の危険と最前線で向き合っている医療従事者など、いろいろな仲間がいます。そんな彼らがMMAの試合に赴くことはできません。平常時よりも現場で働ける人間が少ない中で、誰かが身体接触の密な競技の現場に行かなければならないのです。

しかし、市民生活においてもいまだに様々な制限があるなかで、MMAのオフィシャルが現場で感染すること、また逆に、オフィシャルから選手や関係者へ感染させる事態は防がなければなりません。したがって、「誰かが行かなければいけない」からと言って、何の対策も採られていない現場に仲間を行かせるわけにはいかないのです。まず、イベント主催者のみなさんには、可能な限り、対策を講じてください。そのうえで、参加するオフィシャルのみなさんも、感染拡大防止にできるだけ努めてください。そのための目安として提言をまとめました。オフィシャルのみなさんが、各種大会への参加の可否を判断するための材料として、また、参加にあたり感染拡大防止のための一助としてご利用いただければ幸いです。

本提言は、医療従事者の方々からのご指導や日本スポーツ協会等外部機関のガイドラインを参考にし、JMOCコミュニティ会員間で行ったディスカッションなどを経てまとめました。感染予防のための用具等の選定にあたっては、選手と審判の安全の確保、審判のパフォーマンスの維持を主眼におき、プロの舞台における見栄えにも若干の留意をしました。

Covid-19との闘いは、これからもしばらくは続きそうです。感染拡大予防を前提とした大会の実施が長期間にわたって求められます。今だけの対策ではなく、継続的な「イベントのあり方」を考えていかなければならないのではないかと考えています。

なお、Covid-19の感染を防止については、必ずしも十分な科学的な知見が集積されているわけではありません。そのため、本提言は、現段階で得られている知見等に基づいて作成しています。今後の知見の集積及び各地域の感染状況を踏まえて、逐次見直してまいりますので、あらかじめご承知おきください。

>>>5月30日JMOC発「緊急事態宣言解除後の競技オフィシャルとしての大会参加について(提言)」

5月31日 プロ修斗 サステイン主催興行ABEMAテレビマッチ 試合結果
※一般社団法人日本修斗協会公式ウェブサイトより

[大会名]プロフェッショナル修斗公式戦
 PROFESSIONAL SHOOTO 2020 Vol.3 ABEMAテレビマッチ
 Supported by ONE Championship
[日 時]2020年5月31日(日)
[後 援]ONE Championship
[認 定]SC[協力]一般社団法人日本修斗協会
[主 催]株式会社サステイン

[メインイベント/第8試合]世界バンタム級暫定王者決定戦5分5R
○岡田 遼(同級1位・環太平洋王者/パラエストラ千葉)61.2kg
KO 2R 3’02”
×倉本 一真(同級2位/修斗GYM東京)61.1kg
※勝利した赤:岡田が世界バンタム級暫定王者に。
[レフェリー]片岡誠人
[サブレフェリー]
田澤康宏 1R 9-10
長瀬達郎 1R 10-9
豊永 稔 1R 9-10

[セミファイナル/第7試合]ライト級5分3R
×西浦ウィッキー聡生(KRAZY BEE)70.1kg
判定 0-3
○SASUKE(世界フェザー級6位/マスタージャパン)69.7kg
[レフェリー]豊永 稔
[サブレフェリー]
田澤康宏 27-30(1R 9-10/2R 9-10/3R 9-10)
長瀬達郎 27-30(1R 9-10/2R 9-10/3R 9-10)
片岡誠人 27-30(1R 9-10/2R 9-10/3R 9-10)

[第6試合]AOKI PROJECT 提供マッチ
グラップリングルール72kg契約10分1R
△世羅 智茂(2017年IBJJF アジア選手権黒帯フェザー級準優勝 /CARPE DIEM)71.6kg
ドロー
△岩本 健汰(ADCC2019アジア&オセアニア代表・GTF.3フェザー級王座決定トーナメント優勝/IGLOO)71.6kg
[レフェリー]片岡誠人

[第5試合]バンタム級5分3R
○清水 清隆(世界フライ級2位/TRIBE TOKYO M.M.A)61.1kg
KO 2R 4’34”
×小堀 貴広(世界フライ級7位/ゴンズジム)59.9kg
※グラウンドパンチ
[レフェリー]豊永 稔
[サブレフェリー]
田澤康宏 1R 10-9
長瀬達郎 1R 10-9
片岡誠人 1R 10-9

[第4試合]THINKS INTERNATIONAL Presents
修斗女子初代スーパーアトム級王座決定トーナメント準決勝 5分3R
○黒部 三奈(マスタージャパン)52.1kg
KO 3R 1’54”
×大島 沙緒里(AACC)49.8kg
※グラウンドパンチ
※※勝利した赤:黒部がトーナメント決勝戦に進出。
[レフェリー]片岡誠人
[サブレフェリー]
田澤康宏 1R 10-9/2R 10-9
長瀬達郎 1R 9-10/2R 10-9
豊永 稔 1R 10-9/2R 10-9

[第3試合]THINKS INTERNATIONAL Presents
修斗女子初代スーパーアトム級王座決定トーナメント準決勝 5分3R
○杉本 恵(AACC)※インフィニティリーグ2019王者 52.0kg
S 2R 3’32”
×中村 未来(マルスジム)51.8kg
※※勝利した赤:杉本がトーナメント決勝戦に進出。
※スリーパーホールド
[レフェリー]片岡誠人
[サブレフェリー]
田澤康宏 1R 10-9
長瀬達郎 1R 10-9
豊永 稔 1R 10-9

[第2試合]フェザー級5分3R
○石井 逸人(世界バンタム級10位/TRIBE TOKYO M.M.A)65.6kg
判定 3-0
×齋藤 翼(FIGHT FARM/総合格闘技津田沼道場)65.6kg
[レフェリー]豊永 稔
[サブレフェリー]
田澤康宏 29-27(1R 10-9/2R 10-8/3R 9-10)
長瀬達郎 29-28(1R 10-9/2R 10-9/3R 9-10)
片岡誠人 29-28(1R 10-9/2R 10-9/3R 9-10)

[第1試合]ライト級5分2R
×木下 タケアキ(和術慧舟會HEARTS)69.8kg
判定 0-3
○西川 大和(西川道場)69.8kg
[レフェリー]豊永 稔
[サブレフェリー]
田澤康宏 18-20(1R 9-10/2R 9-10)
長瀬達郎 18-20(1R 9-10/2R 9-10)
片岡誠人 18-20(1R 9-10/2R 9-10)

当機構は、5月30日に「緊急事態宣言解除後の競技オフィシャルとしての大会参加について(提言)」を作成いたしました。

本提言は、JMOC会員の競技オフィシャルが、各種大会への参加可否を判断するにあたっての基準や、大会参加時における感染拡大予防のための留意点について、外部機関のガイドライン、JMOC会員間の意見交換内容等を参考にして、まとめたものです。

JMOC会員の競技オフィシャルにおかれては、本提言をもとに大会への参加可否をご判断いただくとともに、大会参加時には各大会の感染対策の内容に応じて感染拡大予防の対応に努めていただきますようお願いいたします。

なお、新型コロナウイルス感染症への感染を防止するための方策については、必ずしも十分な科学的な知見が集積されているわけではありません。
このため、本提言は、現段階で得られている知見等に基づき作成しています。今後の知見の集積及び各地域の感染状況を踏まえて、逐次見直すことがあり得ることにご留意をお願いいたします。

