JMOCレフェリー&ジャッジ基礎講習in札幌

5月12日(日)札幌・あけぼのアート&コミュニティセンターにてJMOCレフェリー&ジャッジ基礎講習を開催しました。札幌からは遠い函館、旭川、釧路、青森の八戸や五所川原からもご参加くださいました。

ルール解説では、解釈が難しい事例をいくつか取り上げましたが、事例の情報を独自にフォローされている方や、JMOCのコラムやFacebook記事で勉強されている方もいて、みなさんともルールを正しく解釈されていました。

模擬ジャッジでは、JMOCの講習では初めて「10-8」の基準をテーマにしました。実際に判定が割れた5分3ラウンドの試合を採点してもらったところ、何通りものスコアが現れ、「10-8」の評価の難しさを実感しました。

予定の時間を少しオーバーして、講習は終了。受講者のみなさんにそれぞれ「受講証明書」をお渡ししました。

「基礎講習」とはいえ、見識のあるみなさんに遠路はるばるお越しいただくだけの価値があったかどうかいささか不安ですが、限られた時間のなかでできるだけの内容を盛り込んだつもりです。時間に余裕があれば、もっと議論をしたかったのですが、これからもこういう場を設けて、引き続き意見交換ができればと思います。

ご参加くださったみなさん、講習開催に向けてご協力くださったみなさん、ありがとうございました。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

▼JMOC ALL JAPAN REFEREE CARAVAN Vol.13
JMOCレフェリー&ジャッジ基礎講習
日 時:2019年5月12日(日) 13時30分〜16時10分
会 場:あけぼのアート&コミュニティセンター中ホール
札幌市中央区南11条西9丁目4-1
主 催:一般社団法人日本MMA審判機構
講 師:松宮 智生
参加者:16名

講習内容
1.ルールの解釈について:反則の定義と対処
2.判定基準、採点方法について:模擬ジャッジ
3.その他・質疑応答