>>>一般社団法人日本MMA審判機構「緊急事態宣言解除後の競技オフィシャルとしての大会参加について(提言)」

>>>JMOC競技オフィシャル|大会参加時の感染拡大防止チェックリスト

>>>公益財団法人日本スポーツ協会「スポーツイベント再開に向けた感染拡大予防ガイドラインの改訂について」(2020年5月29日)

5.28JMOCコミュニティ|ディスカッション
「緊急事態宣言解除後の競技オフィシャルとしての大会参加について(対応方針検討)」

急遽の開催決定、また、遅い時間からのイベント開始にも関わらず、多くの会員の皆さまにご参加いただきましたこと、心より感謝申し上げます。

毎度不慣れなことで不行き届きの点が多々あるかと存じますが、参加者の皆さまのご協力のおかげで無事終えることができました。
今後も会員の皆さまのご意見を頂きながら、より良い運営を目指して参ります。

今後ともよろしくお願い申し上げます。


新型コロナウイルスの緊急事態宣言の解除を受け、競技オフィシャルとして今後の大会参加についての対応方針をJMOCコミュニティ内でディスカッションをさせていただきたく、下記のとおりオンラインにてディスカッションミーティングを緊急開催いたします。

<ディスカッションテーマ>
・競技オフィシャル大会参加時の感染症対策
・大会参加可否の判断
・その他

当日は上記について皆様からのご意見をお寄せいただけますと幸いです。

皆様のご参加をお待ちいたしております。


JMOC ALL JAPAN REFEREE CARAVAN 2020
JMOCコミュニティ|ディスカッション
「緊急事態宣言解除後の競技オフィシャルとしての大会参加について(対応方針検討)」
日時:2020年5月28日(木) 22:00〜
方法:Zoomミーティング
主催:一般社団法人日本MMA審判機構
参加対象:JMOCコミュニティ会員
本トレーニングはJMOCコミュニティ会員限定且つ会員専用サイトでの事前登録制となります。
>>>JMOCコミュニティ入会ページ
参加費:無料


5.24Zoom|ジャッジ・トレーニング第2弾開催決定!
今回のテーマは「石渡伸太郎vs.扇久保博正」

今回は、事前に参加者のみなさんに実際の試合映像(石渡vs.扇久保戦)を見ながら模擬ジャッジをしていただきます。
皆さんの採点結果を事前に集計の上、トレーニング当日は採点結果の解説、ディスカッション等を行います。

トレーニング当日の参加が難しい方でも、模擬ジャッジだけの参加も歓迎です。
是非多くの方に模擬ジャッジの入力をお願いできますと幸いです。

▼試合映像|2019.12.31 石渡伸太郎VS.扇久保博正
https://youtu.be/ErX85-BoM3M
▼模擬ジャッジ入力フォーム(5/21まで)
https://ws.formzu.net/fgen/S46685130/
※模擬ジャッジはMMAユニファイド・ルールに準じて採点


JMOC ALL JAPAN REFEREE CARAVAN 2020
JMOCコミュニティ|ジャッジ・トレーニング2
【概要】
日時:5月24日(日) 22:00〜22:30(21:55より入室可能)
開催方法:Zoomミーティング
講師:松宮智生
参加対象:JMOCコミュニティ会員
本トレーニングはJMOCコミュニティ会員限定且つ会員専用サイトでの事前登録制となります。
>>>JMOCコミュニティ入会ページ
参加料:無料(事前登録制)
※参加者向けにIDとパスワードをご案内いたします。

【トレーニング内容】
◎模擬ジャッジ
事前に参加者のみなさんに実際の試合映像(石渡vs.扇久保戦)を見ながら模擬ジャッジをしていただきます。
皆さんの採点結果を事前に集計の上、トレーニング当日は採点結果の解説、ディスカッション等を行います。

【事前課題】
◎課題
2019.12.31 RIZIN.20 石渡伸太郎vs.扇久保博正
◎採点ルール
MMAユニファイドルール(10ポイントマストシステム)
◎試合映像
https://youtu.be/ErX85-BoM3M
◎課題提出方法
下記専用フォームにて入力
https://ws.formzu.net/fgen/S46685130/
◎提出期限
5月21日(木)23:59まで

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。


(RIZINでの試合前ボディチェックの様子:田澤康宏×マネル・ケイプ)

国内で試合前のボディチェックに耳へのチェックが正式導入されたのは2017年4月のRIZIN横浜アリーナ大会より。
これは、ジェイソン・ハーゾグからの指導による。

▼JMOCコミュニティ会員募集中
https://community.camp-fire.jp/projects/view/248514

写真提供:@shingod_1

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

ABC(Association of Boxing Commissions and Combative Sports)の『行動規範』(Code of Conduct)では、格闘スポーツのオフィシャル(審判員)に対して、次のような行動を禁じています。

・プロモーター等に対して、自分を大会や試合の担当にするように懇願すること。
・担当が決まったあと、選手やトレーナー等と社交的な接触をすること。
・イベント中・前後に、ソーシャルメディア(Facebook、Twitter、Instagramなど)を含む、あらゆるメディアに発信すること。
・試合の前夜に飲酒をすること。

これらは『規範』に列挙された項目のごく一部ですが、わざわざ明文化するまでもない内容で、常識的なことが書いてあるにすぎません。上のような行動を取る審判が日本のMMAにまだいるのであれば、残念なことです。

MMA審判に聖人君子であることを求めているわけではありません。オフィシャルという役割にふさわしい振る舞いをせよ、というだけのことです。

『規範』の最後には次のような文言があります。

「あなたの仕事に常に誇りを持ってください。オフィシャルへの敬意は、イベント中だけでなく、イベント後にも作られることを忘れないでください。」

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

2月29日に開催されたUFCノーフォークにおけるマゴメド・アンカラエフvsイオン・キューラバの試合は、1ラウンド38秒、レフェリーストップのTKOでアンカラエフの勝利となりましたが、TKO負けを宣告されたキューラバは、その試合のレフェリー、ケビン・マクドナルドのストップに抗議し、バージニア州職業管理局(DPOR:コミッション)に提訴しました。
しかし、コミッションは、キューラバの訴えを棄却。レフェリーのマクドナルドに「ルール違反はない」と判断。レフェリーの裁定を維持しました。
この試合のレフェリーストップは、多くの人から「ストップが早すぎる」と批判をされました。しかし、DPORは、「レフェリーにルール違反がない限り、コミッションや行政がレフェリーの裁定を変更してはならない」というルールに則って、今回の決定を下しました。
国内外の格闘技イベントで裁定の変更がいくつも見られるなか、上のようなルールは興味深いです。

この記事の詳細は「JMOCコミュニティ」で。
▼JMOCコミュニティ会員募集ページ
https://community.camp-fire.jp/projects/view/248514

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

JMOCコミュニティ初のデジタルトレーニングセッション、ジャッジ・トレーニング(4.26)でした。夜の遅い時間にもかかわらず、多くの会員のみなさんがご参加くださいました。

この大変な時期に、国内でMMAの大会が開催される見通しはありません。ジャッジのみなさんが現場で活躍する機会もしばらくはありません。それでも、次の機会に備えて、最新のルールと指針にそって、ジャッジの感覚を磨いておければと思っています。

今日は時間も限られていて、講師のZoomの操作も上手くなく、お見苦しい点もありましたが、今後も定期的にこのような機会を設けていきたいと思います。興味のある方はJMOCコミュニティにご参加ください。

▼JMOCコミュニティ会員募集ページ
https://community.camp-fire.jp/projects/view/248514

会員以外の方でも参加できるオープンの講習も企画していきます。

こんな時期でも(こんな時期だからこそ)活動を続けていきます。今後ともご支援よろしくお願いいたします。

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

公益財団法人日本スポーツ協会が発行する、同協会公認スポーツ指導者向けの雑誌・小冊子に解説記事を寄稿しました。(松宮)

1.『Sport Japan』2020年3・4月号(vol.48)
  「スポーツと性的マイノリティの歴史」(p.19-21)

2.『体育・スポーツにおける多様な性のあり方ガイドライン』(2020年3月)

下のURL(清和大学HP)からご覧ください(概要)。
http://www.seiwa-univ.ac.jp/news/news_20200417.html

——————————————————-
▼JMOCコミュニティ
https://community.camp-fire.jp/projects/view/248514
——————————————————-

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

アメリカでも、新型コロナウイルスの影響でMMAの大会が中止・延期され、再開の目処はまったく立っていません。そんな状況下でも、MMAジャッジのみなさんは、採点の感覚を維持しようと務めています。 カリフォルニア州アスレチック・コミッション(CSAC)は、定期的なデジタルトレーニングセッションを開催しています。JMOCコミュニティ会員のみなさんにその内容をご紹介します(約4,000字)。

日本でも、ジャッジのみなさんが現場で活躍する機会はしばらくありませんが、次の機会に向けて、ジャッジ力をヴァージョンアップできればと思っています。

我々JMOCもデジタルトレーニングセッションを定期的に行う予定ですので、興味のある方はご参加ください。

▼JMOCコミュニティ
https://community.camp-fire.jp/projects/view/248514

“レフェリーキャラバン2020” 今年はデジタルトレーニングセッションで開幕

2018年からスタートしたJMOCレフェリーキャラバン。
3シーズン目となる2020年は、初のデジタルトレーニングセッションにて開幕いたします。
また、今回はJMOCコミュ二ティとしては初となる会員向けトレーニングとなります。


JMOC ALL JAPAN REFEREE CARAVAN 2020
JMOCコミュニティ|ジャッジ・トレーニング

日時:4月26日(日)23:00〜23:30(22:55より入室可能)
開催方法:Zoomミーティング
主催:一般社団法人日本MMA審判機構
講師:松宮智生
参加対象:JMOCコミュニティ会員
参加料:無料(事前登録制)
※参加者向けにIDとパスワードをご案内いたします。

【トレーニング内容】
(1)判定基準の確認
最新版ユニファイド・ルールをベースに解説いたします。
(2)模擬ジャッジ
実際の試合を見ながら参加者の皆さんに模擬ジャッジをしていただきます。

【参加登録】
本トレーニングはJMOCコミュニティ会員限定且つ会員専用サイトでの事前登録制となります。
>>>JMOCコミュニティ

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

UFCが先住民居留地区であるタチパレスで「UFC 249」を開催することを発表しましたが、リングサイド医師会およびAssociation of Boxing Commission(ABC)は、すべてのコンバットスポーツイベントの延期を推奨する声明を発表しました。

以下、声明抜粋

■リングサイド医師会

・すべてのコンバットスポーツイベントは、再開通知があるまで延期することを推奨する。

・イベントに関係する人数に関係なく、すべてのイベントが対象。

・新型ウイルスが世界的に大流行の際に行うコンバットスポーツイベントでは、選手、スタッフ等すべての関係者が不必要な感染リスクにさらされる。

・コンバットスポーツは試合後に選手に医療処置を必要とするケースが多く、すでに圧迫されている医療システムに更なる負担をかけることは避けたい。

■ABC

・ABCは各コミッションによる認可無しに行われるイベントに対し、非常に懸念している。

・ABCは、リングサイド医師会の見解に同意する。

・新型コロナウイルスの感染拡大は全世界にとって非常に困難なものであり、選手の安全が最も重要である。

・試合が実施された場合は、各コミッションの認可が存在しないため、認可されていない非公式イベントと見なす。

・非公式イベントへの参加を決定したすべての競技オフィシャルは、各コミッションで処分を受ける可能性がある。

>>>Association of Boxing Commission and Combative Sports Board of Directors release statement on UFC 249

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。


‪‬当機構副会長の植松直哉が主宰するNEXUSENSEにてYouTubeチャンネル「NEXUSENSEチャンネル」が開設されました。

‪是非ご視聴ください。‬

>>>NEXUSENSEチャンネル

▼4月1日からCAMPFIREにて「JMOCコミュニティ」がスタートします!
>>>JMOCコミュニティ会員(個人)募集のご案内

今までJMOCのHPやSNS等で公開してきたMMAのルール(ルール改正、ガイドライン、解釈等)、レフェリング、ジャッジング等に関する国内外の詳細な情報をバージョンアップし、コミュニティ会員限定で公開して参ります。

また、会員向けの各種セミナー等も随時開催予定です。

月額580円となりますが、皆さまから頂戴した会費は、一般社団法人として充実した活動をしていく上で有効活用させていただき、今後も有益な情報提供等を続けて参りたいと存じます。

是非ご参加の上、お力添えくださいますようお願い申し上げます。

【参加の流れ】
①CAMPFIREにて入会申請(4月1日 0時05分受付開始予定)
 ↓
 ↓
②CAMPFIREから自動送信されるメールにて、会員限定Facebookグループへの参加手順を案内
 ↓
 ↓
③会員限定Facebookグループへ参加申請

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

3月21日 プロ修斗 サステイン主催興行渋谷大会 試合結果
※一般社団法人日本修斗協会公式ウェブサイトより

[大会名]プロフェッショナル修斗公式戦
 PROFESSIONAL SHOOTO 2020 Supported by ONE Championship
[日 時]2020年3月21日(土)
[会 場]東京・渋谷TSUTAYA O-EAST
[後 援]ONE Championship
[認 定]SC[協 力]一般社団法人日本修斗協会/MOBSTYLES
[主 催]株式会社サステイン

[メインイベント/第6試合]フライ級5分3R
○内藤 頌貴(同級世界4位/パラエストラ松戸)56.7kg
KO 1R 5’00”
×渡辺 健太郎(同級世界8位/TK68)56.4kg
[レフェリー]片岡誠人

[第5試合]インフィニティリーグ2020バンタム級5分2R
○小野島 恒太(CombatWorkoutDiamonds)61.2kg
判定 3-0
×よしずみ(HAGANE GYM)61.2kg
[レフェリー]豊永 稔
[サブレフェリー]
田澤康宏 20-17(1R 10-8/2R 10-9)
長瀬達郎 20-18(1R 10-9/2R 10-9)
片岡誠人 20-18(1R 10-9/2R 10-9)

[第4試合]バンタム級5分2R
○ダイキ・ライトイヤー(修斗GYM神戸)61.1kg
TKO 1R 0’29”
×榎本 明(リバーサルジム東京スタンドアウト)60.9kg
※レフェリーストップ
※※青:榎本の腕の負傷の為。
[レフェリー]豊永 稔

[第3試合]ライト級5分2R
○宮路 智之(パラエストラ松戸)70.3kg
S 1R 3’54”
×ヨシ・イノウエ(パラエストラTB)70.1kg
※スリーパーホールド
[レフェリー]片岡誠人

[第2試合]ストロー級5分2R
○新井 丈(キングダム立川コロッセオ)52.2kg
判定 3-0
×牧ヶ谷篤(和術慧舟會群馬支部)52.0kg
[レフェリー]片岡誠人
[サブレフェリー]
田澤康宏 20-17(1R 10-9/2R 10-8)
長瀬達郎 20-18(1R 10-9/2R 10-9)
豊永 稔 20-18(1R 10-9/2R 10-9)

[第1試合]フライ級5分2R
○秋山 翼(毛利道場)56.6kg
判定 3-0
×輝龍(roots)56.6kg
[レフェリー]豊永 稔
[サブレフェリー]
田澤康宏 20-18(1R 10-9/2R 10-9)
長瀬達郎 20-18(1R 10-9/2R 10-9)
片岡誠人 20-18(1R 10-9/2R 10-9)

大会名:DEEP 94 IMPACT
開催日:2020年3月1日
会場:東京・後楽園ホール
主催:DEEP事務局
競技オフィシャル:
福田正人(HR)、和田良覚、豊永 稔、松宮智生、長瀬達郎、橋本 貴、五十嵐智子、柴田 旭

■第10試合 DEEPルール バンタム級 5分3R
○元谷友貴(フリー/61.50kg)
判定3-0
×大塚隆史(T GRIP TOKYO/61.65kg)
レフェリー:福田正人
ジャッジ:
和田良覚 30-27 (1R 10-9/ 2R 10-9/ 3R 10-9)
豊永   稔 30-27 (1R 10-9/ 2R 10-9/ 3R 10-9)
松宮智生 30-27 (1R 10-9/ 2R 10-9/ 3R 10-9)

■第9試合 DEEPウェルター級タイトルマッチ DEEPルール 5分3R
○住村竜市朗(王者/TEAM ONE/77.05kg)
判定5-0
×悠太(挑戦者/ALLIANCE/76.90kg)
レフェリー:豊永 稔
ジャッジ:
福田正人 29-28 (1R 10-9/ 2R 9-10/ 3R 10-9)
橋本 貴 29-28 (1R 10-9/ 2R 9-10/ 3R 10-9)
和田良覚 29-28 (1R 10-9/ 2R 9-10/ 3R 10-9)
長瀬達郎 29-28 (1R 10-9/ 2R 9-10/ 3R 10-9)
松宮智生 29-28 (1R 10-9/ 2R 9-10/ 3R 10-9)
※住村がタイトル防衛

■第8試合 DEEPルール フェザー級 5分3R
○横山恭典 (KRAZY BEE/66.05kg)
S 3R 3’30” テクニカルサブミッション:肩固め
×巽 大佑(NEX/65.95kg)
レフェリー:和田良覚
ジャッジ:
福田正人(1R 10-9/ 2R 10-8)
豊永 稔(1R 10-9/ 2R 10-9)
長瀬達郎(1R 10-9/ 2R 10-9)

■第7試合 DEEPルール バンタム級 5分2R
○CORO(K-Clann/61.50kg)
TKO 2R 4’11” タップアウト:グラウンドパンチ
×ドリームマン(タイ/ターントンジム/57.90kg)
レフェリー:福田正人
ジャッジ:
和田良覚(1R 10-9)
松宮智生(1R 10-9)
長瀬達郎(1R 10-9)

■第6試合 DEEPルール バンタム級 5分2R
○才賀紀左衛門(888ジム/K-Clann/61.50kg)
TKO 1R 1’22” レフェリーストップ:スタンドパンチ
×ジャック(タイ/MASTER THONG/60.70kg)
レフェリー:豊永 稔

■第5試合 DEEPルール フライ級 5分2R
×島袋チカラ(CORE王子豊島/56.60kg)
判定0-3
○藤田大和(リバーサルジム新宿Me,We/57.10kg)
レフェリー:長瀬達郎
ジャッジ:
五十嵐智子 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)
松宮智生 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)
福田正人 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)

■第4試合 DEEPルール ライト級 5分2R
○大山釼呑助(INFIGHT JAPAN/70.50kg)
失格 1R 2’50”
×ハリー・スタローン(ブラジル/マカコ・ゴールドチーム・ジャパン/70.15kg)
レフェリー:和田良覚
※グラウンド状態の相手選手の頭部顔面への膝蹴りによる反則でスタローンが失格。

■第3試合 DEEPルール フェザー級 5分2R
○神田コウヤ(パラエストラ柏/65.90kg)
判定3-0
×遠藤来生(パワーオブドリーム/65.25kg)
レフェリー:長瀬達郎
ジャッジ:
橋本 貴 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)
豊永 稔 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)
和田良覚 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)

■第2試合 DEEPルール バンタム級 5分2R
×ハシャーンフヒト(NEX/61.45kg)
判定0-3
○笹 晋久(パラエストラ柏/61.25kg)
レフェリー:松宮智生
ジャッジ:
橋本 貴 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)
豊永 稔 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)
福田正人 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)

■第1試合 DEEPルール フライ級 5分2R
×石神保貴(EXFIGHT/56.80kg)
判定1-2
○渋谷カズキ(高本道場/56.45kg)
レフェリー:松宮智生
ジャッジ:
和田良覚 ○19-19 (1R 9-10/ 2R 10-9)
豊永 稔 19-19○ (1R 9-10/ 2R 10-9)
福田正人 19-19○ (1R 9-10/ 2R 10-9)

—–
■オープニングファイト 第2試合 DEEPルール ストロー級 5分2R
○中村正人(レンジャージム/52.70kg)
判定3-0
×多湖力翔(ネックスイチムエ/52.50kg)
レフェリー:長瀬達郎
ジャッジ:
五十嵐智子 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)
橋本 貴 ○19-19 (1R 9-10/ 2R 10-9)
和田良覚 ○19-19 (1R 9-10/ 2R 10-9)

■オープニングファイト 第1試合 DEEP JEWELSアマチュアSPルール 49.00kg契約 3分2R
―吉川桃加(禅道会)
中止
―マヤ(パラエストラ柏)
※マヤが計量2.2kg超過の為、試合中止。

2月8日UFC247のライトヘビー級タイトル戦以来、MMAの判定システムについての議論があちこちで行われています。

MMAの闘いは実に多様であり、優れた闘いとはどのようなものなのかについての意見も幅広く、ジャッジはある程度主観的にならざるを得ません。そのことを踏まえて、どのようにシステムを改善すれば、より多くの人が結果に納得できるか、または「正しい」判定に近づくことができるのかを考える記事です。“MMA Fighting”の記事のなかに、いくつかの新しい提案があったので、そのいくつかを紹介します。

1.10ポイント・マスト・システムの改善

10ポイント・マスト・システムは、実際には3ポイントシステムです(使える数字は、10以外には7~9の3つしかない)。これはボクシングから移入された方法であり、MMAでは機能しないという意見もあります。数値を加算して客観化することは間違っていませんが、パラメーターが間違っているとする意見です。パラメーターの修正案の一つが次のとおりです。

10-10:ダメージに大きな違いがない
10-9:ジャッジが、ダメージに基づいて、一方の選手を他方の選手よりもわずかに優勢とする、僅差のラウンド。
10-8:ダメージに明確な優劣があるラウンド。
10-7:一方的なラウンド。一方の選手がラウンドを完全に支配し、非常に多くの攻撃を繰り出した、フィニッシュに近いラウンド。
10-6:一方の選手が複数回の場面でほぼフィニッシュと見られる完全に一方的なラウンド。
10-5:レフェリーが試合を止めるべきラウンド。

本質的に10ポイントマストの枠組み内での採点です。より明確なスコアのグラデーションを作って、ジャッジにその識別力を持たせるようにします〔そこが難しいと思うのですが:JMOC〕。

2.よりラディカルなアイデア

最初のラウンドが10-10とみなされない限り、最初のラウンドを取った選手が10点となり、取られた選手は5点となります。後続のラウンドで、ジャッジは、最初のラウンドと比較してスコアリングをします。例えば、A選手が最初のラウンドを取った場合、A選手がそのラウンド10-5。B選手が、第2ラウンドを第1ラウンドと同程度で取った場合はB選手が10-5、第1ラウンドよりも大きい差で第2ラウンドを取ったと判断した場合、B選手が10-4(またはそれ以下)を獲得するシステムです。

これら2つ以外の改善案として、ライブ・スコアリング(オープン・スコア)や5人ジャッジ制などが挙げられています。これらのシステムは、日本では、前者がパンクラス、後者がDEEPですでに採用されています。

その他にも、元選手をジャッジにすること(記事のなかではあまり推奨されていません)やラウンド数を増やすこと(すべての試合を5分5ラウンドにすること)などが挙げられています。ご参考まで。

>>>Hot Tweets: Two ideas on how to fix MMA judging|MMA Fighting

大会名:DEEP JEWELS 28
開催日:2020年2月24日(祝)
会場:東京・ニューピアホール
主催:DEEP事務局
競技オフィシャル:
福田正人(HR)、植松直哉、松宮智生、田澤康宏、長瀬達郎、橋本 貴、五十嵐智子

■第8試合 DEEP JEWELSルール フェザー級 5分3R
○KINGレイナ(FIGHT CLUB 428/K-Clann/66.25kg)
TKO 1R 3’29” レフェリーストップ:グラウンドパンチ
×アンドレ・ザ・ロケット(タイ/ハンガージム/65.40kg)
レフェリー:田澤康宏

■第7試合 DEEP JEWELSミクロ級初代王座決定トーナメント一回戦 DEEP JEWELSルール 5分2R
○アム・ザ・ロケット(タイ/ターントンジム/44.30kg)
S 1R 0’49” テクニカルサブミッション:アームバー
×佐藤絵実(毛利道場/44.25kg)
レフェリー:植松直哉

■第6試合 DEEP JEWELSミクロ級初代王座決定トーナメント一回戦 DEEP JEWELSルール 5分2R
×玉田育子(AACC/44.00kg)
判定0-3
○古瀬美月(Y&K MMA ACADEMY/44.35kg)
レフェリー:植松直哉
ジャッジ:
五十嵐智子 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)
松宮智生 19-19○(1R 10-9/ 2R 9-10)
田澤康宏 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)

■第5試合 DEEP JEWELSルール ストロー級 5分2R
○本野美樹(AACC/52.70kg)
TKO 1R 4’27” レフェリーストップ:グラウンドパンチ
×ノンパン・ザ・ロケット(タイ/ターントンジム/51.30kg)
レフェリー:福田正人

■第4試合 DEEP JEWELSルール 49.00kg契約 5分2R
○川村虹花(仮面女子/48.80kg)
TKO 1R 2’56” レフェリーストップ:スタンドパンチ
×坂本美香(Fight Holic/48.65kg)
レフェリー:田澤康宏

■第3試合 DEEP JEWELSルール 49.00kg契約 5分2R
×永尾音波(AACC/48.95kg)
判定0-3
○さくら(フリー/48.40kg)
レフェリー:福田正人
ジャッジ:
松宮智生 18-19 (1R 8-10/ 2R 10-9)
五十嵐智子 19-19○ (1R 9-10/ 2R 10-9)
橋本 貴 18-19 (1R 8-10/ 2R 10-9)

■第2試合 DEEP JEWELSルール ストロー級 5分2R
×井上智子(ストライプル茨城/52.10kg)
TKO 1R 1’06” レフェリーストップ:スタンドパンチ
○和田千聖(毛利道場/52.40kg)
レフェリー:長瀬達郎

■第1試合 DEEP JEWELSミクロ級王座決定トーナメント・リザーブマッチ DEEP JEWELSルール 5分2R
×國保小枝(和術慧舟會船橋道場/44.00kg)
判定0-3
○佐々木萌(BURST/44.30kg)
レフェリー:植松直哉
ジャッジ:
五十嵐智子 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)
松宮智生 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)
橋本 貴 18-20 (1R 9-10/ 2R 9-10)

大会名:RIZIN.21
開催日:2020年2月22日(土)
会場:静岡・浜松アリーナ
主催:RIZIN FIGHTING FEDERATION
競技オフィシャル:
福田正人(HR)、和田良覚、豊永 稔、長瀬達郎、田澤康宏、吉田元貴、松宮智生、大藪吉郁、新美吉太郎、五十嵐智子、内田龍介、李 昌賢、橋本 貴、古谷田望水、赤坂大将、阿部佳奈恵、鍋久保雄太、柴田旭、安芸佳孝、山下真菜、磯 英弥、北森代紀

■第10試合 RIZIN MMAルール(肘有り) 68.00kg契約 5分3R
○朝倉未来(トライフォース赤坂/67.95kg)
KO 2R 2’34” グラウンドパンチ
×ダニエル・サラス(メキシコ/ボーンブレイカーズ・チーム/67.30kg)
レフェリー:長瀬達郎

■第9試合 RIZIN MMAルール(肘有り) 61.00kg契約 5分3R
○ビクター・ヘンリー(米国/UWF USA/60.40kg)
TKO 2R 0’45” レフェリーストップ:グラウンドパンチ
×金原正徳(リバーサルジム立川ALPHA/60.65kg)
レフェリー:福田正人

■第8試合 RIZIN MMAルール 120.00kg契約 5分3R
○ロッキー・マルティネス(グアム/スパイク22/112.75kg)
TKO 1R 4’04” レフェリーストップ:グラウンドパンチ
×関根シュレック秀樹(ボンサイ柔術/113.55kg)
レフェリー:和田良覚

■第7試合 RIZIIN MMAルール 79.00kg契約 5分3R
○マルコス・ヨシオ・ソウザ(ブラジル/ボンサイ柔術/78.65kg)
TKO 1R 1’27” レフェリーストップ:グラウンドパンチ
×ファルコ・ネト(ポルトガル/クレバー・チーム/78.65kg)
レフェリー:豊永 稔

■第6試合 RIZIN MMAルール(肘有り) 61.00kg契約 5分3R
○金太郎(パンクラス大阪稲垣組/60.65kg)
S 1R 4’21” テクニカルサブミッション:リアネイキッドチョーク
×加藤ケンジ(K.O.SHOOTO GYM/3POUND/60.65kg)
レフェリー:田澤康宏

■第4試合 RIZIN MMAルール(肘有り) 61.00kg契約 5分3R
×トレント・ガーダム(オーストラリア/タイガームエタイ&MMA/60.65kg)
判定0-3
○井上直樹(セラ・ロンゴ・ファイトチーム/60.20kg)
レフェリー:福田正人
ジャッジ:
松宮智生/青・井上 [D 0-50/ A 0-0/ G 0-0]
新美吉太郎/青・井上 [D 0-0/ A 0-30/ G 20-0]
大藪吉郁/青・井上 [D 0-0/ A 0-0/ G 0-20]

■第3試合 RIZIN MMAルール(肘有り) 66.00kg契約 5分3R
○ヴガール・ケラモフ(アゼルバイジャン/オリオン・ファイトクラブ/65.70kg)
判定3-0
×カイル・アグオン(グアム/スパイク22/65.60kg)
レフェリー:田澤康宏
ジャッジ:
松宮智生/赤・ケラモフ [D 0-0/ A 0-0/ G 20-0]
新美吉太郎/赤・ケラモフ [D 50-0/ A 0-30/ G 20-0]
大藪吉郁/赤・ケラモフ [D 0-0/ A 30-0/ G 20-0]

■第2試合 RIZINキックルール120kg契約 3分3R
○実方宏介(真樹ジムAICHI/117.85kg)
KO 1R 1’28”
×酒井リョウ(レンジャージム/100.65kg)
レフェリー:和田良覚

■第1試合 RIZINキックルール 57.00kg契約 3分3R
○竹内賢一(TenCloverGym世田谷/56.45kg)
判定3-0
×直也(VERSUS/56.95kg)
レフェリー:豊永 稔
ジャッジ:
吉田元貴 30-26 (1R 10-9/ 2R 10-8/ 3R 10-9)
和田良覚 30-27 (1R 10-9/ 2R 10-8/ 3R 10-10)
長瀬達郎 30-26 (1R 10-9/ 2R 10-8/ 3R 10-9)

– – – – –
■オープニングファイト第3試合 RIZINキックルール 60.00kg契約 3分3R
○ヘンリー・セハス(ボリビア/ブラジリアン・タイ/59.60kg)
判定3-0
×SEIDO(Lara-Tokyo/R/59.90kg)
レフェリー:長瀬達郎
ジャッジ:
新美吉太郎 30-28 (1R 10-9/ 2R 10-9/ 3R 10-10)
五十嵐智子 30-28 (1R 10-9/ 2R 10-9/ 3R 10-10)
吉田元貴 30-28 (1R 10-9/ 2R 10-9/ 3R 10-10)

■オープニングファイト第2試合 RIZINキックルール 70.00kg契約 3分3R
○憂也(魁塾/70.00kg)
KO 1R 2’30”
×康輝(キング・ムエ/69.60kg)
レフェリー:吉田元貴

■オープニングファイト第1試合 RIZINキックルール 59.00kg契約 3分3R
△戸塚昌司(C’rush/5880kg)
ドロー 判定1-0
△大澤匡弘(STRIKEs GYM/58.95kg)
レフェリー:吉田元貴
ジャッジ:
長瀬達郎 29-29 (1R 9-10/ 2R 10-9/ 2R 10-10)
新美吉太郎 30-29 (1R 10-10/ 2R 10-9/ 3R 10-10)
五十嵐智子 30-30 (1R 10-10/ 2R 10-10/ 3R 10-10)

2月16日 プロ修斗サステイン主催興行 ニューピアホール大会 試合結果
※一般社団法人日本修斗協会公式ウェブサイトより

[大会名]プロフェッショナル修斗公式戦
PROFESSIONAL SHOOTO 2020 Vol.2 Supported by ONE Championship
[日 時]2020年2月16日(日)
[会 場]東京/ニューピアホール
[主 催]株式会社サステイン

[メインイベント/第7試合]フェザー級5分3R
○青井 人(同級環太平洋7位/BLOWS)65.5kg
KO 1R 3’20”
×久保村ヨシTERU(飛翔塾コンドル)65.6kg
※グラウンドパンチ
[レフェリー]豊永 稔

[セミファイナル/第6試合]インフィニティリーグ2020バンタム級5分2R
○石井逸人(TRIBE TOKYO M.M.A.)61.1kg
判定 3-0
×一條貴洋(ブレイブハート)61.2kg
[レフェリー]福田正人
[サブレフェリー]
片岡誠人 20-17(1R 10-9/2R 10-8)
田澤康宏 20-16(1R 10-8/2R 10-8)
長瀬達郎 20-17(1R 10-9/2R 10-8)

[第5試合]フェザー級5分2R
○高橋孝徳(同級環太平洋10位/リバーサルジム新宿Me,We)65.7kg
TS 1R 5’00”
×YOKOSAI(SAI-GYM)65.4kg
※スリーパーホールド
[レフェリー]片岡誠人

[第4試合]ストロー級5分2R
×楳沢智治(AACC×SPIDER)52.1kg
KO 1R 4’47”
○田上こゆる(BLOWS)52.1kg
[レフェリー]豊永 稔

[第3試合]60kg契約5分2R
×六本木 洋(総合格闘技道場STF)59.6kg
KO 1R 4’09”
○関根 累(roots)59.9kg
※グラウンドパンチ
[レフェリー]豊永 稔

[第2試合]ストロー級5分2R
牧ヶ谷篤(和術慧舟會群馬支部)51.7kg
中止
高橋“SUBMISSION”雄己(和術慧舟會HEARTS)ーkg
※青:高橋の欠場により試合中止。

[第1試合]女子スーパーアトム級5分2R
×梅原拓未(GRABAKAジム)48.9kg
判定 0-3
○中村未来(マルスジム)49.8kg
[レフェリー]福田正人
[サブレフェリー]
片岡誠人 18-20(1R 9-10/2R 9-10)
田澤康宏 18-20(1R 9-10/2R 9-10)
長瀬達郎 18-20(1R 9-10/2R 9-10)

「選手が試合中にマウスピースを落とした場合、洗浄のためにセコンドに渡してしまった場合、ダメージを受けたかもしれない選手に利益になってしまうことがあります。セコンドに“時間”を渡してはいけません。レフェリーがコントロールすること。そもそも落としたマウスピースを必ず洗う必要がありますか? その習慣は1940年代のボクシングから続いています。なぜなら、当時、現在のようにゴム底ではない革底のボクシングシューズを履いてボクサーは試合をしていました。そこでは松脂をつける習慣があったため、マウスピースを落としたときに水で洗うという慣習がMMAでも継承されています。私は選手がマウスピースを落としたときでも、明かな不純物がついてなければ洗わずに装着して試合を続けていいと思います。マウスピースを飛ばされるほどのダメージを受けたかもしれない選手に有利になってはいけません。」

(2019.12.27東京|Bellator×COMMAND×JMOC ビッグ・ジョン・マッカーシー MMAルール講習会より)

©︎ゴング格闘技

RIZINリングドクター羽田晋之介先生が筆頭著者となった論文が公刊されました。

羽田晋之介ほか(2020)トップレベルの総合格闘技大会における外傷の特徴と傾向,日本臨床スポーツ医学会誌28(1);143-148.

格闘技の外傷研究のベースとなる総説論文です。RIZINリングドクターの先生方は、毎大会、出場選手を対象とする外傷調査を実施されています。本研究は、それらの結果を分析した論考です。本研究で明らかになった外傷発生の特徴を踏まえて、審判スタッフも競技環境の改善に協力していきたいと思います。

3月1日から、KAC(カンザス州アスレチック・コミッション)がMMAの試合で「リアルタイム」スコアリング(いわゆるオープンスコアリング)の実験を行います。

そのことを取材したESPNの記事の概要を紹介します。

多くのMMAの試合では、スコアは試合終了時にのみ読み上げられますが、リアルタイム・スコアリングでは、各ラウンドの後、スコアが公開されます。3月6日にカンザスシティで行われるInvicta FCがカンザスでリアルタイム・スコアを使用する最初のプロモーションになります。

オープンスコアリングは、格闘スポーツにおいては新しいアイデアではありません。ボクシングでは、WBCが4・8ラウンドの後にスコアを公開します。Glory Kickboxingもオープンスコアリングを実施しています〔日本のパンクラスでも採用〕。

KACの新しいポリシーの背後にあるのは、選手がスコアを知っている場合に、試合がどのような影響を受けるかを確認しようという考えです。格闘技以外のスポーツでは、すべてのプレーヤーとチームが常にスコアを知っています。

KACのルーバック委員は次のように言います。
「私は格闘スポーツ界の外から来ました。けれども、私は生涯にわたってスポーツのファンです。ファイターとファンが最後までスコアをわからない理由をこれまで不思議に思ってきました。誰も私にその理由について良い説明をしてくれませんでした。」

ヒューストンで土曜日の夜に行われたUFC 247でのジョン・ジョーンズとドミニク・レイエスのライトヘビー級タイトル戦の後、ジャッジのスコア(48-47、48-47、49-46)が妥当かどうかが議論されています。ジョーンズはポイントが僅差のユナニマス・デシジョン(3-0)でタイトルを防衛しましたが、レイエス本人とUFCのダナ・ホワイト会長、その他多くの人々は、レイエスが勝ったと思っています。レイエスは、あるショーで、最後の決定に驚かされるよりも、リアルタイムでスコアを知る方が絶対に良いと述べました。

リアルタイムスコアリングの欠点としては、選手がスコアをリードしていることを知っている場合、判定勝ちを得るためにもっぱらディフェンシブになる可能性があることが挙げられます。

UFCはカンザスで大会を頻繁には開催しません。大規模なUFCイベントの多くがラスベガスで開催されますが、ネバダ州アスレチックコミッション(NSAC)のエグゼクティブディレクターであるボブ・ベネットは、現在オープンスコアを支持していません。WBCがかつてオープンスコアをNSACに提案しましたが、NSACはそれを受け入れませんでした。

ベネットは、コミッションがオープンスコアに抵抗する理由について、試合中の選手、ジャッジ、レフリーのパフォーマンスへの影響を挙げます。また何より、あらゆる種類のルール変更はABCを通じて行われるべきである、と話します。

ABCのMMA規則委員会の委員長であるショーン・ウィーロックはカンザス・コミッションに所属し、リアルタイムのスコアリング実験に参画していますが、まだ規則委員会にはオープンスコアのアイデアを持ち込んでいないと述べました。

カリフォルニア州アスレチック・コミッション(CSAC)の執行役員アンディ・フォスターは、カンザス州がどうなるのか興味をもっていますが、現時点ではリアルタイム・スコアに賛成していません。

KACは、2016年、イベント前日における朝の計量を実施した最初のコミッションです。それまで計量は午後に行われていましたが、朝の計量は現在どこでも行われています。

ベネットとフォスターは、オープンスコアリングのもう一つの潜在的な問題点として、選手が自分がリードしていることを知っている場合、試合の後半で偶然の反則で試合が停止した後、その後、試合を継続しない可能性が高いと考えています。選手がそのような状況で試合を続行できない場合、試合はテクニカル判定となります。

フォスターは、今年の終わりまでにできるルール変更は、すべてのコミッションが任用できる優先ジャッジと優先レフェリー(preferred judges and referees)のリストの作成である、としています。各コミッションは時折、最も経験のある審判員ではなく、地元の審判員を使いたがるからです。

「可能な限り最良の審判員を使用する必要があります」とフォスターは語ります。「試合を得点化するのは主観的ですが、ハイレベルのMMAイベントにはハイレベルのMMA審判員の割り当てが必要です。UFCとBellatorのアンダーカードの選手でさえ非常にハイレベルな総合格闘家であり、そこには非常に高いレベルの審判員を配しています。」

UFC 247では、ジョー・ソリスがジョーンズvs.レイエスのメインイベントのジャッジとして配置されましたが、MMADecisions.comによると、彼はここ3年以上UFCの試合でジャッジをしていませんでした。ソリスは49-46(ジョーンズ)のスコアをつけ、レイエスには1ラウンドを与えたのみでした。

>>>Kansas to experiment with option for ‘real-time’ scoring in MMA fights|ESPN

JMOCのWebサイト「コラム」のコーナーに、MMAのレフェリング、ジャッジング、ルールなどに関する記事や情報をアップしてきました。スタッフ数名が本業の合間を縫って書いてきたものですので、内容や分量はバラバラですが、記事の本数を数えてみると、この1年半で200本ほど。それなりの分量になりました。

JMOCコラムの内容が格闘技メディアの記事に引用されることもあって、少しは業界の役に立っているかなぁ、と思っています。

これからも少しずつ記事をアップしていきますので、引き続きJMOCコラムにお立ち寄りください。


BellatorとJMOCの合同企画により、2019年12月27日(金)にウェスティンホテル東京で開催されたビッグ・ジョン・マッカーシー氏によるMMAルール講習会「Bellator MMA Presents COMMAND MMA TRAINING SEMINAR」のレポートが「ゴング格闘技」に掲載されました。

>>>【Bellator】ビッグ・ジョン・マッカーシー「素晴らしいレフェリングはお客さんから印象に残らないこと」(ゴング格闘技)

 

(写真提供:ゴング格闘技)

女子MMAにおけるローブローによるノーコンテスト。
珍しい事例です。

>>>「見たことない」戸惑う放送席 女子MMA、“ローブロー連発”でよもやの無効試合…場内大ブーイング|Abema格闘TIMES

1月26日 プロ修斗 サステイン主催興行後楽園大会 試合結果
※一般社団法人日本修斗協会公式ウェブサイトより

[大会名]プロフェッショナル修斗公式戦 PROFESSIONAL SHOOTO 2020 Supported by ONE Championship
[日 時]2020年1月26日(日)
[会 場]東京/後楽園ホール
[後 援]ONE Championship
[認 定]SC[協 力]一般社団法人日本修斗協会
[主 催]株式会社サステイン

[メインイベント/第8試合]世界ストロー級チャンピオン決定戦5分5R
×小巻 洋平(同級1位/リライアブル)52.0kg
S 2R 4’53”
○箕輪 ひろば(同級2位/総合格闘技道場STF)52.1kg
※勝利した青:箕輪が第8代世界ストロー級王者に。
[レフェリー]豊永 稔
[サブレフェリー]
片岡誠人 1R 10-9
福田正人 1R 10-9
松村 慶 1R 10-9

[セミファイナル/第7試合]環太平洋フェザー級チャンピオンシップ5分3R
×TOMA(2度目の防衛戦/TK68)65.8kg
判定 1-2
○仲山 貴志(挑戦者・同級2位/総合格闘技津田沼道場)65.8kg
※赤:TOMAが防衛に失敗。
※※勝利した青:仲山が第10代環太平洋フェザー級王者に。
[レフェリー]福田正人
[サブレフェリー]
片岡誠人 28-29(1R 9-10/2R 9-10/3R 10-9)
豊永 稔 30-27(1R 10-9/2R 10-9/3R 10-9)
松村 慶 28-29(1R 9-10/2R 10-9/3R 9-10)

[第6試合]バンタム級5分3R
○田丸 匠(同級世界4位/NACSER DO SOL)61.2kg
判定 3-0
×藤井 伸樹(同級世界8位/ALLIANCE)61.2kg
[レフェリー]片岡誠人
[サブレフェリー]
岡田剛史 30-27(1R 10-9/2R 10-9/3R 10-9)
豊永 稔 30-27(1R 10-9/2R 10-9/3R 10-9)
松村 慶 30-27(1R 10-9/2R 10-9/3R 10-9)

[第5試合]バンタム級5分3R
×魚井フルスイング(同級世界4位/和術慧舟會HEARTS)61.2kg
TKO 2R 0’19”
○手塚 基伸(同級世界10位/総合格闘技道場コブラ会・シークレットベースドミネート)61.2kg
[レフェリー]片岡誠人
[サブレフェリー]
岡田剛史 1R 9-10
福田正人 1R 9-10
松村 慶 1R 9-10

[第4試合]フライ級5分3R → 58.9kg契約5分3R
○平良達郎(日本/同級世界6位/THE パラエストラ沖縄)56.7kg
KO 2R 0’19”
×ジャレッド・ライアン・アルマザン(フィリピン/チーム・ラカイ)58.9kg
※グラウンドパンチ
※※フライ級5分3Rから変更。
※※※当初の契約体重を超過した青:ジャレッドに全ラウンド減点1とした上で58.9kg契約にて試合を実施。
[レフェリー]豊永 稔
[サブレフェリー]
片岡誠人 1R 10-8
岡田剛史 1R 10-8
松村 慶 1R 10-8

[第3試合]ストロー級5分3R
○猿丸ジュンジ(日本/同級世界3位/修斗GYM東京)52.1kg
判定 3-0
×ジェロム・ワナワン(フィリピン/チーム・ラカイ)52.1kg
[レフェリー]豊永 稔
[サブレフェリー]
片岡誠人 30-27(1R 10-9/2R 10-9/3R 10-9)
福田正人 29-27(1R 10-9/2R 9-10/3R 10-9)
松村 慶 30-27(1R 10-9/2R 10-9/3R 10-9)

[第2試合]THINKS INTERNATIONAL Presents
SHOOTO Women’s Super Atom weight WORLD Championship Tournament
修斗女子初代スーパーアトム級王座決定トーナメント一回戦 5分2R(延長1R)
○大島 沙緒里(日本/AACC)48.0kg
KO 2R 3’15”
×小生 由紀(日本/グランドスラム沖縄A・P・P)49.5kg
[レフェリー]福田正人
[サブレフェリー]
片岡誠人 1R 10-9
岡田剛史 1R 10-9
松村 慶 1R 10-9

[第1試合]フェザー級5分2R
×小林 孝秀(トイカツ道場/ファイティングラボ新潟)65.4kg
KO 1R 1’24”
○木下 タケアキ(和術慧舟會HEARTS)65.8kg
[レフェリー]福田正人

[オープニングファイト]2019年度新人王決定トーナメント決勝戦 ウェルター級5分2R(延長1R)※17:45開始
×井口 マサト(AACC)76.9kg
KO 1R 4’56”
○ハーレー(NEO JUDO ACADEMY)76.7kg
※グラウンドパンチ
※※勝利した青:ハーレーが2019年度ウェルター級新人王に。
[レフェリー]片岡誠人

◎ジュニア修斗 52kg以下 4分1R
×大矢 翼(心技館)
S 1R 3’03”
○玉城 悠(Theパラエストラ沖縄)
※腕ひしぎ十字固め

◎新空手提供試合 K-4ジュニア特別マッチ
△後久 湊(悟心塾)
引き分け
△山田新大(建武館)

 

大会名:ZST.67
開催日:2020年1月26日(日)
会場:東京・新宿FACE
主催:ZST実行委員会
競技オフィシャル:
田澤康宏(HR)、松宮智生、長瀬達郎、横田一則、内田龍介

■第11試合(メインイベント) ZST特別ルール(肘あり) 5分2R
○平 信一(綱島柔術)
判定2-1
×佐野哲也(チームSOS)
レフェリー:田澤康宏
ジャッジ:
松宮智生 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)
長瀬達郎 19-19○ (1R 10-9/ 2R 9-10)
横田一則 ○19-19 (1R 10-9/ 2R 9-10)

■第10試合(セミファイナル) ZSTルール バンタム級 5分2R
○竿本樹生(BRAVE GYM/ZSTフライ級王者)
判定3-0
×清水俊裕(総合格闘技宇留野道場)
レフェリー:長瀬達郎
ジャッジ:
松宮智生 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)
田澤康宏 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)
横田一則 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)

■第6試合 KOKルール フライ級 5分2R
×小林 優(パラエストラ吉祥寺)
判定1-2
○長野将大(リバーサルジム武蔵小杉所プラス)
レフェリー:田澤康宏
ジャッジ:
松宮智生 ○19-19 (1R 10-9/ 2R 9-10)
長瀬達郎 19-19○ (1R 10-9/ 2R 9-10)
横田一則 19-19○ (1R 10-9/ 2R 9-10)

■第5試合 ZSTルール 63.00kg契約 5分2R
○直斗(総合格闘技宇留野道場)
S 2R 2’40” タップアウト:三角絞め
×原口 央(BRAVE GYM)

レフェリー:田澤康宏
ジャッジ:
松宮智生(1R 9-10/)
長瀬達郎(1R 9-10/)
横田一則(1R 9-10/)

■第4試合 ZSTルール フェザー級 5分2R
○木下尚祐(和術慧舟會GODS)
判定3-0
×安富北斗(リバーサルジム新宿Me,We)
レフェリー:長瀬達郎
ジャッジ:
松宮智生 20-17 (1R 10-9/ 2R 10-8)
田澤康宏 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)
横田一則 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)

■第3試合  ZSTルール バンタム級 5分2R
○二之宮徳昭(クロスワンジム湘南)
判定3-0
×諏訪部哲平(和術慧舟會駿河道場)
レフェリー:長瀬達郎
ジャッジ:
松宮智生 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)
田澤康宏 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)
横田一則 ○19-19 (1R 9-10/ 2R 10-9)

■第2試合 ZSTルール フェザー級 5分2R
×小川将貴(ピロクテテス新潟)
KO 1R 0’43” スタンドパンチ
○古根川充(U-FILE CAMP登戸)
レフェリー:長瀬達郎

■第1試合 ZSTルール バンタム級 5分2R
○上田直毅(パラエストラ東京)
S 2R 3’30” タップアウト:三角絞め
×若林康弘(SAI-GYM)
レフェリー:長瀬達郎
ジャッジ:
松宮智生 (1R 10-9/)
田澤康宏 (1R 10-9/)
横田一則 (1R 10-9/)

※MMA公式試合のみ掲載

 

大会名:SWAT!171
開催日:2020年1月26日(日)
会場:東京・新宿FACE
主催:ZST実行委員会
競技オフィシャル:
福田正人(HR)、田澤康宏、松宮智生、横田一則、五十嵐智子

■第10試合(メインイベント)ZSTルール フェザー級 5分2R
○森山壱成(SONIC SQUAD)
判定2-1
×加藤貴大(BRAVE GYM)
レフェリー:横田一則
ジャッジ:
松宮智生 ○19-19 (1R 10-9/ 2R 9-10)
五十嵐智子 20-18 (1R 10-9/ 2R 10-9)
田澤康宏 19-19○ (1R 10-9/ 2R 9-10)

■第7試合 ZSTルール ウェルター級 5分2R
○餅瓶太(和神会)
TKO 2R 2’00” レフェリーストップ:グラウンドパンチ
×菊池叔慶(リバーサルジム戸塚グランドスラム)
レフェリー:横田一則
ジャッジ:
松宮智生 (1R 10-9/)
五十嵐智子 (1R 10-9/)
福田正人 (1R 10-9/)

■第6試合 ZSTルール ライト級 5分2R
○岸野紘樹(トイカツ道場)
TKO 2R 2’47” レフェリー